『aptX LL』とは?—圧倒的“低遅延”がウリの映像・ゲーム向けBluetoothコーデック

『aptX LL』とは?—圧倒的“低遅延”がウリの映像・ゲーム向けBluetoothコーデック
記事のポイント
  • aptX LLは音楽視聴よりも映像視聴向けのコーデック!
  • 他のaptXシリーズよりも圧倒的な低遅延!
  • 対応イヤホン・ヘッドホンが少ないのが痛いところ!

Bluetoothでも遅延がない!?

ワイヤレスイヤホンの普及ですっかりおなじみとなったBluetooth。そんなBluetoothコーデックの中には“低遅延”をウリにしたものも!それが『aptX LL(aptX Low Latency)』というBluetoothコーデック。そんなaptX LLとは何か?どこが凄いのか?について、ワイヤレス時代だからこそのお勉強をしてみます。

さたえり

キーワードは…“高音質より低遅延”やね!

まの

音楽視聴よりも、動画視聴・ゲーム向けですわね。

二条ねこ

にしても、aptX系コーデック多いよねー。

『aptX LL』とは?

『aptX LL』とは、低遅延がウリのBluetoothコーデック。

『aptX LL』とは、低遅延がウリのBluetoothコーデック。

 

この『aptX LL』とは、Bluetoothコーデックの1つで、ワイヤレス転送における“低遅延”をウリにしたコーデックのこと。なお、aptX LLは『aptX Low Latency』の略称です。

さたえり

Bluetooth界ピカイチの低遅延が魅力のコーデックやね!

aptX LLはaptXコーデックの仲間。

aptX LLはaptXコーデックの仲間。

aptX LLはQualcommがライセンス(プロプライエタリ)を持っており、『aptX』・『aptX HD』・『aptX Adaptive』といった、aptXコーデックシリーズのうちの1つ。なお、他のBluetoothコーデックには、SBC・AAC・LDAC・HWAがあります。

二条ねこ

こう見ていくと、Bluetoothコーデックの種類が増えたよねー!

さたえり

数年前はSBCとAACぐらいやったもんね!

Bluetoothのコーデックとは?確認方法は?—SBC・AAC・aptX・LDACの違いを知っておこう!

Bluetoothのコーデックとは?確認方法は?—SBC・AAC・aptX・LDACの違いを知っておこう!

2019年3月27日

aptX LLの目的と用途

そんな“低遅延”がウリのaptX LLコーデック。

このaptX LLコーデックの目的と用途は、音楽視聴というよりかは、動画視聴やゲームといった 映像+音声 がメインとなっているコンテンツ。

aptX LLの低遅延は、 映像+音声 なコンテンツにピッタリ。

aptX LLの低遅延は、 映像+音声 なコンテンツにピッタリ。

情報が音声データのみの音楽コンテンツでは、特段遅延というものについて気にする必要性がありません。ところが、情報が音声データと映像データの2つに分かれており、その2つのデータのリップシンク(音声データと映像データの同期)が大切な動画視聴やゲームにおいて、ワイヤレス転送のおける低遅延化というのは最重要事項。

さたえり

遅延が凄いと、まさにいっこく堂状態になるわけなんよね…。

なので、このaptX LLコーデックを注目すべきユーザーというのは、音楽視聴ユーザーではなく、ゲーマーや映像視聴ユーザーということになるわけであり、そのために生み出されたBluetoothコーデックというわけなのです。

aptXコーデックの比較

aptXコーデックの比較

■aptXシリーズ

  • aptX
  • aptX LL(aptX Low Latency)
  • aptX HD
  • aptX Adaptive

それでは、そんなaptX LLですが、ほかのaptXシリーズとどう違うのかを、音質と遅延という2つの側面からちょっと比較してみたいと思います。

音質

aptXコーデックシリーズの音質比較。
  aptX aptX LL aptX HD aptX Adaptive
信号処理 48kHz/16bit 48kHz/16bit 48kHz/24bit 48kHz/24bit
ハイレゾ

aptXコーデックシリーズの音質比較。

音質という面では、
aptX ≒ aptX LL < aptX HD ≒ aptX Adaptive
という感じになるはず。

決定的な違いでいえば、『aptX HD』と『aptX Adaptive』は、いわゆるハイレゾ(ただし、日本オーディオ協会が定めるハイレゾの定義からは外れる)に対応しているが、『aptX』と『aptX LL』はハイレゾ非対応という点。

ハイレゾ対応Bluetoothコーデック一覧+ワイヤレスでハイレゾを聞くには?

ハイレゾ対応Bluetoothコーデック一覧+ワイヤレスでハイレゾを聞くには?

2019年11月27日

遅延

aptXコーデックシリーズのレイテンシー比較。
  aptX aptX LL aptX HD aptX Adaptive
レイテンシー 70ms±10ms 40ms未満 約130ms 50ms〜80ms

aptXコーデックシリーズのレイテンシー比較。

遅延という面では、
aptX LL < aptX Adaptive < aptX < aptX HD
という感じになるはず。

Qualcomm曰く、aptX LLコーデックで転送すると、レイテンシーが40ms未満に抑えられるそう。ですので、aptXコーデックシリーズないし、他のBluetoothコーデックの中でも、群を抜いて低遅延と言える。

さたえり

さすがは、低遅延をウリにしてるだけあるって感じやね!

altX LL対応機器について

こう見ていくと、aptX LLが動画視聴やゲームに適したBluetoothコーデックであることが分かってきます。ただ、ちょっと厄介なのが、対応機器(イヤホンやスマホなど)とaptXのライセンスについて。

aptXコーデックのライセンスは、エンコーダー側(スマホや音楽プレーヤーなど)は不要。ただ、デコーダー側(イヤホンやヘッドホンなど)では、別途ライセンス料が必要となっています。

そういう背景もあり、スマートフォンでは、Android 8.0以降、aptX・aptX HDについては標準搭載となっています。ところが、aptX LLについてはその限りではありません。QualcommのaptXのページを見る限りでは、残念ながらスマートフォンでaptX LLを搭載している機種はない模様。音楽プレーヤーではFiiO『M9』がaptX LLの数少ない対応機種でした。

また、デコーダー側はQualcommとライセンス契約を結ぶ必要があるため、イヤホンやヘッドホンでaptX LLに対応している製品は、そう多くない(今後は増えるかもだけど)と思っているほうが無難でしょう。

まとめ「Bluetoothなのに低遅延。それが『aptX LL』だ!」

まとめ「Bluetoothなのに低遅延。それが『aptX LL』だ!」

最後に改めて、『aptX LL』についておさらいすると…

  • 低遅延がウリのBluetoothコーデック
  • 信号処理は48kHz/16bitでハイレゾ非対応
  • 遅延は40ms未満のローレイテンシー
  • 対応機種が少ないのがネック

という感じになってきます。

スマートフォンや音楽プレーヤーでの採用が少ないので、現時点ではBluetoothトランスミッターやレシーバーをメインとした使い方になってくるはず。そこさえクリアすれば…というBluetoothコーデックかもしれません。要するに、普及待ちですね。

さたえり

これからに期待のBluetoothコーデックやね!

この記事で紹介したガジェット

おまけ

さたえり

せっかくだから今度、aptX LLの遅延具合をテストしてみることにするやよ!

二条ねこ

おおー!

まの

確かに、どれくらい実用的かは調べておきたいですわね。

おわり

Reference: aptX Low Latency – Qualcomm