【レビュー】Native Union Clic Wooden:本杢のエレガントなiPhone 12ケース

【レビュー】Native Union Clic Wooden:本杢のエレガントなiPhone 12ケース
記事のポイント
  • 本物の木を採用した美しきiPhone 12シリーズ用ケースだ!
  • Native Unionらしいおしゃれなデザインが魅力である!
  • MagSafeにフル対応していないアクセサリーもあるので注意!

MagSafe不要派ならアリ!

iPhone 12 Pro Max専用ケース、Native Union『Clic Wooden (iPhone 12 Pro Max)』をレビュー。本物のオーク/ウォルナット材を採用した、有機的でデザイン性の高さが魅力なのです。

二条ねこ

これでわたしもボタニカルっ!

さたえり

…どういうこと!?

まの

意味不明ですわね……。

本日のレビュー:Clic Wooden (iPhone 12 Pro Max)

Clic Wooden (iPhone 12 Pro Max) - Native Union

Clic Wooden (iPhone 12 Pro Max) – Native Union

Clic Wooden (iPhone 12 Pro Max)ってなに?

ナチュラルウッド + TPU のハイブリッドなiPhone 12 Pro Max用ケース。Whiteはオーク、Blackはウォルナット、をそれぞれ採用。

7
  • ナチュラルウッド採用
  • 高いビルドクオリティ
  • ワイヤレス充電対応
  • 価格が若干高価
  • 不完全なMagSafe対応
Clic Wooden (iPhone 12 Pro Max)
型番 CWOOD-WHT-NP20L(Oak/White)
CWOOD-BLK-NP20L(Walnut/Black)
メーカー Native Union
サイズ 82×164×11.5mm
質量 30g
備考 MagSafe対応

Clic Wooden (iPhone 12 Pro Max)のスペック

二条ねこ

無機質なiPhoneに、有機質な本杢のエッセンスが美しき!
一部のMagSafeアクセサリーと互換性がないのが残念だけど、純正ケースにはない魅力もあるから…悩ましいのであーる。

デザイン

本体

Clic Wooden (iPhone 12 Pro Max)
サイズ 82×164×11.5mm
質量 30g

Clic Wooden (iPhone 12 Pro Max)のサイズと質量

このClic Woodenはカラーバリエーションによって、採用されている木材(White:オーク|Black:ウォルナット)が異なるのですが、今回はオーク材が採用されている『White』を購入してみました。

本物の木材が採用されているので、ケース自体がズッシリしている…と思いきや、思っていた以上に軽く作られていました。質量で言うと、Apple純正の『MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース』とほぼ一緒な感じ。結構軽いです。

なお、今回はiPhone 12 Pro Max用のものをレビューしていますが、iPhone 12各シリーズ(iPhone 12 miniiPhone 12/12 Pro)用に、それぞれラインナップが用意されています。

Native UnionのiPhoneケースは、どのシリーズも同じような意匠に統一されており、いずれも大胆に斜めにカットされたデザインが特徴的。おそらく、このデザインはNative Unionのロゴマークと合わせたものなのでしょう。

本杢採用…となっていますが、ご覧のとおり、ケース全体の素材が木材というわけではありません。ベースはTPU素材になっており、裏面の一部にオーク/ウォルナット材が接着されているという形になっています。

まの

基本はTPUケースということですね?

二条ねこ

そうなりますなー。

ケース下側面のLightningポート周りは、結構ゆとりある感じで、大胆にカッティングされています。

完全に側面全体を保護したいユーザーからすると、ここは「うーん」な部分ではあるかも。ただ、スペースにゆとりがあるぶんだけ、Lightningケーブルのハウジング部分と干渉しないのは利点。なので、このあたりは人によって好みが分かれるところ。

サイレントスイッチ(マナースイッチ)のくり抜き加減は、Apple純正ケースよりも若干大きめ。ボタン類もちゃんと凸状に加工されています。

また、右側面には「NATIVE UNION」、とデボス加工でロゴタイプがあしらわれています。

二条ねこ

デザインがおしゃれってこと以外は、特段普通なiPhoneケースですな。

まの

それは言っていいのかしら!?

さたえり

むしろ“普通じゃない”ケースって…何!?

二条ねこ

こんなのであーるっ!

さたえり

う、うわぁ……。

着けてみた

二条ねこ

美しきiPhone 12 Pro Max様に…装&着っ!!

Clic Wooden (iPhone 12 Pro Max) Clic Wooden (iPhone 12 Pro Max) Clic Wooden (iPhone 12 Pro Max) Clic Wooden (iPhone 12 Pro Max) Clic Wooden (iPhone 12 Pro Max) Clic Wooden (iPhone 12 Pro Max)

iPhone 12 Pro Max』に装着すると、こんな感じ。

iPhone 12 Pro Maxのリアカメラを保護するため、その周囲だけバンパー状に出っ張っています。なので、残念ながら背面ツライチとはなりません。iPhone 12シリーズの中でも、12 Pro Maxのリアカメラは特段大きいサイズになっているので、このあたりは致し方なし。

サイレントスイッチのくり抜き感がちょうどよく、爪が短くても操作できる感じ。かといって、やたら大きくくり抜かれているわけでもありません。

下側面のカッティング幅は、スピーカーグリルの端ぐらいまで。コーナー部分はしっかりとガードされているので、落下耐性はある程度見込めそうです。

二条ねこ

装着した感じも、ユルすぎずキツすぎずで良きあーる。
Apple純正ケースよりも装着しやすい感じかなー!?

まの

下側面が空いているぶん、着脱が容易なのでしょうね。

使ってみた

エレガントな本杢採用

Clic Wooden (iPhone 12 Pro Max)

さすがは本物のオーク材が使われているだけあって、無機質なiPhone 12 Pro Maxを、一気に有機的で温もりのあるアイテムへと変えてくれます。

Clic Wooden (iPhone 12 Pro Max) Clic Wooden (iPhone 12 Pro Max)

こういう天然系素材を使ったiPhoneケースだと、Apple純正の『MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース』のような本革素材のものが多いですが、それとはまた違った良さがあります。

【レビュー】Apple『MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース』:純正と本革の美しきコンビネーション

【レビュー】Apple『MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース』:純正と本革の美しきコンビネーション

2020年11月22日

MagSafeは“半”対応

Clic Wooden (iPhone 12 Pro Max)

Native Unionの公式サイトには、MagSafeとの互換性があるとの記載があるのですが、実際には“半”対応…というのが正解な気がします。

さたえり

…どういうことなん!?

二条ねこ

ケース自体に磁石が搭載されているわけじゃないから、MagSafeの磁力が弱まるのであーる。

Clic Wooden (iPhone 12 Pro Max)

例えば、Apple純正の『MagSafe充電器』のような、iPhoneにベタ置きするような使い方をするアクセサリーの場合は、特に大きな問題もなく利用できます。

Clic Wooden (iPhone 12 Pro Max)自体には、マグネットが搭載されていないため、くっつきはするものの磁力は弱くなります。ただ、iPhoneを持ち上げても、ちゃんとMagSafe充電器が外れたりすることはないので、実利用上問題が生じることはないでしょう。もちろん、ワイヤレス充電もちゃんと行えます。

Clic Wooden (iPhone 12 Pro Max)

ところが、Belkin『BOOST↑CHARGE PRO 3-in-1 Wireless Charger with MagSafe』のような、MagSafe部分が空中に浮遊するタイプの充電器は…全然ダメ。磁力が弱すぎて、充電しようにも落下してしまいます。

なので、こういうタイプのアクセサリーとは相性がよくありません。

【レビュー】Belkin BOOST↑CHARGE PRO 3-in-1 Wireless Charger with MagSafe:Apple信者用ワイヤレス充電器

【レビュー】Belkin BOOST↑CHARGE PRO 3-in-1 Wireless Charger with MagSafe:Apple信者用ワイヤレス充電器

2021年6月10日
Clic Wooden (iPhone 12 Pro Max)

また、『MOFT Snap-on』のような、MagSafeを使って装着するタイプのスマートフォンスタンドも、磁力が弱すぎて微妙な結果に。

吸着自体はしてくれるのですが、どうにも磁力不足。一応、スタンドとして機能するにはするのですが、ちょっと危なっかしい。常用したいかと聞かれると、個人的にはあんまりしたくはないかも……。

【レビュー】MOFT Snap-on:MagSafeで覚醒したiPhoneスタンド

【レビュー】MOFT Snap-on:MagSafeで覚醒したiPhoneスタンド

2021年2月7日
Clic Wooden (iPhone 12 Pro Max)

…という感じで、MagSafe充電(Qi充電も含む)はできるのですが、磁力が弱まってしまうぶん、使えないアクセサリーも出てきてしまいます。なので、“半”対応としたわけなのです。

二条ねこ

Clic Woodenに限ったことじゃないけど、MagSafe対応アクセサリーを頻繁に使っているなら、ケース自体にマグネットが搭載されている製品じゃないとダメだねー。

まの

MagSafeを活用してるなら、要検討。
MagSafeを使ってないなら、問題なし。
…ですわね。

二条ねこ

ま、そういうことになりますなー。

まとめ「MagSafe不要ユーザーならおすすめ」

Clic Wooden (iPhone 12 Pro Max)

そういうわけで、Native Union『Clic Wooden (iPhone 12 Pro Max)』のレビューを総括すると、

  • ナチュラルウッドの手触り感が素敵
  • ケースのビルドクオリティも問題ナシ
  • 下側面のザックリくり抜きは好みが分かれる
  • MagSafe充電はできるが非対応アクセサリーあり

…という感じ。

私はMagSafe対応アクセサリーをかなり使うタイプのユーザーなので、ちょっと厳しめの評価になってしまいました。『BOOST↑CHARGE PRO 3-in-1 Wireless Charger with MagSafe』が使えないのが痛すぎるのです…うーん。

とはいえ、本物の木を使っている美しさも捨てがたい。ナチュラルウッドならではの“エイジング”も楽しめますし、革素材とはまた違った有機質感もあります。そう考えると、MagSafeに完全対応してほしかった感がヒシヒシとしてきます。

MagSafeを使わない人ならアリ、私のようにヘビーに使っているなら要検討。…そんな感じのレビューまとめでした。

二条ねこ

せっかくだし、飾っておこっかなー!?

この記事で紹介したガジェット

おまけ

さたえり

…“飾る”!?

二条ねこ

そっと箱に仕舞うのであった……。

さたえり

おいーーーー!!

まの

なら、私が買い取りましょうか!?

二条ねこ

うん、乗った!

おわり