【レビュー】Anker PowerCore Fusion 10000:パススルー対応でMagSafe充電器に最適なハイブリッドモバブー

【レビュー】Anker PowerCore Fusion 10000:パススルー対応でMagSafe充電器に最適なハイブリッドモバブー
記事のポイント
  • USB PD充電器 + モバイルバッテリー が帰ってきた!
  • コンセント直挿しで大容量のハイブリッドモバブーは便利!
  • パススルー充電対応でARM時代の今ならこれだけで過ごせる!

ハイブリッドタイプが超絶強化!

モバイルバッテリー兼USB PD充電器、Anker『Anker PowerCore Fusion 10000』をレビュー。PowerCore III Fusion 5000から、最大出力・搭載バッテリーが大幅強化したぞ!

二条ねこ
  • PowerCore III Fusion 5000:合計最大15W出力・4,850mAh
  • PowerCore Fusion 10000:合計最大20W出力・9,700mAh

…ねっ!!

まの

使い勝手が向上しましたわね。

さたえり

発売中止から復活したんやね!

本日のレビュー:Anker PowerCore Fusion 10000

Anker PowerCore Fusion 10000 - Anker

Anker PowerCore Fusion 10000 – Anker

Anker PowerCore Fusion 10000ってなに?

USB PD充電器としても利用可能なハイブリッド型モバイルバッテリー。2019年発売予定だったものが、2021年になって復活した!

8
  • 大容量なハイブリッド型
  • パススルー充電対応
  • 低電流モード対応
  • USB-Cから充電不可
  • 同時利用で最大出力低下
  • 相変わらずのPowerIQ
Anker PowerCore Fusion 10000
型番 A1623113
メーカー Anker
バッテリー容量 9,700mAh
最大出力 合計 20W
各ポート USB Type-A:12W
USB Type-C:20W
インターフェース USB Type-A ×1
USB Type-C ×1
USB-A出力 Apple 2.4A 5V・2.4A
USB-C出力 USB PD 5V・3A
9V・2.22A
急速充電 USB-A Apple 2.4A
USB-C USB PD 3.0
サイズ 82×82×35mm
質量 278g
備考 PowerIQ対応
パススルー充電対応
低電流モード搭載

Anker PowerCore Fusion 10000のスペック

二条ねこ

知る人ぞ知る“待ちに待った”ハイブリッド型モバイルバッテリーちゃんっ!
…改善点はまだあるけど、ひとまずの到達点でベストバイなのであーる。

デザインビュー

本体:意外と小さくて意外と重たい

Anker PowerCore Fusion 10000(前面)

Anker PowerCore Fusion 10000(前面)

■インターフェース

  • USB Type-C ×1
  • USB Type-A ×1

Anker PowerCore Fusion 10000のサイズは 82×82×35mm で、重さは278g。USB PD充電器ではあるが、9,700mAhのバッテリーを搭載しているので、質量としては結構なヘビーさ。

本体前面には、USB Type-Aが1ポートUSB Type-Cが1ポート、という合計2つのUSBポートを搭載。なお、搭載されているUSB Type-CポートはUSB PD 3.0対応ですが、こちらは電源出力専用となっており電源入力は不可。

二条ねこ

弟分のAnker PowerCore III Fusion 5000が176gだから、約1.5倍ぐらい重たくなってますなー。

Anker PowerCore Fusion 10000(後面)

Anker PowerCore Fusion 10000(後面)

■インターフェース

  • ACプラグ

本体後面には、Anker PowerCore Fusion 10000に搭載されたバッテリーを充電するためのACプラグが搭載されています。前述のとおり、USB Type-Cポートは出力専用なので、利用する際にはかならずACコンセントに挿す必要があります。

Anker PowerCore Fusion 10000(左面)

Anker PowerCore Fusion 10000(左面)

■インターフェース

  • 電源ボタン(LEDインジケーター内蔵)

本体左面には、モバイルバッテリーとして利用する際に使う電源ボタンを搭載。この電源ボタンに8連のLEDインジケーターが内蔵されており、電源オンと同時にバッテリー残量を確認することができます。

なお、電源ボタンを2回連続押下すると『低電流モード』という、電流を1.5Aまで下げた充電モードに切り替わります。低電流モード利用時は、LEDインジケーターの一番上が緑色に点灯するので、現在どのモードで使っているのかがひと目で分かるようにできています。

Anker PowerCore Fusion 10000(右面)

Anker PowerCore Fusion 10000(右面)

本体右面は特に何もありません。“ANKER”のロゴタイプは左面のみ。

Anker PowerCore Fusion 10000(上面)

Anker PowerCore Fusion 10000(上面)

本体上面も何もありません。ちなみに公式画像では金属っぽく見えますが、普通のプラ樹脂でできています。

Anker PowerCore Fusion 10000(下面)

Anker PowerCore Fusion 10000(下面)

本体下面には、おなじみの認証関係やUSBの仕様関係がつらつらと。当然PESマークも2種類プリントされています。TÜV Rheinland認証もバッチリです。

Anker PowerCore Fusion 10000(インターフェース部分)

Anker PowerCore Fusion 10000(インターフェース部分)

  USB Type-A USB Type-C
合計最大出力 20W(1ポート利用時)
15W(2ポート利用時)
最大出力 12W 20W
ポート数 1 1

Anker PowerCore Fusion 10000のUSBポート数・最大出力

Anker PowerCore Fusion 10000に搭載されている、USBポートの仕様については上表のとおり。なお、USB充電器モード・モバイルバッテリーモード、どちらで利用しても同じ出力仕様になっています。

合計最大出力は、1ポート(USB Type-C単体)の場合は20W2ポート(USB Type-C + USB Type-A)の場合は15W。USBポートごとで見ると、USB Type-Aは最大12WUSB Type-Cは最大20W。複数ポート利用時に最大出力が下がる変則仕様なので注意。詳しくは本稿後半の補足にてまとめて検証しています。

二条ねこ

うーむ、相変わらずのややこしさであーる。ややこしやー。

付属品:ポーチはメッシュでケーブル付属

Anker PowerCore Fusion 10000(付属品)

Anker PowerCore Fusion 10000(付属品)

■付属品一覧

  • USB Type-A to USB Type-Cケーブル
  • トラベルポーチ
  • 取扱説明書

Anker PowerCore Fusion 10000の付属品は、USBケーブル(USB Type-A to USB Type-C)、キャリングポーチ取扱説明書、という3つ。

弟分のAnker PowerCore III Fusion 5000とは異なり、こちらにはUSBケーブルが付属しているのが嬉しいところ。その代わりか、キャリングポーチがメッシュタイプ(Fusion 5000はスウェード風素材)のチープなものに変わっています。

二条ねこ

まぁ、キャリングポーチの素材はどうでもいいんだけどねー。

さたえり

「チープ」とか言ってるくせに……。

【レビュー】Anker『Anker PowerCore III Fusion 5000』—夢のPD対応モバブー搭載ハイブリッド型USB充電器

【レビュー】Anker『Anker PowerCore III Fusion 5000』—夢のPD対応モバブー搭載ハイブリッド型USB充電器

2020年7月18日

ベンチマーク

二条ねこ

USB PD充電器の選び方については、こちらの記事からどぞー。

Vbus Hot

チェッカーで確認したところ、シンク(デバイス)未接続時にはソース(Anker PowerCore Fusion 10000)から電圧がかかっていないことが確認できました。なので、こちらはVbus Hotではありませんでした。

Bridged CCs

USB-IF認証済のeMarkerチップ搭載の5Aケーブル(Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1 (Gen2) ケーブル)を接続したところ、Anker PowerCore Fusion 10000で接続が検出され、充電が開始されていました。

PDO

Revision Power Delivery 3.0
PDO 5V・3A
9V・2.22A

Anker PowerCore Fusion 10000のPDO

Anker PowerCore Fusion 10000に搭載されている、USB Type-CポートのUSB PDのRevisionは、公称どおり『Power Delivery 3.0』でした。

テスターで測定したところ、出力されたPDOは上表のとおりで、スペックシートに記載されているものと差異はありませんでした。ちゃんと、5V出力時に3Aで出力されています。

二条ねこ

PDOは問題ナシ!おけおー!!

急速充電規格

USB Type-Cポート(USB PD)は、PowerIQ 3.0(Gen2)に対応しています。
テスターで測定したところ、独自急速充電規格(Apple 2.4A・Quick Charge 3.0・Samsung AFC・HUAWEI FCP)が検出されました。

USB Type-Aポートは、PowerIQ 1.0対応。
テスターで測定したところ、独自急速充電規格(Apple 2.4A)が検出されました。

二条ねこ

PowerIQ対応の時点でお察しだけど、華麗に規格違反してますなー。

PowerIQとは?—2.0と3.0の違い・Quick Charge・仕様をまとめてお勉強

PowerIQとは?—2.0と3.0の違い・Quick Charge・仕様をまとめてお勉強

2020年8月25日

使ってみた

ハイブリッド型は便利で有能

Anker PowerCore Fusion 10000

すでに発売されているAnker PowerCore III Fusion 5000で、ハイブリッド型のモバイルバッテリーの利便性は体感していたのですが、そこからパワーアップしたAnker PowerCore Fusion 10000はさらに便利で有能

二条ねこ

一家に一台…じゃなくて、一人に一台は持っておくべしべしっ!

Anker PowerCore Fusion 10000

USB PD充電器としても使えるので、要求電力の低いMacBook Airぐらいなら、これ1つで1日フル稼働も可能。人によっては、このハイブリッド感が逆に中途半端に見えてしまうかもですが、省電力なARM系CPUをメインで使っているユーザー的にはこれが最適解かも。

20W出力はMagSafe充電器に合う

Anker PowerCore Fusion 10000

USB PDの最大出力が、Anker PowerCore III Fusion 5000では最大18Wだったのですが、今回のAnker PowerCore Fusion 10000では最大20Wに強化。たかが“2W”の強化ですが、これが地味に効いてくるのがMagSafe充電器の存在。

Anker PowerCore Fusion 10000

iPhone 12シリーズで使えるMagSafe充電器は、Appleが公式で20W以上のUSB PD充電器を推奨しています。それ以下のW数だと充電が遅くなる仕組み。そう、Anker PowerCore Fusion 10000は、ギリギリセーフでフル出力で利用できるわけ。個人的には、MagSafe充電器を使ってくださいと言わんばかりのパワーアップだと思ってます。

二条ねこ

2Wの強化が大幅な強化になったのであった…おわりっ!

さたえり

勝手に終わらすなーー!!

『MagSafe充電器』の仕様を調べたらカオスだった話

『MagSafe充電器』の仕様を調べたらカオスだった話

2020年11月4日

安心の約10,000mAhバッテリー

Anker PowerCore Fusion 10000

この手のハイブリッド型モバイルバッテリーは容量が少ないものが多く、どうしてもヘビーユーザー的には物足りなさがあった。でも、Anker PowerCore Fusion 10000は9,700mAhという容量のバッテリーを搭載。これならバッチリ。

Anker PowerCore Fusion 10000

スマートフォンやタブレットをメインで使っているなら、このバッテリー容量は余るレベル。ノートパソコンをメインで使うユーザーでも、これなら緊急時の予備バッテリーとして十二分に働いてくれる。大型ノートパソコンだとUSB PDの最大出力がボトルネックになるが、Intel Core Y系やIntel Core LxxG系を搭載した薄型ノートパソコンなら、これで事足りるはず。

まの

ノートパソコンの低消費電力化もありますし、普段使いには十分な容量ですわね。

パススルー充電には要注意

Anker PowerCore Fusion 10000

Anker公式サイトでは記載がなかったのですが、Anker PowerCore Fusion 10000は『パススルー充電』に対応していました。なので、デバイスを充電しながら、本機も充電可能。

ただ、パススルー先の充電が完全に終了するまでは本機のバッテリーは充電されない仕様なので注意。充電先のデバイスが満充電になったタイミングで、モバイルバッテリー側の充電に切り替わって行われる仕組みになっています。要するに、Anker PowerCore III Fusion 5000と一緒。

Anker PowerCore Fusion 10000

デバイス充電開始 → デバイス満充電 → モバイルバッテリー充電開始
…というフローで、パススルー充電が行われているわけです。

要するに、Anker PowerCore Fusion 10000のパススルー充電についてまとめると、同時充電は非対応、ただし追っかけ充電は対応、ということになります。

USB PD 20W出力は単ポート時限定

Anker PowerCore Fusion 10000

USB Type-C(USB PD)で最大20W出力なのはいいけれど、それは単独利用時のみ。AとCの両方のUSBポートを使ってしまうと、USB PDの最大出力が下がってしまう点が残念かつ注意だったりします。

Anker PowerCore Fusion 10000

USB PDを使って急速充電がしたい場合は、USB Type-Aポートは極力使わないようにするのがベター。このあたりは充電するデバイスによりけりですが、少なくともUSB Type-Cポートを使ってノートパソコンを充電したい場合は、単独ポート利用で使いましょう。

補足

複数USBポート利用時の電力供給量

Anker PowerCore Fusion 10000のポート構成

Anker PowerCore Fusion 10000のポート構成

Anker PowerCore Fusion 10000は前述のとおり、同時利用するポート数に応じて最大出力が異なってきます。メーカー公式サイトでも記載されていますが、より深く仕様を知るために、利用パターン別に分けて各USBポートの最大出力を以下の表にまとめてみました。利用時や購入時の参考にどうぞ。

  利用ポート
USB Type-A USB Type-C
最大出力 12W 20W

1ポート利用時の最大出力

  利用ポート
USB Type-A

USB Type-C
最大出力 USB-A:7.5W
USB-C:7.5W

2ポート利用時の最大出力

低電流モードのUSB PD仕様

Revision Power Delivery 3.0
PDO 5V・1.5A

低電流モード時のPDO

通常時 低電流モード
Apple 2.4A
Quick Charge 3.0
Samsung AFC
HUAWEI FCP
Apple 2.4A

低電流モード時に出力される独自急速充電規格

Anker PowerCore Fusion 10000に搭載されている『低電流モード』を利用した場合、上表のようなPDOと独自急速充電規格に、テスターで計測した結果なりました。

二条ねこ

低電流モードにすると、急速充電規格の出力が変化する謎仕様あーる。

まの

単に電流を落としてるのではなく、プロトコルのようなものを変えている可能性が高いですわね。

まとめ「最強の1歩手前なハイブリッド型モバブー」

Anker PowerCore Fusion 10000

そういうわけで、今回のAnker『Anker PowerCore Fusion 10000』のレビューを総括すると…

  • 2年越しの復活を果たしたハイブリッドモバブー
  • 容量も約10,000mAhになり申し分なし
  • USB PDが20W出力なのでMagSafe充電器に最適
  • パススルー充電は追っかけ充電のみ対応
  • 複数ポート利用時は最大出力が下がるのがネック

という感じ。

相変わらずのPowerIQの「USB-IFなんて知らないぜ!」…というスタンスは、もはや気にしたら負け。PDO自体は規格違反をしているわけではないので、極端にそこにこだわらないのであれば、このハイブリッド型モバイルバッテリーはおすすめ。

あとは、より高出力になってくれるともっと使いやすくなるので、そちらをもうちょっと改善してほしいところ。とはいえ、全体の完成度は高いですし、1つ持っておいて損はないでしょう。

二条ねこ

ARM時代の新定番モバイルバッテリーちゃん…になるかなー!?

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

残るは『Anker PowerCore Fusion Power Delivery Battery and Charger』を買わないと、であーる。

まの

Apple Store専売のモバイルバッテリーですわね?

二条ねこ

そうっ!これは出力が高いんだよー。1万円超えるけど!!

さたえり

お値段も高いんやね……。

おわり