【レビュー】Apple『MagSafeデュアル充電パッド』:AirPower終幕の形

【レビュー】Apple『MagSafeデュアル充電パッド』:AirPower終幕の形
記事のポイント
  • iPhone 12とApple Watchの充電がこれ1つで完結!
  • 価格は高価だがAirPowerだと思って使えば悪くはない!
  • 丁寧に使っても音速で汚れるラバー素材は解せぬ!

Apple信者のためのワイヤレス充電器。

MagSafe・Apple Watch両対応ワイヤレス充電器、Apple『MagSafeデュアル充電パッド』をレビュー。待ちに待った、iPhone 12とApple Watchを同時充電できる充電パッド。その使い勝手をチェックしますぞ!

二条ねこ

お値段は14,800円(税別)であーる!た・か・い!!

まの

高級品ですわね……。

さたえり

見た目は3,980円って感じやのにね。

Apple『MagSafeデュアル充電パッド』って?

MagSafeデュアル充電パッド - Apple

MagSafeデュアル充電パッド – Apple

MagSafeデュアル充電パッドってなに?

MagSafe(+Qi互換)充電器とApple Watch磁気充電ドックが一体型になった、Apple信者のためのワイヤレス充電器。AirPowerになろうとした結果。

5
  • 超コンパクト
  • 美しいデザイン
  • ナイトスタンドモード対応
  • 価格が高価
  • 電源供給がLightning
  • 音速で汚れる
二条ねこ

iPhone 12とApple Watchを同時充電したいApple信者は買い!
…熱狂的信者以外は買わなくてもよいのであーる。高いもん!汚れるもん!!

スペック表
製品名 MagSafeデュアル充電パッド
MagSafe Duo Charger
型番 MHXF3AM/A
(A2458)
メーカー Apple
インターフェース 入力 Lightning
出力 MagSafe
Apple Watch Magnetic Charger
入力 Lightning
出力 MagSafe:最大14W
Apple Watch Magnetic Charger:最大5W
サイズ 80×74×15mm*1
質量 132g*1
備考 20W以上のUSB PD充電器推奨

*1実測値。

本体チェック

MagSafeデュアル充電パッド(上面・折りたたんだ状態)

MagSafeデュアル充電パッド(上面・折りたたんだ状態)

MagSafeデュアル充電パッドのサイズは 80×74×15mm で、重さは132g(ともに実測値)。計測サイズは折りたたんだ状態。サイズ感は非常にコンパクトですが、持って感じるこのズッシリ感が…うーん。

二条ねこ

意外とヘビーな質量であーる。

MagSafeデュアル充電パッド(上面・開いた状態)

MagSafeデュアル充電パッド(上面・開いた状態)

■インターフェース

  • MagSafe
  • Apple Watch Magnetic Charger

パカっと開くと、左側にMagSafe、右側にApple Watch充電専用のApple Watch Magnetic Chargerを搭載。なお、ナイトスタンドモードにも対応しています。

MagSafeはQi互換のワイヤレス充電規格になっているので、MagSafe非対応でQi対応のiPhoneシリーズ(iPhone 11やiPhone XS等)や、Qi対応Androidスマートフォン(GalaxyやXperia 1 II等)でも充電可能です。ただ、その場合は最大出力が制限されることに注意が必要。

『MagSafe充電器』の仕様を調べたらカオスだった話

『MagSafe充電器』の仕様を調べたらカオスだった話

2020年11月4日
MagSafeデュアル充電パッド(下面)

MagSafeデュアル充電パッド(下面)

左側の銀色の物体が、裏面から見たApple Watch Magnetic Charger。そして、右側には神々しき“Appleロゴマーク”がエンボス加工でチラり(写真では白飛びして見えないけど……)。この魔力よ。

MagSafeデュアル充電パッド(前面)

MagSafeデュアル充電パッド(前面)

うんうん、ちょっと重たいけどスリムなボディです。

MagSafeデュアル充電パッド(後面)

MagSafeデュアル充電パッド(後面)

■インターフェース

  • Lightning

後面には、MagSafeデュアル充電パッド自体に電力供給するためのLightningポートを搭載。残念ながら、USB Type-Cではありません。おなじみのLightningさんです。

まの

USB Type-Cなのですね。

二条ねこ

MagSafe充電器がUSB Type-Cだから、可能性はあるとちょっと思ったんだけどねー。

MagSafeデュアル充電パッド(左面)

MagSafeデュアル充電パッド(左面)

MagSafeデュアル充電パッド(右面)

MagSafeデュアル充電パッド(右面)

折りたためるというギミック以外は、特になんてことないデザインです。そうそう、素材感はSmart Keyboard Folioに非常に近い感じ。

MagSafeデュアル充電パッド(インターフェース部分)

MagSafeデュアル充電パッド(インターフェース部分)

  MagSafe Apple Watch Magnetic Charger
合計最大出力 19W
最大出力 14W 5W
ポート数 1 1

MagSafeデュアル充電パッドのインターフェースごとの最大出力

MagSafeデュアル充電パッドに搭載されている、各ワイヤレス充電パッドの仕様については上表のとおり。

Apple Watch Magnetic Chargerは最大5W固定なのですが、MagSafeの電力供給量は利用するUSB PD充電器によって大幅に変化する仕様。最大14WでMagSafeからワイヤレス充電出力を行いたい場合は、27W以上のUSB PD充電器を利用する必要があります。

付属品チェック

MagSafeデュアル充電パッド(付属品)

MagSafeデュアル充電パッド(付属品)

■付属品一覧

  • USB Type-C to Lightningケーブル(1m)
  • クイックスタートガイド

MagSafeデュアル充電パッドの付属品は、Lightningケーブルクイックスタートガイドの2つ。

ワイヤレス充電器だけでなく、ちゃんとLightningケーブル(USB Type-C to Lightning)も付属していました。ただ、USB PD充電器は付属していないので、別途20W USB-C電源アダプタ等を自分で用意する必要があります。

二条ねこ

14,800円もするのに、充電器を付属してくれないとは…これ如何にっ!?

【レビュー】Apple『20W USB-C電源アダプタ』:MagSafe充電器のお供な純正USB PD充電器

【レビュー】Apple『20W USB-C電源アダプタ』:MagSafe充電器のお供な純正USB PD充電器

2020年11月17日

使ってみた

帰ってきたAirPower感

AirPowerといえば、AirPowerだよね(哲学)。

AirPowerといえば、AirPowerだよね(哲学)。

Apple純正のワイヤレス充電器をずーっと追いかけている人なら、きっと「AirPowerが帰ってきた」と、このMagSafeデュアル充電パッドを見て思うはず。そう、若干のコレジャナイ感を残しつつも、ようやくAirPower(っぽい何か)が復活したのです。

AirPowerのスマートさは失われたが、機能的にはほぼ一緒。

AirPowerのスマートさは失われたが、機能的にはほぼ一緒。

AirPowerのように、ワイヤレス充電パッド上どこに置いても充電される…とはいかなかったMagSafeデュアル充電パッド。ただ、その代わりにMagSafeが搭載されました。そして、実利用的には特に不満もありません

ナイトスタンドモード対応

MagSafeデュアル充電パッドはナイトスタンドモードに対応。

MagSafeデュアル充電パッドはナイトスタンドモードに対応。

MagSafeデュアル充電パッドは、Apple Watchの『ナイトスタンドモード』に対応している。これが嬉しいポイント。

こうやって、Apple Watch充電部分を起こすことが可能。

こうやって、Apple Watch充電部分を起こすことが可能。

ナイトスタンドモードに対応しているので、こうやってApple Watchの充電部分(Apple Watch Magnetic Charger)を立ててあげることが可能

ナイトスタンドモード対応なので、バンドを選ばず充電可能。

ナイトスタンドモード対応なので、バンドを選ばず充電可能。

ナイトスタンドモード自体の機能も使えるし、Apple Watchのバンドを選ぶことなくワイヤレス充電が可能。このあたりは、さすがApple純正といったところ。Apple Watch Magnetic Charger部分のチープさも一切ナシ。

二条ねこ

外出時のApple Watch置き場としても使えそうな予感がするーる!

さたえり

充電もできるわけやし、アリっちゃアリやんね!

音速で汚れる

ご覧のとおり、真っ白な本体。すぐに汚れます。

ご覧のとおり、真っ白な本体。すぐに汚れます。

凄い残念だったのが、利用開始1日めでラバー素材が汚れてしまったこと。しかも、付着した汚れがすでに色素沈着を起こして落ちないという事実……。

さたえり

あらら…やね。

二条ねこ

かなしみのかなしみ…うぐぐ…っ。

マットな質感はいいけど、音速で汚れるのがネック。

マットな質感はいいけど、音速で汚れるのがネック。

MagSafeデュアル充電パッドに使われている素材感は、iPadの『Smart Keyboard Folio』とほぼほぼ同じ感じのカラーがホワイト版。Smart Keyboard Folioユーザーなら分かるはずですが、マットで吸い付く感じの触り心地なので、気をつけていてもすぐに汚れます。しかも、ホワイトなので凄く汚れが目立つという悲しみ。

私はガジェットポーチに入れていたのに、そのポーチの色が移るという形で色素沈着が発生しました。なので、これからMagSafeデュアル充電パッドを買う人は、扱いを超デリケートにしないと音速で汚れてしまうことを覚悟したほうがよさそうです。

なぜかLightningポート

『MagSafe充電器』は、USB Type-Cケーブル搭載。

『MagSafe充電器』は、USB Type-Cケーブル搭載。

すぐ汚れるのも気になるのですが、Lightningポートを採用してしまったことにより、ワイヤレスの充電速度がMagSafe充電器』より落ちてしまったのも気になるところ。

  MagSafeデュアル充電パッド MagSafe充電器
iPhone 12
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max
最大14W 最大15W
iPhone 12 mini 最大11W 最大12W

MagSafeデュアル充電パッドとMagSafe充電器のワイヤレス出力比較

先に発売されていた『MagSafe充電器』と比較すると、今回のMagSafeデュアル充電パッドのMagSafe出力が1W低いことに気づきます。

1W低いだけなので、実利用ではまったく問題ないので気にするだけ無駄かもしれませんが、そこまでしてLightningポートを採用したい姿勢が何とも言えない感じ。MacもiPadも、少しずつUSB Type-C化しているので、この手のアクセサリーぐらいはUSB Type-Cのほうが運用しやすいのですが…頑なに拒否のようです。

USB PD充電器選びもこだわるべき

コンパクトボディだから、USB PD充電器選びもこだわりたい。

コンパクトボディだから、USB PD充電器選びもこだわりたい。

MagSafeとApple Watch Magnetic Chargerの両方を搭載していて、ポケッタブルサイズを実現しているMagSafeデュアル充電パッド。ならば、併せて使うUSB PD充電器もこだわって選びたい

Anker PowerPort III 65W Pod

Anker PowerPort III 65W Pod

【レビュー】Anker『Anker PowerPort III 65W Pod』—最高のPPS対応USB PD充電器

【レビュー】Anker『Anker PowerPort III 65W Pod』—最高のPPS対応USB PD充電器

2020年8月30日

個人的におすすめなのが、Anker『PowerPort III 65W Pod

このコンパクトなサイズ感で、最大出力が65W。しかも、PPS対応(MagSafeデュアル充電パッドでは意味ないけど)。しかも、カラーコーディネート的にもバッチリ。

Anker PowerCore III Fusion 5000

Anker PowerCore III Fusion 5000

【レビュー】Anker『Anker PowerCore III Fusion 5000』—夢のPD対応モバブー搭載ハイブリッド型USB充電器

【レビュー】Anker『Anker PowerCore III Fusion 5000』—夢のPD対応モバブー搭載ハイブリッド型USB充電器

2020年7月18日

モバイルバッテリー的にも使いたいなら、Anker『PowerCore III Fusion 5000もアリ。

ただ、USB PDの最大出力が18Wなので、MagSafeデュアル充電パッドが要求するW数を下回っているので、充電速度が下がるのがネック。充電速度が遅くてもいいので、モバイルバッテリー的運用もしたいなら検討してもいいかも。

まとめ「AirPowerだけど価格が高価で即汚れるのが悲しい」

便利だけど、もう少し安く提供してほしいところ。

便利だけど、もう少し安く提供してほしいところ。

そういうわけで、今回のApple『MagSafeデュアル充電パッド』のレビューを総括すると…

  • 帰ってきたAirPowerかも
  • 超コンパクトでポケッタブル
  • なぜかLightningを強要してくる
  • ナイトスタンドモードが使える
  • びっくりするくらい音速で汚れる

という感じ。

Apple Watchだけ特殊なワイヤレス充電機構にしたせいで、結果的にこういう形になってしまった…というのがある種の答え。とはいえ、MagSafeデュアル充電パッドはかなり便利。ただ、価格が高すぎる

そして、本当に驚くべきスピードで汚れます。しかも、色素沈着します。私は超神経質タイプなので、かなり気をつけていたのですが、それでも汚れました。なので、購入される人は慎重に扱ってあげてください。

二条ねこ

4,980円とかなら嬉しいんだけどねー。

この記事で紹介したガジェット

おまけ

まの

要するに“価格が高い”ということですわね?

二条ねこ

そうなのであーる。
便利なのは分かっていても、この価格だと人に薦めづらいんだよね。『HomePod mini』より高いとは、これ如何に…だもんっ!

さたえり

まさにお布施価格やね……。

おわり