超おすすめ。ガジェット的電動工具Bosch『IXO6』に萌えた

超おすすめ。ガジェット的電動工具Bosch『IXO6』に萌えた
記事のポイント
  • Bosch『IXO6』は可愛くて変態な電動ドライバーである!
  • USB充電可能でとにかくガジェット的に遊べる!
  • 『IXOアダプターシリーズ』にBoschの変態さを見た!

おすすめのガジェット的電動工具。

デスクをDIYするので、Bosch『IXO6という電動工具(電動ドライバー)を買いました。このIXO6、ただの電動工具ではなく、いろいろできちゃう“変態”仕様。電動工具だけど、妙にガジェットっぽい。そんなギーク女子におすすめしたい風変わりな電動工具のお話。

二条ねこ

IXOは“アイ・エックス・オー”と読むのであーるっ!

まの

“アイ・エックス・ゼロ”や“イクソー”ではないのですね。

さたえり

OXOは“オクソー”やのにね。

Bosch『IXO6』という電動工具を買った

Bosch『IXO6』

Bosch『IXO6』

そういうわけで、こちら。Boschの『IXO6という、電動工具(電動ドライバー)を購入しました。IXO6という文字列で見てしまうと、どうしても“アイ・エックス・ゼロロク”に見えてしまう……。

二条ねこ

とにかく、まず公式プロモーション動画を見てくださりっ!

コードレスドライバー IXO6 – YouTube

…この公式動画が変態というか、凄いセンス。なんとも形容しがたいクレイジーなことよ。

まの

謎の中毒性がありますわね。

さたえり

壁の柄がタッピングビスになってるし……。

一見、何の製品の動画を見せられているのかと、理解に苦しむくらい明後日の方向へ異彩を放っているこの動画。IXO6自体、かなりライト層に振った電動ドライバーになっているので、こういうキャッチー(すぎ)なプロモーション動画にしたのでしょう。なので、多くの人が想像している、“ガテン”な電動ドライバー(インパクトドライバーやドリルドライバー)のそれとはまったく違うベクトルを向いているというわけです。

そうはいっても、そこはれっきとした電動工具メーカーBosch(Boschはドイツのメーカー)。いくら変態なプロモーションをされているライト層向け電動ドライバーと言っても、スピードコントロール機能や正転・逆転を切り替えるスイッチはしっかりと搭載しています。なおスピードコントロール機能は、IXO6から採用されたそう。

二条ねこ

超おちゃらけタイプだけど、テストで90点くらい取るタイプ…な感じっ!

まの

な、なるほど。

萌える電動ドライバーIXO6

IOX6のアイデンティティ。それは、とにかくポップでガジェットライクなデザイン性。そういうわけで、多くを語ることはせず、この“萌える電動ドライバー”IXO6を見ていってください。

IXO6前面

IXO6前面

美しき、この流線型なフォルム。

一般的な電動ドライバーといえば、角ばっていてゴツゴツした感じでとにかくガテン系なイメージ。でも、IXO6はご覧のとおり、流線型のヌルヌルっとしたフォルムで、どことなくポップな雰囲気を醸し出しています。

IXO6トリガー部分

IXO6トリガー部分

スピードコントロールができるトリガー部分も、ただただ直線的でソリッド。

ふと、この何も引っかかる部分がないソリッドな形状が、電動ドライバーにとってベストなものなのかと思ってしまいますが、そう思うのは野暮というもの。電動ドライバーでありながらも、どこか可愛く、どこかガジェット的。なので、これは“こういうもの”なのです。ですなの。

IXO6収納ケース(閉じた状態)

IXO6収納ケース(閉じた状態)

IXO6収納ケース(開いた状態)

IXO6収納ケース(開いた状態)

IXO6購入時に一目惚れしたのが、この収納ケースのデザイン性。

IXO6は収納ケースがとにかく可愛い。ただただ可愛い。きっと、何も知らない人がこのIXO6の収納ケースを見たら、そこに入っているものがまさか電動ドライバーとは思わないはず。それくらいデザイン性にあふれる収納ケース。収納ケース蓋部分の“IXO”のパターンもかわゆすなのです。

IXO6はMicro USBで充電を行う。

IXO6はMicro USBで充電を行う。

IXO6が他の電動工具よりもガジェット的だと感じるのがこちら、充電部分。

一般的な電動ドライバーとは異なり、Micro USBで充電が可能となっているのです。これだけで一気に常用したくなる。充電や電源周りがごちゃつくギークだからこそ、USBに統一できるIXO6の魅力は大きい。

こんなミニマムなセットで使えるのが魅力。

こんなミニマムなセットで使えるのが魅力。

Micro USBで充電できるので、ドライバービットとUSB充電器(とMicro USBケーブル)さえあれば、いつでもどこでも電動ドライバーとして活躍できるというわけです。ここまで来ると…使わずに飾っておきたくなる!

さたえり

電動ドライバーをインテリアにするとは、これいかにやね。

まの

見せたくなる気持ちは分からなくもないですがね。

IXO6を支える謎アクセサリー

こんな奇抜なデザインだけど、実はちゃんとした電動ドライバー。

こんな奇抜なデザインだけど、実はちゃんとした電動ドライバー。

IXO6は普通の電動ドライバーなので、ドライバービットを交換して使うこと可能。

…というのは、当たり前すぎることなのですが、このIXO6(IXOシリーズ)には、もはや電動ドライバーの域を超えた謎アクセサリー『IXOアダプターシリーズ』なる製品群があったりします。

Bosch『ペッパーミル Spice』

Bosch『ペッパーミル Spice』

まずはこれ、ペッパーミル SpiceというIXOアダプター。そう、電動ドライバーに装着する電動ペッパーミル。

Boschが本気で、電動ドライバーを電動ペッパーミル化したら実用的だと思ったのか、それともネタ製品して登場させたのかは謎。食事のシーンで、電動ドライバーを持ってきて黒胡椒をペッパーミル Spiceで挽いている光景を想像すると…ある意味凄い。

Bosch『ワインオープナー Vino』

Bosch『ワインオープナー Vino』

お次はこれ、ワインオープナー VinoというIXOアダプター。ペッパーミルに続いて、こちらは電動ワインオープナー。

そこまでするなら個別に電動ワインオープナーを買ったら…と思ってしまったりするのですが、これがBoschなりの提案ならば仕方がないのです。電動ドライバーをポップでカジュアルにしたい雰囲気がこのアクセサリーから漂っています。

二条ねこ

旧型のIXOだとスピードコントロールができなかったから、Vinoで栓抜きすると、コルクをボロボロに壊しちゃう事案が結構あったとかとか……。

さたえり

え……。

Bosch『バーベキューファン BBQ』

Bosch『バーベキューファン BBQ』

そして最後は、バーベキューファン BBQというIXOアダプター。いわゆる、バーベキューファンやバーベキューブロワーと呼ばれる火起こしを補助するためのツール。

こういうニッチ性の高いアイテムを電動ドライバーと掛け合わせるというところが、エモいというか変態というか。個人的には、このバーベキューファン BBQが、一番アダプターとしてはアリな気がしています。普段使わないからこそ、こういう組み合わせで使いたい気持ちも分かりますし。

まとめ「『IXO6』は萌える電動工具をお探しなら超おすすめ」

まとめ「『IXO6』は萌える電動工具をお探しなら超おすすめ」

ただただ、可愛くて萌える電動工具だったので紹介したかった、Bosch『IXO6。変態なアクセサリーを含めて、Boschがカジュアルシーンに売り込んだ電動ドライバーということは伝わるはず。

ペッパーミルやワインオープナーに変えるアダプターに関しては、レビューを見ると賛否がはっきり分かれているのですが、ベースの電動ドライバーであるIXO6に関しては非常に評判の良い電動ドライバーになっています。

もちろん、本格的なインパクトドライバーやドリルドライバーと比べるとパワーはないですが、何より可愛くて取り回しやすいのが魅力。収納ケースの可愛さも相まって、ギークが持っておきたくなるおすすめの電動ドライバーだったりします。もし、萌える電動工具を探してるなら、IOX6をぜひ。

二条ねこ

ちなみに、インパクトドライバーはHiKOKI派あーるっ!

この記事で紹介したガジェット

おまけ

まの

今回のBoschに、Makita、HiKOKI、RYOBI、Black+Decker…電動工具の世界は面白いですわね。

二条ねこ

調べてると、集めたくなっちゃう魔力があるよねー!

まの

Makitaの『ADP05』とかも面白いですよね。モバイルバッテリーになりますし。

二条ねこ

…なぬっ!?そんな代物があったとは!?

さたえり

は、はぁ……。

おわり