E Inkタブレット『reMarkable 2』は日本へ発送不可が惜しい

E Inkタブレット『reMarkable 2』は日本へ発送不可が惜しい
記事のポイント
  • これはもっとも紙に近い電子ペーパータブレット!
  • E InkとWacomペンの絶妙なコンビネーション!
  • 残念ながら日本への発送には未対応!

電子ペーパーの夜明けを感じた…けど。

電子ペーパー(E Ink)タブレットメーカーのreMarkableが『reMarkable 2』という、新型E Inkタブレットを3月17日に発表してました。プレ価格は399ドルと結構安価。いろいろ強化されていて、かなり良さげ。なのに…日本の発送には対応してないだと!?

二条ねこ

かなり良さそうなのに…うぐぅ。

まの

reMarkable(1st Gen)と変わらず、ですね。

さたえり

余計に欲しくなっちゃうやんね。

reMarkable『reMarkable 2』とは?

reMarkable『reMarkable 2』とは?

■reMarkable 2ってなに?

電子ペーパーと紙を本気で考えている、ノルウェーにあるreMarkable社の新型E Inkタブレット。2になり、長時間駆動・Google Chrome連携・ペン機能の強化などを果たした。

Introducing reMarkable 2 — the paper tablet – YouTube

製品名 reMarkable 2
メーカー reMarkable
OS Linux-based custom OS
SoC ARM Processor(1.2GHz・2コア)
RAM 1GB(LPDDR3 SDRAM)
ROM 8GB
画面サイズ 10.3″(E Ink)
画面解像度 1,872×1,404
無線LAN ○(2.4GHz・5GHz)
バッテリー 3,000mAh
インターフェース USB Type-C ×1
サイズ 187×246×4.7mm
質量 403.5g
備考 Wacomデジタイザーペン
筆圧感知:4,096段階
対応ファイル:PDF・ePUB
reMarkable apps

reMarkable 2のスペック表。

このreMarkable社はノルウェーのオスロにある企業。今回発表された『reMarkable 2』は2代めで、数年前に『reMarkable』という同じくE Ink(電子ペーパー)タブレットが出ています。なので、その後継機的位置づけ。

E Inkタブレットでスペックを深堀りするのも野暮(そういうのを求めているデバイスではないので)ですが、スペックを見ると必要十分といった感じ。
reMarkableは、本気で電子ペーパーを紙のようにさせていこうとしている企業ですが、しっかりとデジタル的な機能(Wi-Fi・モバイルアプリ)は搭載されています。

E Ink(電子ペーパー)手書きタブレット大全—現行機種を総比較&ポジショニングマップ化したよ! –2020年版–

E Ink(電子ペーパー)手書きタブレット大全—現行機種を総比較&ポジショニングマップ化したよ! –2020年版–

2020年1月4日

reMarkable 2のエモみ

reMarkable 2のエモみ
  • 静寂を感じさせるデザイン。
  • 2週間持続するバッテリー。
  • 90日間スタンバイ可能。
  • 鉛筆より薄い4.7mm。
  • デジタイザーペンはWacom製。
  • ペンは充電不要で消しゴム機能あり。
  • 手書き認識で文字変換可能。
  • Google Chromeプラグイン対応。
  • パソコンやスマホと同期可能。

reMarkable 2は非常に洗練されたE Ink(電子ペーパー)タブレットで、上手にデジタルとアナログを調和させている様子が伺えます。

Handwriting conversion — reMarkable 2 – YouTube

Sketching on reMarkable (June 2017) – YouTube

デジタルデバイスではなく、紙の延長だと感じさせるその薄さ、軽さ。そして、デザイン。

バッテリーも充電を意識させないように、2週間持続するのだとか。スタンバイでは90日間も持つそうなので、デジタルデバイスの煩わしさもあまりなさそう。あくまで、電子ペーパーとしての使いやすさを研ぎ澄ませているイメージが伝わってきます。

MarkerとMarker Plus with built-in eraser。

MarkerとMarker Plus with built-in eraser。

reMarkable 2のデジタイザーペンには、Wacom製のものを用いており、新しいペン(Marker Plus with built-in eraser)では、ペンのお尻部分に消しゴム機能が搭載されています。ちなみに、このMarkerペンはreMarkable 2本体と磁石でくっつくようになっている親切設計。

二条ねこ

うーむ、考え抜かれたE Inkタブレットですな〜。

まの

reMarkable社の紙と電子ペーパーに対する、真剣な向き合いを感じられますわね。

注文してみた → 日本へは発送不可

さて、そんな素敵なreMarkable 2。現在プレオーダー(8月出荷予定)を受け付けており、価格はプレ価格で399ドル。日本円にして、約4.5万円。

二条ねこ

これは注文せねば…っ!?
ってことで、reMarkable公式サイトで注文してみるぞー!

さたえり

オチはタイトルから分かってるんやけどね…。

reMarkable公式サイトでプレオーダーしてみる。

reMarkable公式サイトでプレオーダーしてみる。

プレオーダーの購入ページがあるので、そちらから買ってみます。

プレオーダーだとペン・ケース・送料が無料。

プレオーダーだとペン・ケース・送料が無料。

どうやら、プレオーダーだとMarker(消しゴムがないほうのデジタイザーペン)とFolio(純正ケース)が無料でついてくるのだとか。

Marker Plusは50ドルで購入可能。

Marker Plusは50ドルで購入可能。

Marker → Marker Plus に変更すると、+50ドルかかる様子。

PayPalでの決済に対応。

PayPalでの決済に対応。

決済はPayPalも使えるようです。

発送先入力画面だが。

発送先入力画面だが。

さーて、発送先を…。を!?

二条ねこ

日本がないっ!あー…。

残念ながら、日本へ発送先に入っていない。

残念ながら、日本へ発送先に入っていない。

オチが見え見えの茶番でしたが、reMarkable社は日本に発送してくれないようです。というか、そもそもアジアへの発送先が少ないですね。うーん、残念。

まとめ「日本発送不可が悔やまれる」

まとめ「日本発送不可が悔やまれる」

前モデルもそうだったのですが、残念ながら今回のreMarkable 2も日本へは発送してくれないようです。reMarkable社、日本への発送対応してくれないかな。

とはいえ、RAKUNEWでは、reMarkable 2を注文できるので、日本国内で購入するならここを使うといいかも。私は…もう少し悩みます。

二条ねこ

これは意地でもポチりたくなるぞぞぞ…。

この記事で紹介したガジェット
  • reMarkable|reMarkable 2

おまけ

さたえり

すっごい良さそうなのにね。

まの

入手が難しいとなると、なおさら欲しくなるのは人間ですよね。

二条ねこ

うむぅ…実店舗があれば、カナダとかで現地調達したいんだけどねー。ガックシ。

おわり