【レビュー】Anker PowerPort III Nano 20W:世界最小で最軽量なUSB PD充電器

【レビュー】Anker PowerPort III Nano 20W:世界最小で最軽量なUSB PD充電器
記事のポイント
  • 世界最小最軽量の20W USB PD充電器はとにかく使える!
  • iPhoneもiPadもMacBookだって充電できるハイパワー!
  • PowerIQ 3.0(Gen2)の仕様が許容できるなら全力買い!

iPhoneとiPadの最高の相棒。

最大20W出力のUSB PD充電器、Anker『Anker PowerPort III Nano 20W』をレビュー。超小型なのにパワー抜群。Quick Chargeが出ていることを気にしないなら、かなりアリな充電器です。

二条ねこ

…で、いいと思われーるっ!

まの

どこを許容するか、ですわね。

さたえり

QC内包ぐらいなら…って、感じもあるやんね。

本日のレビュー:Anker PowerPort III Nano 20W

Anker PowerPort III Nano 20W - Anker

Anker PowerPort III Nano 20W – Anker

Anker PowerPort III Nano 20Wってなに?

PowerIQ 3.0(Gen2)に対応した、最大20W出力のUSB PD充電器。20W以上のUSB PD充電器では、世界最小最軽量を誇る。

9
  • 20W出力で最高に小型軽量
  • 高いビルドクオリティ
  • 取り回しの良いサイズ感
  • コンパクトでハイパワー
  • スイングプラグ非採用
  • QCが内包されたUSB PD
Anker PowerPort III Nano 20W
(Anker Nano)
型番 A2633N23
メーカー Anker
合計最大出力 20W
インターフェース USB Type-C ×1
急速充電 USB-C USB PD 3.0
USB-C出力 USB PD
(PDO)
5V・3A
9V・2.22A
サイズ 45×27×27mm
質量 30g
備考 PowerIQ 3.0(Gen2)対応

Anker PowerPort III Nano 20Wのスペック

二条ねこ

USB PDからQuick Chargeが出力されていること以外は問題ナシっ!
…iPhone 12/iPad Proユーザーなら持っておきたいサブUSB PD充電器であーる。

デザインビュー

本体:世界最小で世界最軽量

Anker PowerPort III Nano 20W(上面)

Anker PowerPort III Nano 20W(上面)

Anker PowerPort III Nano 20W(下面)

Anker PowerPort III Nano 20W(下面)

Anker PowerPort III Nano 20Wのサイズは 45×27×27mm で、重さは30g。20W以上のUSB PD充電器としては、世界最小最軽量を謳っているが、その謳い文句を実感できるコンパクトさになっている。

Anker PowerPort III Nano 20W(前面)

Anker PowerPort III Nano 20W(前面)

■インターフェース

  • USB Type-C

本体前面には、USB PD対応のUSB Type-Cが1ポート。これが、Anker PowerPort III Nano 20Wに搭載されている唯一のUSBポートになります。とにかくシンプル。

なお、このUSB Type-Cポートは、USB PD 3.0とPowerIQ 3.0(Gen2)に対応しています。

Anker PowerPort III Nano 20W(後面)

Anker PowerPort III Nano 20W(後面)

■インターフェース

  • ACプラグ

本体後面にACプラグを搭載。ご覧のとおり、ACプラグはスイングプラグではありません。

Anker PowerPort III Nano 20W(左面)

Anker PowerPort III Nano 20W(左面)

Anker PowerPort III Nano 20W(右面)

Anker PowerPort III Nano 20W(右面)

本体左面のみ、“ANKER”のロゴタイプがプリントされています。右面にはありません。…このあたりの仕様は、他のAnker製USB PD充電器と同様な感じ。

二条ねこ

両側面にロゴがあるよりも、片面だけのほうがスッキリするから…かなー!?

さたえり

答えはAnkerのみぞ知る、やね。

Anker PowerPort III Nano 20W(インターフェース部分)

Anker PowerPort III Nano 20W(インターフェース部分)

  USB Type-C
合計最大出力 20W
最大出力 20W
ポート数 1

Anker PowerPort III Nano 20WのUSBポート数・最大出力

Anker PowerPort III Nano 20Wに搭載されている、USBポートの仕様については上表のとおり。USBポートが1つだけのUSB PD充電器なので、説明不要なくらいにシンプルです。

合計最大出力は20W(厳密には19.98W)。USB Type-Cが1ポートのみの構成で、かつ最大出力が20Wという構成なので、イメージ的にはApple純正の『20W USB-C電源アダプタ』のAnker版という感じです。

二条ねこ

Apple純正品からのリプレース狙いなUSB PD充電器ですなー。

付属品:必要最低限でシンプル

Anker PowerPort III Nano 20W(付属品)

Anker PowerPort III Nano 20W(付属品)

■付属品一覧

  • 取扱説明書

Anker PowerPort III Nano 20Wの付属品は、取扱説明書のみ。USB Type-Cケーブルは、ユーザー自身が用意することになります。

ベンチマーク

二条ねこ

USB PD充電器の選び方については、こちらの記事からどぞー。

Vbus Hot

チェッカーで確認したところ、シンク(デバイス)未接続時にはソース(Anker PowerPort III Nano 20W)から電圧がかかっていないことが確認できました。なので、こちらはVbus Hotではありませんでした。

Bridged CCs

USB-IF認証済のeMarkerチップ搭載の5Aケーブル(Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1 (Gen2) ケーブル)を接続したところ、Anker PowerPort III Nano 20Wで接続が検出され、充電が開始されていました。

PDO

Revision Power Delivery 3.0
PDO 5V・3A
9V・2.22A

Anker PowerPort III Nano 20WのPDO

Anker PowerPort III Nano 20WのPDOは上表のとおり。USB PDのRevisionは『Power Delivery 3.0』でした。

テスターで測定したところ、出力されたPDOは、本体裏面に記載されているものと差異はありませんでした。また、5V出力時に3A出力がちゃんと行われています。

二条ねこ

うんうん、問題ナシでバッチリあーるっ!

急速充電規格

搭載されているUSB Type-Cポート(USB PD)は、PowerIQ 3.0(Gen2)に対応となっています。

出力されている急速充電規格をテスターで確認したところ、Apple 2.4A、Quick Charge、という2つの独自急速充電規格が検出されました。Ankerが公式に、PowerIQ 3.0(Gen2)がQuick Charge対応と謳っているので、これ自体は仕様どおり。ただ、厳密には規格違反になるので、神経質な人は気になるかもしれません。

二条ねこ

PowerIQ 4.0とかで、Quick Charge内包を廃止してくれたら、もっとシンプルになって使いやすいと思うんだけどなー。

まの

差別化要因としてPowerIQを搭載させていることを考えると、急速充電に対応しないPowerIQというのは、自身の存在意義を否定することになりかねませんからね…難しいですわ。

PowerIQとは?—2.0と3.0の違い・Quick Charge・仕様をまとめてお勉強

PowerIQとは?—2.0と3.0の違い・Quick Charge・仕様をまとめてお勉強

2020年8月25日

使ってみた

小型軽量でiPhone 12にベストマッチ

Anker PowerPort III Nano 20W

Anker PowerPort III Nano 20Wは、とにかく小さいし軽い。なのに、最大20WもUSB PD出力ができる。60Wや100Wのような、巨人級のハイパワーさはない。でも、20Wもあれば、iPhone 12は余裕すぎるほどに充電できる。

Anker PowerPort III Nano 20W

このAnker PowerPort III Nano 20Wがどれだけ小さいか。それは、AppleのiPhone用充電器としていにしえから存在し続けている、5W USB電源アダプタと並べると非常に分かりやすい。

出力はAnker PowerPort III Nano 20Wのほうが4倍もあるにもかかわらず、ほぼほぼ変わらないサイズ感。質量こそ、Anker PowerPort III Nano 20Wのほうがちょっと重たいかな…という感じですが、そもそも5W USB電源アダプタが軽量すぎるので、まったく不満も問題も出てきません。

二条ねこ

USB PD充電器の軽巡洋艦夕張であーるっ!

さたえり

うーん…分かりづらい!

iPhone 12 miniハンズオン:真のiPhone SE 2なパワフル小型スマホ

iPhone 12 miniハンズオン:真のiPhone SE 2なパワフル小型スマホ

2020年11月30日

iPhone 12 Pro Maxハンズオン:カメラと電子書籍を愛する人のためのデバイス

iPhone 12 Pro Maxハンズオン:カメラと電子書籍を愛する人のためのデバイス

2020年11月19日

小型軽量でiPad Proにもベストマッチ

Anker PowerPort III Nano 20W

Anker PowerPort III Nano 20Wは、最大出力が20Wもある。なので、iPhoneだけでなく、iPad ProやiPad Airも余裕で充電が可能というのも頼もしい。

iPhoneとiPadが充電できるのであれば、60W〜100Wの高出力USB PD充電器のスーパーサブとしてかなり取り回し良く使える。ちなみに、MacBook AirやMacBook Pro 13インチも、高負荷をかけない状態であれば普通に充電できます。これが実に便利だったり。

【レビュー】Apple『iPad Pro 11インチ(2020)』—Mac化×ARの第1段階デバイス

【レビュー】Apple『iPad Pro 11インチ(2020)』—Mac化×ARの第1段階デバイス

2020年5月26日

20W USB-C電源アダプタより小型

Anker PowerPort III Nano 20W

ちょうど仕様的に対抗馬になるのが、Apple純正の『20W USB-C電源アダプタ。iPhone 12シリーズから、USB充電器が付属しなくなったので、とりあえず純正充電器を買うべきか…と悩んでいる人もいるはず。

  Anker PowerPort III Nano 20W 20W USB-C電源アダプタ
最大出力 20W 20W
サイズ 45×27×27mm 42×42×27mm*1
質量 30g 58g*1

Anker PowerPort III Nano 20Wと20W USB-C電源アダプタの比較
*1実測値。

両者を比べてみると、最大20W出力と同じ(PDOも同じ)にもかかわらず、Anker PowerPort III Nano 20Wのほうが、ひとまわり以上小型で、しかも軽さは約半分。ちなみに、価格は少しだけAnker PowerPort III Nano 20Wのほうが安価です。

さたえり

じゃあ、Anker PowerPort III Nano 20Wで決まりやね!

二条ねこ

そう断言するのは難しいかなー。

Anker PowerPort III Nano 20W

これらのことを踏まえると、「絶対に純正が欲しい」と思っている人以外は、今回のAnker PowerPort III Nano 20Wがおすすめと言えるでしょう。これから話すQuick Charge内包が気にならなければ…の話ですが。

さたえり

規格違反を厳密に気にするなら要検討ってわけやね?

二条ねこ

そういうことあーる。

【レビュー】Apple『20W USB-C電源アダプタ』:MagSafe充電器のお供な純正USB PD充電器

【レビュー】Apple『20W USB-C電源アダプタ』:MagSafe充電器のお供な純正USB PD充電器

2020年11月17日

Quick Charge内包は賛否両論

Anker PowerPort III Nano 20W

個人的には気にしないことにしているのですが、USB PDにQuick Chargeが入ってしまっているのがけしからん、と思う人も少なからずいる気がします。これに関しては、AnkerがPowerIQ 3.0(Gen2)を採用し続けている限り諦めるしかありません。

規格違反云々はさておき、USB PDとQuick Chargeの両方を利用したい層が一定数存在しているから、PowerIQ 3.0(Gen2)のような規格が存在しているのでしょう。ここをどう思うかによって、Anker PowerPort III Nano 20Wないし、Anker社のUSB PD充電器全体の評価が変わってくるはずです。

Anker PowerPort III Nano 20W

ですので、規格違反がどうしても許せない人は、Apple純正の『20W USB-C電源アダプタ』を買えばよいでしょうし、Quick Chargeぐらいはセーフと許容できるのであれば、今回の『Anker PowerPort III Nano 20W』を選ぶのがよいと思います。

まとめ「QC内包以外は最高の小型軽量USB PD充電器」

Quick Charge内包が気にならないなら、かなりおすすめな気がするぞ!

Quick Charge内包が気にならないなら、かなりおすすめな気がするぞ!

そういうわけで、今回のAnker『Anker PowerPort III Nano 20W』のレビューを総括すると…

  • 20W以上クラスで世界最小最軽量は伊達じゃない
  • Appleの5W充電器と同等のサイズ感が凄い
  • iPhoneはもちろんiPadもMacBookも充電可能
  • Quick Charge内包のUSB PDは賛否両論ありそう

という感じ。

USB PDに独自急速充電規格(Apple 2.4A・Quick Charge)が入ってしまっていることが気にならないのであれば、かなりおすすめできるUSB PD充電器。個人的には、PDOは規格違反をしていないですし、これくらいなら全然許容できます。

バッグやガジェットポーチに忍ばせておいても一切邪魔にならないサイズ感なので、普段使っているUSB PD充電器のサブとして追加で持っておくと便利かもしれません。

二条ねこ

この小型軽量さ具合にうっとりしちゃーう。

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

レビューしてて思うけど、USB PDにQuick Chargeが入っている実被害って…あるのかなー!?

まの

規格違反なので、“ダメなものはダメ”ですが、確かに気になるところですわね。

さたえり

問題ないから各社搭載しているって感じもあるやんね。

二条ねこ

うーむ…難しいところあーる。

おわり