有線→無線。MMCX/A2DC端子対応Bluetoothレシーバーまとめ

有線→無線。MMCX/A2DC端子対応Bluetoothレシーバーまとめ
記事のポイント
  • MMCX/A2DC端子対応Bluetoothレシーバーを探した!
  • コネクターには独自端子があることにも注意!
  • 端子とコーデックとハイレゾに注目!

有線イヤホンをBluetooth化だ!

MMCX/A2DC端子を搭載したイヤホン向けBluetoothレシーバーをまとめてみました。また、MMCXやA2DCにはリケーブル時の注意点もあるので、そちらも解説しています。

さたえり

ネックバンドも完全ワイヤレスもあるから、遊び方は無限大って感じやね!

二条ねこ

そこにハイレゾワイヤレスも加わると…おおー!

まの

これぞ“Bluetoothリケーブル沼”ですわね…。

はじめに

MMCXやA2DCについて「何それ?」な人は、まずはこちらから読んでみてください。知っている人などはすっ飛ばしてOKです。

MMCX端子とは?

『MMCX』という端子は、着脱式イヤホンに使われているコネクターです。

本来、MMCXはイヤホン専用の端子ではないのですが、現在では着脱可能なイヤホンのコネクターとして、多くの機種に採用されています。

MMCXには派生系があり、Audio-Technicaが採用している『A2DC』やWestoneが採用している通称『WestoneMMCX』などがあります。
これらの派生した端子については互換性がないものが多く、リケーブル(ケーブルの付け替え)の際には、お手持ちのイヤホンとケーブルが適合しているかを注意して見ておく必要があります。

端子の着脱について

MMCXなどを採用してイヤホンは、当然ですがケーブルが着脱可能です。
ただし、あまり着け外しをすると端子がゆるくなって、接触不良を起こしてしまう可能性もあります。

なので、着脱できるからといって、頻繁に着け外しをするのは個人的にはおすすめしません。あくまで、必要時だけケーブルの着け外しを行うようにしましょう。

購入時の注目点

MMCX/A2DCコネクター対応のBluetoothレシーバーを見ていく前に、購入する前に注目しておくべきポイントを話しておきます。

イヤホン側の端子

イヤホン側の端子
汎用端子 MMCX
カスタム2pin
独自端子 A2DC
WestoneMMCX
M-DOCK

主なリケーブル端子規格。

イヤホン側の端子には、さまざまな端子規格が存在しています。なので、当然ですがイヤホン側の端子に合った、Bluetoothレシーバーを買いましょう。

基本的には、主流である『MMCX』ならば大丈夫なのですが、メーカーごとに微妙な相性があったりもします。
特にAudio-Technica『A2DC(Micro Miniature Coaxial Connector)』・Westone『WestoneMMCX』・ZERO AUDIO『M-DOCK』に関しては、MMCXの中でも“独自端子”となっています。なので、A2DCなどを採用したイヤホンをBluetooth化する場合は、レシーバーのコネクターに注目して購入しましょう。

さたえり

WestoneMMCXは独自っていうほどじゃないけど、互換性に関しては要注意って感じやね!

Bluetoothコーデック

Bluetoothコーデック

■各Bluetoothコーデックの音質

SBC < AAC < aptX < aptX HD < LDAC ≒ HWA

対応しているBluetoothコーデックによって、遅延や音質などが変わってきます。なので、より高音質で聞きたい場合は、Bluetoothレシーバーの対応Bluetoothコーデックをチェックしておきましょう。

Bluetoothのコーデックとは?確認方法は?—SBC・AAC・aptX・LDACの違いを知っておこう!

Bluetoothのコーデックとは?確認方法は?—SBC・AAC・aptX・LDACの違いを知っておこう!

2019年3月27日

Hi-Res Audio Wireless

■ハイレゾ対応Bluetoothコーデック

  • aptX HD(48kHz/24bit)
  • aptX Adaptive(48kHz/24bit)
  • LDAC(96kHz/24bit)
  • HWA(96kHz/24bit)

音楽をハイレゾ音質で楽しみたい場合は、上記のハイレゾに対応したBluetoothコーデックに対応しているレシーバーを選びましょう。

また、Hi-Res Audio Wireless(ハイレゾワイヤレス)に正式対応しているものを選びたい場合は、『LDAC』に対応したBluetoothレシーバーにしましょう。

ハイレゾとは?—定義・ファイル形式・Bluetoothコーデックを標本化&量子化に基づきお勉強

ハイレゾとは?—定義・ファイル形式・Bluetoothコーデックを標本化&量子化に基づきお勉強

2019年11月26日
ハイレゾ対応Bluetoothコーデック一覧+ワイヤレスでハイレゾを聞くには?

ハイレゾ対応Bluetoothコーデック一覧+ワイヤレスでハイレゾを聞くには?

2019年11月27日

MMCX/A2DC対応Bluetoothレシーバー

【1】Shure『RMCE-BT2』|おすすめ

【1】Shure『RMCE-BT2』|おすすめ
タイプ ネックバンド
端子形状 MMCX
Bluetooth Ver. Bluetooth 5.0
Bluetoothコーデック SBC
AAC
aptX
aptX LL
aptX HD
バッテリー 最大10時間
備考 マルチペアリング対応(2台)
マルチポイント対応(2台)

RMCE-BT2のスペック表。

Shure『RMCE-BT2』は、ネックバンドタイプのMMCXコネクター対応のBluetoothレシーバー。
Bluetoothコーデックの対応の幅が広く、バッテリー時間も長い。しかも、マルチポイント対応なので同時に2台のプレーヤーと接続可能。かなりおすすめなBluetoothリケーブルくん。

さたえり

とりあえずはコレって感じやね!

【2】Sony『MUC-M2BT1』|おすすめ

【2】Sony『MUC-M2BT1』|おすすめ
タイプ ネックバンド
端子形状 MMCX
Bluetooth Ver. Bluetooth 4.1
Bluetoothコーデック SBC
AAC
aptX
LDAC
バッテリー 最大7.5時間
備考 マルチペアリング対応(8台)
マルチポイント対応(2台)

MUC-M2BT1のスペック表。

Sony『MUC-M2BT1』は、ネックバンドタイプのMMCXコネクター対応のBluetoothレシーバー。
SonyらしくLDACコーデックに対応しているのが大きなポイント。とにかくハイレゾワイヤレスを重視しているなら、このレシーバーの一択です。

さたえり

ハイレゾワイヤレスにこだわるならこれやね!

【3】JVC『SU-ARX01BT』

【3】JVC『SU-ARX01BT』
タイプ ネックバンド
端子形状 MMCX
Bluetooth Ver. Bluetooth 4.2
Bluetoothコーデック SBC
AAC
aptX
バッテリー 最大7時間
備考 K2 TECHNOLOGY搭載

SU-ARX01BTのスペック表。

JVC『SU-ARX01BT』は、ネックバンドタイプのMMCXコネクター対応Bluetoothレシーバー。
スペック的には平凡な感じだが、『K2 TECHNOLOGY』というJVC独自のテクノロジーを搭載。これにより、ハイレゾ相当(192kHz/24bit)までアップコンバートしてリスニングが可能。

さたえり

ハイレゾ相当にアプコンっていう言葉に惹かれたらこれやね!

【4】Audio-Technica『AT-WLA1』

【4】Audio-Technica『AT-WLA1』
タイプ ネックバンド
端子形状 A2DC
Bluetooth Ver. Bluetooth 4.1
Bluetoothコーデック SBC
AAC
aptX
バッテリー 最大7時間
備考 マルチペアリング対応(8台)

AT-WLA1のスペック表。

Audio-Technica『AT-WLA1』は、ネックバンドタイプのA2DCコネクター対応Bluetoothレシーバー。
Audio-Technicaのリケーブル端子はAD2Cなので、同社のイヤホンでBluetoothリケーブルをする場合は、必然的にこちらを選ぶ必要があります。

さたえり

オーテクのイヤホン使いはこれ一択!

【5】Westone『WST-BLUETOOTHV2』|おすすめ

【5】Westone『WST-BLUETOOTHV2』|おすすめ
タイプ ネックバンド
端子形状 MMCX
WestoneMMCX
Bluetooth Ver. Bluetooth 5.0
Bluetoothコーデック SBC
aptX HD
バッテリー 最大6時間
備考 IPX5準拠防水
チャージングドック付属

WST-BLUETOOTHV2のスペック表。

Westone『WST-BLUETOOTHV2』は、ネックバンドタイプのMMCX・WestoneMMCX対応のBluetoothレシーバー。
Westoneのリケーブル端子イヤホンを利用の場合は、MMCXの端子形状的にこちらを使うのを推奨。また、付属のチャージングドックを利用することにより、バッテリー時間を12時間まで延長可能です。

さたえり

Westoneのイヤホン使いなら、これを選ぶと安心やよ!

【6】ZERO AUDIO『M-BTR1』

【6】ZERO AUDIO『M-BTR1』
タイプ ネックバンド
端子形状 M-DOCK
Bluetooth Ver. Bluetooth 5.0
Bluetoothコーデック SBC
AAC
aptX
aptX LL
バッテリー 最大8時間
備考

M-BTR1のスペック表。

ZERO AUDIO『M-BTR1』は、ネックバンドタイプのM-DOCK対応のBluetoothレシーバー。
M-DOCKはMMCXコネクターなのですが、端子のオスメスが逆。なので、ZERO AUDIOのM-DOCK対応イヤホン専用のBluetoothリケーブルという感じです。間違って普通のMMCXイヤホンユーザーが買わないように注意。

さたえり

実質的にZERO AUDIO専用って感じやね!

【7】FiiO『RC-BT』

【7】FiiO『RC-BT』
タイプ ネックバンド
端子形状 MMCX
Bluetooth Ver. Bluetooth 4.1
Bluetoothコーデック SBC
AAC
aptX
バッテリー 最大10時間
備考 マルチペアリング対応(2台)

RC-BTのスペック表。

FiiO『RC-BT』は、ネックバンドタイプのMMCXコネクター対応のBluetoothレシーバー。
AACとaptXの両方に対応しており、マルチペアリングにも対応しているので、iPhoneとAndroidの両刀使いなユーザー向け。価格も安価なので、手が出しやすいのも魅力的。

さたえり

高級DAPのFiiOブランドっていう安心感もあるやんね!

【8】Fostex『TM2』|おすすめ

【8】Fostex『TM2』|おすすめ
タイプ 完全ワイヤレス
端子形状 MMCX
A2DC
カスタム2pin
FitEar 2pin
Bluetooth Ver. Bluetooth 5.0
Bluetoothコーデック SBC
AAC
aptX
バッテリー 最大10時間
備考 TWS Plus対応
IPX5準拠防水

TM2のスペック表。

Fostex『TM2』は、完全ワイヤレスタイプのMMCXコネクターなどに対応したBluetoothレシーバー。
大手メーカーとしてはおそらく唯一無二な完全ワイヤレスイヤホンタイプ。MMCXをはじめ、A2DCやカスタムIEMにも対応しているので、お手持ちのイヤホンを簡単にBluetoothリケーブル&TWS化できるのが魅力。

さたえり

ほかの製品とは一線を画する感じやし、予算の都合がつけば1つ持っておきたいモデルやね!

比較表

製品名 RMCE-BT2RMCE-BT2 MUC-M2BT1MUC-M2BT1 SU-ARX01BTSU-ARX01BT AT-WLA1AT-WLA1 WST-BLUETOOTHV2WST-BLUETOOTHV2 M-BTR1M-BTR1 RC-BTRC-BT TM2TM2
メーカー Shure Sony JVC Audio-Technica Westone ZERO AUDIO FiiO Fostex
タイプ ネックバンド ネックバンド ネックバンド ネックバンド ネックバンド ネックバンド ネックバンド 完全ワイヤレス
端子形状 MMCX MMCX MMCX A2DC MMCX
WestoneMMCX
M-DOCK MMCX MMCX
A2DC
カスタム2pin
FitEar 2pin
Bluetooth Ver. Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.1 Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.1 Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.1 Bluetooth 5.0
Bluetoothコーデック SBC
AAC
aptX
aptX LL
aptX HD
SBC
AAC
aptX
LDAC
SBC
AAC
aptX
SBC
AAC
aptX
SBC
aptX HD
SBC
AAC
aptX
aptX LL
SBC
AAC
aptX
SBC
AAC
aptX
バッテリー 最大10時間 最大7.5時間 最大7時間 最大7時間 最大6時間 最大8時間 最大10時間 最大10時間

MMCX/A2DC端子対応Bluetoothレシーバー比較表。

まとめ「ハイエンド有線イヤホンをBluetooth化だ!」

まとめ「ハイエンド有線イヤホンをBluetooth化だ!」

汎用的なMMCXコネクターを各社採用してくれたことで、こうやって簡単に有線イヤホンのBluetooth化が実現可能になりました。ほんと、良い時代ですよね。

ただ、微妙な端子の違いはあるので、購入する際には、話したようにイヤホン側とレシーバー側のコネクター形状に注目しておきましょう。

さたえり

時代はBluetoothでワイヤレスやね!

この記事で紹介したガジェット

おまけ

さたえり

特に完全ワイヤレスイヤホンにできる『TM2』の存在価値は、かなり大きい気がするんよね。カスタムIEMだって、TWS化できるわけやし。

二条ねこ

これさえあれば、好きなイヤホンを完全ワイヤレス化できるわけだもんねー!

まの

確かに良い時代ですわね。

おわり