【レビュー】Satechi『108W Pro USB-C PD Desktop Charger』—合計108W出力なUSB PD充電器の戦艦扶桑

【レビュー】Satechi『108W Pro USB-C PD Desktop Charger』—合計108W出力なUSB PD充電器の戦艦扶桑
記事のポイント
  • USB PDは 90W + 18W のハイパワー!
  • 合計4ポートで据え置きUSB PD充電器としておすすめ!
  • Quick ChargeがCにあってAにないのが謎すぎる!

神経質にならなければおすすめ。

合計最大108W出力のUSB PD充電器、Satechi『108W Pro USB-C PD Desktop Chargerをレビュー。いわゆる据え置きタイプのUSB PD充電器。実はこっそりPPS対応。Quick Charge内包を気にしないなら、結構アリな充電器です。

二条ねこ

実はこっそり…PPSに対応してーるっ!やったー!!

まの

PPS対応とは珍しいですわね。

さたえり

あとはUSB PD周りの仕様だけやね!

Satechi『108W Pro USB-C PD Desktop Charger』って?

Satechi『108W Pro USB-C PD Desktop Charger』全体画像

Satechi『108W Pro USB-C PD Desktop Charger』全体画像

108W Pro USB-C PD Desktop Chargerってなに?

USBが合計4ポート搭載。合計最大出力108Wの超ハイパワーUSB PD充電器。最大90W出力対応のUSB Type-Cポートを搭載。

8
  • 合計最大108Wの高出力で頼もしい。
  • USB-C 1ポートで90Wまで出力可能。
  • USBポート同士が適度に空いている。
  • Macに調和するスペースグレイカラー。
  • Quick ChargeがUSB-Cから出ている。
  • Quick ChargeがUSB-Aから出てない。
二条ねこ

USB Type-CからQuick Chargeが出ていても気にしないから、とにかく使いやすいものが欲しい!
…そんな人におすすめなハイパワーUSB PD充電器であるっ!

スペック表
製品名 108W Pro USB-C PD Desktop Charger
(Satechi 108W Pro USB-C PD デスクトップ チャージャー)
型番 ST-TC108WM
メーカー Satechi
最大出力 108W
インターフェース USB Type-A ×2
USB Type-C ×2
USB PD ○(USB PD 3.0)
急速充電 ○(Quick Charge 3.0)
USB-A出力(1) USB BC 5V・2.4A
USB-A出力(2) USB BC 5V・2.4A
USB-C出力(1) USB PD
(PDO)
5V・3A
9V・3A
12V・3A
15V・3A
20V・4.5A
USB PD
(QC)
3.6V–6V・3A
6V–9V・2A
9V–12V・1.5A
USB-C出力(2) USB PD
(PDO)
5V・3A
9V・2A
12V・1.5A
15V・1.2A
USB PD
(QC)
3.6V–6V・3A
6V–9V・2A
9V–12V・1.5A
サイズ 120.7×79.5×30.2mm
質量 416.7g
備考

本体チェック

108W Pro USB-C PD Desktop Charger上面

108W Pro USB-C PD Desktop Charger上面

108W Pro USB-C PD Desktop Chargerのサイズは 120.7×79.5×30.2mm で、重さは416.7g。流行の窒化ガリウムパワー半導体(GaN Power IC)は非採用ですが、このサイズ感で合計最大108W。結構小さめかも。

そして、本体上面には、“SATECHI”なロゴタイプがチラリ。カラーリングもMacなどのApple製品と調和するスペースグレイになっています。

108W Pro USB-C PD Desktop Charger下面

108W Pro USB-C PD Desktop Charger下面

本体下面はこんな感じ。うーん、スペースグレイはかっこいい。

108W Pro USB-C PD Desktop Charger前面

108W Pro USB-C PD Desktop Charger前面

■インターフェース

  • LEDインジケーター
  • USB Type-A ×2
  • USB Type-C ×2

本体前面には、USB Type-Aが2ポートUSB Type-Cが2ポート、合計4ポートのUSBを搭載。AとCがバランス良く2ポートずつ搭載されているので、据え置き用のUSB PD充電器としては十分なポート構成。

二条ねこ

各USBポートのクリアランス確保もバッチリあーる。

108W Pro USB-C PD Desktop Charger後面

108W Pro USB-C PD Desktop Charger後面

■インターフェース

  • IEC C7(AC電源) ×1

本体後面には、IEC C7(AC電源)とUSBの仕様や認証関係の印刷があります。もちろん、PSEマークあり。

ご覧のとおり、ACプラグ直挿しタイプではなく、ACケーブルを使ったタイプ。なので、カフェや新幹線で使うというよりかは、自宅やオフィス、出張先で使うのに向いているでしょう。

108W Pro USB-C PD Desktop Charger左面

108W Pro USB-C PD Desktop Charger左面

108W Pro USB-C PD Desktop Charger右面

108W Pro USB-C PD Desktop Charger右面

本体左右面はこんな感じ。特に何もないスペースグレイ。

108W Pro USB-C PD Desktop Chargerインターフェース部分

108W Pro USB-C PD Desktop Chargerインターフェース部分

  USB Type-A USB Type-C
合計最大出力 108W
最大出力 合計12W 上:90W
下:18W
ポート数 2 2

108W Pro USB-C PD Desktop ChargerのUSBポート数・最大出力

108W Pro USB-C PD Desktop Chargerに搭載されている、USBポート各種の仕様については上表のとおり。

合計最大出力が108Wなので、単純計算上では全部のUSBポートを利用すると、 12W + 90W + 18W = 120W になり、フルパワーで使えない仕様になっています。Satechiの公式サイトには、複数USBポート利用時の最大出力が記載されていなかったので、こちらについては実際に測定して、レビュー記事の最後に補足としてまとめております。

付属品チェック

108W Pro USB-C PD Desktop Charger付属品

108W Pro USB-C PD Desktop Charger付属品

■108W Pro USB-C PD Desktop Chargerの付属品一覧

  • ACケーブル
  • クイックスタートガイド

108W Pro USB-C PD Desktop Chargerの付属品は、ACケーブル(電源ケーブル)クイックスタートガイド、この2つのみ。

二条ねこ

付属品で掘り下げる部分はなさそうであーる。

【レビュー】Anker『Anker PowerCore III Elite 25600 87W』—PD対応USB-C×2な最強モバイルバッテリー

【レビュー】Anker『Anker PowerCore III Elite 25600 87W』—PD対応USB-C×2な最強モバイルバッテリー

2020年10月11日

ベンチマーク

二条ねこ

USB PD充電器の選び方については、こちらの記事からどぞー。

Vbus Hot

チェッカーで確認したところ、シンク(デバイス)未接続時にはソース(108W Pro USB-C PD Desktop Charger)から電圧がかかっていないことが確認できました。なので、こちらはVbus Hotではありませんでした。

Bridged CCs

USB-IF認証済のeMarkerチップ搭載の5Aケーブル(Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1 (Gen2) ケーブル)を接続したところ、108W Pro USB-C PD Desktop Chargerで接続が検出され、充電が開始されていました。

PDO

  USB Type-C(1) USB Type-C(2)
Revision Power Delivery 3.0
PDO 5V・3A
9V・3A
12V・3A
15V・3A
20V・4.5A
5V・3A
9V・2A
12V・1.5A
15V・1.2A

108W Pro USB-C PD Desktop ChargerのPDO

108W Pro USB-C PD Desktop ChargerのPDOは上表のとおり。Revisionは『Power Delivery 3.0』でした。

テスターで測定したところ、出力されたPDOはスペックシートに記載されているものと差異はありませんでした。また、5V出力時にちゃんと3Aが出力されています。

PPS

  USB Type-C(1) USB Type-C(2)
Revision Power Delivery 3.0
PPS 3.3V–11V・4.05A

108W Pro USB-C PD Desktop ChargerのPPS

スペックシートや公式サイトに記載はありませんでしたが、テスターで測定したところ、1ポートめのUSB Type-C(90W出力のほう)だけ、PPSに対応していました。なので、その結果を上表にまとめております。

二条ねこ

まさかの、こっそりPPS対応USB PD充電器だったあーるっ!

急速充電規格

USB Type-Aポート(USB BC DCP対応)からは、Apple 2.4ASamsung(5V・2.4A)、以上の2つが検出されました・

USB Type-Cポート(USB PD対応)からは、Apple 2.4AQuick Charge 3.0、以上の2つが検出されました。

二条ねこ

USB Type-Aポートに搭載せずに、USB Type-CポートにだけQuick Chargeを搭載させる意味とは……!?

使ってみた

最大90WのUSB PD出力は正義

上のUSB Type-Cポートは最大90Wまで出力可能。

上のUSB Type-Cポートは最大90Wまで出力可能。

USB Type-C(1) USB Type-C(2)
90W 18W

108W Pro USB-C PD Desktop Chargerの最大出力

108W Pro USB-C PD Desktop Chargerには、合計2ポートのUSB PD対応USB Type-Cがあり、それぞれ上表のとおりの最大出力となっています。

高出力で多ポートなので、一度に複数のデバイスを充電しやすい。

高出力で多ポートなので、一度に複数のデバイスを充電しやすい。

ここで注目すべきなのが、1つめのUSB Type-CポートのUSB PD最大出力が90Wという高出力であること。90Wもあれば、MacBook Pro 13インチはもちろん、MacBook Pro 16インチも充電可能(6W不足してるけど充電可能)。これなら、大半のUSB PD対応のWindowsノートパソコンも大丈夫そう。

二条ねこ

力こそパワー!ジャスティス!!

【レビュー】Apple『MacBook Pro 16インチ(2019)』—これぞプロが求めたラップトップ

【レビュー】Apple『MacBook Pro 16インチ(2019)』—これぞプロが求めたラップトップ

2020年5月30日

SatechiらしいMacと調和するデザイン

SatechiといえばMac。MacといえばSatechi。

SatechiといえばMac。MacといえばSatechi。

これは使い勝手やスペックとまったく関係ないのですが、Satechi製品といえば、Macと調和するデザインなのが特徴的。それゆえ、Mac好きはSatechi好きというイメージ。

今回の108W Pro USB-C PD Desktop Chargerも、実にSatechiらしいデザインコンセプト。SatechiのUSB PD充電器は、一見しただけでSatechi製品であることが分かります。これもある意味ではスペックですし、アイコンであり、アイデンティティーであるわけです。

プラボディーのほうがデバイスを傷つけにくいから好き。

プラボディーのほうがデバイスを傷つけにくいから好き。

ちなみに、108W Pro USB-C PD Desktop Chargerのホディーは、アルミニウムっぽくみえるプラスチック。「アルミじゃないから高級感がなくて残念」という声もありそうですが、アルミにするとデバイスと接触したり擦ったりしたときに、デバイスを傷つけかねないので、個人的にはプラスチックのほうが好き

二条ねこ

もちろん、放熱性を考えるならアルミボディーが最適解だとは思うけどねー。

まの

捉え方次第、ということですわね。

こっそりとPPS対応

90W出力のUSB PDだけ、PPSにこっそり対応している。

90W出力のUSB PDだけ、PPSにこっそり対応している。

108W Pro USB-C PD Desktop Chargerは、メーカー公式にはPPS対応と謳っていないのですが、前掲したベンチマークのとおり、1つめのUSB Type-Cポート(90W)のほうだけ『PPS(Programmable Power Supply)』に対応していました。これは嬉しい発見。

PPS対応のデバイスは少ないけど、これからに期待。

PPS対応のデバイスは少ないけど、これからに期待。

まだPPS対応のデバイスは少ないですが、Galaxy Note10+やGalaxy Note20 Ultra 5Gをメインスマートフォンとして使っている私的には、PPS対応は大歓迎。Samsung的には『Super Fast Charging』と呼ばれていますが、呼称だけが違うだけですし、PPSはデバイスに優しい充電方式なので、他社も積極的に採用してほしいところ。

ちなみに、Galaxy Note20 Ultra 5Gでは、最大25WのPPSでの充電に対応しています。

Galaxy Note20 Ultra 5Gハンズオン:カメラは素敵だけど超出っ張る

Galaxy Note20 Ultra 5Gハンズオン:カメラは素敵だけど超出っ張る

2020年10月5日

Quick ChargeはUSB-Aに欲しい

Quick ChargeはUSB Type-Aポートに搭載してほしい。

Quick ChargeはUSB Type-Aポートに搭載してほしい。

USB-IFの規格違反云々は、極端な違反でないなら許容するようになったのですが、この108W Pro USB-C PD Desktop Charger、なぜかQuick ChargeがAでなくCにだけ搭載されています。規格が——というのはさておき、それならなぜUSB Type-AにQuick Chargeを搭載しなかったのかが謎。

USB Type-CにむりやりQuick Chargeを入れるくらいなら……。

USB Type-CにむりやりQuick Chargeを入れるくらいなら……。

おそらく、多くのユーザー的には、USB Type-C(USB PD)に“むりやり”Quick Charge 3.0を入れるくらいなら、素直にUSB Type-AにQuick Charge 3.0を搭載してほしかったと思うはず。それなら、もっとUSB Type-Aポートを活用できるはずですし、重箱の隅をつつく人もいなかったはず。

いっそ、Quick Chargeナシでもいいと思う。

いっそ、Quick Chargeナシでもいいと思う。

個人的にはQuick Chargeは使わない派なので、こういうツッコミどころを残す仕様にするくらいなら、Quick Charge 4(または、Quick Charge 4+)を搭載するか、いっそのことQuick Chargeをバッサリオミットしてもよかったのでは、と複雑な気分。別に私は気にしないけど、ツッコミどころが…ね。

二条ねこ

それにしても、Quick Charge 4+普及しないなー。

まの

有名どころだとBelkinぐらいですものね。Ankerは独自路線ですし。

補足

複数USBポート利用時の電力供給量

108W Pro USB-C PD Desktop Chargerのポート構成

108W Pro USB-C PD Desktop Chargerのポート構成

Satechiの公式サイトには、108W Pro USB-C PD Desktop Chargerの複数USBポート利用時の最大出力について記載がなかったので、利用ポート別に分けて検証しました。その結果を以下の表にまとめています。

  利用ポート
USB Type-A(1) USB Type-A(2) USB Type-C(1) USB Type-C(2)
最大出力 合計12W 90W 18W

1ポート利用時の最大出力表

  利用ポート
USB Type-A(1)

USB Type-A(2)
USB Type-C(1)

USB Type-C(2)
USB Type-A(1・2)

USB Type-C(1)
USB Type-A(1・2)

USB Type-C(2)
最大出力 合計12W USB-C(1):90W
USB-C(2):18W
USB-A:合計12W
USB-C(1):90W
USB-A:合計12W
USB-C(2):18W

2ポート利用時の最大出力表

  利用ポート
USB Type-A(1)

USB Type-A(2)

USB Type-C(1)
USB Type-A(1)

USB Type-A(2)

USB Type-C(2)
USB Type-A(1・2)

USB Type-C(1)

USB Type-C(2)
最大出力 USB-A:合計12W
USB-C(1):90W
USB-A:合計12W
USB-C(2):18W
USB-A:合計12W
USB-C(1):90W
USB-C(2):18W

3ポート利用時の最大出力表

  利用ポート
USB Type-A(1)

USB Type-A(2)

USB Type-C(1)

USB Type-C(2)
最大出力 USB-A:合計12W
USB-C(1):90W
USB-C(2):18W

4ポート利用時の最大出力表

調べてみたところ、PDOが複数USBポート利用時に制御されているような結果は出ませんでした。なので、108Wをオーバーした場合は、全体的に出力が下がっているか、USB Type-Aポートの出力が下げられている可能性があります。

まとめ「QC不要だけど隠れPPS対応のハイパワーUSB PD充電器」

Quick Chargeを気にしないならおすすめのUSB PD充電器!

Quick Chargeを気にしないならおすすめのUSB PD充電器!

そういうわけで、今回のSatechi『108W Pro USB-C PD Desktop Charger』のレビューを総括すると…

  • 合計最大108W出力は超頼もしい
  • USB-C単ポートで90WのUSB PD出力可能
  • こっそりPPSに対応しているのは嬉しい
  • Quick ChargeはUSB-Aにつけてほしい

という感じでした。

Quick Charge 3.0が、USB Type-AではなくてUSB Type-Cに入ってしまっている点は、謎というか、解せぬ仕様。入れたくなる気持ちも分からなくないですが、これだとQuick Charge非対応のほうが潔い気がします。

とはいえ、USB全体で108Wの出力が可能ですし、PPSにも対応。複数ポート利用時にもUSB PDの出力が制御されている様子がなかったので、Quick Charge 3.0に目を瞑ることができるのであれば、わりとおすすめなUSB PD充電器と言えるでしょう。

二条ねこ

ぜひ、Quick Chargeを入れるならUSB Type-Aポートにっ!

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

SatechiのUSB PD充電器の本命は『100W USB-C PD Compact GaN Charger』なーんだよねー。

さたえり

え?100W出力のUSB Type-Cが2ポートある!?

まの

これなら、Razer Blade Stealth 13の充電もできますわね。

おわり