【レビュー】Bang & Olufsen『Beoplay E8 Sport』—美しきティファニーブルーな防塵防水TWS

【レビュー】Bang & Olufsen『Beoplay E8 Sport』—美しきティファニーブルーな防塵防水TWS
記事のポイント
  • 女性にこそ使ってほしいスポーツ向け完全ワイヤレスイヤホン!
  • Oxygen Blueは、まさに『ティファニーブルー』なカラーリング!
  • 通常のBeoplay E8シリーズより装着感抜群で落ちにくい!

これって…ティファニーブルー!?

スポーツ向け完全ワイヤレスイヤホン、Bang & Olufsen『Beoplay E8 Sport』をレビュー。Beoplay E8シリーズ初のIP57防塵防水対応のスポーツモデル。イヤホンのデザインも一新され、“らしくない”攻め方をしています。とにかく…女子にはたまらないOxygen Blueカラーが最高!

さたえり

Bang & Olufsenらしいソツがない作りが良い感じ!
価格のわりに機能性に乏しいのが気になる……。
…そんな感じの感想やよ!

まの

あら、Tiffany & Co.っぽいですわね。

二条ねこ

いやらしさのない高級感でかわゆすっ!

Bang & Olufsen『Beoplay E8 Sport』って?

Bang & Olufsen『Beoplay E8 Sport』全体画像

Bang & Olufsen『Beoplay E8 Sport』全体画像

Beoplay E8 Sportってなに?

Beoplay E8シリーズ初のIP57防塵防水対応スポーツ向け完全ワイヤレスイヤホン。

8
  • インスタ映えする可愛いデザイン性。
  • コーデックがAACとaptXの両対応。
  • 外音取り込み機能は結構使える。
  • Qiワイヤレス充電に対応。
  • 通常のBeoplay E8よりも装着感良好。
  • 価格がTWSの中では高価。
  • 4万円もするのにANC非搭載。
  • 4万円もするのに近接センサー非搭載。
  • マット塗装で汚れが不安。
さたえり

ガジェット要素はいらないから、音質と高級感を求めた完全ワイヤレスイヤホンが欲しい!
…そんな人(特に女性)におすすめしたいイヤホンやね!

スペック表
製品名 Beoplay E8 Sport
型番 Beoplay E8 Sport Black(ブラック)
Beoplay E8 Sport Oxygen Blue(ブルー)
メーカー Bang & Olufsen
オーディオ性能 ドライバー ダイナミック(φ5.7mm)
再生周波数帯域 20Hz – 20,000Hz
インピーダンス 16Ω
ケーブル長
プラグ
Bluetooth性能 Ver. Bluetooth 5.1
コーデック SBC
AAC
aptX
プロファイル 非公表
バッテリー イヤホン単体 最大7時間
イヤホン+充電ケース 最大31.5時間
インターフェース イヤホン
充電ケース USB Type-C ×1
サイズ イヤホン 23×21×25mm
充電ケース 70.6×35.6×33.5mm
質量 イヤホン 6.4g
充電ケース 55g
備考 IP57防塵防水性能
Qi充電対応
『Bang & Olufsen』アプリ対応
2年保証

本体チェック

Beoplay E8 Sportイヤホン前面

Beoplay E8 Sportイヤホン前面

■インターフェース

  • リモコンボタン(タッチセンサー)

イヤホン前面の“B&O”のロゴ。この付近全体がタッチセンサータイプのリモコンボタンになっています。ロゴのアグレッシブな配置も含め、従来のBeoplay E8シリーズとは一線を画するデザイン。

なお、イヤホン本体のサイズは 23×21×25mm で、重さは6.4g。ノイズキャンセリング機能非搭載と考えると、そこまで小さくもなく軽くもなく…という感じ。ちなみに、カラーは2色(Black・Oxygen Blue)展開。

さたえり

今回は『Oxygen Blue』(ブルー)を選んでみたやよ!

Beoplay E8 Sportイヤホン後面

Beoplay E8 Sportイヤホン後面

■インターフェース

  • LEDインジケーター

イヤホン後面には、充電用のPogo pinLEDインジケーターを搭載。最近の高価格帯の完全ワイヤレスイヤホンにはわりと搭載されている、近接センサーは搭載されていません。

Beoplay E8 Sportイヤホン上面

Beoplay E8 Sportイヤホン上面

Beoplay E8 Sportをイヤホン上面から見ると、ステムがシェルの端に斜め向きで搭載されていることが分かります。あとはスポーツ向けらしく、イヤーフィン(サイズ交換可能)も装着できる仕様。

基本モデルのBeoplay E8 3rd Genも同じようなステムの位置なのですが、今回のBeoplay E8 Sportのほうが、少し装着感が良い気がします。これなら、ジョギング等のワークアウト時にも急に外れたりはしなさそう。

Beoplay E8 Sport充電ケース上面

Beoplay E8 Sport充電ケース上面

Beoplay E8 Sportの充電ケース上面には、“B&O”のロゴタイプがキラり。充電ケース自体も、従来のBeoplay E8シリーズとはまったく違うデザインになっています。なんだか、コスメかアクセサリーが入ってそうな感じ。

なお、充電ケースのサイズは 70.6×35.6×33.5mm で、重さは55g。Bang & Olufsenの完全ワイヤレスイヤホンの充電ケースは、比較的小ぶりなので可搬性も高く好印象。

Beoplay E8 Sport充電ケース下面

Beoplay E8 Sport充電ケース下面

Beoplay E8 Sport充電ケース下面には、うっすらと認証関係が印刷されています。わざと目立ちにくい同色のカラーで印字しているところは、デザイン製を崩さないための配慮。さすがです。

ちなみに、Beoplay E8 Sportの充電ケースは、Qi規格のワイヤレス充電に対応しています。なので、後述のUSB Type-Cポートを利用せずに、イヤホンを充電することが可能になっています。

Beoplay E8 Sport充電ケース前面

Beoplay E8 Sport充電ケース前面

■インターフェース

  • LEDインジケーター

Beoplay E8 Sport充電ケース前面には、イヤホンのバッテリー残量や充電状況を示してくれるLEDインジケーターを搭載。

Beoplay E8 Sport充電ケース後面

Beoplay E8 Sport充電ケース後面

■インターフェース

  • USB Type-C

Beoplay E8 Sport充電ケース後面には、有線接続で充電する際に利用するUSB Type-Cポートを搭載。当然、Micro USBではありません。当然の当然。

Beoplay E8 Sport充電ケース左面

Beoplay E8 Sport充電ケース左面

Beoplay E8 Sport充電ケース右面

Beoplay E8 Sport充電ケース右面

Beoplay E8 Sport充電ケース左右面はこんな感じ。

微妙にマットな塗装で凹凸が施されているので、非常にグリップ感が良く、軽快に蓋を開け締めすることが可能。

Beoplay E8 Sport充電ケース内面

Beoplay E8 Sport充電ケース内面

Beoplay E8 Sport充電ケース内面を見てみると、結構ギリギリまで小さくしていることが伺えます。そして、アルミプレートの調和が美しい……。

Beoplay E8 Sportリモコン部分

Beoplay E8 Sportリモコン部分

 
1回押し Surroundings 再生・停止
2回押し 曲戻し 曲送り
3回押し 音声アシスタント起動
長押し 音量ダウン 音量アップ

Beoplay E8 Sportのリモコン機能

リモコン機能は、再生・停止、選曲、音量調節、音声アシスタント起動…と主要機能は全部盛り込まれています。ちなみに、『Surroundings』とは、外音取り込み機能のことを指します。

なお、外音取り込み機能(Surroundings)については、Bang & Olufsenアプリを使って、オフも含めて4段階に調節可能。ただし、キーアサインは変更できません。

さたえり

音声アシスタントが3回押しだから、キーアサインの変更はなくても問題ない(誤爆しづらい)感じやと思う!

付属品チェック

Beoplay E8 Sport付属品

Beoplay E8 Sport付属品

■Beoplay E8 Sport付属品一覧

  • Comply Sportイヤーピース(M)
  • シリコンイヤーチップ(XS・S・M・L)
  • シリコンイヤーフィン(S・M・L)
  • USB Type-A to USB Type-Cケーブル
  • クイックガイド

付属品を見てみると、かなりイヤーピースが充実しています。通常のイヤーピースも4サイズ付属ですし、Comply Sportも付属。これなら、どれかには合うはず。

イヤーフィンで装着感向上。

イヤーフィンで装着感向上。

通常のBeoplay E8 3rd Genには付属していないものとして、『イヤーフィン』が付属。これにより装着感が向上し、ランニング中に耳からイヤホンが外れにくくなります。このあたりはスポーツ向けらしい感じ。

USBケーブルもティファニーカラー。

USBケーブルもティファニーカラー。

本体カラーとUSBケーブルのカラーリングを合わしてくる芸の細かさよ……。ティファニーカラーのUSBケーブル…素敵。

専用アプリがある完全ワイヤレスイヤホンまとめ –2020年版–

専用アプリがある完全ワイヤレスイヤホンまとめ –2020年版–

2020年1月19日

注目ポイント

■Beoplay E8 Sportのポイント概要

  • 防塵防水:IP57等級準拠の美しい防水完全ワイヤレス
  • 装着感:スポーツ向けにふさわしいイヤーフィン
  • Qi:ワイヤレス充電対応でUSBケーブル不要

防塵防水:IP57等級準拠の美しい防水完全ワイヤレス

Beoplay E8シリーズ初の防水完全ワイヤレスイヤホン。

Beoplay E8シリーズ初の防水完全ワイヤレスイヤホン。

2019年に同じくスポーツ向けとして登場した『Beoplay E8 Motion』や、今年登場した『Beoplay E8 3rd Gen』は、すべてIP54等級の防塵防滴でした。なので、“防水”とは言えなかったわけです。

防水になったので、雨でも心配不要。

防水になったので、雨でも心配不要。

それが今回、IP等級をググっと強化してきて、IP57等級の防塵防水のなりました。詳しく言うと、『IP5X』が粉塵保護、『IPX7』が防浸型、というIP規格になっています。IPX6は耐水型なので、6と7では大違い。これで晴れて、防水と言えるようになった(ただし、水中はNG)のです。

【レビュー】Bang & Olufsen『Beoplay E8 3rd Gen』—ハイテクとラグジュアリーの融合した美しきTWS

【レビュー】Bang & Olufsen『Beoplay E8 3rd Gen』—ハイテクとラグジュアリーの融合した美しきTWS

2020年3月13日

装着感:スポーツ向けにふさわしいイヤーフィン

おそらく、完全ワイヤレスイヤホンの中でも装着感はトップクラス。

おそらく、完全ワイヤレスイヤホンの中でも装着感はトップクラス。

本体チェックのときにも触れたように、このBeoplay E8 Sportには、スポーツ向け完全ワイヤレスイヤホンらしく、装着感を高めるための『イヤーフィン』が搭載。これにより、激しい運動時でも、イヤホンが突然落ちたりしないようになっています。

少しシェルが大きいけど、しっかりホールドしてくれる感じが良き。

少しシェルが大きいけど、しっかりホールドしてくれる感じが良き。

ちょっとイヤホンと耳が触れる部分の面積が大きいので、もしかしたら人によってはキツいと感じるかもしれませんが、個人的にはかなり装着感良好。今まで使ってきた完全ワイヤレスイヤホンの中では、トップクラスで装着感が高い感じがします。

Qi:ワイヤレス充電対応でUSBケーブル不要

Qiワイヤレス充電に対応。

Qiワイヤレス充電に対応。

スマートフォンはワイヤレスで充電する時代。ならば、完全ワイヤレスイヤホンだって、ワイヤレスで充電したい。イヤホンをUSBケーブルでつないで充電って、意外と億劫。

充電すらもワイヤレス。

充電すらもワイヤレス。

そんな充電のストレスから開放してくれるのが、Beoplay E8 Sport。本機はQi規格のワイヤレス充電に対応しており、ワークアウトから帰ってきたら、サクッとQiワイヤレス充電器に置くだけ。それで、バッチリ充電完了。このシームレスさこそ、完全ワイヤレスイヤホンに求められる機能。

さたえり

音楽がワイヤレスなら、充電もワイヤレスって感じやね!

【レビュー】Huawei『HUAWEI SuperCharge Wireless Charger』—驚異の27W対応Qiワイヤレス充電器

【レビュー】Huawei『HUAWEI SuperCharge Wireless Charger』—驚異の27W対応Qiワイヤレス充電器

2020年6月22日

【レビュー】Hard Cider Labs『SliceCharge Pro』—見つけた。AirPower代替のQiワイヤレス充電器

【レビュー】Hard Cider Labs『SliceCharge Pro』—見つけた。AirPower代替のQiワイヤレス充電器

2020年4月15日

音質チェック

音質評価:★★★★☆

スポーツ向け完全ワイヤレスイヤホンとしては、とんでもなく高音質。

スポーツ向け完全ワイヤレスイヤホンとしては、とんでもなく高音質。

高音域:★★★★★
中音域:★★★★☆
低音域:★★★★☆

Beoplay E8 Sportの音質について端的に言うと、上品でなめらかな質感ながらも、キリっとした解像感が魅力の音、という感じ。少し高音域寄りな感じですが、比較的フラットで完全ワイヤレスイヤホンの中でも音質はトップクラス。

バランスが良く、クリアーな感じの音質。

バランスが良く、クリアーな感じの音質。

スポーツ向けに発売されている完全ワイヤレスイヤホンは、各社から数多く発売されていますが、なぜか全体的に低音域が極端に強めなチューニングの印象。しかし、今回のBeoplay E8 Sportは、非常にバランスが良い鳴りをしてくれます。

高音質の伸びの良さもそうなのですが、個人的な評価ポイントは低音域のキレ。低音域がボワボワすることもなく、しっかり解像してくれている印象。なので、ワークアウトに合いそうな疾走感のある楽曲にも、しっかりとマッチしてくれます。スポーツするなら、こういう曲を聞きそう。そういう予測をしてきたかのようなチューニング。

さたえり

スポーツ向き → 外で聞く → アップテンポな曲を聞きそう
…っていうのを、しっかり予測してきたチューニングって感じやね!

Beoplay E8 Sportに合いそうな曲

やっぱりここはワークアウトにピッタリなりミックスを。

やっぱりここはワークアウトにピッタリなりミックスを。

■こんな楽曲が合いそう!

  • メロウなAlternative R&B
  • アップテンポなPops
  • BPM高めのDEM

本当なら、Bang & Olufsenというメーカーに合いそうな楽曲をチョイスしたいのですが、Beoplay E8 Sportがスポーツ向けイヤホンなので、アクティブな楽曲で合いそうなものを選んでみました。

そんな中でも、Beoplay E8 Sportをワークアウト中に聞いてほしい楽曲は、The WeekndのアルバムAfter Hoursから、9トラックめの『Blinding Lights』をセレクト。

Beoplay E8 Sportには、The Weeknd!

Beoplay E8 Sportには、The Weeknd!

Blinding Lightsは、イントロ部分から走る気にさせてくれる感じの疾走感で、ドラムのキレキレな感じがBeoplay E8 Sportで聞いていると、より解像されてくれてたまらない。もし、夜にワークアウトをしているならば、Beoplay E8 Sportとセットで楽しんでほしい楽曲です。

さたえり

解像度が高いからこそ、ハイテンポで疾走感のある曲を楽しんでほしいやよ!

ここがすき!

Oxygen Blue = ティファニーブルー

Oxygen Blueはティファニーブルー!?

Oxygen Blueはティファニーブルー!?

Beoplay E8 SportのBlackカラーは普通の黒なのですが、今回選んだOxygen Blueは…ティファニーブルーにしか見えないのです。

“映える”系のカラーリングが可愛すぎる。

“映える”系のカラーリングが可愛すぎる。

本当にティファニーブルーを意識しているのかはさておき、このブルーとグリーンが絶妙に混ざった感じが最高に可愛い。いわゆる“映える”系のカラーリングなのです。

ちなみに、超どうでもいいことですが、このOxygen Blueの16進数カラーコード(Hex)は『#9CD6D0』でした。本家ティファニーの16進数カラーコードは『#80D8D0』なので、Oxygen Blueのほうがちょっと淡いですね。

まの

妙なことを調べ始めましたわね……。

二条ねこ

マニアックネタですなー。

AACとaptXの両対応

AAC対応でiPhoneでも使いやすい。

AAC対応でiPhoneでも使いやすい。

完全ワイヤレスイヤホンとBluetoothコーデックの関係は難しく、AACしか対応していないものもあれば、aptXしか対応していないものある。そうなってくると、iPhoneとAndroidの両方で使いたい人からすると悩みどころ。

ただ、Beoplay E8 Sportは嬉しいことに、AACとaptXの両方に対応

aptX対応でAndroidやWALKMANでも高音質。

aptX対応でAndroidやWALKMANでも高音質。

なので、iPhoneならAACで接続すればいいし、AndroidならaptXで接続すれば、再生デバイスに依存することなく高音質でリスニングができるわけなのです。これは本当に嬉しい。

Bluetoothコーデックで音質が決まるとは到底思っていないのですが、やはり精神衛生的にはベストなコーデックで接続したいところ。そういう意味では、このBeoplay E8 SportのBluetoothコーデックは文句なし

ここがうーん?

近接センサーも左右独立受信方式もナシ

4万円弱の完全ワイヤレスイヤホンとしてはないない尽くし。

4万円弱の完全ワイヤレスイヤホンとしてはないない尽くし。

このBeoplay E8 Sport、販売価格は4万円弱。完全ワイヤレスイヤホンとしては、特殊な製品を除いて、かなり高級な部類。

ところが、4万円もするにもかかわらず、最近流行のアクティブノイズキャンセリング機能も非搭載なら、着脱に応じて曲が再生・停止される近接センサーも非搭載。もっと言うと、左右独立受信方式であるTWS Plusにも非対応。TWS Plus対応デバイスが少ないので、これは別になくても困らないのですが、ノイズキャンセリング機能なしで4万円という価格は超強気のひとこと。

かなり価格設定は強気。

かなり価格設定は強気。

もちろん、そのぶんは音質につぎ込んでいるということなのでしょうが、やっぱりもうちょっと価格なりに機能はほしかったところ。ただ、外音取り込み機能は搭載されており、結構優秀に働いてくれるので、いろんな事情があるのでしょう。

タッチリモコンにフィードバックがない

意外と厄介なタッチリモコン。

意外と厄介なタッチリモコン。

個人的にBeoplay E8 Sportで唯一気に入らない点が、タッチリモコンを押したときのフィードバックがないということ。フィードバックとは、押したときにブルっと震えたり、電子音がしたりするあれです。

音質は良いので、UXを強化してほしかった。

音質は良いので、UXを強化してほしかった。

同じくタッチリモコンである、Sennheiser『MOMENTUM True Wireless 2』は、音声でのフィードバックがあって、押したかどうかの判断がしやすい。せっかくなので、こういうフィードバックは搭載してほしかったかな。スポーツ向けなので、なおさらフィードバックがないことが悔やまれる。ここはもう少し、他機種を研究してほしいところ。

【レビュー】Sennheiser『MOMENTUM True Wireless 2』—ANCも外音取り込みも“味付け”。オーディオ派のTWSな一品料理

【レビュー】Sennheiser『MOMENTUM True Wireless 2』—ANCも外音取り込みも“味付け”。オーディオ派のTWSな一品料理

2020年4月18日

まとめ「完全ワイヤレスイヤホンで防水ならコレが最強音質」

防水性能を持った完全ワイヤレスだと、間違いなく最高レベル。

防水性能を持った完全ワイヤレスだと、間違いなく最高レベル。

そういうわけで、今回のBang & Olufsen『Beoplay E8 Sport』のレビューを総括すると…

  • とにかくティファニーブルー可愛い
  • 待望の防塵防水性能搭載
  • B&Oらしい綺麗な高音域が特徴
  • 通常のE8 3rd Genよりも低音出てるかも
  • AACとaptX両対応は嬉しい
  • Qiを除いてトレンドの機能は非搭載

という感じ。

おそらく、完全ワイヤレスイヤホンで防水性能を持った製品の中では、トップクラスの音質を誇っているはず。なので、運動中でも高音質で楽しみたいというユーザーなら、率先しておすすめできるモデル。カラーも男性にはブラックがあるので、そちらを選べばOK。

ただ、価格設定が強気なので、手放しでおすすめできるかというとそうでもなかったり……。あとは、全体がマット塗装なので、WF-1000XM3みたく色移りが心配。もし、汚れるのが嫌な人は、ブラックカラーを選ぶほうが無難そうです。

さたえり

防塵防水で高音質ってなると、Beoplay E8 Sportが1位かも!?

レビュー済の完全ワイヤレスイヤホン
【レビュー】Huawei『HUAWEI FreeBuds 3i』—高性能ノイキャンが光る!ガジェットライクなTWS

【レビュー】Huawei『HUAWEI FreeBuds 3i』—高性能ノイキャンが光る!ガジェットライクなTWS

2020年6月14日
【レビュー】LIBRATONE『TRACK Air+ SE』—デンマークの風が吹く、全部入りの完全ワイヤレス

【レビュー】LIBRATONE『TRACK Air+ SE』—デンマークの風が吹く、全部入りの完全ワイヤレス

2020年6月5日
【レビュー】Audio-Technica『ATH-ANC300TW』—ノイキャン完全ワイヤレスイヤホンの万能選手

【レビュー】Audio-Technica『ATH-ANC300TW』—ノイキャン完全ワイヤレスイヤホンの万能選手

2020年5月31日
【レビュー】Microsoft『Surface Earbuds』—開放型完全ワイヤレスイヤホンの新境地…かも!?

【レビュー】Microsoft『Surface Earbuds』—開放型完全ワイヤレスイヤホンの新境地…かも!?

2020年5月20日
【レビュー】EarFun『EarFun Free』—Qiも防水もこの価格で。CES受賞の実力を感じるTWS[PR]

【レビュー】EarFun『EarFun Free』—Qiも防水もこの価格で。CES受賞の実力を感じるTWS[PR]

2020年4月27日
【レビュー】Sennheiser『MOMENTUM True Wireless 2』—ANCも外音取り込みも“味付け”。オーディオ派のTWSな一品料理

【レビュー】Sennheiser『MOMENTUM True Wireless 2』—ANCも外音取り込みも“味付け”。オーディオ派のTWSな一品料理

2020年4月18日
【レビュー】Technics『EAH-AZ70W』—ノイキャン完全ワイヤレスイヤホンの到達点

【レビュー】Technics『EAH-AZ70W』—ノイキャン完全ワイヤレスイヤホンの到達点

2020年4月11日
【レビュー】Bang & Olufsen『Beoplay E8 3rd Gen』—ハイテクとラグジュアリーの融合した美しきTWS

【レビュー】Bang & Olufsen『Beoplay E8 3rd Gen』—ハイテクとラグジュアリーの融合した美しきTWS

2020年3月13日
【レビュー】Sony『WF-H800』—かわいいデザイン。だけど、意外と本格派な完全ワイヤレスイヤホン

【レビュー】Sony『WF-H800』—かわいいデザイン。だけど、意外と本格派な完全ワイヤレスイヤホン

2020年2月28日
【レビュー】Master & Dynamic『MW07 PLUS』—ノイキャン&40時間再生で音楽が止まらない美しきTWS

【レビュー】Master & Dynamic『MW07 PLUS』—ノイキャン&40時間再生で音楽が止まらない美しきTWS

2019年12月5日

【レビュー】LIBRATONE『TRACK Air+』—ノイキャンも、外音取り込みも、TWS Plusも…この北欧完全ワイヤレスイヤホンで

2019年11月17日
【レビュー】Apple『AirPods Pro』—芸が細かく正当進化したノイキャン搭載TWS

【レビュー】Apple『AirPods Pro』—芸が細かく正当進化したノイキャン搭載TWS

2019年10月31日
【レビュー】TaoTronics『SoundLiberty 77』—片耳モード×IPX7防水対応=コスパ最強のTWS[PR]

【レビュー】TaoTronics『SoundLiberty 77』—片耳モード×IPX7防水対応=コスパ最強のTWS[PR]

2019年9月18日
【レビュー】Beats by Dr. Dre『Powerbeats Pro』—Apple H1が生み出した至高のTWS

【レビュー】Beats by Dr. Dre『Powerbeats Pro』—Apple H1が生み出した至高のTWS

2019年8月6日
【レビュー】Sony『WF-1000XM3』—TWSの完成形が降臨した日

【レビュー】Sony『WF-1000XM3』—TWSの完成形が降臨した日

2019年7月13日
【#レビュー】AVIOT『TE-D01d-kzn』—ピンクが可愛いキズナアイな完全ワイヤレスイヤホン

【レビュー】AVIOT『TE-D01d-kzn』—ピンクが可愛いキズナアイな完全ワイヤレスイヤホン

2019年6月6日
【レビュー】Samsung『Galaxy Buds』—Qi対応AKGチューニングの完全ワイヤレスイヤホン

【レビュー】Samsung『Galaxy Buds』—Qi対応AKGチューニングの完全ワイヤレスイヤホン

2019年6月3日

【レビュー】SoundPEATS『TrueFree+』—高コスパで価格破壊なフルワイヤレスイヤホン[PR]

2019年4月20日
【レビュー】JBL『UA SPORT WIRELESS FLASH』—1万円台最強のフルワイヤレスイヤホン

【レビュー】JBL『UA SPORT WIRELESS FLASH』—1万円台最強のフルワイヤレスイヤホン

2019年4月2日
【レビュー】Beoplay E8—観て聴いて美しいフルワイヤレスイヤホン

【レビュー】Beoplay E8—観て聴いて美しいフルワイヤレスイヤホン

2018年11月14日

【レビュー】Jaybird RUN—ハードウェアマクロ搭載のギークな完全ワイヤレスイヤホン

2018年9月23日
この記事で紹介したガジェット

おまけ

まの

それにしても、かなり狙ってきたカラーリングですわね。

二条ねこ

がっつりティファニーブルー好きに寄せてるよねー。

さたえり

確かに、イヤホンでこういう色は珍しいやんね。Bang & Olufsen自体、こういうカラーリングを出してくるイメージもないし、やっぱ女性向けな気がする!

おわり