『povo』『UQ mobile』『UQ WiMAX』の速度を実測比較した

『povo』『UQ mobile』『UQ WiMAX』の速度を実測比較した
記事のポイント
  • 5G Sub6エリア内でpovoとUQの速度比較を実施!
  • 同じ場所と環境でも通信速度に結構な差が出た!
  • povoかUQ mobileかはサービスとアプリで選ぼう!

“実測の実食”

au系の携帯回線、povo(povo2.0)』『UQ mobile(くりこしプラン +5G)』『UQ WiMAX(ギガ放題プラス)』の通信速度を実測で比較してみました。

二条ねこ

高速通信は難しいっ!

まの

時間帯、端末、場所…さまざまなファクターがありますものね。

さたえり

…気にしすぎたらダメなやつやね。

予備知識

『povo』『UQ mobile』『UQ WiMAX』の予備知識

ただ単に、『povo』『UQ mobile』『UQ WiMAX』における、通信速度の実測結果を垂れ流しても面白くないので、これらのau系携帯回線を利用する上での予備知識を紹介しておきます。

まの

通信速度に関わるファクターですわね?

二条ねこ

ですな!
いわゆる“面倒くさいやつ”あーる。

端末別の通信速度の差異

Galaxy Note20 Ultra 5G
Galaxy Z Fold3 5G
Xperia 1 III
iPhone 13 Pro
iPhone 13 Pro Max
iPhone 13
iPhone 13 mini
iPad mini 6
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPad Pro(2021)
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
送信 最大481Mbps 最大218Mbps 最大183Mbps 最大183Mbps
受信 最大4.1Gbps 最大3.4Gbps 最大3.4Gbps 最大2.2Gbps

端末別の最高通信速度(5G)
※Source:au

利用する端末によって、最大通信速度が変化してきます。

同じ5G対応の端末だとしても、上表のように最大通信速度に差が生じてくるため、シビアに速度を気にする場合には注意が必要。なお、同じiPhone 13だとしても、auは下り最大3.4Gbpsですが、SoftBankだと最大2.4Gbps、docomoだと最大4.2Gbps、と異なります。

当然、これらは技術規格上の最大通信速度なので、実行速度はこれよりも低下します。また、後述するエリアの問題もあるので、“最高の条件だとこうなる”くらいに思っておくほうが無難です。

二条ねこ

基地局との位置関係、端末内のリソース消費量、いろいろ考えないとですからなー。

エリア別の通信速度の差異

東京都 神奈川県 愛知県 大阪府 京都府 広島県 福岡県
送信 最大481Mbps
最大218Mbps
最大183Mbps
受信 最大4.1Gbps
最大3.4Gbps
最大2.7Gbps
最大2.2Gbps
最大2.1Gbps
最大1.9Gbps

都道府県別の最高通信速度(5G)
※Source:au

モバイル通信を行うエリアによっても、最大通信速度が変化してきます。

もちろん、東京都が下り最大2.2Gbpsの5Gに対応しているといっても、現時点では全域ではなく、一部エリアに限られます。ですので、具体的な対応エリアに関しては、au公式サイトの『5Gエリアマップ』で確認することをおすすめします。

まの

…大変ですわね。

二条ねこ

うーん…そう考えると、通信インフラに膨大なコストがかかるのも納得だよねー。

通信速度の実測比較結果

利用端末 iPhone 13 Pro
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
利用アプリ Speedtest by Ookla
測定場所 大阪府Sub6エリア内

通信速度の測定環境

『povo(povo2.0)』『UQ mobile(くりこしプラン +5G)』『UQ WiMAX(ギガ放題プラス)』、いずれにおいても、大阪府内のSub6対応エリアにて実測を行います。

UQ WiMAXに関しては、iPhoneにSIMを挿しても通信不可なので、 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi → (5GHz/W52) → iPhone 13 Pro というWi-Fi接続にて実測。端末による最高通信速度もiPhone 13 Proと異なるので、あくまでオマケ程度にどうぞ。また、5GHz帯を利用するため、通信速度の測定は屋内にて実施しています(電波法遵守)。

【レビュー】Samsung Galaxy 5G Mobile Wi-Fi:手頃な5Gモバイルルーター

【レビュー】Samsung Galaxy 5G Mobile Wi-Fi:手頃な5Gモバイルルーター

2021年6月24日

平均値

上り

povo
39.9Mbps
UQ mobile
31.9Mbps
UQ WiMAX
28.2Mbps

実測値比較(平均値・上り)
※小数点第二位で四捨五入
※試行回数は合計16回(12時–19時に各時間2回ずつ)

下り

povo
301.4Mbps
UQ mobile
303.6Mbps
UQ WiMAX
283.8Mbps

実測値比較(平均値・下り)
※小数点第二位で四捨五入
※試行回数は合計16回(12時–19時に各時間2回ずつ)

最速値

上り

povo
78.7Mbps
UQ mobile
43.7Mbps
UQ WiMAX
63.2Mbps

実測値比較(最速値・上り)
※小数点第二位で四捨五入
※試行回数は合計16回(12時–19時に各時間2回ずつ)

下り

povo
564Mbps
UQ mobile
450Mbps
UQ WiMAX
409Mbps

実測値比較(最速値・下り)
※小数点第二位で四捨五入
※試行回数は合計16回(12時–19時に各時間2回ずつ)

最遅値

上り

povo
26.7Mbps
UQ mobile
20.1Mbps
UQ WiMAX
9.53Mbps

実測値比較(最遅値・上り)
※小数点第二位で四捨五入
※試行回数は合計16回(12時–19時に各時間2回ずつ)

下り

povo
86.8Mbps
UQ mobile
61.4Mbps
UQ WiMAX
118Mbps

実測値比較(最遅値・下り)
※小数点第二位で四捨五入
※試行回数は合計16回(12時–19時に各時間2回ずつ)

平均Ping値

povo
21.6ms
UQ mobile
25.9ms
UQ WiMAX
31.8ms

実測値比較(平均Ping値)
※小数点第二位で四捨五入
※試行回数は合計16回(12時–19時に各時間2回ずつ)

実測後の考察

『povo』『UQ mobile』『UQ WiMAX』の実測後の考察

iPhoneを媒介とした速度測定となったUQ WiMAXは別として、あくまで数値上の結果だと、povoもUQ mobileも似たような感じになりました。なので、試行回数をさらに増やしていけば、同じような数値に収束する可能性が高そうです。もちろん、“今回の環境では”、ですが。

ただ、povoよりもUQ mobileのほうが(体感上)安定して使える感じも。ピクトアンテナの表示も異なるので、内部的な仕様から差が出ているのかもしれません。

とどのつまり、povoとUQ mobileのどちらにすべきかという問題に関しては、通信速度を気にするよりも、サービスやアプリの使い勝手の差異を注視すべきでしょう。

二条ねこ

つまりは…povoとUQ mobileを両方契約する必要はないですなっ!

まの

でしょうね。

5G回線の『上り速度が遅い問題』が深刻なので考える

5G回線の『上り速度が遅い問題』が深刻なので考える

2021年11月19日

まとめ「povoとUQはお好みで」

povoとUQはお好みで

環境によりけりなので一概に言えないですが、5G Sub6下では『povo』と『UQ mobile』も似たような通信速度でした。

二条ねこ

ま、povoとUQ mobileに対して、KDDIは同じくらい力を入れているのかもですなっ!

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

Y!mobileとLINEMOの実測比較もしようかなー!?

まの

…まだやるのですね。

さたえり

なーんか、そっちは差が出そうな気もするんやけどね。

二条ねこ

うむむ、じゃあ“続く”ということでっ!

おわり