iOS 14の背面タップ疑似ランチャー作成(ショートカットレシピ)

iOS 14の背面タップ疑似ランチャー作成(ショートカットレシピ)
記事のポイント
  • 背面タップを活用したランチャーをショートカットで自作!
  • 発動までのラグは気になるけど使い勝手は良好!
  • 慣れればショートカットのほうが使いやすい可能性もある!

チキチキ自作ランチャーの巻。

iOS 14の『背面タップ』を活用した、疑似ランチャーをショートカットアプリで自作しました。これをクイックアクションからウィジェット起動ができなくなった、ランチャーアプリの代替として使います。

二条ねこ

背面タップをフル活用するあーるっ!

さたえり

新たに増えたアプリ発動の動線やね!

まの

背面タップとショートカットの組み合わせは、これから大いに活用されそうな気がしますわね。

目的と作るもの

作成する疑似ランチャーのイメージ

作成する疑似ランチャーのイメージ

今回作成するのは、iOS/iPadOS用のショートカットアプリにあるスクリプティングを活用した疑似ランチャーです。それをiOS 14からアクセシビリティに機能追加された『背面タップ』を用いて、なんちゃってなチキチキランチャーアプリ化してみます。

二条ねこ

すでに活用している人も多いはずっ!

まの

背面タップ、盛り上がっていますからね。

iOS 14では、クイックアクションでウィジェットが起動不可になった。

iOS 14では、クイックアクションでウィジェットが起動不可になった。

そもそもの作る経緯となった理由は、iOS 14ではクイックアクション経由でウィジェットが表示できなくなったため。

ランチャーアプリを常日頃から重用していた人からすると、この アプリ長押し → クイックアクション起動 → ウィジェット表示 → 登録アプリ呼び出し というフローが使えなくなってしまい、まさにランチャー難民となってしまいました。

調査したところ、これはランチャーアプリ固有の問題ではなく、iOS 14の仕様。なので、Apple側でiOS 13以前の挙動に戻してくれない限り、どうすることもできないこと。なので、一旦は既存のランチャーアプリを諦めて、今回の疑似ランチャーに移行しようというわけです。もちろん、この疑似ランチャーが好感触なら、そのまま採用していくかもしれません。

二条ねこ

細かいことは過去の記事を見てくださりっ!

iOS 14のクイックアクション挙動検証—ランチャーアプリが全滅

iOS 14のクイックアクション挙動検証—ランチャーアプリが全滅

2020年9月18日

Quick Actionが使えるランチャーApp探しと代替案(iOS 14)

Quick Actionが使えるランチャーApp探しと代替案(iOS 14)

2020年9月20日

ショートカットのレシピ

疑似ランチャーのショートカットレシピ

疑似ランチャーのショートカットレシピ

疑似ランチャーアプリのショートカットのレシピはこんな感じ。普通に『メニューから選択』と『Appを開く』という2種類のスクリプティングを入れただけです。

…そういうわけで、おそらくショートカットに用いられるレシピの中でも超単純な部類に入るので、このレシピを見なくても作ることができる人が多い気がします。もし、作り方が分からない人は、上画像のレシピを見ながら作ってみてください。たぶん、解説も不要だと思います。

まの

ショートカット自体が、プログラムと無縁な人でも使いやすいものですからね。

二条ねこ

プログラミング教材としても使えるレベルだよねー!

疑似ランチャーの使い方

疑似ランチャー利用イメージ

疑似ランチャー利用イメージ

先程紹介したレシピのショートカットをアクセシビリティの背面タップに登録すれば、上画像のような疑似ランチャーアプリの完成。

あとは、iPhoneの背面を2回(もしくは3回)タップするだけ。これで疑似ランチャーを利用することができます。iOS 14の機能を使っているだけなので、特に問題もありません。

『背面タップ』の設定方法
背面タップ
  1. 『設定』アプリを起動。
  2. 『アクセシビリティ』を選択。
  3. 『タッチ』を選択。
  4. 『背面タップ』を選択。
  5. ダブルタップ・トリプルタップの割当を設定。

使用した感想

いつでもランチャー起動可能

ショートカットで疑似ランチャーを作って感じたのが、純正同士の機能だけあって、とにかくiOS 14と相性と取り回しが良いということ。

いつでもランチャー起動できるのが魅力的。

いつでもランチャー起動できるのが魅力的。

今回のショートカットと背面タップのコンビネーション。試したところ、ロック画面以外ではどこでも発動してくれるということが分かりました。

これならば、何か別の作業をしているとき、ランチャーを別の画面に遷移することなくワンアクションで発動することが可能です。なので、煩わしさもあまり感じることがありません。おそらく、背面タップの使い方としては正規な方法ではない(アクセシビリティの項目にあるぐらいなので)のでしょうが、iOS 14の隠れキラー機能だと言えるのではないでしょうか。

さたえり

もはや隠れてはない気がするやんね。

二条ねこ

かなり注目されてるからねー。

自由度と自在性が高い

疑似ランチャーをアプリとして設置。

疑似ランチャーをアプリとして設置。

ちなみに、作成したショートカットは一般的なアプリのようにホーム画面に設置可能

疑似ランチャーをウィジェットとして設置。

疑似ランチャーをウィジェットとして設置。

また、iOS 14で新たにウィジェットがホーム画面にも設置できるようになりました。もちろん、ショートカットもホーム画面に設置可能なので、従来のランチャーアプリのような感じで振る舞ってくれます。

発動までのラグが気になる

少し気になるのが、ランチャーを起動するまでのラグがちょっと長く感じること。

アプリ起動までのフローに関しては、

  • 従来のランチャー:クイックアクション → アプリ選択 → アプリ起動
  • ショートカットのランチャー:ショートカット選択 → アプリ選択 → アプリ起動

という感じで、踏む工程は違えども手数は似たようなものになります。

ただ、ショートカットが発動するアニメーションがぬるっとしすぎているからか、若干のもっさり感が気になるところ。特に背面タップからのショートカット起動は、発動までにラグがある感じ。

なので、この疑似ランチャーが従来のランチャーアプリの完全上位互換とは言い切れないでしょう。なんと言うか…別物感アリ。もちろん慣れれば気にならないのですが、このラグは慣れるまではちょっとストレスに感じるかもしれません。

まとめ「iOS 14は背面タップランチャーが流行りそう」

まとめ「iOS 14は背面タップランチャーが流行りそう」

おそらく、すでにショートカットと背面タップを組み合わせたランチャーを実践している人も少なくないはず。実際に作って感じた、ランチャー界隈で流行りそうな予感もしています。

iOS 14では、ホーム画面にもウィジェットが配置できたり、iida UIライクな感じにもできる面白さがあります。なので、今回の疑似ランチャーを含めて、ある意味“Androidっぽい”iPhoneが楽しめそうです。…iOSのシンプルさ、何処へ。

二条ねこ

それにしても、iOSはどこに行こうとしてるんだろー!?

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

iOS 14を見てると、初期のiOSの超絶シンプルさが懐かしくなっちゃうんだよねー。

まの

これはこれで便利ですけどね。

さたえり

ユーザーが求めた結果がこれかもやもんね。

二条ねこ

…うむむー。

おわり