Apple Studio Displayか?他社製Thunderboltモニターか?…の悩み

Apple Studio Displayか?他社製Thunderboltモニターか?…の悩み
記事のポイント
  • Studio Displayに不満はあるが5K解像度は貴重!
  • 他社製Thunderboltモニターはやはりピンキリ!
  • Windowsでも使うのかと5Kが必要なのかがキモ!

“スタンド着脱不可は解せぬ”

Apple『Studio Display』を買うべきか、他社製Thunderboltモニターを買うべきか。この悩みをデザイナー視点で、候補を交えつつ、性能と価格を比較しながら考えていきます。

まの

結局、どうするのでして?

二条ねこ

と比較しつつ考える!

さたえり

いずれにしても高い買い物やんね。

Thunderbolt対応モニターの悩み

Thunderbolt対応モニターの悩み

USB 3.2 Type-Cでの映像入出力(DisplayPort Alternate Mode)が普及したことにより、モニター側にもUSB Type-Cポートが着実に搭載されつつあります。

しかしながら、事実上の上位互換ポートである『Thunderbolt 3』や『Thunderbolt 4』に対応したパソコンモニターというのは、まだまだ製品数が少ないのが現状です。おそらく、多くのユーザーはUSB Type-Cで事足りるため、今後もThunderboltが搭載されたモニターが普及する見込みは薄いでしょう。

ただ、それだと「Thunderbolt 3やThunderbolt 4に対応したモニターが欲しい」と思っているユーザーからすると、結構悩ましい問題になってくるのです。そう、選択肢があまりない。増えない。

二条ねこ

「良いモニター見つけた!」と思ったら、大抵が『USB Type-C』で『Thunderbolt』じゃないのであーる。

さたえり

しかも、Thunderbolt搭載でも、『アップストリーム』しかない。

まの

デイジーチェーン非対応、ですね。

二条ねこ

そう、それですな!

Thunderbolt対応モニターの悩み

そんな折、Appleが新しいThunderbolt 3対応モニターStudio Displayを発表しました。

二条ねこ

やったぜ!!

Appleといえば、『Pro Display XDR』という、超弩級のThunderbolt 3対応モニターも販売中。なのですが、こちらは約60万円と庶民には手が出るわけがない価格設定。しかし、今回リリースされた『Studio Display』は、約20万円とリーズナブル(これでも高いけど)。

そこで今一度、Studio Displayも含めて、どのThunderbolt 3(Thunderbolt 4)対応モニターを買うのが良いのか、ということを、比較しながら考えてみることにしたわけなのです。ですなの。

二条ねこ

Apple信者的には『Studio Display』を積極的に選びたいけど、失敗したくないから同等の他社製モニターと比較するのであーる。

『Apple Event(Peek performance.)』まとめ

『Apple Event(Peek performance.)』まとめ

2022年3月9日

Apple『Studio Display』の概要

Apple『Studio Display』の概要
特長

<ディスプレイ>

  • 5KのRetinaディスプレイ
  • 600nitの輝度
  • Display P3の広色域
  • 10億色以上に対応
  • True Tone対応
  • 反射防止コーティング

<カメラ>

  • 12MPの超広角カメラ搭載
  • センターフレームに対応

<サウンド>

  • 6つのスピーカー搭載
  • スタジオ品質の3マイクアレイ
  • 空間オーディオ対応

<その他>

  • Apple A13 Bionic搭載
  • Hey Siriに対応
  • Thunderbolt 3搭載
  • USB PD 96W対応
  • フルアルミニウム筐体

Studio Displayの特長を書き出すとこんな感じ。

Apple自身が発表会にて、「どのMacと合わせてもすばらしいディスプレイ」と言っていたのですが、まさにその言葉どおりの仕様。言い換えれば、Appleデバイス以外での利用は想定していない、というわけです。

まの

自社製品のための純正モニターですから当然ですわね。

二条ねこ

ですな!
AppleのAppleによるAppleのためのモニター、であーる。

Apple『Studio Display』の概要
欠点
  • 映像入力がThunderboltのみ
  • Windowsで一部機能制約あり
  • モニタースタンド着脱不可

Studio Displayの欠点を書き出すとこんな感じ。

Windowsでも使えるものの、一部機能に制約(True Toneやセンターフレームに非対応)が発生するとのこと。ここに関しては、欠点といえばそうなのですが、そもそもがMac向けのモニターなので止む無し。

それよりもネックとなるのが、映像入力がThunderbolt 3のみということ。しかも、1ポートのみ。また、モニタースタンドが取り外しできない仕様(iMacと一緒)。なので、このあたりの使い勝手に関しては、他社にどう考えても劣っています。

さたえり

あれ?
『Pro Display XDR』のスタンドって、着脱できたやんね!?

二条ねこ

Pro Display XDRは着脱可能!
Studio Displayは着脱不可能!
…なんでそうなるのだっ!?

なお、Studio Displayのスペックは以下のとおり。

Studio Display
価格 199,800円
├ Nano-textureガラス:+43,000円
├ 傾きを調整できるスタンド:+0円
├ 傾きと高さを調整できるスタンド:+44000円
└ VESAマウントアダプタ:+0円
画面サイズ 27インチ
└ 16:9
画面解像度 5,120×2,880
└ 5K
画面輝度 600nit
表示色 10億色
色域 Display P3
└ カバー率非公表
画素密度 218ppi
カメラ 搭載
├ 12MP
└ f/2.4
スピーカー 搭載
└ ユニット数:6
アップストリーム Thunderbolt 3 ×1
└ USB PD:96W
ダウンストリーム USB Type-C ×3
└ USB 3.2 Gen 2

Apple『Studio Display』のスペック

他社製Thunderbolt対応モニターの候補

「Studio Displayを買いたい」という思いを持ちつつも、しっかりと周囲を見渡してから決断したい。決して、安い買い物ではないので。

そういうわけで、Studio Displayは一旦忘れることにして、対抗馬になりそうな他社製のThunderbolt 3(Thunderbolt 4)対応モニターを、2機種ピックアップしてみました。

[1]Dell『UP2720Q』

Dell『UP2720Q』
UP2720Q
価格 約20万円(実勢価格)
画面サイズ 27インチ
└ 16:9
画面解像度 3,840×2,160
└ 4K UHD
画面輝度 250nit
色域 Adobe RGB:100%
DCI-P3:98%
BT.2020:80%
アップストリーム Thunderbolt 3 ×1
└ USB PD:90W
HDMI ×2
DisplayPort ×1
└ DisplayPort 1.4
ダウンストリーム Thunderbolt 3 ×1
USB Type-A ×4
├ USB 3.2 Gen 2 ×2
└ USB 3.2 Gen 1 ×2

Dell『UP2720Q』のスペック

DellUP2720Qは、フォトグラファー向けのThunderbolt 3モニター。

最大の特長は、測色計が筐体に内蔵されていること。そして、Adobe RGBをフルカバーしていること。なので、デザイン業務で使うには申し分なし。

Thunderbolt 3ポートが2基搭載されているので、デイジーチェーンにも対応。

[2]ASUS『ProArt Display PA32UC』

ASUS『ProArt Display PA32UC』
ProArt Display PA32UC
価格 約15万円(実勢価格)
画面サイズ 32インチ
└ 16:9
画面解像度 3,840×2,160
└ 4K UHD
画面輝度 500nit
└ 最大輝度:1,000nit
色域 sRGB:100%
Adobe RGB:99.5%
DCI-P3:98%
Rec.2020:85%
アップストリーム Thunderbolt 3 ×1
└ USB PD:60W
HDMI ×4
└ HDMI 2.0
DisplayPort ×1
└ DisplayPort 1.2
USB Type-B ×1
└ USB 3.2 Gen 1
ダウンストリーム Thunderbolt 3 ×1
USB Type-A ×2
└ USB 3.2 Gen 1
USB Type-C ×1
└ USB 3.2 Gen 1

ASUS『ProArt Display PA32UC』のスペック

ASUSProArt Display PA32UCは、グラフィックデザイナー向けのThunderbolt 3モニター。

最大の特長は、多彩な入力系統。HDMIポートが4基もあるのが素晴らしい。それもあって、Picture By Picture(PBP)が4分割で表示可能。一般的なPBPは2分割が主流なので、ここは人によっては大きな利点。

Thunderbolt 3ポートが2基搭載されているので、デイジーチェーンにも対応。加えて、USB Type-Cポート(ダウンストリーム)も搭載。

結局どれを選べば良いのか

Studio Display UP2720Q ProArt Display PA32UC
Studio Display UP2720Q ProArt Display PA32UC
価格
199,800円から 約20万円 約15万円
画面サイズ
27インチ 27インチ 32インチ
画面解像度
5,120×2,880 3,840×2,160 3,840×2,160
画面輝度
600nit 250nit 500nit
色域
Display P3
(カバー率非公表)
Adobe RGB:100%
DCI-P3:98%
BT.2020:80%
sRGB:100%
Adobe RGB:99.5%
DCI-P3:98%
Rec.2020:85%
アップストリーム
Thunderbolt 3 ×1 Thunderbolt 3 ×1
HDMI ×2
DisplayPort ×1
Thunderbolt 3 ×1
HDMI ×4
DisplayPort ×1
USB Type-B ×1
ダウンストリーム
USB Type-C ×3 Thunderbolt 3 ×1
USB Type-A ×4
Thunderbolt 3 ×1
USB Type-A ×2
USB Type-C ×1

Thunderbolt対応モニターの比較

  • Apple Studio Display
  • Dell UP2720Q
  • ASUS ProArt Display PA32UC

を比較すると、上表のとおり。

結局どれを選べば良いのか

Image:Apple

Apple『Studio Display』は、当然ながらMacとの親和性が高い。

ガジェット的な云々はさておき、とりわけ業務で助かるのが、MacBook Pro側との色合わせをする必要がないということ。Studio Displayはリファレンスモードという機能に対応しており、複数のカラーモード(色空間・ホワイトポイント・ガンマ・輝度)をMac側と同時に設定できるようになっているのです。

このリファレンスモードを使えば、MacBook ProとStudio Displayを同じ色味(例:P3-D65)で簡単に合わせられる。グラフィカルな仕事をしている身としては、色合わせが超簡単、という1点だけで欲しくなっています。

とはいえ、この手のカラーモードプリセット機能、ちょっと気の利いたメーカーであれば、それっぽいことができるようになっています。

結局どれを選べば良いのか

BenQ PD3220U

例えば、現在使っているThunderbolt 3対応モニター、BenQ『PD3220U

【レビュー】BenQ『PD3220U』—4K・HDR10・広色域。デザイナーを支えるThunderbolt 3ディスプレイ[PR]

【レビュー】BenQ『PD3220U』—4K・HDR10・広色域。デザイナーを支えるThunderbolt 3ディスプレイ[PR]

2020年3月21日

PD3220Uには、『M-book』というMacに最適化されたカラーモードが搭載されており、付属のOSDコントローラー(ホットキーパックG2)を使えば、ワンボタンでM-bookプリセットに切り替えられるようになっているのです。

まの

…つまり?

二条ねこ

他社製でも、BenQの『M-book』的な機能があればいいんじゃないかなーって。
でも、解像度が『5K』というのは、Studio Displayならではのアドバンテージなんだよね。

さたえり

4Kモニターはいっぱいあるけど、5Kモニターは貴重やんね。

二条ねこ

ま、トリッキーな画面解像度だし、一般用途なら4K(4K UHD)のほうが使いやすいからねー。

まとめ「Windowsでも使うのか・5Kが必要なのか」

Windowsでも使うのか・5Kが必要なのか

Apple『Studio Display』を買うべきか、他社製Thunderboltモニターを買うべきか。

…ということを考えてきましたが、

  • Windowsでも使うのか
  • 5Kが必要なのか

ということに尽きる気がしてきました。

二条ねこ

うーむ、PD3220UをWindows用にして、Studio Displayを導入すべきか。

iPhone SE(第3世代)が『超高速の5G携帯電話通信』でない理由

iPhone SE(第3世代)が『超高速の5G携帯電話通信』でない理由

2022年3月10日
この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

Studio Display、モニタースタンドが取れないのは解せぬ!

まの

まだ言ってますわね。

さたえり

まぁ、気持ちはめっちゃ分かるけどね。

おわり