新型HHKB。WinでもMacでも“書く”愉しみを感じるデジタル万年筆

新型HHKB。WinでもMacでも“書く”愉しみを感じるデジタル万年筆
記事のポイント
  • PFUが新型HHKBを3機種発売!
  • 上位機種はBluetooth・USB両対応!
  • 価格は張るがこれぞ至極の一品な気がする!

これぞ大人のキーボード。

キーボード好きなら知らない人がいないPFUの『Happy Hacking Keyboard(HHKB)』シリーズ。そんなPFUが新型HHKBを発売。Windows・Mac両対応、有線・無線の両方で使える。うん…欲しい。

二条ねこ
  • HHKB Professional HYBRID Type-S
  • HHKB Professional HYBRID
  • HHKB Professional Classic

の3機種が一気に刷新されたー!

まの

やはり、買うならType-Sでして?

二条ねこ

もちっ!でも、高い…うぐぐ。

3機種の新型HHKB

3機種の新型HHKB

キーボードフェチならご存知、みんな大好き『Happy Hacking Keyboard(HHKB)』。その新型が3機種発売された。

新型HHKBは機能別・タイプ別の3種類

新型HHKBは機能別・タイプ別の3種類

新発売された新型HHKBは、上記の3種類。
なお、直販サイトPFUダイレクトでの限定発売となっている模様。今後、家電量販店でも並ぶ可能性は無きにしもあらずですが、キータッチについては現行のHHKBで確認することになりそうです。

新型HHKB仕様比較表

新型HHKB仕様比較表

  HHKB Professional HYBRID Type-S HHKB Professional HYBRID HHKB Professional Classic
カラー


配列 日本語配列(かな無刻印)
英語配列
無刻印(英語配列)
日本語配列(かな無刻印)
英語配列
無刻印(英語配列)
英語配列
無刻印(英語配列)
接続方式 Bluetooth
USB(Type-C)
Bluetooth
USB(Type-C)
USB(Type-C)
機能 高速タイピング性
静粛性
キーマップ変更機能
傾き調整機能
キーマップ変更機能
傾き調整機能
傾き調整機能
価格 32,000円(税別) 27,500円(税別) 23,000円(税別)

新型HHKB機能比較表。

  HHKB Professional HYBRID Type-S HHKB Professional HYBRID HHKB Professional Classic
Windows
macOS
iOS
iPadOS
Android

新型HHKB対応OS比較表。

サクッとですが、3種類の新型HHKBを比較すると上表のとおり。

下位モデルの『HHKB Professional Classic』については、有線接続のみでキーリマップ不可という割り切った仕様。なので、松竹梅でラインナップされていますが、結局は“松”である『HHKB Professional HYBRID Type-S』が一番売れそうな予感がします。

二条ねこ

この手のキーボードを買うユーザーは、分かってて買う感じだと思うから、どれが買いとかはないと思うけどねー。

まの

梅モデルでも2万円強ですからね。

キーボード = 万年筆

昔、どこかで見た、
キーボード = 万年筆
という言葉。

キーボードは打つ。
万年筆は書く。

所作の違いはあるけれど、手とデバイス(紙やパソコン)をつなぐ大切な入力機器であることは間違いない。だからこそ、その入力機器にはこだわるべきだということ。まさに“職人の道具”という趣。

MacBookユーザーだと記憶に新しい、バタフライ構造キーボードの不具合問題。私もMacBook Proユーザーで、数回交換してもらった当事者ですが、きっと、HHKBユーザーからすると対岸の火事だったのかも。
結果的にMacBook Pro 16″は、バタフライ交換キーボードからシザー型キーボードに変更(元に戻るとも)されましたが、このことでキーボードというデバイスの重要さを再確認したわけです。私的に。

買うなら最上位の『HHKB Professional HYBRID Type-S』。

買うなら最上位の『HHKB Professional HYBRID Type-S』。

ちょっと…というか、かなりお値段が張るキーボード。
なので、絶対買うとは言えませんが、買うなら最上位の『HHKB Professional HYBRID Type-S』にしたい。

WindowsでもMacでも使えて、Bluetoothでも使える。そんな多機能なキーボードですが、決して飛び道具ではない。万年筆みたく、“書く”という行為を愉しめるキーボード。それがHHKBなら、せっかくなので最上位が欲しいと思ってしまうのです。ガジェットだけどガジェットじゃない…感じがするので。

▼HYBRID Type-Sの白色・日本語配列

まとめ「WinでもMacでも、書く愉しみを感じたい」

まとめ「WinでもMacでも、打つ愉しみを感じたい」

MacBook Proのキーボード(バタフライもシザーも)自体、決して嫌いではなく、どちらかと言えば好きな部類に入ります。でもでも、HHKBは次元が違う。

ひとことで表すと…HHKBで“打つ”ではなく、“書き”たい!

二条ねこ

MacもWindowsもiPadもHHKBが使える時代…。

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

高いけど、これは超悩むぞぞぞ…。

さたえり

キーボードに3.5万円は、かなり清水の舞台から飛び降りる必要があるやんね…。

二条ねこ

うむぅ…資金確保のためにTWSをいっぱい売ろうぞっ!

さたえり

うん!…って、え!?

おわり