Bose『Earbuds』がエモい!完全ワイヤレスイヤホンは“+α”を求める時代へ

Bose『Earbuds』がエモい!完全ワイヤレスイヤホンは“+α”を求める時代へ
記事のポイント
  • Bose Earbuds 500が2020年発売!
  • Bose Noise Cancelling Earbuds 700も2020年発売!
  • 2019年〜2020年はTWS新時代へ!

TWSの進化が止まらない!

Boseが2020年に完全ワイヤレスイヤホン2機種を発売予定しています。それら2つのイヤホンについて。そして、これからの完全ワイヤレスイヤホンに必要な機能を語ります。

さたえり

気づいたら、完全ワイヤレスイヤホンを8個持ってたり…。

まの

持ちすぎですね。

さたえり

そうなんだけど、ホットなジャンルだから買いたくなるんよね。

Boseの新型完全ワイヤレスイヤホンが登場

完全ワイヤレスイヤホンはまさに“戦国時代”。EARINから始まり、Apple、Sony、Audio-Technica、SENNHEISER、JBL、B&O…各社しのぎを削っている。

まの

確かに、各社とも完全ワイヤレスイヤホン市場に参入しきった印象ですね。

さたえり

最初は海外新興メーカー中心だったけど、大手も出揃った感じやね!

Boseの新型完全ワイヤレスイヤホンが2020年に2機種登場。

Boseの新型完全ワイヤレスイヤホンが2020年に2機種登場。
Image:Bose

そんな中、2020年に完全ワイヤレスイヤホンの新型がBoseから登場する。

それが、

  • Bose Earbuds 500
  • Bose Noise Cancelling Earbuds 70

の2機種。

CNETによるBose Earbuds 500ハンズオン動画。

Bose Earbuds 500は、タッチボタン・Google Assistant/Amazon Alexa対応・Bose ARに対応していることが公式サイトから公表されている。
Bose Noise Cancelling Earbuds 700は、Bose Earbuds 500の基本性能の加え、ノイズキャンセリング機能が加わっている。

Bose Earbuds 500は、現行機種と比べてもかなりスリム。

Bose Earbuds 500は、現行機種と比べてもかなりスリム。

Boseの現行完全ワイヤレスイヤホン『SoundSport Free wireless headphones』と『Bose Earbuds 500』を比べると一目瞭然。SoundSportの野暮ったさ(Boseっぽさとも)がマイルドになっている。

Bose新型TWSの発売日は2020年

Bose公式サイトからも、新型TWSが2020年発売ということが分かる。

Bose公式サイトからも、新型TWSが2020年発売ということが分かる。

Boseの新型完全ワイヤレスイヤホン2機種、

  • Bose Earbuds 500
  • Bose Noise Cancelling Earbuds 70

の発売日は、ともに2020年となっている。

さたえり

これは米国基準だから、日本でも2020年かは分からないんやけどね。Bose AR対応ヘッドホンも日本未発売があるし…。

Bose Earbuds 500とBose Noise Cancelling Earbuds 70のキモは『Bose AR』という機能。

Bose Earbuds 500とBose Noise Cancelling Earbuds 70のキモは『Bose AR』という機能。

新型完全ワイヤレスイヤホンのキモは、“音のAR”と称される『Bose AR』になるはず。

この『Bose AR』とは、Bluetooth経由でデバイスから位置情報(GPS)を取得し、周辺の状況に応じた情報をBoseのヘッドホン経由で得られるというもの。つまり、“目”からではなく“耳”から情報が入ってくるということ。だから、音のARだったりする。

ITmediaによると、このBose ARは『QuietComfort 35 II』でも対応している場合があるとのことなので、先行で試してみるとよいかも。

2019年のTWSのキーワード

さて、ここからはボーナストラック

完全ワイヤレスイヤホンを“取り憑かれたように”に、いくつも購入している私。そんな完全ワイヤレスイヤホンフリーク的に、2019年〜2020年にかけて同イヤホンを購入するなら必須(か、あわよくば欲しい)機能をピックアップしてみました。

  • TWS Plus(通信安定化技術)
  • Qi(ワイヤレス充電技術)
  • AI assistant(Google Assistant・Siri・Alexa)
さたえり

ずばり、この3機能がトレンドになってくる気がするんよ!

TWS Plusは絶対的にほしい機能

TWS Plusは絶対的にほしい機能

まず、完全ワイヤレスイヤホン最大のウィークポイント“音切れ”を解消する『TWS Plus』機能が必須になってくる。

この機能は従来の完全ワイヤレスイヤホンとは異なり、左右のイヤホンを動的に親子判定して接続するというもの。このTWS Plus自体はQualcommの技術だが、同様の機能がAirPodsWF-1000XM3にも搭載されている。

Qiがあると充電が楽になる

Qiがあると充電が楽になる

意外と面倒な充電。こちらはQiでワイヤレス充電ができると便利。もちろん端子はUSB Type-Cであるべき。

特にこの分野で進んでいるのが、GalaxyシリーズとGalaxy Budsのコンビネーション。この2つを使えば、GalaxyのスマホからGalaxy Budsにバッテリーをおすそ分けできる。

【レビュー】Samsung『Galaxy Buds』—Qi対応AKGチューニングの完全ワイヤレスイヤホン

【レビュー】Samsung『Galaxy Buds』—Qi対応AKGチューニングの完全ワイヤレスイヤホン

2019年6月3日

AI assistantで耳からAR

AI assistantで耳からAR

最後は、完全ワイヤレスイヤホンならではの便利機能。AI assistantや外音取り込み機能といった、耳からあなたをアシスタントしてくれるもの。

今回のBose Earbuds 500もそうだが、完全ワイヤレスイヤホンはこれからイヤホン+αな機能が求められてくる。その1つとして、Google AssistantやSiriを呼び出す機能が当たり前になってくるはず。

まとめ「完全ワイヤレスイヤホンは+αな時代になる」

まとめ「完全ワイヤレスイヤホンは+αな時代になる」

要するに、完全ワイヤレスイヤホンに求める機能が増えたということ。

今までは“便利なリスニング用イヤホン”…ぐらいでしたが、これからはよりウエアラブルな機能やシームレスな機能が増えるということです。イメージ的には、オーディオ機器にスマホ的機能が追加されていく感じ。

さたえり

完全ワイヤレスイヤホンは、イヤホンの中でも独自の地位を気づいていく気がするんよね!

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

完全ワイヤレスイヤホンの“ガジェット感”は異常だもんねー!

まの

オーディオ機器から飛び越えた感はありますよね。

さたえり

そうなんよね。
だからこそ、今までとは違う目線が必要になってくるんよね。ただ音質が良いだけじゃダメって感じ!

おわり