3つやよ!新BeatsXと旧BeatsXで変わったトコ—買うなら断然“旧型”がオススメな理由

3つやよ!新BeatsXと旧BeatsXで変わったトコ—買うなら断然“旧型”がオススメな理由

愛しのマットゴールド。

大人気Beatsシリーズの『BeatsX』が、少し前に“リニューアル”されました。パッケージも変わって値下げされたのですが、これ…旧型のほうが良くない?

さたえり
うちの好きなマットゴールドが“プレミア価格”に…。
まの
どういうことですか?現行品ですよね?
四条ねこ
これは何だか臭いますな〜。

『BeatsX』がリニューアルされたよ!

『BeatsX』がリニューアルされたよ!

街でAirPodsとともによく見かけるBluetoothイヤホンの代名詞、『BeatsX』。これが、10月初頭にリニューアルされました。

四条ねこ
おおっ!
ってことは、現行のBeatsXは新型なのー?
さたえり
ところがどっこい、そういうわけじゃないんよね。

このBeatsX自体は、発売が2016年。私は発売されてすぐに飛びついた人なんですが、そんなに時間が経っていたんですね。

AirPodsは○○で最強!TWEを使いまくったギークが思うたった1つのこと

2018.11.25
やはり魅力は『Apple W1』が搭載されていること。

やはり魅力は『Apple W1』が搭載されていること。

そのBeatsXが、最近になってリニューアルされたと聞けば、欲しくなるのが心情。でも、このリニューアルが「うーん」って感じだったのが、今回のお話の趣旨だったりします。

新旧BeatsXの変更点

新旧BeatsXの変更点は、大きく分けて3つあります。
あ、ちなみに音は特に変わっていないようです。

四条ねこ
何それ…。
新旧BeatsXの変更点

  • 販売価格の値下げ。
  • カラバリの減少。
  • 付属品の減少。
四条ねこ
何だか雲行きが怪しくなってきたんだけどー!?
さたえり
あはは…と、とりあえず、ひとつずつ見ていくやよ!

変更点1.販売価格の値下げ

変更点1.販売価格の値下げ

変更点の1つ目は、価格が安くなってお求めやすくなったことです。

さたえり
これはグッドポイントやんね!

ちなみに販売価格は、
14,800円 → 11,800円
になっています。また、どちらも税別価格です。

どうやら、次に話すカラーバリエーションを減らしたこと、付属品を減らしたことによる、コスト削減が実現したから…のようです。

四条ねこ
え…。

変更点2.カラバリの減少

変更点2.カラバリの減少

変更点の2つ目は、カラーバリエーションの大幅削減です。

さたえり
ああ…愛しの“マットゴールド”ちゃん。
■旧型BeatsXのカラバリ

  • ホワイト
  • ブラック
  • ブルー
  • グレイ
  • マットゴールド
  • マットシルバー
  • レジスタンス・ブラックレッド
■新型BeatsXのカラバリ

  • ブラック
  • サテンシルバー

こんな感じで、カラバリが豊富だったBeatsXですが、リニューアル後は2色展開に絞られました。ちなみに、レジスタンス・ブラックレッドについては、Beatsの10周年を記念して作られたモデルでした。

こちらが、レジスタンス・ブラックレッドのBeatsX。

こちらが、レジスタンス・ブラックレッドのBeatsX。

まの
なるほど、それで「愛しの“マットゴールド”ちゃん」って言っていたわけですね。
さたえり
そうなんよ。悲しみなんよ…。

変更点3.付属品の減少

変更点3.付属品の減少

最後の変更点は、付属品が削られたことです。

さたえり
削られた付属品は、2つあるんよ!

今回のリニューアルに伴って、

  • ウィングチップ
  • キャリングケース

が付属しなくなりました。

ウィングチップは、フィット感を向上させるのに便利というユーザーが周りにチラホラいたので、ひょっとしたらガッカリする人もいるかも知れません。

キャリングケースは、「使いにくい!」と巷で言われていましたが、個人的にはかなりお気に入りのケースです。入れ方のコツさえ掴めば、簡単に入りますよ!…あ、もう付属していませんが。

あえて“旧型”をオススメする理由

あえて“旧型”をオススメする理由

ここまで読んでくださった“私の中での神”なら、分かってくれると思いますが、今回のリニューアルは“コスト削減して価格も下げただけ”だと思っています。

さたえり
安くなったから嬉しいって、思う人もいるのは承知の上!でも、マットゴールドが…。
まの
まだ言うのですね…。

男の子なら…分からないですが、女の子的にはカラバリが減ったのは残念です。

ネタでも何でもなく、マットゴールドやホワイト、そしてグレイのような女子ウケしそうなカラーリングが消滅してしまったのは、かなり残念です。付属品は削っても、このカラーリングは残して欲しかった…。

価格は3,000円差なので、「旧カラバリが欲しい!」や「ウィングチップ必須!」って思う私のような人なら、旧型のBeatsXをあえて購入することをオススメします。

さたえり
すでに在庫処分に入っているから、実はそこまで価格変わらない店舗もあるしね!
まの
マットゴールドのプレミア価格は除き…ですよね?
さたえり
うう…。

▼旧型のBeatsX購入リンク

総評:買う…買うのだぁああああ!

総評:買う…買うのだぁああああ!

結論…
「欲しいときに買おうぜ!」
ですね!

まの
なぜに男口調に…!?
四条ねこ
ひゅーいけめーん!(棒読み)
さたえり
人間って、生産完了とかなくなるって言われると、欲しくなっちゃう深層心理があると思うんよね。

Beats繋がりでひとつ。先日、『Beats Solo3 Wireless ヘッドフォン ミッキーマウス生誕90周年アニバーサリーエディション』が発売されました。

これ、絶対プレミア価格になるよね…。

おまけ

さたえり
うう、物欲センサーが…。
四条ねこ
こわれちゃ~↑う♪
まの
こらっ!ねこさんっ!!
さたえり
記事をR18指定にしないでね…ほんと。
まの
ほんと、何言うか怖くてヒヤヒヤしますよね…。
四条ねこ
んごご…。(口を抑えられている)

おわり