Bluetoothのコーデックとは?確認方法は?—SBC・AAC・aptX・LDACの違いを知っておこう!

Bluetoothのコーデックとは?確認方法は?—SBC・AAC・aptX・LDACの違いを知っておこう!

記事のポイント

  • Bluetoothコーデックとは音声圧縮方式!
  • デバイス側の接続コーデックも確認できる!
  • 音質最強と低遅延最強は…これ!

コーデックとは“ロマン”である!

何だかややこしいBluetoothの『コーデック』ですが、それらを一挙にまとめてみました!『SBC』も『AAC』も…あれもこれも…スペックを見てみます!

さたえり
あ、iPhoneとAndroidの接続コーデックの確認方法も書いてあるよ!
四条ねこ
まさに至れり尽くせり〜♪えっへん!!
さたえり
書いたの私やからね?ドヤる意味とは!?

Bluetoothのコーデックとは?

Bluetoothのコーデックとは?

まずは1つめのトピック、Bluetoothの『コーデック』とはです。

そもそも、このBluetoothにおける『コーデック』とは、音声を圧縮する方式の名前のことです。

代表的なBluetoothコーデック一覧。

代表的なBluetoothコーデック一覧。

代表的なBluetoothコーデック

  • SBC
  • AAC
  • aptX
  • aptX HD
  • LDAC

これらが代表的なコーデックです。

このコーデックの違いによって、圧縮率や音質、そして音の遅延具合が変わってきます。なので、Bluetoothイヤホンの音質の“キモ”になる部分と言えるでしょう。

さたえり
今から、ちょっと詳しく各コーデックを見てみるやよ!

各コーデックのスペック

コーデック名 SBC AAC aptX aptX HD LDAC
遅延 170〜270ms 600〜1,000ms 90〜110ms 130ms前後 1,000ms前後
サンプリング周波数 48kHz/16bit 48kHz/16bit 48kHz/16bit 48kHz/24bit 96kHz/24bit
ハイレゾ対応
備考 標準コーデック 主にiOSで採用
Android 8.0以降で標準対応
主にAndroidで採用
aptX Low Latencyなら遅延40ms
aptXのハイレゾ対応版 Sonyが開発
3種類の音質モードに切り替え可能

各Bluetoothコーデックの遅延と特徴。

こんな感じで、各Bluetoothコーデックの遅延と特徴をまとめてみました。なお、遅延は主にQualcommの資料を参考にしてまとめております。

まの
こう見ると、『aptX』の遅延の少なさは優秀ですね。
さたえり
そうやね!
遅延を気にする人なら、『aptX』が一番オススメかも!

各コーデックの音質比較

各Bluetoothコーデックの音質比較。

各Bluetoothコーデックの音質比較。

各Bluetoothコーデックの音質

SBC < AAC < aptX < aptX HD < LDAC

各Bluetoothコーデックの音質を順に並べてみました。

SBCが一番音質が悪くLDACが一番音質が良い、ということになります。当然、この音質比較には、イヤホンの質や音楽プレイヤーの質、楽曲そのものの録音環境の質は含みません。あくまで、Bluetoothコーデックとしての音質比較です。

さたえり
ここまでをまとめちゃうと…

  • SBC:音楽視聴の“標準”コーデック
  • AAC:圧縮率は同じで“高音質”なコーデック
  • aptX:圧縮率少なめで“もっと高音質”なコーデック
  • aptX HD:ハイレゾ対応の“超高音質”なコーデック
  • LDAC:ハイレゾ対応の“神音質”なコーデック

って、感じやね!うんうん!

四条ねこ
お後がよろしいようで〜♪
さたえり
ちょっ!?まだ終わりじゃないから!!

スマホ側のコーデックの確認方法

スマホ側のコーデックの確認方法

お次に2つめのトピック、接続されているコーデックの確認方法。

さたえり
iPhone(iPad)での確認方法と、Androidでの確認方法の2つを分けて紹介するやよ!

iPhoneでの確認方法

iPhoneでの確認方法

iPhone(iPad)は『SBC』と『AAC』のコーデックに対応していますが、iPhoneデフォルトの機能では、接続されているコーデックが何かを確認することはできません。

iPhoneに接続されているコーデックを確認できるアプリ。

iPhoneに接続されているコーデックを確認できるアプリ。

しかし、特定のBluetoothイヤホンを使っている場合のみ、iPhoneに接続されているBluetoothイヤホンのコーデックをアプリ(Sony『Headphones Connect』やAudio-Technica『Audio-Technica | Connect』など)で確認することができます。

さたえり
iPhoneは『AAC』を優先して接続するから、BluetoothイヤホンがAAC対応なら、AACで接続されていると思えばおっけーやね。

Androidでの確認方法

Androidでの確認方法

Androidでは、『Android 8.0』以降なら、接続されているBluetoothコーデックを確認することができます。

Android 8.0以降は、Android標準でコーデックを確認・変更可能。

Android 8.0以降は、Android標準でコーデックを確認・変更可能。

Androidでのコーデック確認方法の手順

  1. 『設定』アプリを開く。
  2. 開発者向けオプションを選択。
  3. Bluetoothオーディオコーデックを選択。

なお、開発者向けオプションは、『端末情報』内にあるビルド番号を7回連続でタップすれば表示されます。

さたえり
AndroidのBluetoothコーデック対応状況は、この下の内容を読んでね!

Bluetoothイヤホンを選ぶ際の注意

Bluetoothイヤホンを選ぶ際の注意

最後に、Bluetoothのコーデックとは何かを理解できたところで、Bluetoothイヤホン/ヘッドホンを選ぶ際の注意点を紹介しておきます。

スマホとイヤホンの両方のコーデックを確認する

このBluetoothコーデックは、

  • 送信側:Bluetoothイヤホン
  • 受信側:スマホ・タブレット

の両方にあります。

なので、この両方の対応コーデックを確認する必要があります。

《2019年版》完全ワイヤレスイヤホン“初心者”おすすめは…コレ!—1万円台で買える高コスパ機種“神7”を紹介

《2019年版》完全ワイヤレスイヤホン“初心者”おすすめは…コレ!—1万円台で買える高コスパ機種“神7”を紹介

2019年3月23日

iPhoneはAAC・AndroidはaptX

まずは、iPhone(iPad)とAndroidスマホの対応状況を見てみます。

  Bluetoothイヤホン
SBC SBC
AAC
SBC
aptX
SBC
AAC
aptX
スマホ iPhone SBC AAC SBC AAC
Android SBC SBC aptX aptX

iPhoneと一般的なAndroidのBluetoothコーデック対応表。

基本的には、上表の組み合わせで接続されると思ってもらえればOKです。

iPhone(iOS)は、『SBC』と『AAC』のBluetoothコーデックに対応しています。なので、BluetoothイヤホンがAAC対応なら優先してAAC接続に、SBCのみならSBC接続になります。これは簡単ですね。

Androidの場合は原則は上表のとおりですが、機種によってはAACに対応しているものもあります。また、Android 8.0以降は『SBC』・『AAC』・『aptX』・『aptX-HD』・『LDAC』のすべてが“標準対応”になりました。ただし、Android 8.0端末にすべてのコーデックが必ず入っているわけではないことは注意。

さたえり
Androidの場合は、端末の説明書を要チェックやね!

WALKMANはAAC&LDAC

Sony『WALKMAN』のBluetoothコーデック対応状況は、2019年現在で以下のとおりです。

SBC・AAC・LDAC対応のWALKMAN

  • WM1シリーズ
  • XZシリーズ
  • Aシリーズ
SBCのみ対応のWALKMAN

  • Sシリーズ
さたえり
要するに『Sシリーズ』だけSBCのみってことやね!

WALKMANを買うか迷っていて、ワイヤレスでの音質にもこだわりたいなら、Sシリーズ“以外”を選ぶのがオススメです。

そして、Bluetoothイヤホンも『LDAC』対応をものを選ぶのが、一番理想的と言えるでしょう。

音ゲーには不向き

最新のBluetoothコーデックがいくら低遅延と言われていても、最低40ms(0.04秒)ぐらいの遅延は発生します。

四条ねこ
つまりー!?
さたえり
RPGとかならまだしも、音ゲーにはお世辞にも向いてるとは言えないんよね。

もちろん、Bluetoothの電波の状況は、そのときによってまちまち。なので、最悪途切れてしまうこともあります。なので、音ゲーは…正直言って、かなり厳しいですね。素直に、有線のイヤホンにしましょう。

総評「Bluetoothコーデックとは“ロマン”である」

総評「Bluetoothコーデックとは“ロマン”である」

こんな感じで、Bluetoothコーデックとは何かと、スマホでの確認方法、そして各スペックを見ていきました。

今回の内容を簡単にまとめてしまうと、

  • 『コーデック』とは音声圧縮の方式
  • 音質は『LDAC』が最強
  • 遅延の少なさは『aptX』が最強
  • iPhone使いは『AAC』対応のイヤホンを買う
  • Android使いは『aptX』対応のイヤホンを買う
  • WALKMAN使いは『LDAC』対応のイヤホンを買う

という感じですね。

さたえり
ちなみに、全コーデックに対応してるのは、Sonyの『WI-1000X』とか『WH-1000XM3』があるやよ。両方ともハイレゾ対応で、有線でも接続できるのがエモみやね!

コーデックとは…ロマンだ!

この記事で紹介したガジェット

おまけ

四条ねこ
Bluetoothも奥が深いんだね〜。
まの
ほんと、コーデックとは何かを語るだけで、ここまでの説明になるとは…。
さたえり
ほんとは、通信安定化(NFMI・QCC3026)も話すつもりやったんやけど、長くなったからこれはまた今度やね!
四条ねこ
ひゃー。

おわり

Source:Sony, PHILE WEB, 週刊アスキー