Evernote Legacyは改悪したElectron版の暫定的な代替になる

Evernote Legacyは改悪したElectron版の暫定的な代替になる
記事のポイント
  • 現行のElectron版EvernoteのUI/UX改悪が悲しい!
  • 旧版互換のEvernote Legacyに変えると非常に快適!
  • ただしEvernote Legacyは一時的な代替アプリ!

“問題はいつまで使えるか”

現行のElectron版Evernote(v10)のUI/UX改悪が凄まじい。なので、旧バージョンと互換がある『Evernote Legacy』を使うことに。…すると、新旧比較で“旧”が良く見える不思議なのでした。

二条ねこ

Evernoteの代替に『Evernote Legacy』とは…これ如何に!?

まの

Evernote社の意に反してますわね。

さたえり

…確かに。

Evernoteの改悪と迷走

Evernoteの改悪と迷走

長年Evernoteを使っているユーザーならご存知のとおり、少し前にEvernoteの内部仕様が刷新され、Electronベースのアプリケーション(Evernote Ver. 10.0以降)へと生まれ変わりました。

Evernote社はアプリケーションの刷新だけでなく、2018年頃から経営体制も刷新。この2018年には、Evernoteのロゴが新しいものになり、新CEOへと交代しています。まさに、Evernoteは“変革期”の真っ最中なのです。

二条ねこ

ここでクイズ!

歴代Evernote CEOである、

  • Ian Small
  • Phil Libin
  • Chris O’Neill

を就任順に並び替えてどうぞっ!
…正解は本稿の一番最後に書いてるぞっ!!

さたえり

は、はぁ……。

Evernoteの改悪と迷走

この新しいElectron版Evernote。Evernote社からすると、インターフェース統一によるユーザビリティーの向上や開発リソースの圧縮を狙った改善なのでしょう。ところが、古参のEvernoteユーザーからすると、このElectron版Evernoteは改善ではなく“改悪”と捉えられている状態。

そうなると、Evernoteの代替アプリを探さないといけなくなるわけですが、なかなかすぐには良さげなのが見つからない。そこで救世主となるのが、旧バージョンと互換性があるEvernote Legacyなのです。

さたえり

…あれ!?
とっくの昔にEvernoteをやめて、Inkdropに移行したんじゃなかったん?

二条ねこ

そうなんだけど、微妙にメモが残ってるんだよねー。

まの

残りのメモを移行するために、Evernote Legacyを使っているわけですね?

二条ねこ

そゆことあーる。

Evernote Legacyの感想

旧UI/UXは快適

Evernote Legacy

Web版Evernoteのもっさり感に引っ張られて、Electron版Evernoteも同様に動作緩慢な状態に陥っているのですが、Evernote Legacyは以前のようなUI・UXで快適に使えます。

Electronを利用し、快適に動作するアプリケーションは数多存在するので、決してElectronのせいでUI・UXが悪くなっているわけではありません。単純にEvernote側のチューニング不足なのです。

環境設定対応

Evernote Legacy

Electron版Evernoteでは廃止されてしまった『環境設定』ですが、Evernote Legacyでは利用可能になっています。これは嬉しい。

タブ表示対応

Evernote Legacy

旧Evernoteでは、複数ウインドウ表示とタブ表示の両方に対応していたのですが、Electron版Evernoteではタブ表示が廃止されています。

このタブ表示に関しても、Evernote Legacyでは利用可能。

Mac内で新旧共存可能

Evernote Legacy

macOSでしか試していないのですが、Electron版EvernoteとEvernote Legacyは同一OS内で共存できました。

ここで注意なのが、Evernote Legacyを『アプリケーション』フォルダー内に入れた状態で、Electron版EvernoteをMac App Storeからダウンロードしてしまうと、Evernote Legacyが上書きされて消えてしまうので、この点は気をつけてください。

Evernote Legacyはアプリケーションフォルダーに入れなくても使えるので、他のフォルダーに入れて隔離した状態で使うか、Electron版Evernoteを入れてからEvernote Legacyをアプリケーションフォルダーに入れるようにしましょう。そうすれば、同一OS内で共存可能です。

Evernote Legacyは暫定措置

Evernote Legacyは暫定措置

——Evernoteの代替は『Evernote Legacy』だった!

と言いたいのですが、Evernote社が公式で言っているように、Evernote Legacyはいつまでも使えるものではありません。あくまで暫定措置としての配布にとどまっています。

また、Evernote LegacyはWindowsとMacにのみ対応となっており、iOS・iPadOSやAndroidでは利用することはできません。なので、Evernote Legacyをアテにしすぎないほうが無難です。

Evernoteの代替案

Evernoteの代替案/Inkdrop

私はEvernoteに見切りをつけてしまったので、かなり前にInkdropという、Markdown記法が使えるメモアプリに移行しています。

このInkdropがEvernoteの完全なる代替になるのか、と聞かれると微妙なのですが(向いているベクトルが異なる気がするので)、マルチOS対応でキビキビと軽快に動作してくれます。EvernoteのMarkdownは不完全なので、ピュアなMarkdownを使いたい人はInkdropがおすすめ。

Evernote&Bear信者がInkdropに移行した5の理由

Evernote&Bear信者がInkdropに移行した5の理由

2020年10月23日
Evernoteの代替案/UpNote

もう少しEvernoteっぽさが欲しいのであれば、UpNoteというアプリケーションもおすすめです。

非常にEvernoteの良い部分を参考にしている印象で、アップデートも頻繁に行ってくれています。Evernoteと同じく、UpNoteにもWeb Clipperが用意されているので、Evernoteをスクラップブックのように使っていたユーザーなら、代替アプリ以上の働きをしてくれます。

改悪したEvernoteの代替に『UpNote』を勧めたい!

改悪したEvernoteの代替に『UpNote』を勧めたい!

2020年11月5日

まとめ「Evernoteに戻りたい」

Evernoteに戻りたい

いつまでサポートされるかが不透明なので暫定措置にはなるのですが、『Evernote Legacy』はElectron版Evernoteで悩まされていたユーザーの救世主なのです。

EvernoteからInkdropに移行したのですが、Evernoteが昔のような輝きを取り戻したら、またヘビーに使おうと思っています。それくらいにEvernoteが好きなので、改悪とは言われないEvernoteへとブラッシュアップをしてほしいものです。

二条ねこ

Evernoteには謎の魅力があるのであーる。

Adobe CC・Evernote・Dropboxを安く買う方法と裏ワザ

Adobe CC・Evernote・Dropboxを安く買う方法と裏ワザ

2020年10月8日

iPad/Android/Windows同期OKな手書きノートアプリの比較検討

iPad/Android/Windows同期OKな手書きノートアプリの比較検討

2021年7月28日
この記事で紹介したガジェット
  • Evernote
  • Evernote Legacy

おまけ

まの

で、クイズの答えは?

二条ねこ
  • Phil Libin(創業者)
  • Chris O’Neill(2015年就任)
  • Ian Small(2018年就任)

…でしたっ!

さたえり

ちなみに、どれくらいEvernoteに戻る可能性はあるん?

二条ねこ

Electronベースになって、捨てられた機能が多すぎるからねー。
開発コストの問題もあるし、脱皮しようとしているのは伝わるけど、この間に競合アプリが増えすぎたから…今のところは10%ぐらいかなー!?

まの

戻りたいけど、戻れない…のですね。

おわり