2021年に発売されなかったデバイス——Surface Neo・LAVIE MINI・BlackBerry 5G・Concept UFO

2021年に発売されなかったデバイス——Surface Neo・LAVIE MINI・BlackBerry 5G・Concept UFO
記事のポイント
  • 発表済で未発売のデバイスの行方を追う!
  • コンセプト機は発表だけで終わる可能性大!
  • “出なくてもいい”くらいの寛大な心が必要!

“…いつ出るの!?”

2019年 〜 2021年 に発表されたけど、結局は(今のところ)発売されることのなかったスマートデバイスを振り返ります。

二条ねこ
  • Surface Neo
  • LAVIE MINI
  • BlackBerry 5G
  • Concept UFO

…発売してくださぃいい!!

さたえり

幻のデバイスやね。

まの

待つほうも疲れますわ。

発表済で未発売のデバイス

二条ねこ

今回はアイキャッチ画像に力を入れたから、記事の内容は軽めの薄めあーるっ!

さたえり

なにそれ!?適当やん!!

まの

ブログとして正解なのでしょうか……。

Microsoft『Surface Neo』

Microsoft『Surface Neo』
Surface Neo

<これは何?>

OSにWindows 10X(開発中止)を搭載した、デュアルディスプレイ搭載のコンバーチブル型2-in-1パソコン。

<発表時期>

  • 2019年10月

<現状の行方>

  • 発売は最低でも2022年以降
  • 現時点では無期限延期状態
  • 公式声明で「共有できる更新はない」

MicrosoftEvent Live – YouTube

(大々的に)発表されたけど、結局は発売されなかったスマートデバイス。その筆頭格といえば、Microsoftの『Surface Neo』なのは間違いない。

搭載予定のOS『Windows 10X』は開発中止。搭載予定のCPU『Intel Lakefield』はディスコン。…と、かなりの暗雲が立ち込めています。

私を含めて、発売されれば即買いしたいユーザーは少なくないはず。Windows 10Xは死産でしたが、Windows 11プリインストールでも良さげですし、2022年こそは新たな情報をMicrosoft自身から発信してほしいところです。

二条ねこ

兄弟機の『Surface Duo』は“2”になったのに!

まの

Microsoftのハードウェアコンセプトは面白いので、このままにしておくのはもったいないですわね。

Surface Neoは結局どうなったのか?を調査

Surface Neoは結局どうなったのか?を調査

2021年10月4日

Galaxy Z Fold3 vs Surface Duo ——電子書籍/手書きメモ/艦これ端末な比較

Galaxy Z Fold3 vs Surface Duo ——電子書籍/手書きメモ/艦これ端末な比較

2021年9月20日

NEC『LAVIE MINI』

NEC『LAVIE MINI』
LAVIE MINI

<これは何?>

8″ディスプレイを搭載した、ゲーミング市場向けのコンバーチブル型2-in-1 UMPC。据え置きゲーム機として使えるドッキングステーション、筐体に装着できる専用のゲームパッド等もアクセサリーとして用意。

<発表時期>

  • 2021年1月

<現状の行方>

  • そもそも“コンセプト”モデル
  • 発表当初から発売時期や価格は未定

LAVIE MINI – YouTube

2021年1月に開催されたCES 2021にて突如として発表された、NECのUMPC『LAVIE MINI』の行方も非常に気になるところ。

NECのUMPCといえば、『mobio NX』。PDAといえば、『モバイルギア』。そして、ゲーム機といえば、『PCエンジン』。そんな、“小さい”と“ゲーム”に対するイズムがあるNECからリリースされるゲーミングUMPCとして、多くのユーザーが発売を心待ちにしているはず。

「早く発売して!」と言いたくなるのですが、発表当初からコンセプト機としての位置付けだったので、このまま発売されなくても文句は言えないのです。ただ、反響があれば製品化を検討するそうなので、みんなが「欲しい」と言い続けることが重要でしょう。

二条ねこ

小さい端末が好きな日本人って多いから、出せば一定数売れると思うんだけどなー。

さたえり

国内メーカーのUMPCは待ち望まれてそうやもんね。

二条ねこ

このジャンル、大手メーカー不在だからねー。
スペックのわりにぼったくれる製品カテゴリーだから、NECも儲かるはず!出して欲しいぞ!!

まの

表現が……。

OnwardMobility『BlackBerry 5G』

OnwardMobility『BlackBerry 5G』
BlackBerry 5G

<これは何?>

OnwardMobilityがBlackBerryのライセンスを取得し、最初にリリースする5G対応のBlackBerry。OSはAndroidベースで、物理キーボードを搭載。

<発表時期>

  • 2020年8月

<現状の行方>

  • 2021年発売予定のまま音信不通

待望のBlackBerry復活として待ち望んでいる人も多いであろう、5G対応のBlackBerry。2021年発売となっているのですが、何の音沙汰もなく2021年が終わろうとしています。

現在のBlackBerryはRIM(現:BlackBerry Ltd.)製ではなく、ライセンス契約を締結した企業が製造・販売をしています。そのライセンシー先というのが、現在はOnwardMobilityというわけです。なお、OnwardMobilityは米国の企業。その前のライセンス先は、中国のTCLでした。

このOnwardMobilityは規模の小さい企業のようで、設計と製造はFoxconn傘下のFIH Mobileが行うとのこと。ただ、情報らしい情報はそれくらいで、公式サイトには「BlackBerry 5G Smartphones COMING 2021」としか書かれていません。そして、音信不通でこんにちに至ります。

まの

このグダグダ感、実際に発売されてもトラブルが続出しそうな予感ですわ。

二条ねこ

「COMING 2021」…って、もう時間がないじゃんっ!!

プチレビュー。BlackBerry KEY2 Last Edition開封の儀と通常版との比較

プチレビュー。BlackBerry KEY2 Last Edition開封の儀と通常版との比較

2020年7月20日

Dell『Concept UFO』

Dell『Concept UFO』
Concept UFO

<これは何?>

8″ディスプレイを搭載した、Nintendo Switchライクの着脱式コントローラーが特徴的なゲーミングUMPC。DellがAlienware冠で発表。

<発表時期>

  • 2020年1月

<現状の行方>

  • そもそも“コンセプト”モデル
  • 製品化や発売自体が未定

CONCEPT UFO | ALIENWARE – YouTube

2020年1月に開催されたCES 2020で発表された、Alienware冠のUMPC『Concept UFO』。名前に“Concept”あるように、あくまでコンセプト機としての発表でした。

そういう経緯から、当初から発売予定はなかったと推測されますが、『AYANEO』や『Steam Deck』をリリースを見ていると、今こそ発売してほしいと思ってしまうところ。(今さら出ても、補完できるデバイスがすでにあるとも言えるけど)

この手のゲーミングUMPCは費用対効果が悪すぎるのでロマンでしかないのですが、それでも正夢として見たかったところです。

二条ねこ

Alienware冠のハンドヘルド機、見たかったのであーる。

まとめ「発表するなら発売して」

発表するなら発売して

「発表するなら発売して!」…と言いたくなってしまう消費者のエゴよ。

コンセプトモデルやプロトタイプと分かっていても、いざ情報が入ってしまうと欲しくなってしまうもの。発表だけしておいて、発売はしない。この放置プレイがかなりつらいのです。

二条ねこ

今回紹介したの、出たら全部買いたいんだよね。

この記事で紹介したガジェット

おまけ

まの

今回の中で、特に欲しいものはありますか?

二条ねこ

もち、『LAVIE MINI』ですなっ!

さたえり

それはまた何でなん?

二条ねこ

NECのUMPCとか、応援する要素しかないのであーるっ!
日本メーカーの意地と気骨を見せてほしいのですぞ!!

おわり