理由は3つ。iOSの規定ブラウザーが“Safari固定”なワケ

理由は3つ。iOSの規定ブラウザーが“Safari固定”なワケ

何故にデフォルトブラウザーを変えられない?

Androidは自由にデフォルトブラウザーを選べます。しかし、iOSでは“Safari固定”で、他のブラウザーをデフォルトにはできません。それには深いワケが…。

四条ねこ
エコシステムじゃなくて、エゴシステムだぁあああ!(おこ)
まの
怒っていてもわからないので、ちゃんと説明してくださいね?
四条ねこ
おけおけー!(あっさり戻った)

iOSのデフォルトブラウザーはSafari固定

iOSのデフォルトブラウザーはSafari固定

iPhoneやiPadのようなiOS端末は、デフォルトブラウザーが『Safari』に固定されています。しかも、これを変更はできません

四条ねこ
いわゆる“脱獄”すれば好きにできるけど、それは推奨しないし、Apple好きとしてもナシだから、今回は置いておくよー!
まの
脱獄は保証対象外になりますもんね。

普段からSafariしか使わない(知らない)ユーザーからすると、特に困ることではありません。

iOSだけデフォルトブラウザーが『Safari』になる。

iOSだけデフォルトブラウザーが『Safari』になる。

しかし、PCやMacでブラウザーをGoogle ChromeやFirefox、Sleipnirをデフォルトで使っている人からすると非常に厄介。なにせ、iOSだけ使うブラウザーがSafariになってしまいますので。

四条ねこ
これだとブックマークの同期もできないし、とにかく“気持ちが悪い”ことになるよねー(泣)
まの
全部Safariで統一するのは、ねこさん的にダメなのですか?
四条ねこ
Safariが完全に優れているブラウザーだとは思わないし、それだとWindowsユーザーが蚊帳の外になっちゃうじゃんかー。
まの
確かにWindows版のSafariは、なくなってしまいましたもんね。

Androidでは“当たり前”にできること

Androidでは“当たり前”にできること

そんなiOS端末のブラウザー事情ですが、お隣さんである『Android』は様子が一変。Androidでは、デフォルトブラウザーはPCのように選択できます

さたえり
うちはAndroidも使っているけど、ブラウザーだけじゃなくて、音楽アプリとかもデフォルトが選べるやんね!
四条ねこ
そうそうっ!
AndroidはPCライクというか、その辺の自由度が高いよねー!

iOSでは、ブラウザーはSafari固定。
Androidでは、ブラウザーは自由。

どちらも営利企業ですので、Androidの親であるGoogleも『Google Chrome』固定にしても良さそうなのですが…そこは違うようです。

四条ねこ
ま、このへんは後で分かってくるよー!

iOSにもサードパーティブラウザーはある

iOSにもサードパーティブラウザーはある

こんな縛りを設けているので、iOSにはサードパーティのブラウザーがないと思いきや、たくさん存在しています。

iOS用の主なブラウザーアプリ

  • Safari
  • Google Chrome
  • Firefox
  • Microsoft Edge
  • Sleipnir
  • Lunascape
  • Smooz

企業が開発しているブラウザーアプリですら、ここまで存在しています。個人開発を入れれば、もっと存在しているでしょう。

四条ねこ
Firefoxを開発元の『Mozilla』は、“非営利団体”だけどねっ!
まの
にしても、ブラウザー多いですね…。
さたえり
Google ChromeとかFirefoxは使っている人多いけど、Sleipnirとかマニアックやねぇ…。
四条ねこ
そうかなー?
Sleipnirは優秀な国産ブラウザーだと思うけどねっ!(Fenrir社の回し者じゃないよー)

——閑話休題。

こんな感じで、iOSのデフォルトブラウザー(規定ブラウザー)がSafari固定なのにもかかわらず、サードパーティブラウザーアプリのリリースも非常に盛んです。

それでも、AppleはSafariを強制使用させます

それでもSafari固定な理由とは

それでもSafari固定な理由とは

GoogleのAndroidの柔軟さや、サードパーティブラウザーアプリのリリース。そんな中でも、AppleがSafariをデフォルトブラウザーとして“強制”させる理由は、以下の3つだと考えられます。

Safariを強制させる理由

  1. Appleのエコシステムで完結させるため。
  2. ユーザーを不用意に混乱させないため。
  3. 検索エンジンによる広告運営費のため。
まの
なるほど。
これはねこさんの考える3つの理由なのですね。
四条ねこ
うんっ!
あんまり深く掘り下げると大変だから、1つずつサクッと解説していくねー!

理由1.Appleのエコシステムで完結させるため

理由1.Appleのエコシステムで完結させるため

1つ目の理由は、Apple独自のエコシステムが関係しています。

Appleには、MacやiPhoneのようなハードウェアから、SafariやiTunesのようなソフトウェアまであります。それら全てが相互作用によるエコシステムを構築しているのです。

Appleはシェア獲得のためにも、自社のエコシステムで囲い込もうとするわけです。ブラウザーのSafariもその1つということです。

さたえり
つまりは“Apple縛り”ってことやんね!?
四条ねこ
そういうことになるねー!

理由2.ユーザーを不用意に混乱させないため

理由2.ユーザーを不用意に混乱させないため

2つ目の理由は、Safariを固定することにより、ユーザーを不用意に混乱を招かないためです。

前述の通り、Androidはユーザーが好きにデフォルトブラウザーを選択できます。ただ、これによって、かえってユーザーを混乱させる可能性もあります。

対してAppleは、Safariが強制でデフォルトなので、迷うことはありません。これは、PCやスマホに慣れていない層からすると、親切設計と言えるかも知れません。

四条ねこ
もちろん、あれこれしたいユーザーからすると不満だけど、そういうユーザーはおそらく“マイノリティー”だからね〜。
まの
Appleがどういう意図でそうしているかはさておき、ユーザーフレンドリーな側面もあるというわけですね。

理由3.検索エンジンによる広告運営費のため

理由3.検索エンジンによる広告運営費のため

最後の理由は、Googleから支払われる広告費がバカにならないいうことです。

AppleとGoogleはライバルですが、ビジネス的には切っても切れない関係でもあるのです。

iPhoneやiPadのシェアの関係から、Apple>Googleの関係にあるかも知れないのです。Safariの“一等地”にGoogleを設置してもらうことに、毎年多額の資金を投じているようなのです。

Apple側からすれば、Safariをデフォルトブラウザーにすることで、Googleから毎年お金が貰えるわけです。Win-Winな関係なのかも知れませんね。

四条ねこ
このへんはTechCrunchに書いてあるよー!
いろいろあるわけですな〜。
まの
Googleからしても、Appleは強敵でありながら“顧客”ということですね。逆も然りですが。

総評:暫くはSafariから抜けられない

総評:暫くはSafariから抜けられない

結論は悲しきかな、iOSでは“Safariの縛り”から抜け出せないということです。

Appleはハードウェアもソフトウェアも開発している企業。そのような大きなエコシステムを構築していることが、Safariをユーザーに強制させる大きな理由でしょう。また、Googleとの関係もあります。

四条ねこ
Androidみたいに、デフォルトブラウザーを選べるに越したことはないけど、それは現状厳しいだろうね〜(泣)
さたえり
Appleからすれば、Firefoxとかを使わせるメリットが乏しいんやもんね(汗)

いずれは、Google Chromeがデフォルトに…難しいでしょうね。

この記事で紹介したガジェット

おまけ

四条ねこ
実は、私もブラウザー開発を進めていたり…
まの
そうなんですか!?
さたえり
ま…まさかの!?
四条ねこ
いろいろ思うところがあるからねー。
まの
そうなんですね!(まさか、ねこさんがそういうことをしているとは…)

おわり