【レビュー】RAVPower RP-PC104—極薄な次世代型充電器[PR]

【レビュー】RAVPower RP-PC104—極薄な次世代型充電器[PR]

キーワードは『窒化ガリウム』だ。

最大45W出力が可能なのに…薄い!次世代の充電器と言っても過言ではないRAVPower『RP-PC104』を比較レビューします!

四条ねこ
今回は、SUNVALLEY JAPAN様から商品提供を頂きましたー!
あ…もち、正直な感想を言うのでよろしくね〜!
まの
45Wで厚さ16mmらしいですね。
四条ねこ
そうそうっ!
高出力なのに薄い、その秘密こそ『窒化ガリウム』なんだね〜♪

RAVPower『RP-PC104』とは

RAVPower『RP-PC104』。

RAVPower『RP-PC104』。

■良いトコ

  • 45Wの高出力なのに薄い本体。
  • USB PD対応。
  • 過電流・過電圧防止機能搭載。
  • 18ヶ月の製品保証。
■悪いトコ

  • コンセント穴を塞ぎやすい形。
  • USB充電器の中では高価。

今回レビューするのは、RAVPower『RP-PC104』です。いわゆる“USB充電器”と呼ばれているものですね。

製品名 RP-PC104
メーカー RAVPower
インターフェース USB Type-C(USB PD対応)
最大出力 45W
寸法 80×56×16mm
重量 82g

45Wと言われてもピンと来ないと思います。
MacBook付属のものが30W、13インチMacBook Pro付属のものが61W、を参考値として頭に入れておいてください。すると小ささが分かると思います。

外観・インターフェース

鮮やかなパッケージングにシンプルな中身。

鮮やかなパッケージングにシンプルな中身。

『RP-PC104』内容物

  • RP-PC104本体
  • 説明書

RAVPowerのカラー…可愛いですよね!
付属品などがないので、こんな感じぐらいで読み進めてください。

四条ねこ
一応、説明書をチェ〜ック♪
説明書に記載されている『RP-PC104』のスペック表。

説明書に記載されている『RP-PC104』のスペック表。

上画像は、製品に付属している説明書です。
文字が潰れてしまっていて見えにくいかも知れませんが、クリック(タップ)で拡大表示できます。気になる人は確認してくださいね!

四条ねこ
ここからは…本体を見ていくぞー!
本体裏面。

本体裏面。

すでに本体表面を見せているので、本体裏面を見てみます。

小さい…のですが、これでは伝わりにくいと思うので、後でMacBook Pro 13インチなどの充電器とサイズ比較しています。

本体下面。

本体下面。

本体下面には、最大45W出力のUSB Type-C端子が1つ備わっています。

この手のUSB充電器は、複数口あるのが多いですが、今回の『RP-PC104』は1つのみです。ただ、『USB PD』に対応しているのはポイント高いです。

まの
ちなみに質感はどんな感じですか?
四条ねこ
光沢感があるけど、角の処理も綺麗だからチープな感じはないよ〜!

詳細レビュー

とにかく薄い

厚さ16mmは伊達じゃない。

厚さ16mmは伊達じゃない。

本体を横向きにしてみました!

四条ねこ
すっごい薄いっ!ぴゃー!

iPhone XSが7.7mmなので、2台重ねると同じぐらいですね。
そう考えると、この『RP-PC104』の薄さが凄いことに気づきます…。

当然、折りたたみプラグ。

当然、折りたたみプラグ。

ちなみに、こんなに薄いのにしっかり“折りたたみプラグ”だったりします。

薄いながらにしっかりこういう機構を入れているのは、非常にポイント高いですよね。折りたたみプラグを、充電器購入の条件に入れている人も多いハズ。

45W・USB PD対応

同社製品の『RAVPower USB-C to USB-C ケーブル』と接続した様子。

同社製品の『RAVPower USB-C to USB-C ケーブル』と接続した様子。

せっかくなので、以前から使っている同じRAVPowerの『RAVPower USB-C to USB-C ケーブル』を接続してみました。白×白で美しい…。

実際にMacBook Pro 13を充電してみたのですが、45Wは充電が早いです。
純正の61Wには敵いませんが、個人的にはこれでも十分許容範囲内の充電速度に感じました。

四条ねこ
この『RAVPower USB-C to USB-C ケーブル』もオススメだったりするんだよね〜。

この『RAVPower USB-C to USB-C ケーブル』もUSB PD対応なので、合わせて購入するといい感じですね!

他社のUSB充電器と比較

Apple純正とAnkerのものとサイズ比較。

Apple純正とAnkerのものとサイズ比較。

出力が違うので、純粋な比較にはなりませんが、所有していたUSB充電器とサイズ比較をしてみたいと思います。

気に入って使っているAnker『Anker PowerPort 4』とサイズ比較してみました。

四条ねこ
『Anker PowerPort 4』は、USB Type-Aが4ポートで40Wだよっ!

「あれ?Anker PowerPort 4のほうが良くない?」

一見、そう思ってしまいますが、AnkerのほうはUSB PD未対応です。
実は、USB PDに対応すると充電器が大きくなる傾向があります。これは他社製品を調べてもらえば分かるはず。そう考えると、5W大きくUSB PDに対応した『RP-PC104』の凄さが分かってくるはずです。

お次は、Apple純正『61W USB-C電源アダプタ』とサイズ比較してみます。

四条ねこ
MacBook Pro 13インチに付属している充電器だよー!

ワット数は低くなってしまいますが、これは全然違いますね。
持った感じも『RP-PC104』のほうが、断然軽いです。

こんな人にオススメ!

ノマドや出張に使える!

ノマドや出張に使える!

  • ノマドワーカーな人。
  • 出張が多い人。
  • サブの充電器として持っておきたい人。
四条ねこ
コンパクトで高出力だから、サブとして普段からバッグに入れておくのが、私のオススメの使い方だよ〜!
まの
薄くて軽いなら、場所も取らないですしね!

まとめ:次世代は薄い

この“モノリス感”も…エモい。

この“モノリス感”も…エモい。

この『RP-PC104』は、ちょっとお値段は張るが、コンパクトで高出力なUSB PC対応充電器を探しているなら良い選択肢になると感じました。

四条ねこ
この『窒化ガリウム』が使われていることによって、

  • エネルギー効率が高くなる
  • 発熱が抑えられる
  • 本体をコンパクトにできる

みたいだよー!エモいっ!

私もリケジョでしたが、こういう新時代のテクノロジーが使われているプロダクトを触ると、何だか興奮してします!

さたえり
や…やばい人やん。
四条ねこ
ええー?そうなるのー?

なんと今回、提供してくださったSUNVALLEY JAPAN様のご厚意で、この記事を読んでくださった人に…なんと、期間限定“20%オフ”クーポンをプレゼント!

クーポンコード:8viPC104★(終了しました)

四条ねこ
クーポンコードは…

  • 12月12日(水)23:59まで

だから注意してね〜!

これから『窒化ガリウム』の時代だ!

おまけ

四条ねこ
ほんと…薄いな〜。
さたえり
これで45W出力って、どうなってるんやろうね?
四条ねこ
一昔前なら、クラウドファンディングに出てきそうな感じだよねっ!
まの
確かに、それくらいのエポックメイキングな感じしますよね!

おわり