『オールトッピング』で感じるpovo2.0の有用性と活用術

『オールトッピング』で感じるpovo2.0の有用性と活用術
記事のポイント
  • povo2.0の『オールトッピング』がエモい!
  • 1プラン展開なのに無限の可能性を感じる!
  • ビュッフェ的プランなのがpovo2.0である!

“povo2.0 = ビュッフェ”

KDDIのオンライン専用ブランドpovoが、 povo1.0 → povo2.0 にアップグレードされる(2021年9月下旬)。というわけで、今のうちにpovo2.0の有用性や活用術を考えてみます。

二条ねこ
  • 電話専用プラン
  • サブ回線プラン
  • 緊急時用プラン

…これが、povo2.0だけで済む凄さっ!

さたえり

よく分からないけど凄い!

まの

で、“ビュッフェ”とは!?

povo2.0の料金プラン

povo2.0の料金プラン

Image:povo

povo2.0
月額基本料金 0円/月
データ容量 0GB/月
超過後速度 最大128kbps
国内通話料金 22円/30秒
国内SMS利用料金 送信:3.3円/通
受信:無料

povo2.0の料金プラン
※表記価格:税込

2021年9月下旬サービス開始予定である『povo2.0』は、従来とは一線を画する『オールトッピング』というコンセプトに基づいた携帯料金プランになっています。

この『オールトッピング』とは、基本料金を0円/月ベースにし、必要に応じてデータ容量や通話し放題などを追加(= トッピング)するというもの。

なので、どんなユーザーであっても、最低限のコストで運用することが可能。また、使う月と使わない月がバラバラであっても、無駄が出ないという点も大きな特長のひとつになっています。

二条ねこ

MVNOだと、IIJmioの『データプラン ゼロ』がコンセプト的に近いかなー!?(データプラン ゼロは基本料金が165円/月だけど)

1GB 390円
(有効期限:7日間)
3GB 990円
(有効期限:30日間)
20GB 2,700円
(有効期限:30日間)
60GB 6,490円
(有効期限:90日間)
150GB 12,980円
(有効期限:180日間)
データ使い放題24時間 330円
(有効期限:24時間)

povo2.0のデータトッピング料
※表記価格:税込

DAZN使い放題パック 760円
(有効期限:7日間)
smash.使い放題パック 220円
(有効期限:24時間)

povo2.0のコンテンツトッピング料
※表記価格:税込

5分以内通話かけ放題 550円/月
通話かけ放題 1,650円/月

povo2.0の通話トッピング料
※表記価格:税込

povo2.0で利用可能なトッピングとしては、

  • データトッピング(6種類)
  • コンテンツトッピング(2種類)
  • 通話トッピング(2種類)

が、それぞれ用意されています。

povo自体は『povo2.0』という1プランですが(新規受付終了されるpovo1.0を含むと2プランになる)、この多種多様なトッピングを組み合わせることにより、1プランではあるが無限の可能性を秘めたプランになっているというわけなのです。

二条ねこ

現行povo(povo1.0)とは違って、必然的にトッピングをすることになるから、ここをどう駆使するかがポイントになってくるわけであーる。

さたえり

povo1.0はプランに20GBのデータ容量が入ってるわけやもんね。

二条ねこ

そうそうっ!
それがpovo2.0では、0GBになってるからねー。

『povo2.0』プラン内容と注意点・変更点(vs povo1.0)

『povo2.0』プラン内容と注意点・変更点(vs povo1.0)

2021年9月13日

povo2.0の有用性

povo2.0の有用性

そもそも、現行のプランである『povo(povo1.0)』は、NTTドコモの『ahamo』やSoftBankの『LINEMO』など、他の大手携帯キャリアが提供しているオンライン専用ブランドと似たようなものでした。

povo2.0の有用性

それが今回、『povo2.0』となり、他のオンライン専用ブランドないしはMVNO全体で見ても、かなり異質なプラン構成へと方針転換された。このpovo2.0しかない独自性こそがキモであり、だからこその有用性も多く感じ取れるわけなのです。

前述したとおり、povo2.0自体は1プランしか提供されません。しかし、ベースが0円/月・0GB/月というゼロの状態であるため、トッピングにより、自分だけのプランを作り上げることが可能になっているのです。そう捉えると、povo2.0というのは、“ビュッフェ形式のプラン”という斬新な発想を持っているわけなのです。

まの

それって、povoが言ってるのですか?

二条ねこ

いや、わたしが適当に決めたあーる。

povo2.0の有用性

例えば、ahamoやLINEMOのような決まった量のメニューでは、満腹感を得られない場合や食べ残しが生じてしまう。また、Rakuten UN-LIMIT VIのような食べ放題だと、食事量(= 使うデータ容量)のコントロールに意識を向ける必要が少なからずある。しかし、povo2.0であれば、自分の好きな料理を好きな量だけ、チョイスして食べることができるわけです。しかも、食べたぶんだけの料金しか請求されない。

こうやって食事で例えたわけですが、飲食店ではこれくらいニーズに合わせて多様化しているのにもかかわらず、携帯業界に関してはお店は多いのに、なぜか右に倣え状態だった(特にMNOが顕著)。

それがpovo2.0の登場により、大きく業界自体が変化していったわけなのです(当然、ahamoや楽天モバイルの功績も大きいが)。そこも含めて、povo2.0がサービスインする意味と意義は大きい

まの
大手携帯キャリアのプランは、多少の味付けはあれど皆一緒状態でしたからね。
二条ねこ

オンライン専用ブランドも、最初はahamoの右に倣えな感じだったけど、かなり独自色が出てきて面白くなってきたあーる。

さたえり

この独自色こそ、その携帯キャリアが本当にやりたかったことかもやんね!?

二条ねこ

うーむ、その説も無きにしも非ずかも……。

povo2.0の活用術

povo2.0の活用術

povo公式サイトでも、複数の使い方がサンプルとして提案されていますが、せっかくのビュッフェ形式プランなので、「私ならこう使って遊ぶぞ!」という活用術を考えてみました。

【案1】電話専用端末:0GB × 通話トッピング

データトッピング
コンテンツトッピング
通話トッピング 通話かけ放題(1,650円/月)

povo2.0の活用術(案1)
※表記価格:税込

まずは、通話トッピングとして『通話かけ放題』を利用して、データ通信は一切行わないという案。

二条ねこ

あ、そう考えると留守番電話機能に対応してくださり!お願いっ!!(着信転送サービスを非対応になってしまったあーる)

【案2】iPad専用回線:使うときだけトッピング

データトッピング 3GB(990円)
20GB(2,700円)
コンテンツトッピング
通話トッピング

povo2.0の活用術(案2)
※表記価格:税込

お次は、iPad専用のサブ回線として、普段は0GB運用にしておいて、使うときだけデータトッピングを行うというもの。

二条ねこ

180日制限だけ気をつければ、ほぼ塩漬けのサブ回線ができーる!

【案3】緊急時用回線:データ使い放題24時間

データトッピング データ使い放題24時間(330円)
コンテンツトッピング
通話トッピング

povo2.0の活用術(案3)
※表記価格:税込

最後は、ベタな使い方だけど、緊急時の回線として『データ使い放題24時間』ありきで、デュアルSIM端末に挿しておくこと。

二条ねこ

外でのライブ配信用回線に使えるのではっ!?

まとめ「povo2.0はビュッフェである」

povo2.0はビュッフェである

自分で言っていてアレですが、「povo2.0はビュッフェ」という言い方にしっくりきてます。

こうやって遊べる携帯回線も希少ですし、何よりMNOの品質で使えるのも頼もしい。なので、povo2.0のサービスインを楽しみに待っています。

二条ねこ

povo2.0…マダカナー!?

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

外でライブ配信とかする用途に、このpovo2.0は向いている気がするのであーる。

まの

それは良いアイデアですよね。

さたえり

意外とそういう用途に使える回線ってないものやもんね!

おわり