ニューノーマルな環境の見直し #月刊がじぇっと部 –2021 Jan.–

ニューノーマルな環境の見直し #月刊がじぇっと部 –2021 Jan.–
記事のポイント
  • 今月のテーマは“ニューノーマルな環境の見直し”である!
  • スマートウォッチもパソコンもキャッシュレスも環境再構築する!
  • 新8vividの新記事は2月から順次公開してきます…たぶん!

2021年の8.33%が終わりました。

その月のがじぇっと部の記事をピックアップして、ダラダラ〜っと語る『月刊がじぇっと部』。今年最初となる2021年1月号は、ニューノーマルな環境の見直し。今年1年を気持ち良く過ごすために、いろいろリフレッシュしていきます。

二条ねこ

2021年の目標は“有言実行”であーるっ!

さたえり

ほんとかなぁ!?

まの

…怪しいですわね。

『月刊がじぇっと部』について

『月刊がじぇっと部』について

『月刊がじぇっと部』とは?

私たち“ギーク系女子”が集まった『がじぇっと部』が、日々の記事の中で、オススメな記事を5つピックアップして紹介しているブログマガジン。毎月月末に刊行しています。

  • 5つのオススメ記事をポイント化して紹介!
  • 今月散財して良かったものを紹介!
  • いつもの記事では話せないネタを放出!

follow us in feedly

二条ねこ

少年老い易く学成り難し。時間が過ぎるのも早いですなー。

さたえり

いや、まだ1月やからね!

今月のオススメ記事

wena 3で『ダブルスマートウォッチ』を作る!——理想のバンドとヘッド選びの旅 – 70pt

wena 3で『ダブルスマートウォッチ』を作る!——理想のバンドとヘッド選びの旅

最大の問題は人気すぎること。

Sonyのスマートウォッチ(が入っている腕時計のバンド)wena 3を買って、それを他社のスマートウォッチに装着して、『ダブルスマートウォッチ』を作ろうとしているお話。記事ではwena 3 rubberを買う——という話でしたが、wena 3 leatherを買って改造して使う予定です。

まの

どうして、rubberからleatherに変えるのですか?

二条ねこ

バンドを自作するなら、leatherのほうがやりやすいからであーるっ!

ASUS『ZenBook Duo 14(UX482)』——USB PD対応Thunderbolt 4搭載で欲しくなる – 75pt

ASUS『ZenBook Duo 14(UX482)』——USB PD対応Thunderbolt 4搭載で欲しくなる

USB PDに対応したから買う!

2画面ノートパソコン『ZenBook Duo UX481』の新型である、『ZenBook Duo 14(UX482)』が海外で発表されました。見た目こそソックリなのですが、新型はThunderbolt 4搭載でUSB PDでの充電にも“やっと”対応。詳細なスペックは記事に記載しているので、そちらをどうぞ。…とにかく最高に使えそうな予感!

二条ねこ

今年はDTMを趣味でやりたいから、それ用に欲しいっ!

さたえり

DTM用っていう“口実”で買うつもりなんやね……。

私がiTunes Matchを使う理由とNAS利用の音楽帝国づくり – 77pt

私がiTunes Matchを使う理由とNAS利用の音楽帝国づくり

iTunes MatchとNAS。

自分のiTunes上の音楽データをクラウド化する『iTunes Match』。これをNASと組み合わせて、いつでもどこでもどんな端末でも音楽を楽しめる環境を構築していきます。NASはあれこれ考えた結果、もっとグレードを上げたSynology『DiskStation DS1621+』を購入予定(資金確保中)です。

二条ねこ

聞きたい曲が音楽ストリーミングサービスで配信されてないことも多いから、こういう環境構築も必要になってくるんだよねー。

さたえり

うんうん、わかりみ!!

生産終了した『ニンテンドー3DS』の新品を“2021年に”買った理由 – 81pt

生産終了した『ニンテンドー3DS』の新品を“2021年に”買った理由

ポケモンとVC専用機として活躍中。

2021年にもなって、2020年9月16日に生産終了がアナウンスされていた、Newニンテンドー2DS LL』を買いました。運良く…というか必死になって正規販売店で新品を買ったのですが、改めてニンテンドーDS系は名機だとしみじみ。後継機種は出ないので、ピュアな携帯ゲーム機の時代は終わったということなのでしょうね。

二条ねこ

今はスマホでゴリゴリのゲームができる時代だもんねー。

まの

ゲーミングスマホやスマホ用のコントローラーまで出ているので、携帯ゲーム機の市場がそっちに移ったということなのでしょうね。

Kyash改悪(金額指定入金廃止・ポイント還元率0.2%)まとめ + 運営に思うこと – 90pt

Kyash改悪(金額指定入金廃止・ポイント還元率0.2%)まとめ + 運営に思うこと

キャッシュレス環境再構築の道。

2021年の1月の最後は、Kyashの“大改悪”で大荒れでした……。詳細は記事を読んでもらうとして、私はKyashは残しつつも、別のサービスへの移行をすでに完了させました。これは後日…として、ここまで企業に不信感を持たれちゃうとユーザー離れが凄くて、私はKyashの送金サービスを使う相手がいなくなってしまいました。

二条ねこ

日本は現金主義な人が多いから、結果的にこの手の送金サービスを嫌がって使ってくれない人も周りには多かったんだよねー。本質的には、そっちがKyashのキモっぽかったんだけど……。

さたえり

可逆性があっても、敬遠しがちなんやね。

今月のレビュー

二条ねこ

今月のレビューは、全部で7製品だったぞー!

INAIR M360bt - INAIR(&COLOR)

INAIR M360bt – INAIR(&COLOR)

INAIRM360btは、世界初で世界最小のインイヤー型スピーカー(インエアー)のBluetooth版。

独自構造を持ち、独特で広大な音場感が特徴的な本機。とにかくコンセプトが面白く、唯一無二の存在感を放っているので、持っておいては損はない感じ。新型として、完全ワイヤレスイヤホン版も出してほしいところ。

【レビュー】INAIR『M360bt』:世界初の耳に入る“革命的”スピーカー[PR]

【レビュー】INAIR『M360bt』:世界初の耳に入る“革命的”スピーカー[PR]

2021年1月7日
AirPods Max - Apple

AirPods Max – Apple

AppleAirPods Maxは、言わずと知れた超プレミアムなノイズキャンセリング機能搭載ワイヤレスヘッドホン。

発表当初は「高い」と揶揄されていましたが、その実力は本物。ソフトウェア的なアプローチで高音質化を目指したというのが、いかにもAppleらしくて面白いヘッドホンだったりします。

【レビュー】Apple『AirPods Max』:ノイズキャンセリングは最高だがクレイジー

【レビュー】Apple『AirPods Max』:ノイズキャンセリングは最高だがクレイジー

2021年1月8日
JBL CLUB PRO+ TWS - JBL

JBL CLUB PRO+ TWS – JBL

JBLJBL CLUB PRO+ TWSは、ノイズキャンセリング・ヒアスルー・専用アプリ・Qi充電を全部盛りした完全ワイヤレスイヤホン。

ひとことで表すと、ユーティリティプレーヤー、という感じなイヤホン。使い勝手も良好でノイズキャンセリングの効きも悪くない。DJがチューンしたイコライザー機能も面白いし、遊べる万能系完全ワイヤレスイヤホンなのです。

【レビュー】JBL CLUB PRO+ TWS:EQで遊ぶDJ系モダン完全ワイヤレスイヤホン

【レビュー】JBL CLUB PRO+ TWS:EQで遊ぶDJ系モダン完全ワイヤレスイヤホン

2021年1月17日
Anker PowerPort III Nano 20W - Anker

Anker PowerPort III Nano 20W – Anker

AnkerAnker PowerPort III Nano 20Wは、最大20W出力のUSB PD充電器。

とにかく、小さい。20W以上のUSB PD充電器では、世界最小最軽量を誇るミニマム感が素敵。Quick Chargeが、USB PDに入っているということが気にならないのであれば、かなりおすすめなUSB PD充電器です。

【レビュー】Anker PowerPort III Nano 20W:世界最小で最軽量なUSB PD充電器

【レビュー】Anker PowerPort III Nano 20W:世界最小で最軽量なUSB PD充電器

2021年1月19日
Soundcore Liberty Air 2 Pro - Anker

Soundcore Liberty Air 2 Pro – Anker

AnkerSoundcore Liberty Air 2 Proは、ノイズキャンセリング、外音取り込み、アプリ、Qiワイヤレス充電を全部搭載した完全ワイヤレスイヤホン。

Ankerの完全ワイヤレスイヤホンなんて…と思っている人にこそ使ってほしい、まさに“ダークホース”的な存在。音質は好みが分かれる予感はしつつも、ノイズキャンセリング効果も高くて結構おすすめ。ちなみに、Bluetooth SoCはBestechnic BES2300YPです。Qualcommじゃない!

【レビュー】Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro:約1万円のノイキャン王者

【レビュー】Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro:約1万円のノイキャン王者

2021年1月24日
EarFun Free Pro - EarFun

EarFun Free Pro – EarFun

EarFunEarFun Free Proは、約5千円という低価格ながら、ノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。

約5千円でノイズキャンセリングが使える…ということも凄いのですが、本機の最大の魅力は『低遅延モード』という、100ms以下のローレイテンシー接続が行えること。この100msというレイテンシーは、いわゆるリップシンク遅延が感じないレベル。なので、動画視聴やゲームで有用です。

【レビュー】EarFun Free Pro:低遅延モード搭載でゲーム・動画視聴に最適[PR]

【レビュー】EarFun Free Pro:低遅延モード搭載でゲーム・動画視聴に最適[PR]

2021年1月27日
Anker PowerCore Fusion 10000 - Anker

Anker PowerCore Fusion 10000 – Anker

AnkerAnker PowerCore Fusion 10000は、9,700mAhのバッテリー容量を持ち、かつUSB PD充電器としても利用可能なハイブリッド型モバイルバッテリー。

知る人ぞ知る、あの2019年発売予定だったあのハイブリッド型モバイルバッテリーがこれ。まさか、2021年になって復活するとは思いもしませんでいた。少しUSB PDの出力が弱いのがネックですが、省電力なARM時代に突入した2021年では、その出力の弱さもあまりネックにならないかもしれません。

【レビュー】Anker PowerCore Fusion 10000:パススルー対応でMagSafe充電器に最適なハイブリッドモバブー

【レビュー】Anker PowerCore Fusion 10000:パススルー対応でMagSafe充電器に最適なハイブリッドモバブー

2021年1月30日

新8vividはどうなったの?

新8vividはどうなったの?

新8vividでの記事更新は…2月になります!!

さたえり

うーん、遅い!!

まの

まったくですわ。

二条ねこ

せっかくだから書く内容のクオリティを上げたいと思うと、なかなか筆が進まないのであーる。

さたえり

そんな文豪じゃあるまいし……。

まの

その気持ちは分かりますがね。

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

有言実行は難しいのであーる。

さたえり

諦めるの早いって!

まの

はぁ……。

おわり