【レビュー】Anker『Anker PowerCore III Fusion 5000』—夢のPD対応モバブー搭載ハイブリッド型USB充電器

【レビュー】Anker『Anker PowerCore III Fusion 5000』—夢のPD対応モバブー搭載ハイブリッド型USB充電器
記事のポイント
  • USB PD充電器+モバイルバッテリーなニクいやつ!
  • USB PD充電器と考えるといろいろ微妙かも!
  • あくまでモバイルバッテリーの延長と思ったほうが良き!

Ankerお得意のハイブリッドタイプ!

USB PD充電器とモバイルバッテリーが一体型になった、Anker『Anker PowerCore III Fusion 5000』をレビュー。大人気PowerCore Fusion 5000の後継機種として出た本機。さぁ、その実力を…見せてくれ!

二条ねこ

これを待っていたのだっ!

まの

Anker PowerCore Fusion 10000は発売中止でしたからね……。

さたえり

Ankerの反撃なるか…やね!

Anker『Anker PowerCore III Fusion 5000』って?

Anker『Anker PowerCore III Fusion 5000』全体画像

Anker『Anker PowerCore III Fusion 5000』全体画像

Anker PowerCore III Fusion 5000ってなに?

USB PD充電器とモバイルバッテリーが一体型になった、ハイブリッドな充電器兼モバイルバッテリー。

6
  • ハイブリッドタイプで超便利。
  • 待望のUSB PD出力対応。
  • USB-Cのみ利用なら18W出力可能。
  • 低電流モードは意外と有用。
  • USB-Aを使うとUSB-Cの出力が下がる。
  • PowerIQ 3.0の賛否。
  • パススルー充電が不充分。
  • バッテリー容量はそこまで多くない。
二条ねこ

外出先のサブ充電器&サブモバイルバッテリーが欲しい。
…そんな絶妙なサブ用途にピッタリな隙間産業的製品あーる!

スペック表
製品名 Anker PowerCore III Fusion 5000
(Anker PowerCore III Fusion 5K)
型番 A1624
メーカー Anker
バッテリー容量 4,850mAh
最大出力 合計 15W
各ポート USB Type-A:12W
USB Type-C:18W
インターフェース USB Type-A ×1
USB Type-C ×1
USB PD ○(USB PD 3.0)
急速充電 ○(Quick Charge 3.0・Apple 2.4A)
USB-A出力 Apple 2.4A 5V・2.4A
USB-C出力 USB PD 5V・3A
9V・2A
サイズ 78×71.5×30mm
質量 176g
備考 PowerIQ 3.0(Gen2)対応

本体チェック

Anker PowerCore III Fusion 5000前面

Anker PowerCore III Fusion 5000前面

■インターフェース

  • 電源ボタン(LEDインジケーター内蔵) ×1
  • USB Type-C ×1
  • USB Type-A ×1

Anker PowerCore III Fusion 5000のサイズは、 78×71.5×30mm で、重さは176g。モバイルバッテリー機能搭載のUSB PD充電器なので、正当な評価はしづらいが、思っていた以上にコンパクト。

Anker PowerCore III Fusion 5000のポート構成は、Apple独自急速充電規格であるApple 2.4Aに対応したUSB Type-Aが1ポートUSB PDに対応したUSB Type-Cが1ポートという構成。なお、最大出力は利用ポートによって異なってくるので、これについては後述。また、LEDインジケーターは、モバイルバッテリー利用時の電源ボタンとのコンボ仕様になっています。

ちなみに、日本では『Anker PowerCore III Fusion 5000』という製品名で販売されていますが、パッケージや海外サイトを見ると、『Anker PowerCore III Fusion 5K』(1K = 1,000)という製品名になっています。

Anker PowerCore III Fusion 5000後面

Anker PowerCore III Fusion 5000後面

■インターフェース

  • ACプラグ ×1

Anker PowerCore III Fusion 5000の後面には、可動式のACプラグ(スイングプラグ)を搭載。

このACプラグから、Anker PowerCore III Fusion 5000本体バッテリーへの充電を行う仕様。もちろん、通常のUSB充電器として使う場合にも利用します。

Anker PowerCore III Fusion 5000上面

Anker PowerCore III Fusion 5000上面

Anker PowerCore III Fusion 5000の上面には、特に何もなし。

Anker PowerCore III Fusion 5000下面

Anker PowerCore III Fusion 5000下面

Anker PowerCore III Fusion 5000下面には、この手の製品にはおなじみの認証関係やUSBの仕様関係が印刷されています。

PSEマークも当然あるのですが、本製品は充電器としてもモバイルバッテリーとしても使われる製品になっているので、2種類のPSEマークがあります。どうでもいいことだけど、ちょっと物珍しい…かも。

Anker PowerCore III Fusion 5000左面

Anker PowerCore III Fusion 5000左面

Anker PowerCore III Fusion 5000左面には、おなじみの“Anker”のロゴマークが印刷されています。

Anker PowerCore III Fusion 5000右面

Anker PowerCore III Fusion 5000右面

Anker PowerCore III Fusion 5000右面には、ロゴマークはなし。…どうして、こっち側にはロゴがないのかは謎。…いつものことですが。

付属品チェック

Anker PowerCore III Fusion 5000付属品

Anker PowerCore III Fusion 5000付属品

■Anker PowerCore III Fusion 5000の付属品一覧

  • 取扱説明書
  • トラベルポーチ

Anker PowerCore III Fusion 5000の付属品は、取扱説明書トラベルポーチ。普段のUSB充電器には付いてこないですが、モバイルバッテリーとしても利用できるので、トラベルポーチが付属している模様。

二条ねこ

Ankerの充電器は光沢感があって擦り傷に弱いから、こういうポーチは必須ですなー。

ベンチマーク

二条ねこ

USB PD充電器の選び方については、こちらの記事からどぞー。

Vbus Hot

チェッカーで確認したところ、シンク(デバイス)未接続時にはソース(Anker PowerCore III Fusion 5000)から電圧がかかっていないことが確認できました。なので、こちらはVbus Hotではありませんでした。

Bridged CCs

USB-IF認証済のeMarkerチップ搭載の5Aケーブル(Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1 (Gen2) ケーブル)を接続したところ、Anker PowerCore III Fusion 5000で接続が検出され、充電が開始されていました。

PDO

Revision Power Delivery 3.0
PDO 5V・3A
9V・2A

Anker PowerCore III Fusion 5000のPDO(単独利用時)

Anker PowerCore III Fusion 5000のUSB PDのRevisionは、公称どおり『Power Delivery 3.0』でした。テスターで確認したPDOは上表のとおり。仕様に明記されている出力と差異のないものでした。しっかり、5V出力時に3Aで出力されています。

二条ねこ

ちなみに、USB Type-Aポートと同時利用すると、最大出力の関係からPDOが、
5V・1.5A
だけになるから要注意あーるっ!

急速充電規格

USB Type-Cポート(USB PD)は、『PowerIQ 3.0(Gen2)』に対応している関係から、Quick Charge 3.0に対応しています。テスターで調べたところ、仕様どおり、Quick Charge 3.0が検出されました。

USB Type-Aポートは、『PowerIQ 1.0』に対応しているので、iPhoneの急速充電規格(通称:Apple 2.4A)に対応しています。テスターで調べたところ、仕様どおり、Apple 2.4Aが検出されました。また、USB BC DCPには非対応でした。

使ってみた

モバイルバッテリー + USB PD充電器

モバイルバッテリーとして使える貴重なUSB充電器。

モバイルバッテリーとして使える貴重なUSB充電器。

Anker PowerCore III Fusion 5000のなんと言っても便利なところが、USB充電器にモバイルバッテリーがドッキングしていること。そういうハイブリッド感がウリなので当然ですが、使ってみると、これがまぁ便利なのです。

ACコンセントなしで充電できる。

ACコンセントなしで充電できる。

モバイルバッテリー機能(4,850mAh)を搭載しているので、当然こうやってiPhoneをACコンセントなしで充電可能。バッテリー容量がそこまで多くないので、これだけでパソコンの充電を1日をやり過ごすのは無理ですが、スマートフォンぐらいなら余裕の容量。

USB PDに対応した点が最大の魅力。

USB PDに対応した点が最大の魅力。

また、旧モデルAnker PowerCore Fusion 5000とは異なり、USB PDに対応したUSB Type-Cポートを搭載

USB PDに対応してくれたおかげで、充電できるデバイスの幅がかなり広がってくれました。USB PDの最大出力が18Wなのでフルフル…とまではいかなくとも、MacBook Pro 13インチは充電できました。これなら緊急用のモバイルバッテリーとしてもアリ。

中途半端なパススルー充電

パススルー充電自体は対応しているけれど……。

パススルー充電自体は対応しているけれど……。

モバイルバッテリーを搭載しているので、Anker PowerCore III Fusion 5000が『パススルー充電』に対応しているのか気になっている人も少なくないはず。

結論からすると、パススルー充電自体は対応しているけれども、デバイス充電中はモバイルバッテリー側への充電は制御されている、という検証結果でした。

Anker PowerCore III Fusion 5000のパススルー充電の仕様

Anker PowerCore III Fusion 5000のパススルー充電の仕様

簡単にAnker PowerCore III Fusion 5000のパススルー充電の仕様を図式化したのが、上画像になります。

要するに、

  1. 端末側のバッテリー充電開始
  2. 端末側のバッテリーが満充電
  3. Anker PowerCore III Fusion 5000側のバッテリー充電開始

というフローになっているわけです。

パススルー充電自体は、AC電源からモバイルバッテリーに入力した電力をデバイスへ優先的に供給すれば成立します。つまり、パススルー充電自体は対応しているということ。ただ、いわゆるデバイスとモバブーの“同時充電”には非対応。

なので、Anker PowerCore III Fusion 5000のパススルー充電の仕様は、パススルー充電には対応しているけれども、同時充電は非対応、ただし追っかけ充電は対応、となるわけです。

二条ねこ

実は、普通にAnkerの製品ページには書かれているんだけどねー。

まの

パススルー充電の定義が曖昧になっていたから、ややこしかったわけですね。

PowerIQ搭載は逆であるべき

PowerIQの搭載はAポート重視であるべきでは……!?

PowerIQの搭載はAポート重視であるべきでは……!?

個人的に「うーん」と思ってしまうのが、PowerIQが搭載されているポートとその仕様

  USB Type-A USB Type-C
PowerIQ PowerIQ 1.0 PowerIQ 3.0(Gen2)
互換性 USB PD
Quick Charge 3.0

Anker PowerCore III Fusion 5000のPowerIQ仕様

Anker PowerCore III Fusion 5000のPowerIQの仕様をまとめると、上表のようになるのですが…USB Type-AにこそQuick Chargeを搭載すべきでは、と思ってしまう。

別製品だと、Type-AポートもQuick Charge対応。

別製品だと、Type-AポートもQuick Charge対応。

USB PDとQuick Charge 3.0は本来なら共存不可なのですが、このへんは大人の事情が絡んでいる予感がするので、気になる人は気になる…にとどめておきます。ただ、そういうしがらみがないUSB Type-Aこそ、Quick Charge対応のPowerIQ(PowerIQ 2.0)を搭載すべきではないでしょうか。正直、これだと中途半端な気が……。

同時充電だと最大出力が下がる

USBポートを同時利用すると、最大出力が下がるのがネック。

USBポートを同時利用すると、最大出力が下がるのがネック。

気をつけないといけないのが、USBポートの利用数で最大出力が異なる点。

USBポート単独利用時の最大出力
  USB Type-A USB Type-C
最大出力 12W 18W

USBポート単独利用時の最大出力

こんな感じで、USB Type-A・USB Type-Cをそれぞれ単独で利用した場合には、それぞれ12W・18Wのフル出力が可能

USBポート同時利用時の最大出力
  USB Type-A USB Type-C
最大出力 7.5W 7.5W

USBポート同時利用時の最大出力

ただ、USB Type-A・USB Type-Cの両ポートを同時利用すると、最大出力が合わせて15Wまで下がってしまうのが痛い。

PDOの部分で前掲したとおり、両ポートを同時利用すると、USB PDの出力が5V・1.5Aにロックされてしまう。つまり、7.5Wしか出力されていないことになる。正直、これは痛すぎる。これだと、USB Type-C Current@1.5Aと変わらないってことに……。

まとめ「圧倒的な利便性はあるけど不完全な一面はある」

あくまでサブ用途ならアリ。メインならナシ。

あくまでサブ用途ならアリ。メインならナシ。

そういうわけで、今回のAnker『Anker PowerCore III Fusion 5000』のレビューを総括すると…

  • USB充電器とモバイルバッテリーのハイブリッド型
  • USB PDに対応したUSB Type-Cポート搭載は嬉しい
  • パススルー充電は対応だけど追っかけ充電になる
  • PowerIQは…この仕様だとむしろ不要
  • ポートを同時利用すると出力が下がるのが難

という感じでした。

PowerIQ 3.0は賛否あると思います。なので、その仕様についてどう捉えるかは任せるとして、今回の中途半端な搭載状況だと、正直PowerIQは不要かと。パススルー充電も含めて、ちょっとずつ残念な印象。

ただ、サブのモバイルバッテリーとして考えるなら、悪くはない選択肢。なので、普段から別のUSB PD充電器やモバイルバッテリーを使っていて、緊急用として欲しい。こういうニーズに当てはまるなら良いのかもしれません。

二条ねこ

どちらかといえば、ライトユーザー向けってことなんだろうねー。

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

やっぱり、Anker PowerCore Fusion 10000が欲しかったなー。

まの

ヘビーユーザー的には、ちょっと物足りない感はありますよね。

さたえり

パススルー充電もライトユーザーにはよく分からない仕様やし、それで微妙に省いたのかもやね。

二条ねこ

ギーク向けではなかったのであーる。

おわり