【レビュー】Apple『MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース』:純正と本革の美しきコンビネーション

【レビュー】Apple『MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース』:純正と本革の美しきコンビネーション
記事のポイント
  • 自然の素材に科学のパワーが備わったApple純正ケース!
  • MagSafe対応製品を使うのならば純正ケースを選びたい!
  • 側面完全保護ができるけどMagSafe跡が微妙に残る!

MagSafeと本革のフュージョン。

iPhone 12 Pro Max用のレザーケース、Apple『MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース』をレビュー。ついに、側面を完全保護できるように。MagSafe充電器で跡が残るのが気にならなければ、これがベストバイ。

二条ねこ

MagSafe跡も“味”と見るなら、おけおーあーる!

まの

発売前に騒がれていた圧着跡ですわね?

さたえり

革製品やから、ある程度は仕方なしやね。

Apple『MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース』って?

MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース - Apple

MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース – Apple

MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケースってなに?

新規格『MagSafe』に対応した、Apple純正のiPhone 12 Pro Max用のリアルレザーケース。

8
  • 安定の純正クオリティ
  • 美しきAppleロゴマーク
  • 側面完全保護
  • MagSafe対応
  • リアカメラ部分の突出
  • MagSafe充電器の圧着跡
二条ねこ

MagSafeが使える本革ケースが欲しいし、圧着跡は全然気にしない!
…うぬ、それならこのケースが一番なのであーるっ!

スペック表
製品名 MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース
iPhone 12 Pro Max Leather Case with MagSafe
型番 MHKK3FE/A(バルティックブルー)
MHKH3FE/A(カリフォルニアポピー)
MHKL3FE/A(サドルブラウン)
MHKM3FE/A(ブラック)
MHKJ3FE/A((PRODUCT)RED)
メーカー Apple
サイズ 81×166×11mm*1
質量 30g*1
備考 MagSafe対応

*1実測値。

本体チェック

MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース外面

MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース外面

MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケースのサイズは 81×166×11mm で、重さは30g(いずれも実測値)。ケース自体はそこまで大きく重くないが、ケースを装着すると、ただでさえ重たいiPhone 12 Pro Maxがもっと重たく…うっ。

ケースの素材は製品名が表しているようにレザー製。レザーと言っても合成皮革ではなく、れっきとした本革製なのです。ただ、すべてがレザーというわけではなく、リアカメラのバンパー部分はPET系素材で、ボタン部分はアルミニウム素材が用いられています。

二条ねこ

かわいい色からクールな色まであるけど、ベーシックな『ブラック』を選んだぞー!

MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース内面

MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース内面

ケース内面には、Apple純正レザーケースおなじみのマイクロファイバー素材で覆われています。外からも中からも守る。こういう素敵な配慮ができるのが、Appleの純正ケースなのです。

そして、マイクロファイバー素材の中にある円状のミステリーサークルなデザイン。ここに今回のキモであり、MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケースという製品名にもなっている『MagSafe』があるというわけです。

では、この丸いMagSafeな部分には何があるかというと、MagSafeケース用のマグネットアレイが囲むように組み込まれています。ちなみに、Appleのガイドラインでは、マグネットアレイは2.0mmを規格値として設けています。うん、細かい。

MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース上面

MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース上面

MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース下面

MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース下面

そうそう、Apple純正ケースといえば、本体下側面が保護されていないというのがネックでした。しかし、今回のMagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケースでは、しっかりと側面すべてがフルカバーされています。これを待っていました。

二条ねこ

やったーーー!今夜は赤飯炊くぞー!

さたえり

大袈裟やねぇ…てか、赤飯って……。

MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース左面

MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース左面

MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース右面

MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース右面

ボタン部分はアルミニウム素材が嵌め込まれており、ケースを装着した状態でも、カチカチと小気味よく押せるようになっています。これがデザイン上のアクセントにもなっていて、ケースの美しさを引き立てています。

着けてみた

二条ねこ

iPhone 12 Pro Maxと合体の装着のドッキンーーーーグっ!ぽこじゃか!!

MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース

iPhone 12 Pro Maxに装&着してみました。うーん、きらびやかでゴージャスなiPhone 12 Pro Maxが一気にシックな佇まいへと変わりました。ステンレスも美しいけど、リアルレザーの美しさにホクホク感がぽこじゃか出てきます。ぽこじゃか。

さたえり

ぽこじゃかって…これは言語学者呼ばないとやね。

まの

さたえりさん、スルー推奨ですわ。

二条ねこ

せっかくぽこじゃかしたのにー。

…それはそれとして、やっぱり側面がフルカバーされると一体感が増して、以前のApple純正レザーケースよりもiPhoneに馴染んでいる気がします。この側面を4面すべて保護する方式をこれからも採用してほしいところ。

気になるLightningポート部分ですが、結構クリアランスが確保されています。これならLightningケーブルのハウジング部分(持つ部分)が太くても大丈夫そう。純正ケーブルのふたまわりくらい太いくらいなら挿さる感じ。

二条ねこ

これぞオトナのiPhone 12 Pro Max。うむうむ。

まの

できる人“風”ですわね。

使ってみた

跡は残れどMagSafe充電器の相棒

純正ケース使いなら、MagSafe充電器も使いたい。

純正ケース使いなら、MagSafe充電器も使いたい。

『MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース』、という名前にもなっているくらいなので、Apple純正MagSafe充電器を合わせて使いたいところ。

MagSafe充電器を使うと、専用のアニメーションがカットイン。

MagSafe充電器を使うと、専用のアニメーションがカットイン。

MagSafe充電器を使うには、MagSafe用のマグネットアレイが必須ではないのですが、これが搭載されていることにより、ピタっと吸着して充電できるわけです。イメージはまさにMacに採用されていた元相MagSafeのそれ。

ずっとMagSafe充電器を使うと、その圧着跡が残る。

ずっとMagSafe充電器を使うと、その圧着跡が残る。

このMagSafeとマグネットアレイが災いして、MagSafe充電器を使っていると、マグネットの圧着跡がレザーケース側に残ってしまうのが残念といえば残念。ただ、レザーケースはどう使っても汚れたり劣化するもの。なので、マグネット跡も味として捉えれば…気にならないかも。

二条ねこ

気になる人は、結構気になるかも…ですなー。

完成された側面完全保護

外周をぐるっとフルカバー。

外周をぐるっとフルカバー。

Apple純正レザーケースは好きだけど、iPhoneの下側面が保護されないのがちょっと…と避けていた人には嬉しい、今回の側面フルカバーというアップデート。

下側面もついに保護してくれるようになりました。

下側面もついに保護してくれるようになりました。

iPhoneのProやXシリーズは側面のマテリアルがステンレスということもあり、アルミニウムよりも擦り傷が気になるのは確か。だからこそ、今回のApple純正レザーケースの意義は非常に大きいのです。iPhone 13、iPhone 14…となっても、側面のフルカバーは継続してほしいのが私の願い。

解せぬリアカメラバンパーの突出

リアカメラのバンパーが突出している。

リアカメラのバンパーが突出している。

買う前から理解はしていたけど、やっぱり気になるのがここ。

そう、リアカメラを保護するPET素材のバンパー部分が突出しているということ。ちなみに、この突出はiPhone 12 Pro Maxだけ顕著。というのも、今回のiPhone 12シリーズ、iPhone 12 Pro Maxだけリアカメラが巨大化しているのです。

斜めから見ると、突出しているのが分かる。

斜めから見ると、突出しているのが分かる。

前述したように、iPhone 12シリーズの中で、iPhone 12 Pro Maxだけリアカメラの突出レベルが大きいので、仕方ないといえば仕方ないところ。現に、OtterBoxのiPhone 12シリーズ用ケースでも、iPhone 12 Pro Max用だけ非ツライチ。

まの

でも、気になるのですね?

二条ねこ

だって…ねー。

MagSafe対応iPhoneレザーウォレットで嵩上げするのがいいかも。

MagSafe対応iPhoneレザーウォレットで嵩上げするのがいいかも。

じゃあ、背面がツライチになるケースを選べばよいのですが、ケースが分厚くなるとMagSafeが上手く作動しない可能性も……。なので、個人的な解決策としては、Apple純正のレザーウォレット(MagSafe対応iPhoneレザーウォレット)を装着して、出っ張りをごまかすのがベターを考えたりしています。

まとめ「跡も味だと思えるなら純正レザーケースが最適解」

完璧ではないが、MagSafe使いの最適解。

完璧ではないが、MagSafe使いの最適解。

そういうわけで、今回のApple『MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース』のレビューを総括すると…

  • 本体下側面もバッチリ保護される
  • やっぱり本革の質感は素敵
  • MagSafe充電器を使うと跡が残る
  • iPhone 12 Pro Max用は背面ツライチではない

という感じです。

リアカメラ部分の突出ですが、MacRumorsを見ると、iPhone 12 Pro Max以外のiPhone 12シリーズの純正レザーケースはツライチな模様。なので、iPhone 12ユーザーは気にする必要ナシ。あくまで、Pro Maxだけ。

MagSafe充電器を使うことに生じる圧着跡。これについては、避けては通れないことなので、革製品特有の“味”と思えるなら…というか、思いましょう。そこさえ気にしないなら、やっぱり純正レザーケースはおすすめです。

二条ねこ

問題は、非ツライチの背面部分をどうするかなんだよねー。

【レビュー】Apple『MagSafe対応iPhone 12 miniシリコーンケース』:純正だって側面完全保護

【レビュー】Apple『MagSafe対応iPhone 12 miniシリコーンケース』:純正だって側面完全保護

2020年11月21日

この記事で紹介したガジェット

おまけ

まの

Apple純正レザーウォレット必須ですわね。

さたえり

もう、ツライチにすること諦めたら?

二条ねこ

それは困るっ!
ツライチじゃないiPhoneなんて、嫌だぁあああああ!!!

まの

子ども以下ですわね……。

おわり