【レビュー】RAVPower『RP-PC136』:GaNで65Wなピュア仕様USB PD充電器[PR]

【レビュー】RAVPower『RP-PC136』:GaNで65Wなピュア仕様USB PD充電器[PR]

この記事はSUNVALLEY JAPAN様よりレビュー用サンプルを頂いて記事を書いております。

記事のポイント
  • 小型なのに65W出力・4ポート搭載はとにかく使いやすい!
  • バッグに忍ばせておける据え置き型USB PD充電器!
  • USB PDの規格違反を気にする人におすすめしたいピュア仕様!

直挿しじゃない派なら超おすすめ。

合計最大65W出力のUSB PD充電器、RAVPower『RP-PC136』をレビュー。窒化ガリウム半導体搭載の未来を感じる充電器…だけじゃなく、とにかく仕様がピュア。USB-AもUSB-Cも使いたい人にはベストな充電器ですぞ!

二条ねこ

うーん、とにかく仕様が素晴らしいぞっ!

まの

USB-CはUSB PDのみ。
USB-AはQC搭載。
…素敵ですわ!

さたえり

しかもGeN搭載やもんね!

RAVPower『RP-PC136』って?

RP-PC136 - RAVPower

RP-PC136 – RAVPower

RP-PC136ってなに?

USBが合計4ポート搭載、合計最大出力65Wで窒化ガリウム半導体採用のUSB PD充電器。最大65W出力対応のUSB Type-Cポートを2つ搭載。

9
  • 規格違反ナシのUSB PD
  • 干渉しづらいUSBポート配置
  • QC 3.0対応USB-Aポート
  • 可搬性の高いサイズ感
  • USB-C ×1 の場合のみ65W
二条ねこ

ACプラグ直挿しじゃなくて、規格違反のないピュアなUSB PD充電器が欲しい!
…そんな人のためのベストバイでおすすめなUSB PD充電器だぞっ!

スペック表
製品名 PD Pioneer 65W 4-Port GaN Tech USB C Desktop Charger
型番 RP-PC136
メーカー RAVPower
最大出力 65W
インターフェース USB Type-A ×2
USB Type-C ×2
急速充電 USB-A Quick Charge 3.0
USB-C USB PD 3.0
USB-A出力 Quick Charge 5V・3A
9V・2A
12V・1.5A
USB-C出力 USB PD
(PDO)
5V・3A
9V・3A
12V・3A
15V・3A
20V・3.25A
サイズ 75×41×41mm*1
質量 160g
備考 iSmart対応

*1実測値。

本体チェック

RP-PC136上面

RP-PC136上面

■インターフェース

  • LEDインジケーター

PD Pioneer 65W 4-Port GaN Tech USB C Desktop Charger(以下、RP-PC136)のサイズは 75×41×41mm (実測値)で、重さは160g。話題の窒化ガリウムパワー半導体(GaN Power IC)採用ということもあり、びっくりするくらいに軽いのが特徴的。

そして、本体上面には“RAVPOWER”のロゴがプリントされている。ボディーはサラサラとしているマット調で、指紋が目立ちにくいのも良き。なお、分かりづらいが、グレーっぽい部分とブラックっぽい部分の間に通電を示すLEDインジケーターが搭載されています。

二条ねこ

LEDインジケーターはほんのり光るタイプだから、目障りな感じがしないのがまーるっ!

RP-PC136下面

RP-PC136下面

本体下面にも、“RAVPOWER”のロゴタイプが。そういえば、RAVPowerは両面にロゴを入れてくるのでした(だからどう、というのはありませんが)。

RP-PC136前面

RP-PC136前面

■インターフェース

  • USB Type-A ×2
  • USB Type-C ×2

本体前面には、USB Type-Aが2ポートUSB Type-Cが2ポート、合計4ポートのUSBを搭載。

このうち、USB Type-Aポートには『iSmart』という、RAVPower独自のテクノロジーが採用されており、Quick Chargeに対応しています。そして、USB Type-Cポートは、当然ですが『USB PD』対応です。

RP-PC136後面

RP-PC136後面

■インターフェース

  • IEC C7(AC電源)

本体後面には、IEC C7(AC電源ジャック)と、USBの仕様や認証関係のプリントが施されています。にしても、ギッシリ印刷されていますね……。

RP-PC136はご覧のとおり、ACプラグ直挿しではなく、ACケーブルを使ったUSB PD充電器になっています。なので、ちょっとした時間にサクっと使うというよりかは、自宅やオフィス、出張先のホテルなどで使うのに向いていると言えるでしょう。

RP-PC136左面

RP-PC136左面

RP-PC136右面

RP-PC136右面

本体左右面はこんな感じ。

こう見るとデザインが特徴的。従来の据え置き型タイプのUSB PD充電器というのは、細長い筐体をしていましたが、今回のRP-PC136はもっと四角っぽい感じ。正四角柱なデザインになっています。

RP-PC136インターフェース部分

RP-PC136インターフェース部分

  USB Type-A USB Type-C
合計最大出力 65W
最大出力 18W 65W
ポート数 2 2

RP-PC136のUSBポート数・最大出力

RP-PC136に搭載されている、USBポート各種の仕様については上表のとおり。

合計最大出力は65W。USB Type-Aの最大出力は18W。USB Type-Cの最大出力は65W。複数のUSBポートを利用すると、各USBポートの最大出力が変化する仕様になっています。複数USBポート利用時の挙動については最後に補足としてまとめていますので、そちらを参考にどうぞ。

付属品チェック

RP-PC136付属品

RP-PC136付属品

■RP-PC136の付属品一覧

  • ACケーブル
  • 取扱説明書
  • サンクスカード

RP-PC136の付属品は、ACケーブル(電源ケーブル)・取扱説明書サンクスカード、これらの合計3つ。

せっかくのコンパクトな本体なので、ACケーブルは各自もっと細身の製品にリプレースするのがおすすめ。電源はIEC C7(メガネタイプ)の一般的な形状なので、『KB-DM2L-1』や『BSACC0510BKA』に交換すると取り回しやすくなるはず。

ベンチマーク

Vbus Hot

チェッカーで確認したところ、シンク(デバイス)未接続時にはソース(RP-PC136)から電圧がかかっていないことが確認できました。なので、こちらはVbus Hotではありませんでした。

Bridged CCs

USB-IF認証済のeMarkerチップ搭載の5Aケーブル(Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1 (Gen2) ケーブル)を接続したところ、RP-PC136で接続が検出され、充電が開始されていました。

PDO

  USB Type-C(1) USB Type-C(2)
Revision Power Delivery 3.0
PDO 5V・3A
9V・3A
12V・3A
15V・3A
20V・3.25A
5V・3A
9V・3A
12V・3A
15V・3A
20V・3.25A

RP-PC136のPDO

RP-PC136のPDOは上表のとおり。USB PDのRevisionは『Power Delivery 3.0』でした。

テスターで測定したところ、出力されたPDOはスペックシートに記載されているものと差異はありませんでした。また、5V出力時にちゃんと3Aが出力されています。

二条ねこ

バッチリあーるっ!

急速充電規格

USB Type-Aポート(USB BC DCP・iSmart対応)からは、Apple 2.4AQuick Charge 3.0Samsung AFCHUAWEI FCP(Fast Charger Protocol)、の以上4つが検出されました。

USB Type-Cポート(USB PD対応)からは、独自急速充電規格は検出されませんでした。

二条ねこ

うむむ!?素晴らしいぞ…これはっ!

まの

完璧ですわね。

使ってみた

4ポート搭載なのにコンパクト

USBが合計4ポート搭載、なのにコンパクトなボディー。

USBが合計4ポート搭載、なのにコンパクトなボディー。

このRP-PC136には、パワー半導体として『窒化ガリウム(GaN)』が採用されているわけですが、そのおかげでとーってもコンパクト。なのに、据え置きのUSB PD充電器らしく、しっかり4ポートもUSBがある。

二条ねこ

かがくのちからってすげー!

同タイプのUSB PD充電器と比べても、かなり小さいサイズ感。

同タイプのUSB PD充電器と比べても、かなり小さいサイズ感。

  RP-PC136 108W Pro USB-C PD Desktop Charger HyperJuice 100W GaN USB-C Charger TUNEMAX 100W GaN
最大出力 65W 108W 100W 100W
サイズ 75×41×41mm 120.7×79.5×30.2mm 85.3×60.8×28.9mm 85.3×60.8×28.9mm
質量 160g 416.7g 205g 208g

4ポート搭載USB PD充電器のサイズ比較

合計最大出力が異なるので、フェアな比較にはなっていないのですが、今回のRP-PC136がいかにコンパクトで軽量なのかがなんとなく伝わるはず。ちなみに、比較対象はすべて、USB Type-AとUSB Type-Cが2ポートずつの構成のUSB PD充電器です。

65W出力でいいならば、このサイズ感がベスト。

65W出力でいいならば、このサイズ感がベスト。

65Wという最大出力でも全然アリな人なら、このコンパクトさは重宝するはず。ACケーブルが必要なタイプのUSB PD充電器なので、据え置きっぽい感じですが、私はガジェットポーチに入れて普段使いの充電器として持ち歩いています。

二条ねこ

100W出力までは不要だから、多ポートでコンパクトなUSB PD充電器を探しているって考えてるなら、かなりアリな選択肢であーるっ!

実はコンセント直挿しではないのが便利

RP-PC136はコンセント直挿しではなく、ACケーブルタイプ。

RP-PC136はコンセント直挿しではなく、ACケーブルタイプ。

このRP-PC136が、ACコンセント直挿しじゃないタイプということを、ガッカリしている人もいるかも。ですが、実は複数ポートあるUSB PD充電器だと、今回のような別途ケーブルが必要なタイプのほうが便利で安全だったりします。

確かに、コンセント直挿しタイプのUSB PD充電器は持ち運びに便利ですし、カフェ等で利用してもスッキリしていて威圧感がありません。

充電器が手元に来るので、自重で落下する心配はナシ。

充電器が手元に来るので、自重で落下する心配はナシ。

ただ、これがコンパクトなUSB PD充電器だったらよいのですが、高出力で重ためのUSB PD充電器となると話は別。カフェ等のコンセントの設置場所によっては、重ためのUSB PD充電器は、自重によって落下してしまう危険性が実はあったりします。特に壁に接しておらず、微妙に空中に浮いているタイプのコンセントは要注意。

まの

確かにカフェのコンセントって、ちょっと変わった場所にありますものね。

二条ねこ

そうなんだよねー。
そのせいで、落ちそうで結構ヒヤヒヤしたことがあるのであーる……。

据え置きタイプのUSB PD充電器としては、とにかく小型なのも良き。

据え置きタイプのUSB PD充電器としては、とにかく小型なのも良き。

そう考えていくと、USBポート数が豊富で比較的高出力なRP-PC136は、コンセント直挿しタイプではなく、ACケーブルタイプで正解なのです。これなら自重で落ちる心配はありませんし、利用時のケーブルマネジメントもやりやすかったりします。

二条ねこ

外で使うなら、

  • 軽い低出力なUSB PD充電器:コンセント直挿しタイプ
  • 重い高出力なUSB PD充電器:ACケーブルタイプ

っていう使い分けがいいかもっ!?

マニア納得のUSB PD仕様

USB PDの仕様はマニア納得の出来。

USB PDの仕様はマニア納得の出来。

USB PD界隈は非常にカオスなことになっており、細かいことを気にすると、どれを買えばよいのか分からなくなってくるレベル。それが、USB-IFの仕様に準拠したピュアなUSB PD充電器を探すとなるとなおさら。

二条ねこ

これはUSBマニアの永遠のテーマであーる。

そんな我ら(?)がUSBジャンキーでマニア的に嬉しいのが、今回のRP-PC136のUSB PDの仕様がとってもピュアなこと。

USB PDから、他の急速充電規格が検出されなかった!素晴らしい!!

USB PDから、他の急速充電規格が検出されなかった!素晴らしい!!

RP-PC136のUSB Type-Cポート(USB PD対応)からは、USB BD DCP“しか”出力されていないというピュアっぷり。当然、5V出力時には、ちゃんと3A出力が検出されています。これなら、「USB PDにQuick Chargeが入っていることは許せぬ!」とちゃぶ台返しをするようなこともありません。

二条ねこ

おかげで犬が吠えなくなりましたー!

さたえり

こら!平然と嘘をつくな!!

USB-AがQuick Charge対応

USB Type-Aは、しっかりとQuick ChargeやApple 2.4Aに対応。

USB Type-Aは、しっかりとQuick ChargeやApple 2.4Aに対応。

USBつながりで嬉しいのが、USB Type-Aポートが、Apple 2.4AやQuick Chargeのような急速充電規格に対応していること。

すっかり使うことが減ってしまった(私だけ?)USB Type-Aポートですが、そうはいっても規格的に廃止されたわけでもないですし、しっかり使っていきたいポートのひとつ。そんなUSB Type-Aポートに、Quick Chargeが搭載されている点はポイントが高い。ちなみに、Samsung AFCやHUAWEI FCPにも対応しています。

まさにお手本のようなUSB PD充電器といえる。

まさにお手本のようなUSB PD充電器といえる。

USB PDはUSB PDらしく振る舞ってくれるのに対して、USB Type-AはQuick Charge等の急速充電てんこ盛り。なんというか、お手本のようなUSB PD充電器の在り方と言えるのではないでしょうか。こういうのがもっと増えてほしい……。

補足

複数USBポート利用時の電力供給量

RP-PC136のUSBポート構成

RP-PC136のUSBポート構成

今回のRP-PC136には、合計4つのUSBポートが搭載されています。これらのUSBポートは、利用するUSBポートの組み合わせによって、最大出力が変化する仕様になっています。それらの最大出力の挙動を、下表に利用ポート別にまとめております。

  利用ポート
USB Type-A(1) USB Type-A(2) USB Type-C(1) USB Type-C(2)
最大出力 18W 18W 65W 65W

1ポート利用時の最大出力表

  利用ポート
USB Type-A(1)

USB Type-A(2)
USB Type-C(1)

USB Type-C(2)
USB Type-A(1・2)

USB Type-C(1・2)
最大出力 USB-A(1):12W
USB-A(2):12W
USB-C(1):45W
USB-C(2):18W
USB-A(1・2):18W
USB-C(1・2):45W

2ポート利用時の最大出力表

  利用ポート
USB Type-A(1)

USB Type-A(2)

USB Type-C(1・2)
USB Type-A(1・2)

USB Type-C(1)

USB Type-C(2)
最大出力 USB-A(1):12W
USB-A(2):12W
USB-C(1・2):45W
USB-A(1・2):18W
USB-C(1):18W
USB-C(2):18W

3ポート利用時の最大出力表

  利用ポート
USB Type-A(1)

USB Type-A(2)

USB Type-C(1)

USB Type-C(2)
最大出力 USB-A(1):12W
USB-A(2):12W
USB-C(1):18W
USB-C(2):18W

4ポート利用時の最大出力表

まとめ「こだわり派におすすめなピュアなUSB PD充電器」

規格違反を気にするユーザーに、とにかくおすすめなUSB PD充電器。

規格違反を気にするユーザーに、とにかくおすすめなUSB PD充電器。

そういうわけで、今回のRAVPower『RP-PC136』のレビューを総括すると…

  • 4ポートで65W出力と考えると軽い
  • ACケーブルタイプなのが意外と使いやすい
  • USB PDに規格違反のないピュアな仕様
  • USB Type-AがQuick Chargeに対応
  • もうちょっと高出力だともっと嬉しい

という感じの感想です。

USB PDからQuick Chargeなどの他の急速充電規格が出ていない。これをとにかく気にするユーザーからすれば、とにかくおすすめのおすすめ。そして、USB Type-Aポートの扱いも上手な印象。

コンセント直挿しじゃないのが好みが分かれそうな予感ですが、多ポートのUSB PD充電器は、意外とACケーブルタイプのほうが安全で便利だったりします。価格もリーズナブルなので、個人的にはかなりおすすめなUSB PD充電器に入ると言えます。

二条ねこ

このピュアな仕様のまま、RAVPowerにはもっと高出力なUSB PD充電器を作ってほしいっ!

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

こういう仕様のUSB PD充電器が増えればなー。

まの

一喜一憂する必要もなくなりますからね。

二条ねこ

…それはそれで面白くないかもっ!?

さたえり

えっ!?

おわり