モバイルをアップデート #月刊がじぇっと部 –2020 Sept.–

モバイルをアップデート #月刊がじぇっと部 –2020 Sept.–
記事のポイント
  • 今月のテーマは“モバイルを磨き上げる”ということ!
  • ガジェット系イベントが多い秋だからこそアップデートしたい!
  • 10月中には新8vividお披露目したい…たぶん!

スマートデバイスの秋。

その月のがじぇっと部の記事をピックアップして、ダラダラ〜っと語る『月刊がじぇっと部』。2020年9月号は、モバイルをアップデート。ガジェット系の発表が盛んな秋。特にApple系をチューン。

二条ねこ

“秋”といえばー!?

まの

読書、食欲、スポーツ…ですかね?

さたえり

絶対、“Appleの秋”と言わせたいんやんね!?

『月刊がじぇっと部』について

月刊がじぇっと部

『月刊がじぇっと部』とは?

私たち“ギーク系女子”が集まった『がじぇっと部』が、日々の記事の中で、オススメな記事を5つピックアップして紹介しているブログマガジン。毎月月末に刊行しています。

  • 5つのオススメ記事をポイント化して紹介!
  • 今月散財して良かったものを紹介!
  • いつもの記事では話せないネタを放出!

follow us in feedly

二条ねこ

今年のAppleは小出し発表だから、散財のタイミングが読めぬぬぬ……。

まの

…無理して買おうとしてません?

今月のオススメ記事

超おすすめ。ガジェット的電動工具Bosch『IXO6』に萌えた – 64pt

超おすすめ。ガジェット的電動工具Bosch『IXO6』に萌えた

電動工具もモバイルする時代。

ちょっとしたDIYや組み立て用に、BoschのIXO6という電動工具(電動ドライバー)を買った話。とにかくピンクがキュートで、しかもMicro USBでバッテリーを充電できるガジェット的な素晴らしさ。Boschって真面目なイメージだったけど…結構変態なのかも!?

二条ねこ

まさにギークのための電動ドライバーであーるっ!

さたえり

あまり使ってるとこ見てないんやけど……。

iPad Pro 11インチ(第2世代)とiPad Air(第4世代)違いまとめ – 70pt

iPad Pro 11インチ(第2世代)とiPad Air(第4世代)違いまとめ

iPad Pro 11″ユーザー的には複雑。

iPad Pro 11インチ(第2世代)』と『iPad Air(第4世代)』という、11インチクラスのiPadを比較した話。AirらしくProよりスペックダウンしている部分が多いのですが、まさかのSoCベンチマークスコアはAir(Apple A14 Bionic)が勝っている結果に……。これはAirも買えというフラグかも。

二条ねこ

そうはいっても、ProはProなんだけどねー。

まの

…自分に言い聞かせてますわね。

ARM化でMacBook 12インチ復活とApple Siliconの噂と考察 – 74pt

ARM化でMacBook 12インチ復活とApple Siliconの噂と考察

12インチMacBook待望論。

Apple Special Event September 2020で発表された『Apple Silicon』というARMプロセッサー。そこから浮上した、MacBook 12インチが復活するという話。そして、11月発表だとか。そんなMacBook 12インチ復活についての考察記事。

二条ねこ

復活したら音速で買うぞー!

さたえり

バタフライキーボードも復活なんかな!?

MacBook Pro 16″最強化計画—モバイルWS化用の持ち運びアクセサリー探しの旅 – 80pt

MacBook Pro 16″最強化計画—モバイルWS化用の持ち運びアクセサリー探しの旅

最強の16″環境を求めて。

iMac Retina 5K(2020)を買う…と思っていたのですが、急遽シフトチェンジ。すでに持っているMacBook Pro 16インチ(2019)をカスタムして、最強のワークステーション環境を構築することに決めました。記事では話してませんでしたが、eGPUも導入予定です。

まの

eGPU、導入ですか。

二条ねこ

やっぱり4Kディスプレイの2枚構成は、内蔵GPUだと厳しかったんだよー。

iOS 14の背面タップ疑似ランチャー作成(ショートカットレシピ) – 84pt

iOS 14の背面タップ疑似ランチャー作成(ショートカットレシピ)

iOS 14はランチャー自作時代。

iOS 14のクイックアクション挙動検証—ランチャーアプリが全滅

iOS 14のクイックアクション挙動検証—ランチャーアプリが全滅

2020年9月18日

Quick Actionが使えるランチャーApp探しと代替案(iOS 14)

Quick Actionが使えるランチャーApp探しと代替案(iOS 14)

2020年9月20日

iOS 14ではクイックアクションの挙動が変更され、ランチャーアプリは軒並み使いにくくなってしまいました。…そこで考えたのが、ショートカットアプリを使って、ランチャーアプリを自作するということ。私はこれに慣れたので、もうランチャーアプリは使わないかもしれません。

二条ねこ

ランチャーアプリはHandoffとコンフリクトするバグもあったからねー。

さたえり

こっちはオフィシャルな機能やもんね!

今月の散財したもの

今月はGalaxy Note20 Ultra 5Gを散財。
二条ねこ

今月の散財は…Samsung『Galaxy Note20 Ultra 5Gだぞーんっ!

まもなく日本でもauから発売が予定されている、Samsung『Galaxy Note20 Ultra 5G』をEtorenで購入しました。ちなみに、私のモデルは香港版になります。

近いうちにファーストインプレッション記事とレビュー記事をアップする予定なのですが、とにかくカメラの出っ張りがカオス。ケースを装着しても出っ張りが解消されないくらいで、かなりケース選びに苦労しています。逆に言えば、それくらいカメラを重視したモデルと言えるわけでして、写りは一級品です。

二条ねこ

Samsung Payが日本でも使えたらなー。

まの

なぜか日本版のGalaxyでは使えない仕様ですものね。

Etoren販売のGalaxy Note20 Ultraスペック差異と購入ガイド

Etoren販売のGalaxy Note20 Ultraスペック差異と購入ガイド

2020年9月7日

今月のレビュー

二条ねこ

ここからは、今月レビューしたガジェットを一挙に見ていくぞー!

Samsung『45W Travel Adapter』全体画像

Samsung『45W Travel Adapter』全体画像

Samsung『45W Travel Adapterは、USB PD 3.0 PPSに対応した45W出力のUSB PD充電器。

USB PDの仕様にも規格違反がなく、とにかく使いやすい。Galaxyユーザーはもちろん、その他のデバイスを使っている人にもおすすめしやすいUSB PD充電器でした。惜しむらくは、ACプラグがスイングプラグでないことくらい。5Aケーブルも付属しています。

【レビュー】Samsung『45W Travel Adapter』—PPS対応!USB PD充電器の隠れ名機

【レビュー】Samsung『45W Travel Adapter』—PPS対応!USB PD充電器の隠れ名機

2020年9月3日
TaoTronics『SoundLiberty 94』全体画像

TaoTronics『SoundLiberty 94』全体画像

TaoTronics『SoundLiberty 94は、Bluetooth接続の完全ワイヤレスイヤホン。

ついに、1万円を切った価格でアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能を搭載してきたということに驚き。音質も今までのTaoTronicsのイヤホンの中では、最高レベルまでブラッシュアップされています。装着感も良く、完全ワイヤレスイヤホン入門機としてもおすすめ。

【レビュー】TaoTronics『SoundLiberty 94』—ANC完全ワイヤレスイヤホンの価格破壊[PR]

【レビュー】TaoTronics『SoundLiberty 94』—ANC完全ワイヤレスイヤホンの価格破壊[PR]

2020年9月4日
Lepow『Z1』全体画像

Lepow『Z1』全体画像

Lepow『Z1は、USB Type-Cで映像入力が可能な15.6インチのモバイルモニター。

USB Type-Cポートは2ポートあり、デバイスへパススルー充電をしながら映像入力が可能。なので、デバイスのバッテリー切れを気にすることなく利用可能なのが良き。非常にコンパクトなので、PlayStation 4やNintendo Switchと合わせて使っても面白いかも。

【レビュー】Lepow『Z1』—約2万円!USB-Cモバイルモニターの超コスパ王[PR]

【レビュー】Lepow『Z1』—約2万円!USB-Cモバイルモニターの超コスパ王[PR]

2020年9月6日
Sony『WH-1000XM4』全体画像

Sony『WH-1000XM4』全体画像

Sony『WH-1000XM4は、Bluetooth接続のアクティブノイズキャンセリング搭載ヘッドホン。

おそらく説明不要なヘッドホンでしょう。音質とノイズキャンセリング性能に磨きがかかり、2020年のベストバイBluetoothヘッドホン間違いなし。個人的には汚れやすいのが気になるので、カラーはブラックを選ぶのがおすすめ。

【レビュー】Sony『WH-1000XM4』—ANC+Bluetoothヘッドホン最高峰にして完成形

【レビュー】Sony『WH-1000XM4』—ANC+Bluetoothヘッドホン最高峰にして完成形

2020年9月9日

WH-1000XM4 vs WH-1000XM3 比較レビュー:新旧ANCヘッドホン決定戦と変更点

WH-1000XM4 vs WH-1000XM3 比較レビュー:新旧ANCヘッドホン決定戦と変更点

2020年9月15日
BenQ『SW321C』全体画像

BenQ『SW321C』全体画像

BenQ『SW321Cは、色再現性と広色域にこだわったデザイナー・フォトグラファー向け、USB-C入力対応32インチ4Kモニター。

なんと、Adobe RGBカバー率が99%という驚異の広色域。しかも、USB Type-Cポート搭載で、ケーブル1本で映像入力とデバイスへの充電が可能。プロ向けモニターなので、ハードウェアキャリブレーションも対応。遮光フードも付属。まさに至れり尽くせりなモニターなのです。

【レビュー】BenQ『SW321C』—Adobe RGBカバー率99%!ドッキングステーションにもなるプロ向け高機能USB-Cモニター[PR]

【レビュー】BenQ『SW321C』—Adobe RGBカバー率99%!ドッキングステーションにもなるプロ向け高機能USB-Cモニター[PR]

2020年9月30日

新8vividは年内公開

新8vividは年内公開

新8vividのデザイン自体は完成しているので、実は公開できる状況…なのですが、いろいろ構成を考えていると年内になりそう。すいませんなんでもしますから(なんでもするとは言ってない)

二条ねこ

ってことで、また来月っ!

さたえり

えええ!?

まの

ひどい……。

…さすがに年内には意地でも公開します。

この記事で紹介したガジェット

おまけ

さたえり

…過去最低回やね。

二条ねこ

だって、私ひとりで開発したりデザインしてるんだよ。ワンオペっ!

まの

そう言われると何も言えなくなりますわね。

さたえり

と、とにかく頑張ってね。

二条ねこ

任せろりーんあーるっ!

おわり