Spotify対応高級DAP(音楽プレーヤー)総まとめ –2019年版–

Spotify対応高級DAP(音楽プレーヤー)総まとめ –2019年版–
記事のポイント
  • Spotify対応の高級DAPを探してきた!
  • 最近のDAPはAndroid搭載で普通に使える!
  • 選ぶなら珠玉の一台を…ぜひ!

高級DAPでSpotify。

スマホからのステップアップで高級DAPを買う人も多いはず。だけど、Spotifyなどの音楽ストリーミングサービスに非対応なのは嫌…。そんな欲張りさんのためのSpotifyなど対応の高級DAPを探してきました。

さたえり

今回紹介してるのは、全部Spotify対応やよ!
Amazon MusicやSoundCloudの対応状況は個別に調べてみて!

二条ねこ

やっぱ基本はSpotifyなんだねっ!?

さたえり

一番メジャーだし、デバイス依存も少ない音楽ストリーミングサービスやからね!

Spotify対応高級DAP一覧

そういうわけで、音楽ストリーミングサービスの中でも『Spotify』に対応しているDAP(携帯音楽プレーヤー)を探してきました。

なお、Amazon MusicやSoundCloudに関しては対応状況がマチマチなので、あまり期待しないほうが無難。高級DAPで音楽ストリーミングサービスを使うなら、とりあえずはSpotifyを想定して購入しましょう。

FiiO(中国)

FiiO(中国)

『FiiO』といえば、高コスパ高音質を欲しいままにしたメーカーというイメージ。古くからのPHPAなら馴染み深いメーカー。

個人的にはオヤイデ電気時代のFiiO E5からのユーザーなので、かなり思い入れのあるメーカー。UIも海外メーカーとしては分かりやすいものになっていて、WALKMANに飽きたユーザーにまず一番におすすめしたメーカーでもある。

【1】M6|おすすめ

【1】M6|おすすめ
OS DAC ハイレゾ バランス出力 内蔵メモリー microSD I/O Bluetooth 連続再生時間
Android ES9018Q2C 2GB 最大2TB 3.5mmステレオミニ
USB Type-C
4.2 最大13時間

FiiO『M6』のスペック表。

■FiiO『M6』のポイント

  • AndroidベースのOSでSpotify・Amazon Music等に対応。
  • USB DAC機能搭載。
  • FiiO Linkでスマホからリモコン操作可能。
  • AirPlay・DLNAに対応。
  • 連続スタンバイ時間は最大26日間と長い。

FiiO『M6』は、バランス出力ができないこと意外は価格以上の働きをしてくれそう。
ハイレゾDAP入門機としても、スマホのサブDAPとしても使いやすい。OSはAndroidベースだが、カスタムされているのでSpotifyなどはAPKファイルを入れる必要あり。このスペックが2万円と考えると…やはり、FiiOは凄い。

【2】M9

【2】M9
OS DAC ハイレゾ バランス出力 内蔵メモリー microSD I/O Bluetooth 連続再生時間
Android AK4490EN ×2 2GB 最大2TB 3.5mmステレオミニ
2.5mmバランス
USB Type-C
4.2 最大10時間

FiiO『M9』のスペック表。

■FiiO『M9』のポイント

  • AndroidベースのOSでSpotify・Amazon Music等に対応。
  • USB DAC機能搭載。
  • 左右独立のDAC『AK4490EN』を2基搭載。

FiiO『M9』は、3万円台中盤でバランス出力とSpotifyに対応している優等生キャラ。
先程のM6がライトユーザーからの入門機とすると、M9はちょっとガチDAPっぽくなった感じ。初めてのバランス出力対応機としても良さげ。価格的にもかなり人気であろうモデル。

【3】M11|おすすめ

【3】M11|おすすめ
OS DAC ハイレゾ バランス出力 内蔵メモリー microSD I/O Bluetooth 連続再生時間
Android AK4493EQ ×2 32GB 最大2TB ×2 3.5mmステレオミニ
2.5mmバランス
4.4mmバランス
USB Type-C
4.2 最大13時間

FiiO『M11』のスペック表。

■FiiO『M11』のポイント

  • AndroidベースのOSでSpotify・Amazon Music等に対応。
  • USB DAC機能搭載。
  • FiiO Linkでスマホからリモコン操作可能。
  • AirPlay・DLNAに対応。
  • 連続スタンバイ時間は最大50日間と長い。
  • 急速充電規格『Quick Charge 2.0』対応。

FiiO『M11』は、Spotify対応を含めてとにかくてんこ盛りなハイエンドDAP。
microSDがデュアルスロットで、バランス出力端子が2.5mmと4.4mmのデュアル。DACもデュアル。とにかくデュアルなてんこ盛り仕様。FiiOの中では高いが、DAP全体で見るとまだまだお手頃な部類。

HiBy Music(中国)

HiBy Music(中国)

『HiBy Music』はOEM製造で強かったメーカーが、満を持して自社でDAPを出したメーカー。まだまだ新興メーカーだが、今後の伸びしろに注目。

【1】R5

【1】R5
OS DAC ハイレゾ バランス出力 内蔵メモリー microSD I/O Bluetooth 連続再生時間
Android CS43198 ×2 16GB 最大512GB 3.5mmステレオミニ
4.4mmバランス
USB Type-C
4.2 最大18時間

HiBy Music『R5』のスペック表。

■HiBy Music『R5』のポイント

  • AndroidベースのOSでSpotify等に対応。
  • SoCにQualcomm『Snapdragon425』を採用。
  • バランス端子のNIPPON DICS製『Pentaconn』搭載。
  • 3,500mAhの大容量バッテリー。
  • PCM最大384Khz/32bit対応。

HiBy Music『R5』は、Androidとしての使い勝手を活かしてDAPに落とし込んでいる。
ミソはやはり『Pentaconn』採用の4.4mmバランス出力。そして、DACに『CS43198』を2基採用しているところ。

【2】R6 Pro|おすすめ

【2】R6 Pro|おすすめ
OS DAC ハイレゾ バランス出力 内蔵メモリー microSD I/O Bluetooth 連続再生時間
Android ESS9028Q2M ×2 32GB 最大512GB 3.5mmステレオミニ
3.5mmラインアウト
4.4mmバランス
USB Type-C
4.0 最大12時間

HiBy Music『R6 Pro』のスペック表。

■HiBy Music『R6 Pro』のポイント

  • AndroidベースのOSでSpotify等に対応。
  • SoCにQualcomm『Snapdragon425』を採用。
  • バランス端子のNIPPON DICS製『Pentaconn』搭載。
  • 4,000mAhの大容量バッテリー。
  • PCM最大384Khz/32bit対応。

HiBy Music『R6 Pro』は、R6のマイナーチェンジモデル。
デザイン面も洗練され(まだ詰めが甘いけど)、かなりバランスが良くなったモデル。

Cayin(中国)

Cayin(中国)

『Cayin』とは、1993年と創業から結構時間があるが、まだ知名度が低いメーカー。ピュアオーディオ界隈では有名のようだが、DAPで頭角を現せられるか?

【1】Cayin i5

【1】Cayin i5
OS DAC ハイレゾ バランス出力 内蔵メモリー microSD I/O Bluetooth 連続再生時間
Android AK4490EQ 32GB 最大200GB 3.5mmステレオミニ
3.5mmラインアウト
USB Type-C
最大11時間

Cayin『Cayin i5』のスペック表。

■Cayin『Cayin i5』のポイント

  • AndroidベースのOSでSpotify等に対応。
  • USB DAC機能搭載。
  • 同軸アウトプット対応。

Cayin『Cayin i5』は、同社初のAndroid搭載DAP。
発売年から少し経過しているので、これから購入するならN5iisのほうがおすすめ。

【2】N5iiS

【2】N5iiS
OS DAC ハイレゾ バランス出力 内蔵メモリー microSD I/O Bluetooth 連続再生時間
Android ESS9018K2M 64GB 最大400GB ×2 3.5mmステレオミニ
2.5mmバランス
USB Type-C
4.0 最大12時間

Cayin『N5iiS』のスペック表。

■Cayin『N5iiS』のポイント

  • AndroidベースのOSでSpotify等に対応。
  • microSDデュアルスロット。
  • USB DAC機能搭載。

Cayin『N5iiS』は、高級感溢れるDAPを探しているなら絶対に候補に入るはず。
音質もさることながらやはり質感。音の質感もそうだけど、本体の質感もそう。ぜひ視聴してほしい。

Astell&Kern(韓国)

Astell&Kern(韓国)

『Astell&Kern』は、iriverのハイエンドブランド。
高級DAPを探している人なら、このAstell&KernのDAPはある種の到達点であり憧れであるはず。それくらい…高級!

【1】A&norma SR15

【1】A&norma SR15
OS DAC ハイレゾ バランス出力 内蔵メモリー microSD I/O Bluetooth 連続再生時間
Android CS43198 ×2 64GB 最大400GB 3.5mmステレオミニ
2.5mmバランス
Micro USB
4.1 最大10時間

Astell&Kern『A&norma SR15』のスペック表。

■Astell&Kern『A&norma SR15』のポイント

  • OSアップデートでSpotify等に対応。
  • PCM 192kHz/24bit・DSD64のネイティブ再生。
  • USB AUDIO出力機能搭載。
  • DLNA機能『AK Connect』搭載。

Astell&Kern『A&norma SR15』は、AKの中では安価な部類(それでも高価だが)で入手性は高い。
ただ、Astell&KernのDAPを買うならもう少し上のクラスを…という感じ。Micro USBというのもネック。

【2】A&futura SE100

【2】A&futura SE100
OS DAC ハイレゾ バランス出力 内蔵メモリー microSD I/O Bluetooth 連続再生時間
Android ES9038PRO 128GB 最大400GB 3.5mmステレオミニ
2.5mmバランス
USB Type-C
4.1 最大11時間

Astell&Kern『A&futura SE100』のスペック表。

■Astell&Kern『A&futura SE100』のポイント

  • OSアップデートでSpotify等に対応。
  • ESS Technology 8ch DAC『ES9038PRO』を搭載。
  • USB AUDIO出力機能搭載。
  • DLNA機能『AK Connect』搭載。

Astell&KernのDAPはハイエンドのものならアップデートでSpotifyに対応してくれるようになっている。ただ、この『A&futura SE100』以上のモデルは高価過ぎるのでこのへんで。

ACTIVO(韓国)

ACTIVO(韓国)

実はこの『ACTIVO』もiriverのグループ企業だったりする。うーん…iriver恐るべし!

【1】CT10

【1】CT10
OS DAC ハイレゾ バランス出力 内蔵メモリー microSD I/O Bluetooth 連続再生時間
Android CS4398 16GB 最大400GB 3.5mmステレオミニ
Micro USB
4.1 最大10時間

ACTIVO『CT10』のスペック表。

■ACTIVO『CT10』のポイント

  • OSアップデートでSpotify等に対応。
  • Astell&Kernサウンドが安価に聞ける。
  • 分かりやすいインターフェース周り。
  • USB DACとしても利用可能。

ACTIVO『CT10』は、iriverのグループ企業ということもあり、あのAstell&Kernのサウンドが安価に手に入るのが魅力。
さすがにインターフェースは乏しいが、可愛い見た目と電脳少女シロが好きならおすすめかも。

iBasso Audio(中国)

iBasso Audio(中国)

『iBasso Audio』は、中国深セン発のオーディオメーカー。おそらくDAP界隈ではかなり有名になった気がする。まさにiBasso AudioかFiiOかのような。それくらいメジャーになったメーカー。

【1】DX220|おすすめ

【1】DX220|おすすめ
OS DAC ハイレゾ バランス出力 内蔵メモリー microSD I/O Bluetooth 連続再生時間
Android ES9028PRO ×2 64GB 最大2TB 3.5mmステレオミニ
2.5mmバランス
光デジタル出力
USB Type-C
5.0 最大9時間

iBasso Audio『DX220』のスペック表。

■iBasso Audio『DX220』のポイント

  • AndroidベースのOSでSpotify等に対応。
  • アンプモジュール交換可能。
  • USB PD・QC 3.0対応。
  • Bluetoothのバージョンが5.0。
  • 光デジタル出力・同軸デジタル出力の両対応。

10万円出せるならiBasso Audio『DX220』がおすすめ。
美しいデザイン。洗練されたインターフェース。Android搭載機としてのスペックも悪くない。そして、アンプモジュールが交換できるという遊びも楽しい。

まとめ「高級DAPでもSpotify対応はデフォになってる!」

まとめ「高級DAPでもSpotify対応はデフォになってる!」

DAP界隈はAndroidベースのカスタムOSが主流となってきている。なので、基本的にはSpotifyなどの音楽ストリーミングサービスに対応していないDAPのほうが少なくなってきている。

だからこそ、ピュアに操作性の良さ・音質・拡張性で選びやすい時代になったと言える。高級DAPでハイレゾ音源とSpotifyを同時に楽しむなんていかが?

さたえり

高級DAPは中韓が強い傾向が如実に出てる感じやね!

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

これはDAP買うフラグですなー!?

さたえり

そうやね!
オーオタを復活させようかって思ってるんよね!

まの

無駄遣いする人が2人に増えましたわ…。

さたえり

えー、高級DAPは無駄遣いやないのになぁ。

おわり