【レビュー】TUNEWEAR『TUNEMAX 100W GaN』—窒化ガリウムの衝撃!100W出力対応の夢のUSB PD充電器

【レビュー】TUNEWEAR『TUNEMAX 100W GaN』—窒化ガリウムの衝撃!100W出力対応の夢のUSB PD充電器
記事のポイント
  • ついに出た。100W出力対応のUSB PD充電器!
  • USBが合計4ポートあって使いやすい!
  • まさに窒化ガリウム半導体と技術の賜物だ!

手のひらサイズで100Wの衝撃…!!

クラウドファンディング発のUSB PD充電器、TUNEWEAR『TUNEMAX 100W GaN』をレビュー。窒化ガリウム(GaN)半導体採用で、100W出力にもかかわらず、クレカサイズと超小型。しかも、USBはAとCで合計4ポート。うーん、これこそ新時代のUSB PD充電器。

二条ねこ

ついに、20V・5AのUSB PD充電器が出たー!

さたえり

これでUSB PDの最大電力供給量まで来たわけやね!

まの

予想どおり、2020年はGaN主流ですわね。

TUNEWEAR『TUNEMAX 100W GaN』って?

TUNEWEAR『TUNEMAX 100W GaN』全体画像。

TUNEMAX 100W GaNってなに?

窒化ガリウム半導体採用。クラウドファンディング発、クレカサイズで最大100Wまで電源供給可能なUSB PD充電器。

7
  • 小型なのに100WのUSB PD対応。
  • USBが合計4ポート。
  • USB-AとUSB-Cの両方搭載。
  • Quick Charge 3.0急速充電対応。
  • USB PDからQC 3.0が出ている。
二条ねこ

MacBook Pro 16インチへ向けたUSB PD充電器の決定版…かもっ!?

スペック表
製品名 TUNEMAX 100W GaN
型番 TUN-IP-200106
メーカー TUNEWEAR
最大出力 100W
インターフェース USB Type-A ×2
USB Type-C ×2
USB PD ○(USB PD 3.0)
急速充電 ○(Quick Charge 3.0)
USB-A出力(QC) 5V・3A
9V・2A
12V・1.5A
USB-C出力(USB PD) 5V・3A
9V・3A
12V・3A
15V・3A
20V・5A
サイズ 85.3×60.8×28.9mm
質量 208g
備考 GaN半導体採用

本体チェック

TUNEMAX 100W GaN表面。

TUNEMAX 100W GaN表面。

TUNEMAX 100W GaNのサイズは 85.3×60.8×28.9mm 。重さは208g

窒化ガリウム(GaN)半導体を採用していることにより、100WのUSB PD出力に対応しながら、このサイズ感に収まっています。うーん、すごい。

TUNEMAX 100W GaN裏面。

TUNEMAX 100W GaN裏面。

表も裏も“TUNEWEAR”ロゴがちらり。

最近でこそ、いろいろなメーカーがApple製品向けのアクセサリーをローンチしていますが、iPod時代からのAppleユーザー的には、TUNEWEARというメーカーにとりわけ馴染みがあったりするところ。いわゆる、“古参メーカー”ということです。

TUNEMAX 100W GaN前面。

TUNEMAX 100W GaN前面。

■インターフェース

  • LEDインジケーター
  • USB Type-C ×2
  • USB Type-A ×2

TUNEMAX 100W GaNに搭載されているポートは、USB Type-Aが2つUSB Type-Cが2つの合計4つとボリューミー。

仕様を見ると、USB Type-C(USB PD)が1ポート単体でも、100WのUSB PD出力が可能とのこと。これなら、MacBook Pro 16インチも余裕で充電できますな。そうそう、Surface Book 2 15インチも充電できました。

TUNEMAX 100W GaN後面。

TUNEMAX 100W GaN後面。

■インターフェース

  • ACプラグ

TUNEMAX 100W GaNのACプラグは、スイングプラグで折りたたみ可能

ACプラグの下には、本製品の仕様が記載されています。クラウドファンディング発ですが、日本向けに発売されるプロダクトなので、しっかりとPSEマークがプリントされています。

TUNEMAX 100W GaN上面。

TUNEMAX 100W GaN上面。

上面は特にナシ。

TUNEMAX 100W GaN下面。

TUNEMAX 100W GaN下面。

下面も特にナシ。

二条ねこ

うーむ、なかなかにスッキリしたデザインですな〜。

付属品チェック

TUNEMAX 100W GaN付属品。

TUNEMAX 100W GaN付属品。

■TUNEMAX 100W GaNの付属品一覧

  • 取扱説明書
  • キャリングポーチ

TUNEMAX 100W GaNには、嬉しいキャリングポーチが付属。

キャリングポーチは、スエード素材で素材感も良き。モバイルバッテリーにキャリングポーチが付属していることはあるけれど、USB PD充電器に付属しているのは珍しいかも。キャリングポーチの生地自体も肉厚で良さげ。

【レビュー】Hard Cider Labs『SliceCharge Pro』—見つけた。AirPower代替のQiワイヤレス充電器

【レビュー】Hard Cider Labs『SliceCharge Pro』—見つけた。AirPower代替のQiワイヤレス充電器

2020年4月15日

使ってみた

USB PDが100Wの衝撃

USB PDの規格最大値100Wに到達!

USB PDの規格最大値100Wに到達!

ついに…という感じなのですが、TUNEMAX 100W GaNのUSB Type-Cポートが出力できる最大電力は100W。そう、USB PDが規格している電源供給の最大量に到達しているのです。うーん、ここまで来ましたか。

USB Type-Cポート1つで100W出力可能。

USB Type-Cポート1つで100W出力可能。

ここでキモなのが、USB Type-Cポート1つからでも100W供給可能ということ。なので、USB PDの規格内に収まっているデバイスであれば、どれだって充電や給電できることになるわけです。

MacBook Pro 16インチも余裕で充電可能。

MacBook Pro 16インチも余裕で充電可能。

そういうわけなので、96WのMacBook Pro 16インチも、ちゃんと充電できました。

TUNEMAX 100W GaNが100Wの電源供給ができるので、単純に引き算したら充電できるのは当たり前のこと。ただ、iPadやMacBook Airならまだしも、16インチクラスの大型ノートパソコンを充電するのって、本当に大変だったのです。充電器を選ぶ選ぶ…。

MacBook Pro 16インチを充電しても、まだちょっとゆとりアリ。

MacBook Pro 16インチを充電しても、まだちょっとゆとりアリ。

さすがに、MacBook Pro 16インチをフルパワーで充電しようとすると、他のデバイスが充電できなくなってしまう(一応、4Wは余る)のは仕方なし。とはいえ、実際のところは、MacBook Pro 16インチを充電しながら、iPhone 11 Proぐらいなら充電できます。

USBが4ポートは頼もしい

USBが4ポートあるのは頼もしい限り。

USBが4ポートあるのは頼もしい限り。

100WのUSB PD出力ができることと合わせて、良きと思うポイントなのが、USBポートがAとC合わせて4ポートもあるということ。

AとC合わせて、4ポート同時出力可能。

AとC合わせて、4ポート同時出力可能。

USB-C(1) USB-C(2) USB-A(1) USB-A(2)
100W
100W
18W
18W
65W 30W
80W 18W
80W 18W
12W 12W
45W 30W 12W 12W

各USBポート利用時の最大電源供給量。

複数のUSBポートを用いたときは、上表のような電源供給の分配がされるようになっており、MacBook Pro 13インチぐらいなら、4ポート全部使っても充電できました。その際は、上表に倣って、USB Type-Cに1ポートめと接続するのが良いでしょう。

窒化ガリウムでトランプサイズ

窒化ガリウム半導体のおかげで、トランプサイズの体積に。

窒化ガリウム半導体のおかげで、トランプサイズの体積に。

もはや、USB PD充電器に『窒化ガリウム(GaN)』半導体を用いることは、USB PD充電器界隈ではトレンドになってきているはず。裏を返せば、それくらいイノベーティブな半導体なわけでして。

半導体に窒化ガリウムを用いることで、発熱や電力ロスを減らすことができるのですが、まさか100Wも電力供給できる充電器がこのサイズに収まるとは、数年前までは夢にも思わなかったです。しかも、USBという高汎用性な規格で。うーん、技術の進化とは凄い。

補足

■USB PDから出力されている急速充電規格

  • Quick Charge 3.0
  • Samsung AFC
  • HUAWEI FCP
  • HUAWEI SCP

TUNEMAX 100W GaNのUSB Type-Cポートは、USB PDに対応しているのですが、Quick Charge 3.0・Samsung AFC・HUAWEI FCP・HUAWEI SCPという、他の急速充電プロトコルも出力されているようです。ご参考までにどうぞ。

Revision Power Delivery 3.0
PDO 5V・3A
9V・3A
12V・3A
15V・3A
20V・5A

TUNEMAX 100W GaNのPDO。

TUNEMAX 100W GaNのPDOは上表のとおり。

スペックシートに記載されている出力と同様のPDOが検出できました。こちらも、購入時の参考にしてみてください。

まとめ「100W出力対応なのに圧倒的コンパクト!」

ついにここまで来た。100W対応USB PD充電器。

ついにここまで来た。100W対応USB PD充電器。

今回のTUNEWEAR『TUNEMAX 100W GaN』のレビューを総括すると…

  • USB PDのMaxである100W出力対応
  • USBが4ポート搭載で使いやすい
  • 窒化ガリウム採用で高出力なのにカードサイズ
  • USB PDはピュアに出力してほしかった

という感じです。

専門的なことでいえば、USB PDは純粋にUSB PDだけを出力してほしかったところですが、それ以外は不満なし。100W出力で窒化ガリウム採用なので、これからのUSB PD充電器のマイルストーン的存在になってきそうです。まる。

二条ねこ

ハイエンドノートパソコンを使っているなら、TUNEMAX 100W GaNって感じですなー!

【レビュー】HYPER『HyperJuice 100W GaN USB-C Charger』—MacBook Proの相棒!100W対応USB PD充電器

【レビュー】HYPER『HyperJuice 100W GaN USB-C Charger』—MacBook Proの相棒!100W対応USB PD充電器

2020年5月21日

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

たぶん、Navitas SemiconductorのGaNを使ってるのかなー!?

さたえり

…何それ?

まの

GaN半導体を製造しているメーカーですわね。

二条ねこ

そうそう!
GaNFastあたりが使われてるのかなって予想してるんだよねー。HYPERのほうは、Navitas Semiconductorから提供を受けてるし。

おわり