名機『VAIO Type P』好きへ告ぐ。2018年は“5つ”の後継機候補がある!

現代に蘇りしVAIO P…。

未だに『VAIO Type P』の後継機を待ち望んでいる人は多いはず。UMPCは終わったかと思いきや、去年辺りからブームが再燃。今回は『VAIO Type P』の“正当後継機”を5つ選定します。

四条ねこ
ようやくUMPC時代の再来だ〜!
まの
UMPCの規格が選定されたのが2006年ですから、もう12年も経つのですね。
さたえり
それだけ根強い人気があるってことやね!

懐かしきUMPCブーム

懐かしきUMPCブーム

2000年代後半から2010年代前半、まだスマートフォンが普及しきる前にブームになっていたのが、いわゆるUMPCブーム

代表的な製品には、Sonyの『VAIO Type P』富士通の『LOOX U』があります。ニッチなところだと、工人舎(現在のOnkyo)がUMPCの分野では、非常に人気がありました。

四条ねこ
工人舎を知っている人も、少なくなってきただろうな〜。
まの
OnkyoもコンシューマーPC市場では、すっかり耳にしなくなりましたもんね。

そんなUMPCや少し大きいネットブックは、スマートフォンやタブレットの台頭ですっかり過去の産物となりました。

四条ねこ
ところがどっこい、急にココに来て“復活”するんだよねーー!

再燃したUMPCブーム

再燃したUMPCブーム

昨年あたりから、UMPCブームが密かに再燃してきています。

もともとこの市場を支えてきたのは、ニッチな人種でした。そんなニッチな人々が『VAIO Type P』の後継機を待っていることを知ってか知らずか、少しずつブームが再燃してきています。

四条ねこ
まさに“VAIO P厨”の私、歓喜って感じだぁあああ!

文章を打ったり、コーディングをする際には、やはり物理キーボードが必要なのです。なので、iPad Proにはキーボードが装着でき、ポメラも売れているということなのです。

まの
もともとニッチな市場だったUMPCが、さらにニッチになった気がしますが…。
四条ねこ
いや〜、今UMPCを待っている人は、VAIO Type P時代の“残党”だから、ニッチのニッチでいいんだよー!

現代に蘇りし“5つ”のVAIO P後継機候補

現代に蘇りし“5つ”のVAIO P後継機候補

私もVAIO Type Pユーザーだったのですが、これだけUMPCが出てきてくれたら後継機を決める“義務”が出てくるわけです。

さたえり
いや、誰も強制してないから(笑)

復活したとはいえ、数は少ないUMPC。5つに絞ったというよりも、“5つしかなかった”のほうが、表現としては正しい。要は、全部紹介しているのと同義ですね。

四条ねこ
ま、とりあえず後継機候補を見ていくぞー!

1.GPD|GPD Pocket

1.GPD|GPD Pocket

昨今のUMPCリバイバルブームの火付け役になったのは、やはりGPDがあったからでしょう。

四条ねこ
特に『GPD Pocket』と、あとで紹介する『GPD WIN』が、今のUMPCブームを引っ張っているよねー!

2.GPD|GPD Pocket2

2.GPD|GPD Pocket2

その『GPD Pocket』の後継機として発表されたのが、この『GPD Pocket2』です。

四条ねこ
CPUもAtomからCore mに強化されたし、薄型に軽量化…2018年最強のVAIO Type P後継機候補っ!

こちらは、Indiegogoで出資が可能です。

3.One Netbook|One Mix

3.One Netbook|One Mix

GPDの人気があってか、GPDフォロワーな『One Mix』という機種が、One Netbookから登場しました。

四条ねこ
なんとこっちは、2048段階のデジタイザーペンが使えるっ!
しかも、コンバーチブルタイプっ!

4.GPD|GPD WIN2

4.GPD|GPD WIN2

『GPD WIN2』は、どちらかと言えば“ゲーム機”寄りなデザイン思想。デザイン的にもVAIO Type Pの後継機というよりは、新しいタイプのPCですね。

四条ねこ
ゲーム好きなまのさんなら、欲しくなるんじゃないー?
まの
そうですね。私はこっちですね。

5.Planet Computers|Gemini PDA

5.Planet Computers|Gemini PDA

今まではWindows 10搭載の“PC”でしたが、この『Gemini PDA』はAndroid搭載なので、スマホに属します。

四条ねこ
テキスト打ちするならこれだね〜!
VAIO Type Pよりは、ポメラ的だよねっ!

QWERTYキーで”デュアルブート”なスマホ『Gemini PDA』|変態端末列伝 #4

2018.03.11

0.KS-PRO

0.KS-PRO

最後に1つだけ紹介します。これは番外編

まの
どうして“番外編”なのですか?
四条ねこ
この『KS-PRO』は、発売されなかったプロダクトだからねー。

昨年、クラウドファンディングサイト『Indiegogo』で出資を募っていたのが、この『KS-PRO』です。

結果、クラウドファンディングに失敗し、世に出ることはありませんでした。分かりませんが、プロダクトとしての見通しの甘さがあったのかも知れません。

四条ねこ
要するに、“幻”のUMPCだねっ!
さたえり
だから、番号も“0”にしてるんやね!

総評:我らがUMPC時代の再来か

総評:我らがUMPC時代の再来か

すでに死んでしまったと思っていたUMPC市場ですが、去年あたりから復活してきて、小さいPC好きには嬉しい時代になってきたと思います。

まだ数は少ないですが、紹介できるぐらいまでプロダクトが出てきて、ニッチな私たちにとっては楽しみな時代になってきました。

さたえり
特に日本人は、小さい端末好きやもんね!
四条ねこ
そうそうっ!
日本企業も余力があったら、UMPC市場に再参入していたんだろうなー(汗)

残念なのは、小型化の得意な日本のPC企業が、すでに死に体になりつつあること。SonyもPC事業を売却し、富士通もLenovo傘下になってしまいました…。

国内PCメーカーほぼ死滅…インフォグラフィックを添えて

2018.06.08

日本企業からも出たら最高なのですがね。

この記事で紹介したガジェット

おまけ

まの
それで、ねこさん的にはVAIO Type Pの“後継機”には、どれを選んだのですか?
四条ねこ
うーん…『GPD Pocket2』かな?すっごい順当だけどねっ!
まの
やはりそうですよね。
さたえり
日本で正式販売したら、めっちゃ売れそうやもんね。
四条ねこ
いやー、すっごい“ニッチ市場に”売れそうっ!

おわり