【レビュー】SoundPEATS『TrueFree+』—高コスパで価格破壊なフルワイヤレスイヤホン[PR]

■良いトコ

  • Bluetooth 5.0に対応。
  • ケース込で35時間再生可能。
  • AACコーデック対応。
  • 片耳だけでも利用可能。
  • 説明書が完全日本語表記。

■悪いトコ

  • aptXコーデックには非対応。
  • イヤホンを取り出すのにコツが必要。
  • カラバリが黒しかない。

良い意味で価格がおかしい。

SoundPEATSの『TrueFree+』というフルワイヤレスイヤホンをSoundPEATS社さんから提供してもらったので、今回レビューします。Amazonで270件以上レビューがあり、総合評価が4.5の実力は…いかに!?

さたえり

約4,000円で買えるフルワイヤレスイヤホンでは、ひょっとしたら最高峰かも…!?

四条ねこ

そんなに良かったのー!?
提供してもらったからって、提灯してるでしょー?

さたえり

いやいや、お世辞抜きでかなりコスパ高いんよ!これ!!

SoundPEATS『TrueFree+』とは?

SoundPEATS『TrueFree+』。

SoundPEATS『TrueFree+』。

今回レビューするのは、SoundPEATSの『TrueFree+』というフルワイヤレスBluetoothイヤホンです。完全ワイヤレスイヤホン・TWSとも呼ばれる、最近のBluetoothイヤホンのトレンドですね。

このTrueFree+は、かなりAmazonで売れているようで、レビュー総数は270件以上!価格が4,000円以下なので、安価で購入できるフルワイヤレスイヤホンとして、人気を博している機種みたいです。

さたえり

SoundPEATS自体は深センの企業だけど、日本法人もあるから、メーカー的にも信頼度はわりと高そうやね!

SoundPEATS『TrueFree+』の主なスペック
製品名 TrueFree+
メーカー SoundPEATS
再生周波数帯域 非公開
インピーダンス 非公開
ドライバー方式 非公開
ドライバーサイズ 非公開
Bluetooth 5.0
コーデック SBC
AAC
連続再生時間 イヤホン単体:約4時間
イヤホン+充電ケース:約35時間
Bluetoothのコーデックとは?確認方法は?—SBC・AAC・aptX・LDACの違いを知っておこう!

Bluetoothのコーデックとは?確認方法は?—SBC・AAC・aptX・LDACの違いを知っておこう!

2019年3月27日

外観レビュー

本体

SoundPEATS『TrueFree+』ケース上面。

SoundPEATS『TrueFree+』ケース上面。

TrueFree+のケースを斜め上から見てみます。

ケース自体はブラックカラーですが、上蓋だけは中のイヤホンのインジケーターが見えるように、ダークグレーの半透明になっています。高級感は価格なりですが、イヤホンと充電ケース両方合わせてもかなり軽い(約50g)のは、かなり評価が高いポイント。

さたえり

この軽量さが意外と重要だったりするんよね。

SoundPEATS『TrueFree+』ケース後面。

SoundPEATS『TrueFree+』ケース後面。

TrueFree+のケースを後面を見てみます。

ケース後面には、Micro USBがあります。これはイヤホンを充電するためにあるポートですね。

さたえり

それじゃ、蓋を開けてみるやよ!

充電ケースの蓋を開けたところ。

充電ケースの蓋を開けたところ。

蓋を開けると、TrueFree+本体がお出迎え。

イヤホン自体の連続再生時間は、約4時間。充電ケース込みで約35時間。連続再生がイヤホン単体で4時間なので、最新のQualcommのチップ(QCC5100)搭載機と比べると短いですが、通勤通学に使うには問題ないバッテリー駆動時間でしょう。

なお、ケース中央に空いている穴みたいなのは、LEDインジケーターで、以下のような充電状態が分かるようになっています。

1つ緑色で点滅 電池残量60%以下
1つ緑色で点滅・1つ点滅 電池残量61%〜89%
2つ緑色で点灯 電池残量90%以上
緑色で5回点滅 低残量表示

バッテリーケースのLEDインジケーター表示。

SoundPEATS『TrueFree+』本体。

SoundPEATS『TrueFree+』本体。

蓋を開いて、つまんで取り出すと、ようやくTrueFree+のイヤホン本体が登場。ちょっと、ケースとイヤホンのマグネットが強力で取り出すのにコツがいるかも…。

デザインはコロっとして感じで、カラーはブラック。イヤホン本体は小型で、これなら耳の小さい女性でも付けやすいと感じました。海外メーカーのフルワイヤレスイヤホンは大きいものが多く、女性としてはこのサイズ感はかなり高評価。

さたえり

お次は付属品を見ていくやよ!

付属品

SoundPEATS『TrueFree+』の付属品一覧。

SoundPEATS『TrueFree+』の付属品一覧。

SoundPEATS『TrueFree+』の付属品

  • USB充電ケーブル
  • 交換用イヤーピース(XS/S/M/Lサイズ)
  • 取扱説明書

イヤホン本体と充電ケースを除く付属品はこんな感じ。

説明書はすべて日本語で書かれているので、初めてフルワイヤレスイヤホンを買う人がこのTrueFree+を選んでも問題ないはず。このへんのローカライズにSoundPEATSの本気を感じますね。

さたえり

説明書は丁寧に記載されているから、誰でも使えると思うやよ!

詳細レビュー

女性でも装着しやすいサイズ感

海外メーカーの中では、イヤホンのサイズが小ぶり。

海外メーカーの中では、イヤホンのサイズが小ぶり。

フルワイヤレスイヤホンは国内外さまざまなメーカーが出していますが、海外メーカーのものは少しイヤホンが大きいことが多い。なので、女性や耳が小さい人だと、装着しづらかったり、違和感を感じることがあったりします。

しかし、TrueFree+はサイズが小ぶりなので、ほかのフルワイヤレスイヤホンが合わなかった人でも、違和感なくフィットする人が多い気がします。

四条ねこ

確かに、フィット感は重要だよねー。

片側だけでも利用可能

片側だけのイヤホンでも動作する。

片側だけのイヤホンでも動作する。

TrueFree+は、フルワイヤレスイヤホンの中でも珍しく、イヤホンが片側だけでも動作するように作られています。なので、ハンズフリー的にも使えますね。

再生・停止 左右どちらか1回押し
曲送り 右イヤホン2回押し
曲戻し 左イヤホン2回押し
音声アシスタント どちらか1回長押し
受話・終話 着信時にどちらか1回押し

TrueFree+のリモコン機能。

なお、TrueFree+のリモコン機能はこんな感じ。ボリュームの上げ下げ以外の基本的なリモコン機能は揃っています。

さたえり

両方にデバイスと通信するBluetoothチップがあるんやね。

ケースの出し入れがマグネット式で安心

イヤホンがマグネットでケースに装着される。

イヤホンがマグネットでケースに装着される。

細かな機能ですが、TrueFree+の充電ケースとイヤホン本体にマグネットが仕組まれています。これで出し入れ時にイヤホンを落とすことは少なくなります。

さたえり

ちゃんとマグネットでくっつくようになっているのは、めっちゃポイント高いんよね!

性能レビュー

音質

AAC対応で、音は低域がちょっと強め。

AAC対応で、音は低域がちょっと強め。

TrueFree+は、SBC・AACのコーデックに対応しています。なので、iPhoneユーザーや最新のAndroidユーザーは、高音質なAACのコーデックで接続が可能。

音の傾向としては、低域が強いドンシャリ。解像感はこの価格で考えたら大健闘でしょう。もう少し低域がソリッドだと、いろんなジャンルに合う気がします。TrueFree+に合う曲のジャンルは、ポップスやロック。反対にテクノやクラシックは合わないかな。

さたえり

まぁ、4,000円以下で買えるってことを考慮すると、かなりコスパが高い音質やと思うやよ!

まの

そうですよね。
ここで数万円のフルワイヤレスイヤホンと比べるのも野暮ですし。

バッテリー

イヤホン&充電ケースで約35時間の再生が可能。

イヤホン&充電ケースで約35時間の再生が可能。

このTrueFree+のバッテリー持続時間は、

  • イヤホン単体:約4時間
  • イヤホン+充電ケース:約35時間

というなかなかのロングライフバッテリー

さたえり

イヤホン単体で4時間は、Qualcommチップを搭載しているものに比べると短いけど、十分実用範囲内やと思うやよ!

こんな人にオススメ!

安いフルワイヤレスを探しているならベストバイ。

安いフルワイヤレスを探しているならベストバイ。

SoundPEATS『TrueFree+』をオススメできる人

  • 安価で高性能なフルワイヤレスイヤホンを探している人
  • ポップスやロック中心で聞く人
  • 片側だけでハンズフリー的に使いたい人
さたえり

安いけど、音質も価格を考えたら大健闘だし、初めてフルワイヤレスイヤホンを買う人にもいいかもやね。

四条ねこ

ハンズフリーとして使うビジネスパーソンにもいいよねっ!

さたえり

そう考えると、わりと万人受けするフルワイヤレスイヤホンなのかもやね。

さたえり的イヤホン・ヘッドホンメーカー大全 –国内編–

さたえり的イヤホン・ヘッドホンメーカー大全 –国内編–

2019年4月14日

まとめ「フルワイヤレス入門機としてぴったりの1台」

パッケージがどことなくSENNHEISERっぽい。

パッケージがどことなくSENNHEISERっぽい。

今回レビューしたSoundPEATS『TrueFree+』は、価格が4,000円以下と考えるとかなりコストパフォーマンスが高いフルワイヤレスイヤホン。

作りも音質も数年前の1万円台の機種よりも上ですし、かなり考えられて作られている印象を受けました。完全日本語の説明書も、初心者フレンドリーで良き。通勤通学のお供に、なかなか良いフルワイヤレスイヤホンでした。

さたえり

提供してもらったから褒めてるわけじゃなくて、普通に良かったんよね。

まの

メーカーからしてもかなりの“自信作”みたいですしね。

四条ねこ

Amazonで売れているだけあったって感じだね〜!

この記事で紹介したガジェット

おまけ

さたえり

これに白色があったら、女子ウケするからもっと売れる気がするんよね。

四条ねこ

うむー、確かにっ!

まの

カラバリは欲しいですよね。

さたえり

そこは後継機にお願いしたいところやね!

おわり