【レビュー】Apple MagSafeバッテリーパック:純正らしいギミック感

【レビュー】Apple MagSafeバッテリーパック:純正らしいギミック感
記事のポイント
  • Apple純正品ならではのUXの良さが素晴らしすぎる!
  • 電力供給はワイヤレス経由のみなので割り切りが必要!
  • MagSafe規格で充電できるけど価格が1万円オーバー!

“純正だけあって高品質”

MagSafe対応モバイルバッテリー、Apple『MagSafeバッテリーパック』をレビュー。これさえあれば、MagSafe充電器は不要…かも!?

二条ねこ

…むむっ!?
謎のギミックが!?

まの

芸が細かいわけですね。

さたえり

さすがはApple純正品やね。

本日のレビュー:MagSafeバッテリーパック

MagSafeバッテリーパック - Apple

MagSafeバッテリーパックってなに?

MagSafe(for iPhone)に対応した、Apple純正モバイルバッテリー。MagSafeだけでなく、Qi互換のモバイルバッテリーとしても利用可能。

8
  • 美しいデザイン
  • iOSと高い親和性
  • 最大15W充電可能
  • パススルー充電対応
  • 過充電防止機能搭載
  • 高価な価格設定
  • USB出力非搭載
  • 少ないバッテリー容量
MagSafeバッテリーパック
(MagSafe Battery Pack)
型番 MJWY3ZA/A
メーカー Apple
バッテリー容量 1,460mAh
合計最大出力 15W
インターフェース Lightning ×1
MagSafe ×1
入力 Lightning 5V–9V・3A
出力 MagSafe 5W(Battery Pack単体)
15W*1(Battery Pack + 外部電源)
サイズ 64×96×11mm*2
質量 115g*2
備考 パススルー充電対応

MagSafeバッテリーパックのスペック
*120W以上の外部電源接続時
*2実測値

二条ねこ

ハッキリ言って、1万円超えの販売価格は高い。
でも、「さすがは純正」と唸らせてくれる、ギミックや機能が詰まっているのであーる!

デザイン

本体

MagSafeバッテリーパック
サイズ 64×96×11mm
質量 115g

MagSafeバッテリーパックのサイズと質量
※実測値

本体のサイズは、iPhone 12 miniの横幅(64.2mm)にピッタリ収まるように設計されています。サードパーティー製のバッテリーパックだと、装着時にiPhone本体からはみ出してしまうものもあるので、このあたりの作り込みは純正品ならでは。

搭載バッテリー容量が1,460mAh(3.7V換算だと、約3,000mAh)しかないため、持った感じもかなり軽量。両手持ちならば、iPhoneに装着しっぱなしでも、わりと常用できる質量感になっています。

二条ねこ

バッテリー容量が少ないぶん、モビリティーが良いわけですな。

本体裏面には、MagSafe、を搭載。

搭載されているMagSafeワイヤレスパッド部分は、バッテリーパック単体利用時では最大5W、Lightning経由で外部電源からの供給時では最大15W、という出力に対応。なお、Qi互換のワイヤレスパッドとしても利用可能です。

本体下面には、LEDインジケーター、Lightning、を搭載。

このLightningポートは、バッテリーパック本体を充電するための専用ポート。なので、本製品には有線出力をするポートは存在していません。ワイヤレス出力のみ、非常に割り切った設計です。

充電中 充電完了

バッテリーインジケーター表示

バッテリーインジケーターの表示は上表のとおり。

搭載LED自体は1つのみですが、充電が完了すると、このインジケーターが緑色に点灯(しばらくすると自動消灯)する仕組み。ちなみに、MagSafe対応のiPhone(iOS 14.7以降)装着時には、バッテリーウィジェット内から1%刻みでバッテリー残量を確認することも可能です。

まの

純正品ならでは、ですね。

二条ねこ

iPhoneから全部のバッテリー残量が俯瞰できるのは、絶大なるアドバンテージですからなー。

MagSafeバッテリーパックの素材は、iPhoneと装着するMagSafe側だけラバー素材で、あとのシェル部分は非光沢の樹脂製になっています。

I/Oポート

MagSafeバッテリーパック
  Lightning MagSafe
最大入力 27W
最大出力 5W(本体)
15W*1(本体 + 外部電源)
ポート数 1 1

MagSafeバッテリーパックのI/Oポート数・最大出力
*120W以上の外部電源接続時

MagSafeバッテリーパックに搭載されている、I/Oポートの仕様については上表のとおり。

Lightningポートは、最大で9V・3Aの入力に対応しているので、USB Type-C to Lightningケーブルと27W以上のUSB PD充電器を、別途用意することをおすすめします。

MagSafeワイヤレスパッドは、バッテリーパック単体だと最大5W、Lightning経由で外部電源から供給を受けている場合は最大15W、というトリッキーな仕様。MagSafeはQi互換としても作動するのですが、その際の最大出力に関しては非公表。ただ、外部電源利用時には、最大7.5WのQiパッドとして作動するのではないかと予想しています。

なお、MagSafe対応製品だからか、WPCのデータベースには登録がありませんでした。

▽USB Type-C to Lightningケーブル

【レビュー】Anker PowerLine III Flow USB-C with Lightning Connector:超越した柔らかケーブル

【レビュー】Anker PowerLine III Flow USB-C with Lightning Connector:超越した柔らかケーブル

2021年6月20日

▽USB PD充電器(45W)

【レビュー】Anker Nano II 45W:GaN IIはUSB充電器のマイルストーン

【レビュー】Anker Nano II 45W:GaN IIはUSB充電器のマイルストーン

2021年5月29日

付属品

MagSafeバッテリーパック

■付属品一覧

  • 小冊子

付属品としては、説明書とも言えない小冊子が付属しているだけ。

本体価格が1万円超えのモバイルバッテリーなので、Lightningケーブルぐらいは付属してくれていても…と思ってしまいます。USB Type-C to Lightningケーブルを使わないと、最大15W充電が達成されないわけですし、Techに明るくないユーザーに対して不親切な気も……。

二条ねこ

USB Type-A to Lightningケーブルだと、15WのMagSafe充電ができない。このことをみんなが理解しているわけじゃないからねー。

まの

USB界隈はややこしいですからね。

着けてみた

二条ねこ

ではでは、iPhone 12 Pro Maxと装&着っ!

MagSafeバッテリーパック

サードパーティー製のMagSafe対応モバイルバッテリーに比べて、MagSafeバッテリーパックに搭載されているマグネットはかなり強力な様子。

MagSafeバッテリーパック

純正レザーケース(MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース)とMagSafeバッテリーパック…カラーがチグハグ。

MagSafeバッテリーパック

純正シリコンケース(MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxシリコーンケース)のホワイトと一緒に。この組み合わせが一番しっくりくる感じがします。

MagSafeバッテリーパックのカラーは、『ホワイト』の1色のみ。純正ケースのカラーバリエーションを鑑みると、あと数色ぐらいはバリエーションがあってもよいかもしれません。

二条ねこ

だから、MagSafeバッテリーパックと合わせるために、わざわざホワイトのシリコンケースを買ったのであーる!わたしは偉い!!

さたえり

あ…そう……。

使ってみた

MagSafe充電器の上位互換

MagSafeバッテリーパック

MagSafe規格に対応した充電器と言えば、同じくApple純正品であるMagSafe充電器があります。

このMagSafe充電器は、MagSafe(for iPhone)が発表された最初期に登場したアクセサリー。なので、iPhone 12シリーズのユーザーであるなら、持っている人も少なくはないでしょう。私も例に漏れず、MagSafe充電器を外出時に常用しています。

MagSafeバッテリーパック
  MagSafeバッテリーパック MagSafe充電器
外部電源 最大15W 最大15W
バッテリー + 外部電源 最大5W

MagSafeバッテリーパック vs MagSafe充電器

そんな『MagSafe充電器』と、今回の『MagSafeバッテリーパック』の仕様を比較してみると…なんと、最大出力は同じなのです。

二条ねこ

うーむ、なんと!!

MagSafeバッテリーパック

言うなれば、 MagSafe充電器 + モバイルバッテリー = MagSafeバッテリーパック という感じ。

なので、用途や価格は異なりますが、MagSafeバッテリーパックを持っていれば、別にMagSafe充電器を買う必要性はないと思っています。

据え置きで使うのであれば、Belkin『BOOST↑CHARGE PRO 3-in-1 Wireless Charger with MagSafe』がありますし、モバイルならApple純正の『MagSafeデュアル充電パッド』もあるので、MagSafe充電器はどう使うべきか……。

【レビュー】Apple『MagSafeデュアル充電パッド』:AirPower終幕の形

【レビュー】Apple『MagSafeデュアル充電パッド』:AirPower終幕の形

2020年12月5日

【レビュー】Belkin BOOST↑CHARGE PRO 3-in-1 Wireless Charger with MagSafe:Apple信者用ワイヤレス充電器

【レビュー】Belkin BOOST↑CHARGE PRO 3-in-1 Wireless Charger with MagSafe:Apple信者用ワイヤレス充電器

2021年6月10日

Qi互換は一部相性アリ

『MagSafe(for iPhone)』という規格は、Qiと互換性が保たれています。ところが、このMagSafeバッテリーパックにおいては、多少なりとも“相性問題”があるようです。

二条ねこ

そういうわけで、ちょっと検証してみるぞっ!

MagSafeバッテリーパック

AppleAirPods Proは、同じApple同士ということもあるのか、特に問題なくワイヤレス充電を行うことができました。

【レビュー】Apple『AirPods Pro』—芸が細かく正当進化したノイキャン搭載TWS

【レビュー】Apple『AirPods Pro』—芸が細かく正当進化したノイキャン搭載TWS

2019年10月31日
MagSafeバッテリーパック

BoseBose QuietComfort Earbudsも、何の問題もなくワイヤレス充電を行うことができました。

Bose QuietComfort Earbuds自体、特にワイヤレス充電の相性問題が生じたことのない製品なので、MagSafeバッテリーパックのQi互換でも問題なしという結果に。

【レビュー】Bose『Bose QuietComfort Earbuds』—AirPods Proキラー降臨。不満はケースだけ!

【レビュー】Bose『Bose QuietComfort Earbuds』—AirPods Proキラー降臨。不満はケースだけ!

2020年10月17日
MagSafeバッテリーパック

SonyWF-1000XM4は、MagSafeバッテリーパックとの相性が良くないのか、ワイヤレス充電ができませんでした。

まれにワイヤレス充電が行えることもあったのですが、基本的には充電に失敗します。なので、WF-1000XM4の充電用途として、利用するのはおすすめできません(WF-1000XM4のQi自体、ワイヤレス充電器との相性が出やすい印象)。

【レビュー】Sony WF-1000XM4:TWS + LDAC × 360 Reality Audio = ∞

【レビュー】Sony WF-1000XM4:TWS + LDAC × 360 Reality Audio = ∞

2021年6月27日

シームレスを感じるUX

MagSafeバッテリーパック

MagSafeに対応したモバイルバッテリーは多数売られていますが、バッテリーウィジェットで残量を確認できるのは、Apple純正品ならでは。

MagSafeバッテリーパック

ちなみに、MagSafeバッテリーパックを装着すると、専用のアニメーションまで用意されています。さすがは純正、芸が細かい。

二条ねこ

ホクホクしちゃう仕様であーる。(Apple信者)

過充電防止機能搭載

MagSafeバッテリーパック

Apple公式サイトにも記載されているのですが、MagSafeバッテリーパックには、過充電によって、iPhone本体のバッテリーを痛めないように設計されています。

MagSafeバッテリーパック

MagSafeバッテリーパックを使って、iPhoneをワイヤレス充電している場合、iPhone側のバッテリーは90%のリミットがかかるようにできています。

ちなみに、外部電源を利用している場合は、MagSafeバッテリーパックもiPhoneも、ちゃんと100%まで充電されます。

強力なマグネット機構

MagSafeバッテリーパック

MagSafeバッテリーパックのマグネットの保持力、これが良くも悪くも超強力。

MagSafeバッテリーパック

例えば、Anker PowerCore Magnetic 5000と比較すると、MagSafeバッテリーパックのほうが、数段保持力が高いことを如実に感じ取れます。

保持力が高いので、不意に外れる心配もないですし、ズレる心配もなし。そういう意味では、強力なことに越したことがないのですが、強力すぎて取り外しをするのもコツが必要な感じ。なので、そのコツを掴むまで、ちょっと扱いが大変かもしれません。

【レビュー】Anker PowerCore Magnetic 5000:緊急用MagSafe/Qi互換モバブ

【レビュー】Anker PowerCore Magnetic 5000:緊急用MagSafe/Qi互換モバブ

2021年7月24日

出力はMagSafe“のみ”

MagSafeバッテリーパック

バッテリー本体の充電をLightningで行うことからもお察しですが、このMagSafeバッテリーパック、デバイスへの電力供給はMagSafe(とQi互換)からしか行なえません。つまり、USBモバイルバッテリーとしては利用不可

とはいえ、バッテリー容量が1,460mAh(3.7V換算:約3,000mAh)しか搭載されていないので、有線で電力供給できたところで…な感は無きにしもあらず。

まとめ「価格は高いが品質に納得」

MagSafeバッテリーパック

そういうわけで、今回のApple『MagSafeバッテリーパック』のレビューを総括すると、

  • 純正ならではのギミック多数
  • MagSafe充電器 + モバイルバッテリー = 本製品
  • 過充電防止機能搭載が嬉しい
  • USBモバイルバッテリーとしては利用不可
  • 高品質だけど価格も高価

…という感じ。

価格がモバイルバッテリーとしてはお高いのが難。ですが、iOSとの親和性の高さは、さすが純正と言ったところ。

価格の折り合いさえつけば、個人的には買って損はない製品だと思っています。とはいえ、1万円は…ね。

二条ねこ

Apple純正は高級品であーる。

『MagSafe』が『Qi』と比較して優れている点と劣っている点

『MagSafe』が『Qi』と比較して優れている点と劣っている点

2021年7月13日
この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

5,000円くらいなら…ねー。

まの

まあ、高いですわね。

さたえり

もしウチなら、『Anker PowerCore Magnetic 5000』でいいかなぁ……。

おわり