今後レビュー予定のガジェット7製品(戒め)

今後レビュー予定のガジェット7製品(戒め)
記事のポイント
  • 自分への戒めのために今後レビューするガジェットをココに宣言!
  • 部屋の中がコンテナボックスだらけなので整理したいのです!
  • ちゃんと買ったからには使いましょう…と自分に言い聞かせます!

購入ペース > 執筆ペース

「買ったけど眠ったまま、レビューしてない!」…そんなガジェットが山積みになってきたので、“セルフ戒め”的に今後レビューしていく製品を並べてみました。

二条ねこ

使ってすらないものが…あははー。

さたえり

これはギーク女子失格やんねぇ。

まの

宣言記事を書いて、自らを追い込んでいくスタイルですか。

この記事を書いた理由

ガジェットマウンテン

冒頭でも触れたように、レビューしようと思っているけど未レビューなガジェットが…それはもう……溢れかえっています。

まの

それがこのコンテナボックスの山なのですね……。

さたえり

『段ボール』じゃなくて、『コンテナボックス』なんやね!?

二条ねこ

段ボールは、忌まわしきG氏を繁殖させちゃうリスクがあるからねー。
ガジェットとかパッケージを保管しておくなら、清潔かつ耐衝撃性の高いコンテナボックスがおすすめなのであーるっ!

さたえり

そんな手間をかけてるなら、出して使ったらいいのに。

二条ねこ

…あ。

EVAからJRまで。ギーク的『コンテナボックス』はおしゃれで熱い!?

EVAからJRまで。ギーク的『コンテナボックス』はおしゃれで熱い!?

2020年4月12日
ガジェット倉庫番

がじぇっと部のポリシー的に、レビューするために不要なガジェットまで買う、ということはしていません。あくまで自分が欲しいと思ったものを、自発的に選んで購入はしています。

ところが、これはガジェット系のブログをやっている悲しい性なのか、どうしても食指が伸びて伸びてしょうがない。しかも、買ったからには紹介をしたい。そんな状態が続き、 買う → 買う → レビュー → (最初に戻る) …という、“一歩進んで二歩下がる”なことになってしまいました。

そのおかげで、こうして着々とコンテナボックスが増えていったわけなのです。

まの

これは救いようがないですわね。

さたえり

…病気やね、ここまで来ると。

レビュー予定のガジェットたち

そういうわけで、山積みになっているコンテナボックスの中から、レビュー予定のガジェットたちをここで紹介しておきます。こうやって追い込んでいかないと、コンテナボックスが部室を侵食してしまっているので……。

二条ねこ

ここに挙げていない製品も多いんだけど、優先度の高いガジェットを7つに絞ったのであーる!…という名の妥協!!

まの

では、それ以外は売却ということで。

二条ねこ

ぬぁっ!なんでそうなるのだっ!?

[1]Apple MacBook Air(M1・2020)

Apple MacBook Air(M1・2020)

1つめは、ご存知AppleのMacBook Air(M1・2020)

発表と同時に予約して、発売日には手元にあった…のに、未レビューのまま。そうこうしているうちに、時期Apple Siliconと目される『Apple M1X』や『Apple M2』が搭載された、新モデルが出るとかの噂まで立ち始めています。

完全に旬が過ぎてしまっているので、無価値なレビューになる予感が……。ただ、Apple Siliconを搭載した最初のMac、これをレビューという形で記録しておきたいという想いがあるので、新型MacBook Proが出るまでには記事を出す予定です。

[2]KING JIM 「テプラ」PRO MARK《SR-MK1》

KING JIM 「テプラ」PRO MARK《SR-MK1》

2つめは、スマートフォン対応のラベルライター、KING JIMの「テプラ」PRO MARK《SR-MK1》

今年の初めには買っており、すでにかなり使っているのですが、どうレビューしてよいものなのか悩んでいるうちに間延びしてしまいました。そこまで製品サイクルが早いものではないのですが、大枠の記事は書けているので、隙間時間を狙って近いうちに投稿していきます。

デザイナー的スマホ対応ラベルライター比較(3社・7製品)

デザイナー的スマホ対応ラベルライター比較(3社・7製品)

2021年2月26日

[3]Samsung Galaxy Buds Pro

Samsung Galaxy Buds Pro

3つめは、ノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホン、SamsungのGalaxy Buds Pro

2021年1月に開催された『Galaxy Unpacked January 2021』を見て、飛びついて入手した本機。そういうこともあり、日本で発売される前にアメリカから輸入しました(技適未取得品を実験利用する際は『技適未取得機器を用いた実験等の特例制度』を要申請)。そこまでしたのに未レビュー…という、体たらくです。

Galaxy Unpacked Jan. 2021総括——Note20 Ultraユーザーから見たS21 Ultraの悩み

Galaxy Unpacked Jan. 2021総括——Note20 Ultraユーザーから見たS21 Ultraの悩み

2021年1月16日

[4]Xiaomi Redmi Note 10 Pro

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

4つめは、1億800万画素リアカメラ搭載のスマートフォン、XiaomiRedmi Note 10 Pro』。

人生初のXiaomiスマートフォンとして意気揚々と使っていたのですが、最近『Mi 11 Lite 5G』が出てしまったために、一気にトーンダウン。レビューも書きかけで、早く投稿しないと気持ちが切れてしまいそうになっています。というか、こんなにもMi 11 Lite 5Gが早く出てしまうとは……。

Xiaomi『Redmi Note 10 Pro』を買った理由——MIUIとLei JunとMi Fanに興味津々なのだ

Xiaomi『Redmi Note 10 Pro』を買った理由——MIUIとLei JunとMi Fanに興味津々なのだ

2021年4月19日

[5]Apple 12.9インチiPad Pro(2021)

Apple 12.9インチiPad Pro(2021)

5つめは、現行Macと同じSoCを搭載して飛躍的に性能が向上した、Appleの12.9インチiPad Pro(2021)

前述したMacBook Air(M1・2020)レビュー放置の件があるので、さすがに7月中にはレビューします…よ。ハードの性能にソフトが追いついていない感があって、iPadOS 15のアップデート後に別記事を出すかもしれません。

[6]Apple 24インチiMac(2021)

Apple 24インチiMac(2021)

6つめは、初のApple Silicon搭載iMacとなる、Apple24インチiMac(2021)

実は 購入 → 不具合返品 → 再購入 となっていて、24インチiMac(2021)の購入は2回め。そういうこともあり、まだ手元に届いていなかったりします。再購入の際に、RAMを16GBにCTOしたので、“リリーフエース”の予定が“メインマシン”になりそうです。買いそびれた『Magic Trackpad 3』に関しては、到着後にサポートに連絡して購入予定。

新型24インチiMac(2021)は何を買うべきか?——既存M1 Macユーザーの場合

新型24インチiMac(2021)は何を買うべきか?——既存M1 Macユーザーの場合

2021年4月27日

[7]ASUS Chromebook Detachable CM3

ASUS Chromebook Detachable CM3

最後は、デジタイザーペンに対応したChromebook、ASUSASUS Chromebook Detachable CM3

発売から時間が経過してしまったのですが、かなりお気に入りのタブレットなので、レビューして良さを伝えたいところ。そうそう、開発目的で買ったのですが、お目当てのアプリケーションが動かなかったので、お絵描きタブレットと化しています。もし、Linux目的で購入を考えているなら、ARM搭載機ではなくIntel搭載機を素直に買うのがおすすめです。

二条ねこ

Visual Studio Codeは動いたんだけど、Atomがダメだったのであーる。
でも、Intel搭載機にすると、今度はAndroidアプリとの互換性が…うーむ……。

まとめ「気合と根性でレビューします」

気合と根性でレビューします

こーんな感じで、レビュー待ちガジェットの交通渋滞を起こしています……。

こうなったら、気合と根性でレビューを消化(?)するしかありません。ちゃんと紹介した7製品を全部レビューしていたら、未来のがじぇっと部に「よくやった!」と、褒めてくれると泣いて喜びます。

まの

自業自得ですがね。

二条ねこ

…うぐっ!!

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

うむぅ、どれから取り掛かろうかなー!?

まの

ここまで溜まってしまうと、それも考える必要がありますわね。

さたえり

来年の目標は“すぐやる”で決定やね。

おわり