4K/8Kテレビとは…何が凄い?—テレビの選び方&日本の4K放送&視聴設備の落とし穴について解説

4K/8Kテレビとは…何が凄い?—テレビの選び方&日本の4K放送&視聴設備の落とし穴について解説
記事のポイント
  • FHDテレビの4倍の解像度が4Kテレビ!
  • 日本では地デジ以外は4K化されている!
  • テレビを選ぶ際には設備やパネルに注目!

今さら聞けない4K/8Kテレビのお勉強。

現在主流になりつつある『4Kテレビ』や『8Kテレビ』。なんとなく 4K = 綺麗 と思っている人も多いはず。ただ、4Kテレビ放送は実は意外と厄介。そこで、簡単に4K・8Kについて、4Kテレビ放送について、そして4Kテレビの選び方をまとめて解説していきます。

さたえり

題して、意外と知らない4Kテレビの世界!

まの

テレビは案外複雑ですからね。

二条ねこ

だからこそお勉強ってことだねっ。

4Kテレビ・8Kテレビとは?

FHD・4K・8Kのテレビの解像度比較。

FHD・4K・8Kのテレビの解像度比較。

■4Kテレビ・8Kテレビとは?

従来のFHD(2K・フルハイビジョン)の4倍の解像度を持つテレビが『4Kテレビ』、FHDの16倍の解像度を持つテレビが『8Kテレビ』という。

上記が簡単に『4Kテレビ』と『8Kテレビ』について説明したもの。
要するに、今までのテレビよりも“高画素”で“綺麗”なのが、4Kテレビや8Kテレビということです。

“K”とは?

4K・8Kの“K”とは、1,000の意。
1画素が横に1,000個あれば1Kになります。

横に画素が2,000個あるテレビが『FHDテレビ(2Kテレビ)』、横に画素が4,000個あるテレビが『4Kテレビ』、横に画素が8,000個あるテレビが『8Kテレビ』というわけです。(正確には、2K・4K・8Kといってもピッタリ千個単位で画素は並んでいません)

FHD・4K・8Kのそれぞれの解像度。

FHD・4K・8Kのそれぞれの解像度。

FHD
2K
4K¹ 8K
1,920×1,080 3,840×2,160 7,680×4,320

FHD・4K・8Kの解像度比較。
¹4K UHD。

実際に、FHD(2K・フルハイビジョン)・4K・8Kの解像度を図式化と表にしたものが、上画像および上表になります。

1,000 = K じゃなかったの……というのはさておき、FHD(2K・フルハイビジョン)を4つ並べたのが4K、8つ並べたのが8Kにピッタリなっているはず。とどのつまり、それだけ1インチあたりの画素密度(ppi)が高く、キメの細かい映像が映し出せるというわけです。

さたえり

今回の4Kの正式名称は『4K UHD』っていう名前やよ!

日本のテレビ放送と4K化・8K化

日本の4K/8Kテレビ放送ロードマップ。

日本の4K/8Kテレビ放送ロードマップ。

  4K放送開始年 8K放送開始年 備考
地上デジタル
BS(右旋) 2018年 NHK BS4K・BSフジ4K等
BS(左旋) 2018年 2018年 NHK BS8K・WOWOW等
CS(110度) 2018年 スカパー!
CS(124度・128度) 2015年 スカパー!プレミアムサービス
CATV 2015年 J:COM等
IPTV 2015年 ひかりTV・アクトビラ等

日本のテレビ放送の4K・8K開始時期。

日本のテレビ放送の種類に照らし合わせて、4K放送・8K放送の開始年を示したのが上表になります。

地上デジタル放送のみ4K化は“未定”となっており、その他のテレビ放送についてはすでに4K放送が開始されています。これに加えて、NetflixやAmazon Prime VideoなどのVOD(ビデオオンデマンド)についても、すでに4Kコンテンツが配信されています。

さたえり

ちなみに、BSの右旋・左旋っていうのは、電波の回る方向のことやよ!
今までのBSは右旋放送で、新たに4K・8Kのために生まれたのが左旋放送やね。あと、日本のCSはスカパー!だけだから、 CS = スカパー! って思えばOK!

二条ねこ

じゃあ、CSの110度・124度・128度ってー!?

さたえり

それは、放送衛星の位置を示してるんよ。
それぞれ東経110度・東経124度・東経128度…って感じやね。ちなみに、BSの放送衛星も東経110度に位置してたりするんよ。

まの

SPACE DiVAは東経154度……。(ボソッ)

4K放送・8K放送の注意点と落とし穴

ここまでで、4Kテレビ・8Kテレビとは何か。そして、日本における4Kテレビ放送・8Kテレビ放送についてを見てきました。

そこでここからは、実際に4Kテレビ放送と8Kテレビ放送を見るためにはどうしたらよいか。そして、その注意点や落とし穴について話していきます。

4Kテレビを買えば済む話ではない

「4Kテレビを買った!これで4Kテレビ放送が見られるぞ!!」
…というのは、大きな間違い!

さたえり

実際には、4Kテレビを買うだけじゃなくて、家中のテレビに関する設備を4K・8Kに対応させる必要があるんよ!

家で4Kテレビ放送や8Kテレビ放送を楽しむためには、4Kテレビや8Kテレビを購入するだけではダメ。家中のテレビに関する設備を4K・8Kに対応させないと、テレビは4Kでも4Kテレビ放送が映らないことになります。これがかなりの落とし穴。

4Kテレビ放送が見られるまでの設備投資は大変。

4Kテレビ放送が見られるまでの設備投資は大変。

■4K/8Kテレビ放送を見るのに対応必要な設備

  • BS/CSアンテナ(パラボラアンテナ)
  • ブースター
  • ミキサー
  • 分配器
  • 同軸ケーブル(S-4C-FB以上)
  • 直列ユニット
  • 分波器

上記の設備(家のテレビ関する設備すべて)を4K・8Kに対応させて、ようやく家で4Kテレビ放送・8Kテレビ放送が見られるというわけです。もちろん、BSやCSの有線放送に関しても、別途契約加入しておく必要があります。

4K/8Kテレビ放送を見るのに対応必要な設備

▼4K対応同軸ケーブル

▼4K対応分配器

▼4K対応分波器

4Kテレビには、4Kチューナー搭載と非搭載が存在。

4Kテレビには、4Kチューナー搭載と非搭載が存在。

また、テレビで気をつけておきたいのが『4Kチューナー』の有無

なんと、市販されている4Kテレビの中には、画面解像度は4Kだけど、4Kテレビ放送を映すための4Kチューナーが非搭載のものがあります。それがいわゆる、4Kチューナー非搭載4Kテレビというもの。4Kが映らない4Kテレビとも言われたりします。

もちろん、この4Kチューナー非搭載4Kテレビでも、別途4Kチューナーを用意すれば4Kテレビ放送は視聴できます。ただ、ややこしくなってくるので、4Kテレビ放送目的ならば、4Kチューナーが搭載された4Kテレビを購入するようにしましょう。

まの

ほんと、ややこしいですよね。

さたえり

4Kテレビにはすべからく4Kチューナーを搭載すべし、って最初からすれば良かったんやけどね…。

地デジの4K放送開始時期は未定

地デジの4K放送開始時期は未定

日本の4Kテレビ放送・8Kテレビ放送でもうひとつ話しておかないといけないのが、地上デジタル放送(地デジ)の4K放送開始時期

前掲した表を見ると分かるのですが、4Kの地デジ放送は2020年現在、サービス開始されていません。それどころか、4K放送開始時期も“未定”となっています。つまりは、地デジに関しては、しばらく従来のFHD(2K・フルハイビジョン)放送が継続して行われるというわけです。

地デジの4K化に関してはさまざまなハードルがあり、総務省のロードマップを見る限り、最低でも2025年頃までは4K放送にはならないでしょう。ですので、地デジの4K化目当てで4Kテレビを導入しようと思っているならば、この点に関しても要注意です。

地上波(地デジ)の4K放送はいつ?実は…“未定”だった!

地上波(地デジ)の4K放送はいつ?実は…“未定”だった!

2020年2月20日

4Kテレビ・8Kテレビの選び方

それでは最後に、4Kテレビ・8Kテレビの選び方について話して、この記事を締めたいと思います。なので、もう少しお付き合いください。

有機ELテレビ vs 液晶テレビ

有機ELテレビ vs 液晶テレビ
  4K有機ELテレビ 4K液晶テレビ
発色
価格
寿命
サイズ 50インチ以上 40インチ以上
特徴 高コントラスト
黒の発色が綺麗
大型でも安価

有機ELテレビと液晶テレビの比較と特徴。

まず最初にチェックしておきたいのが、『有機ELテレビ』が欲しいのか、『液晶テレビ』が欲しいのか、ということ。

もし、リビングに設置するようなサイズのテレビを探しているならば、有機ELテレビ一択。
価格もお手頃になってきたので、メインで使う大型テレビならば、最新の有機ELテレビがよき。もちろん、液晶テレビが好みならそちらを。

寝室などに設置するサイズのテレビを探しているならば、液晶テレビ一択。
有機ELテレビは50インチ以上の大型テレビしか出ていないので、一回り小さい40インチぐらいの小型テレビを探しているのであれば、必然的に液晶テレビを購入することになります。

さたえり

特に理由がないなら、50インチぐらいの有機ELテレビが、普及とボリュームゾーン化で値下がり傾向だからおすすめやよ!

有機ELテレビの寿命 = 10万時間(約11年)と実は長い。でも、5年間隔が買い時な話

有機ELテレビの寿命 = 10万時間(約11年)と実は長い。でも、5年間隔が買い時な話

2020年3月16日

4Kチューナーの有無

4Kチューナーの有無

そして、もうひとつ見ておきたいのが、前述した『4Kチューナー』がテレビに内蔵されているか否かということ。

■4Kチューナー搭載を買うべき人

  • 家のテレビ設備が4K・8K対応になっている。
  • テレビ放送をよく見る。

■4Kチューナー非搭載でもよい人

  • 家のテレビ設備が4K化されていない。
  • テレビ放送よりもVODをよく見る。

非常にザックリですが、4Kチューナー搭載テレビを買うべきか、非搭載のテレビでもよいか。この選び方に関しては、設備と嗜好の2点で見ると分かりやすいです。

まず、家のテレビ設備(アンテナや分波器など)が4K・8Kに対応していない、もしくはできないならば、別に4Kチューナーにこだわる必要は当然ながらありません。逆に戸建てで4K/ 8K対応予定ならば、4Kチューナー搭載テレビを買ってもよいでしょう。

そして、そもそもテレビ放送よりもNetflixなどのVODやBlu-rayをよく見る人に関しても、4Kチューナーにこだわる必要性は低いでしょう。もちろんあるに越したことはありませんが、そこは前述の家の設備と照らし合わせると選びやすいはずです。

テレビを見ない人ほど4Kテレビの買い時が“今”な3つの理由

テレビを見ない人ほど4Kテレビの買い時が“今”な3つの理由

2020年2月24日

まとめ「4Kテレビとは…非常に大変なテレビかも!?」

まとめ「4Kテレビとは…非常に大変なテレビかも!?」

今回の記事を総括すると、

  • 4Kテレビとは、フルハイビジョンの4倍の解像度のテレビ
  • 8Kテレビとは、フルハイビジョンの8倍の解像度のテレビ
  • 4K放送は地デジの除き、すべて開始されている
  • 4K放送を視聴するには、家のテレビ設備の4K・8K対応が必要
  • 4Kテレビの選び方は、有機ELか液晶か、チューナー搭載か非搭載か

という感じでまとめておきます。

お気づきのように、4Kテレビを購入するだけなら簡単な話なのですが、家でバッチリ4Kテレビ放送を見るとなると……非常に大変。持ち家ならまだしも、賃貸の場合だと、この放送設備面で詰む人も少なくないでしょう。

ただ、4Kテレビ、特に4K有機ELテレビは非常に綺麗。なので、NetflixやAmazon Prime Videoなどに加入しているのであれば、テレビ放送関係なく4Kテレビを導入する価値があると思います。

さたえり

だからこそ、地デジの4K化はまだまだ先なのかもやね。

FUNAI(フナイ)の最新テレビ大全・私的評価まとめ –2020年版–

FUNAI(フナイ)の最新テレビ大全・私的評価まとめ –2020年版–

2020年2月22日
この記事で紹介したガジェット

おまけ

さたえり

もっと簡単に説明が済むと思ってたけど、意外と長くなってしまった…。

二条ねこ

当面はVODとBlu-rayのための4Kってなりそうだよねー。

さたえり

確かにそうかも!?

まの

あとはゲームですわね。

おわり

Reference:
4K・8Kとは – 総務省, 4K・8Kについて – マスプロ電工