MacBook Proのバッテリー駆動時間を長持ちさせる“5つ”のこと

MacBook Proのバッテリー駆動時間を長持ちさせる“5つ”のこと

公称10時間に近づける!

薄型のMacBook Proになってから、とにかく電池持ちが悪い!私の使い方だと6時間が関の山。このバッテリー駆動時間をどこまで伸ばせるか試してみますぞぃ!

四条ねこ
私の使用環境は…

  • MacBook Pro 13インチ(2018)
  • 主にAdobe CC・Evernoteを利用
  • ブラウザーはSafari・Google Chrome

って感じだよー!

まの
ねこさんらしいクリエイトな用途ですね。Abobe CCは何を?
四条ねこ
主に、Photoshop・Illustrator・Dreamweaverだねっ!

MacBookのバッテリー対策

MacBookのバッテリー対策

私の使用環境は冒頭でお話した通りです。
PhotoshopやIllustratorは、合計で約1時間弱。ブラウザーはSafariとGoogle Chromeを常時起動で、タブは合計10個ぐらい。Evernoteも常時起動です。

さたえり
そう考えたら、6時間も持っているほうやないん?
四条ねこ
まぁねー。
でも、MacBookとか、2015年以前のRetinaなMacBook Proよりかは、確実にバッテリー持ちが悪くなってると思うっ!

▼私が使用しているのは、2018年モデルのMacBook Pro 13インチ。

使用環境の説明はこんなとこで終わらせて、さて本題。

まずは、私が行った5つのバッテリー延長施策を紹介します。

対策1.ディスプレイ輝度の自動調節をオフ

対策1.ディスプレイ輝度の自動調節をオフ

1つめは、ディスプレイの輝度の自動調節をオフにすることです。

設定方法

『システム環境設定』 → ディスプレイ輝度の自動調節をオフ。

対策2.キーボード輝度の自動調節をオフ

対策2.キーボード輝度の自動調節をオフ

2つめは、キーボードの輝度の自動調節をオフにすること。

設定方法

『システム環境設定』 → キーボード環境光が暗い場合にキーボードの輝度を調整をオフ。

対策3.省エネルギーを見直す

対策3.省エネルギーを見直す

3つめは、バッテリー駆動時の省エネルギー設定を見直すこと。

設定方法

『システム環境設定』 → 省エネルギー可能な場合はハードディスクをスリープさせるバッテリー電源使用時はディスプレイを少し暗くするをオフ。

対策4.Bluetoothをオフ

対策4.Bluetoothをオフ

4つめは、Bluetoothを使わないときはオフにすること。

設定方法

『システム環境設定』 → BluetoothBluetoothをオフにするを選択。

四条ねこ
メニューバーにBluetoothアイコンを表示しておくと、オン・オフが便利だよ〜!

対策5.各種ボリュームを下げる

対策5.各種ボリュームを下げる

5つめは、ボリューム関係を下げること。

利用用途に応じて、

  • サウンド
  • ディスプレイ輝度
  • キーボードバックライト

を下げるようにしましょう。

四条ねこ
キーボードバックライトは、使わないならオフでもいいかもだねっ!

バッテリー延長施策の結果は?

バッテリー延長施策の結果は?

さて、上記の5つのバッテリー延長施策を数日間行ってみました。

四条ねこ
なーんと、バッテリー駆動時間が6時間 → 8時間になった〜♪
まの
大改善じゃないですか!?

バッテリー駆動時間に特に影響する“輝度”は、この数日間かなり気を使ってみました。おそらく、それがバッテリー駆動時間に大きく作用したものだと思われます。

ディスプレイ輝度やキーボードバックライトの自動調節は、正直最初から(購入時から)オフでもよい気がします。ユーザーが思っている輝度と、OS側が判断する輝度では、誤差があるような気がするので。

四条ねこ
とりあえず、8時間持てば御の字だっ!

モバイルバッテリーという最終手段

モバイルバッテリーという最終手段

そうはいっても、利用用途によって大きく左右されてしまうのが、このバッテリー駆動時間というもの。ならば、いっそ『モバイルバッテリー』を使うのも大いにアリだと思います。

USB Type-Cが搭載されているMacBook・MacBook Proなら、『USB PD』に対応しているモバイルバッテリーがオススメ。USB PD搭載のモバイルバッテリーは、充電が早いです。15インチMacBook Proユーザーだと、USB PDでないと充電自体も厳しいはず。

USB PD対応“モバイルバッテリー&充電器”まとめだー!カギは…フレキシブルな電力供給?

USB PD対応“モバイルバッテリー&充電器”まとめだー!カギは…フレキシブルな電力供給?

2018年9月27日

まだ、MagSafe 2のMacBook Air・MacBook Proなら、Omnicharge『Omni20』を使えば、モバイルバッテリー充電できます。これは、Surface Proも充電できるスグレモノ。

『MacBook Air』でも”モバイルバッテリー”で充電したい!そしたら”2つ”方法あった!

『MacBook Air』でも”モバイルバッテリー”で充電したい!そしたら”2つ”方法あった!

2018年2月7日

総評:設定次第で持ち時間は変えられる!

総評:設定次第で持ち時間は変えられる!

もちろん、使い方次第でこれ以上バッテリー持ちが、良くなることも悪くなることもあります。あくまで、自分の環境だと2時間程度バッテリー持ちが改善されたということです。

四条ねこ
参考にしてくれると嬉しいけどねっ!

特段変わっている設定はしていないので、設定してバッテリー持ちが以前より悪くなることは、まずないと思います。

四条ねこ
設定変更とモバブーで安心安全だねっ!
まの
無理やり話を終わらせようとしていますね…。

Touch Bar自体の明るさも変更できたらいいのにね。

おまけ

四条ねこ
公称どおりの10時間は無理だったぬー。
さたえり
まぁ、“公称”やしね。
まの
Windowsでいうところの『JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)』ですね。
四条ねこ
じゃあ、公称値の“7掛け”ぐらいが、実際の駆動時間かもね〜。

おわり