体験したよ!パナの掃除機『MC-SBU820J』を辛口評価!DysonとSharkとも比較

体験会で使ってきました!

スティック掃除機のPanasonic『MC-SBU820J』を触ってきました!ネット上に“妙”なレビュー記事が多いので、Dysonユーザーとして結果を比較してお届けします。

さたえり
うーん…これでDysonの牙城を崩せるとは…(汗)
まの
微妙だったんですか?
さたえり
メディアで絶賛が多かったから、期待部分が多かったのかも(汗)

Panasonic『MC-SBU820J』のポイント

今回、MC-SBU820Jで一押しされているポイントを、3つにまとめてみました。実際の体験会でも、このポイントを中心に触ってきました。

さたえり
スペックはめっちゃ良さそうに見えるんよね!
MC-SBU820Jのポイント

  • 最長駆動時間約65分。
  • 本体重量2.5kgの軽量さ。
  • 最大吸込仕事率200Wのハイパワー吸引。

最長駆動時間約65分

最長駆動時間約65分

MC-SBU820JでPanasonicの担当者も、満を持しておっしゃっていました。

さたえり
なんと、業界最長クラスの“約65分”の連続駆動なんやって!
四条ねこ
おー!
…って、どれくらい凄いの〜?

人気のDyson『Dyson Cyclone V10』が約60分
話題の黒船Sharkの『EVOFLEX』が約66分

Dyson Cyclone V10はコードレス掃除機で連続駆動時間が長いほうなので、今回のMC-SBU820Jはかなり長いですね。優秀。

本体重量2.5kgの軽量さ

本体重量2.5kgの軽量さ

MC-SBU820Jは、バッテリーを8セルも搭載しながら、本体重量は軽量

さたえり
2.5kgやから…Dyson Cyclone V10よりも30gだけ軽い!
まの
要するに、ほぼ同じですね。

Panasonicが謳っているポイントは確かに凄いです。

ただ、Dyson掃除機の進化が、最近急激に加速しているので、少々霞んで見えてしまう現実が…。

最大吸込仕事率200Wのハイパワー吸引

最大吸込仕事率200Wのハイパワー吸引

最大吸込仕事率…つまり、掃除機の吸引力を示す“と言われている”ものです。

四条ねこ
んんー?何か変な表現だねー?
さたえり
正直、これは“アテにならない”部分が多いんよねぇ

この“吸引仕事率”ですが、All Aboutの記事をご覧いただければ分かるのですが、吸引の風量をパイプから測定したものであって、ヘッドブラシもゴミも計測には登場しません。あくまで、風量“のみ”の計測なのです。

さたえり
もちろん、吸引仕事率が高いことに越したことはないし、MC-SBU820Jも優秀な掃除機だと思うけど、これだけで“よく吸う”とは言えないんやよ(汗)

あくまで、掃除機の一要素だと思ってもらえればと思います。

ライバル機種と性能比較

ライバル機種と性能比較

Panasonic最強の掃除機『MC-SBU820J』の特徴をご覧頂いたところで、ライバル機種であるDyson『Dyson Cyclone V10』と、Shark『EVOFLEX S30』を比較していきます。

  MC-SBU820J Dyson Cyclone V10 EVOFLEX S30
吸込仕事率 200W 130W 不明
駆動時間 約65分 約60分 約66分
充電時間 約3時間 約3.5時間 約3.5時間
バッテリー取り外し × ×
サイクロン性能 ×
ダストカップ取り外し × ×
重量 2.5kg 2.58kg 3.33kg

ライバル機種との比較表。

四条ねこ
あ…あれー?
まの
ライバル機種とさほど変わらないですね(汗)
さたえり
そうなんよねぇ…。
Panasonicの自信作と聞いて、めっちゃ喜んで体験会に行ったんやけどね(汗)

意外や意外、ライバルであるDysonやSharkのフラグシップモデルと、そこまで性能は変わりませんでした

ちなみに、サイクロン性能というのは、サイクロン機構の性能です。実は“真”のサイクロンはDysonしかなかったりします。

四条ねこ
どゆことだー?
さたえり
それは、これから少しだけ解説するね!

本物のサイクロンはDysonだけ?

本物のサイクロンはDysonだけ?

まず、サイクロン掃除機のサイクロン機構には、以下の2種類が存在します。

サイクロン機構の分類

  • ルートサイクロン
  • ハイブリットサイクロン

このルートサイクロンこそが、Dysonの特許であり、Dysonの掃除機が吸引力が落ちない理由なのです。

さたえり
これには、いろいろあるんやよ!

Dysonには掃除機に関する特許を、なんと500以上も取得しています。有名な『Root Cyclone Technology』もそのひとつ。

そして、当然のように他の企業は、サイクロン技術をDysonに抑えられてしまっているため、まともなサイクロン掃除機を開発するのに、大変苦労するわけです。

さたえり
そんな中、SHARPがサイクロン技術の特許を取るんよ!
まの
それだと、他の国内メーカーはさらにジリ貧じゃないですか?(汗)
Dysonの特許『Root Cyclone Technology』が、他メーカーの掃除機開発を苦しめる。

Dysonの特許『Root Cyclone Technology』が、他メーカーの掃除機開発を苦しめる。

その特許の結果、国内メーカーはまともなサイクロン掃除機を作ることができず、大まかなゴミをサイクロンで遠心分離し、残りをフィルターで取る“ハイブリットサイクロン”方式を使っているのです。というか、使わざる得ないのです。

さたえり
だから、真のサイクロンはDysonだけなんよ(汗)

もちろん、日本メーカーもDysonの特許を使わない方法で、掃除機開発を進めています。

ひとつ言えることは、Dysonの掃除機と他メーカーの掃除機のサイクロン方式は“異なる”ということです。

実際触ってみて思ったコト

実際触ってみて思ったコト

今回のPanasonicの掃除機『MC-SBU820J』を、実際に体験してきたので、そのレビューレポートをまとめてみました。

さたえり
撮影はNGやったから、写真ナシで申し訳ない(泣)
使用してみて思ったこと

  • 専用スタンドが大きくて邪魔。
  • 音の静かさはDysonよりマイルド。
  • 体感重量はDysonと変わらない。
  • 電池が取れないのは残念。
  • ヘッドブラシが足で取れるのが便利。
  • ダストセンサーはイマイチ。
まの
ちょっと“辛口”のような…!?
さたえり
うーん、悪くないんだけど、この価格だとナシやね。
ごめんなさいPanasonicさん…。
前モデルの『iT』は非常に良かった。

前モデルの『iT』は非常に良かった。

Panasonicのコードレス掃除機といえば、前機種の『iT MC-SBU510J』が非常に好きでした。Dysonユーザーの私でも、ポチりたくなる感じでした。

ですが、今回の『MC-SBU820J』は、率直な感想を言ってしまうと“割高”です。

吸引力を会場のカーペット状で試したのですが、やはりDysonには勝てませんでした。あと、ダストセンサーの反応も今ひとつと感じました。そして、専用スタンドが大きすぎて邪魔です。

反対に、音はマイルドで静かさなのは良さげ。また、ヘッドブラシが足で簡単に着脱できるのは、Panasonicさんの目の付けどころが良かったです。

さたえり
これが、4万円台ならいいかなって思ってしまう感じやね(汗)

総評:これではDysonの牙城は崩せないかも

総評:これではDysonの牙城は崩せないかも

今回、発売前のPanasonicのコードレス掃除機『MC-SBU820J』を触らせてもらいました。触らせてもらっておいて“アレ”な評価で、大変申し訳ないのですが…。

Panasonicは好きですが、この9万円の強気価格でDysonのフラグシップモデルと戦うのは、正直“無謀”です。Dysonより高価なのはさすがに…

さたえり
ダメな機種とは思わないけど、期待値を高くしすぎた感じやね(汗)
まの
完成度自体は高そうですもんね。
さたえり
掃除機に9万円出すなら、バッテリーは取り外しできるべきやし、サイクロンももっと強力にすべきやったねぇ…。

Dyson『Dyson Cyclone V10』の吸引力や、Shark『EVOFLEX S30』の柔軟性が、Panasonic『MC-SBU820J』にも欲しかった印象です。

さたえり
これを手放しで褒めてるメディアとは…!?

良い掃除機だとは思いますが、4万円が適正価格と感じてしましました。すいません。

おまけ

さたえり
Panasonicは応援しているメーカーなんやけどねぇ…。
まの
今回の掃除機はアレでしたけど、テレビは評価高いですもんね。
さたえり
そうなんよ!
テレビはPanasonic最強やと思う!
四条ねこ
まぁ、Dyson強いもんねー。特許も多いし。
さたえり
掃除機に命を懸けているメーカーやからね。
正直、こことやり合うのが無謀なんかもやね。
まの
Panasonicさんには、さらなる進化を期待したいですね!
さたえり
やね!
後継モデルに期待!(発売前なのに)

おわり

Source:Panasonic