【レビュー】AUKEY『Omnia 100W《PA-B5》』—100W出力!Omnia史上最大パワーのUSB PD充電器

【レビュー】AUKEY『Omnia 100W《PA-B5》』—100W出力!Omnia史上最大パワーのUSB PD充電器
記事のポイント
  • USB PD規格上最大の100W出力対応の超弩級充電器!
  • 100W出力でこのサイズ感と軽さは驚異的!
  • ちょっと気になるトコはあるけど許容できればアリ!

OmniaでGaNなUSB充電器3つめ!

100W出力のUSB PD充電器、AUKEY『Omnia 100W《PA-B5》』をレビュー。窒化ガリウム(GaN)半導体をベースに独自カスタムをした『OmniaChip』搭載のUSB PD充電器な本機。ついに出た、規格上限の100W出力…チェックしますぞ!

二条ねこ

ついに、100WのUSB PD充電器が降臨したのだっ!

まの

さすが、OmniaChipですわね。

さたえり

ついにここまで来たんやね!

AUKEY『Omnia 100W《PA-B5》』って?

AUKEY『Omnia 100W《PA-B5》』全体画像

AUKEY『Omnia 100W《PA-B5》』全体画像

Omnia 100W《PA-B5》ってなに?

GaNベースのAUKEY独自開発『OmniaChip』を搭載した、USB PD規格上最大である100W出力対応のUSB PD充電器。USB-Cは1ポート構成。

7
  • 100W出力で世界最小クラス。
  • 100W出力で世界最軽量クラス。
  • USB PD規格上最大の100W出力可能。
  • USB-CからQCが出ている。
  • USBは1ポートだけ。
二条ねこ

MacBook Pro 16″の『96W USB-C電源アダプタ』がデカ重で嫌。
…そんな人のためのリプレース先になるUSB PD充電器であーる!

スペック表
製品名 Omnia 100W
型番 PA-B5
メーカー AUKEY
最大出力 100W
インターフェース USB Type-C ×1
USB PD ○(USB PD 3.0)
急速充電
USB-C出力 USB PD 5V・3A
9V・3A
12V・3A
15V・3A
20V・5A
サイズ 57×57×32mm
質量 150g
備考 窒化ガリウム半導体採用

本体チェック

Omnia 100W《PA-B5》前面

Omnia 100W《PA-B5》前面

■インターフェース

  • USB Type-C ×1

Omnia 100W《PA-B5》のサイズは 57×57×32mm で、重さは150g。USB PDに対応したUSB Type-Cポートを1つ搭載しており、最大100W出力。AUKEY曰く、100W充電器の中では、最小最軽量クラスとのこと。…確かに、かなーり小さい。

Omnia 100W《PA-B5》のポート構成は、USB PDに対応したUSB Type-Cポートが1ポートのみ。なので、ここからUSB PD規格上最大である100Wが出力されるわけです。LEDインジケーターは、Omniaシリーズ恒例のホワイトLED。

そして、毎度のごとく製品名がややこしい。海外では『Omnia 100W』、日本では『オムニア 100W PD対応』や『100W GaN充電器』、となっています。なお、型番は『PA-B5』。普通に海外と同じ製品名か型番に統一して呼んでほしい……。

Omnia 100W《PA-B5》後面

Omnia 100W《PA-B5》後面

■インターフェース

  • ACプラグ ×1

Omnia 100W《PA-B5》の後面には、可動式のACプラグ(スイングプラグ)を搭載。

Omnia 100W《PA-B5》上面

Omnia 100W《PA-B5》上面

Omnia 100W《PA-B5》の上面には、特に何もなし。

Omnia 100W《PA-B5》下面

Omnia 100W《PA-B5》下面

Omnia 100W《PA-B5》の下面には、認証関係やUSB出力に関する仕様の記載があります。

当然、PSEマークあり。そして、TÜV Rheinlandのロゴマークも。最近のUSB充電器は、当然のようにTÜV Rheinlandをパスしているようですね。

Omnia 100W《PA-B5》左面

Omnia 100W《PA-B5》左面

Omnia 100W《PA-B5》の左面には、おなじみの“AUKEY”ロゴマークが刻印されています。

Omnia 100W《PA-B5》右面

Omnia 100W《PA-B5》右面

Omnia 100W《PA-B5》の右面には、ロゴマークの刻印なし。ロゴは左面だけ。

付属品チェック

Omnia 100W《PA-B5》付属品

Omnia 100W《PA-B5》付属品

■Omnia 100W《PA-B5》の付属品一覧

  • ユーザーズマニュアル

Omnia 100W《PA-B5》の付属品は、AUKEYおなじみのユーザーズマニュアルのみ。ケーブルは付属していないので、別途5Aケーブルを用意しましょう。あと、AUKEYといえばの鍵マークのステッカーも付属。

AUKEY『Omniaシリーズ』USB PD充電器の比較と総まとめ

AUKEY『Omniaシリーズ』USB PD充電器の比較と総まとめ

2020年7月5日

ベンチマーク

二条ねこ

USB PD充電器の選び方については、こちらの記事からどぞー。

Vbus Hot

チェッカーで確認したところ、シンク(デバイス)未接続時にはソース(Omnia 100W《PA-B5》)から電圧がかかっていないことが確認できました。なので、こちらはVbus Hotではありませんでした。

Bridged CCs

USB-IF認証済のeMarkerチップ搭載の5Aケーブル(Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1 (Gen2) ケーブル)を接続したところ、Omnia 100W《PA-B5》で接続が検出され、充電が開始されていました。

PDO

Revision Power Delivery 3.0
PDO 5V・3A
9V・3A
12V・3A
15V・3A
20V・5A

Omnia 100W《PA-B5》のPDO

Omnia 100W《PA-B5》のUSB PDのRevisionは、公称どおり『Power Delivery 3.0』でした。テスターで確認したPDOは上表のとおり。仕様に明記されている出力と差異のないものでした。

急速充電規格

USB Type-Cポート(USB PD)から、Apple独自の急速充電規格(2.4A)とQuick Chargeが検出されました。

ただ、何度やっても急速充電規格のチェックの途中でエラーを吐いてしまった(ケーブルを替えても同じ結果)ので、ここの部分のベンチマークについては不十分な可能性があるので、その点だけご了承を。上記は検出できたものだけ掲載しています

使ってみた

最大100WのUSB PD出力

ついにAUKEYからも、100W出力USB PD充電器が出た。

ついにAUKEYからも、100W出力USB PD充電器が出た。

100W出力に対応したUSB PD充電器というのはボチボチ出始めていたのですが、ついにAUKEYからも登場。そして、この100W出力こそOmnia 100W《PA-B5》のアイデンティティー

MacBook Pro 16インチを余裕で充電可能。

MacBook Pro 16インチを余裕で充電可能。

100W…ということは、USB PDの規格上最大値。なので、USB PDの規格の範疇であるデバイスならば、何でも充電可能ということ。

このサイズでMacBook Pro 16インチを充電できる驚き。

このサイズでMacBook Pro 16インチを充電できる驚き。

おそらく、一番の活躍の場は、標準で96WのUSB PD充電器(96W USB-C電源アダプタ)が付属している『MacBook Pro 16インチ』(レビュー)でしょう。

96W USB-C電源アダプタより圧倒的に小型軽量。

96W USB-C電源アダプタより圧倒的に小型軽量。

96W USB-C電源アダプタ → Omnia 100W《PA-B5》 とリプレースすれば、ご覧のとおり。Apple純正のUSB PD充電器も可愛いので好きなんだけど、やっぱり小さいは正義かもと思ってしまう。

【レビュー】Apple『96W USB-C電源アダプタ』—表記は変だけどオーソドックスなUSB PD充電器

【レビュー】Apple『96W USB-C電源アダプタ』—表記は変だけどオーソドックスなUSB PD充電器

2020年7月4日

OmniaChipという未来

AUKEY独自のGaN半導体『OmniaChip』を採用。

AUKEY独自のGaN半導体『OmniaChip』を採用。

Omnia 100W《PA-B5》が、100W出力という高出力でありながらも小型・軽量な理由、それこそ『OmniaChip』という窒化ガリウムパワー半導体(GaN Power IC)のおかげ。

最近のUSB PD充電器が軒並み、高出力で小型軽量な理由こそ、この窒化ガリウムパワー半導体を採用しているから。

多くのメーカーが採用している窒化ガリウムパワー半導体は、Navitas Semiconductor社の『GaNFast』というものなのですが、このAUKEYのOmniaに限っては、『OmniaChip』という専用チップを使っているところが面白い。このOmniaChipもNavitas Semiconductorが関係しているのですが、おそらくAUKEY独自チューニングが入っているからこそ、他社のUSB PD充電器よりも小型軽量にできているのでしょう。

二条ねこ

うーん、科学と未来の香りですなー。

AUKEY OmniaChipとは?—Navitas共同開発の次世代GaN Power IC

AUKEY OmniaChipとは?—Navitas共同開発の次世代GaN Power IC

2020年7月13日

USB-Cポートは1ポートだけ

USBは1ポートのみなので、同時充電は不可。

USBは1ポートのみなので、同時充電は不可。

惜しむらくは、USB Type-C(USB PD)が1ポートしかないこと。なので、デバイスを複数台まとめて充電はできません。もし、複数台充電したいなら、Omnia Duo 100W《PA-B6》を選ぶことになります。

100Wで充電するには、別途5Aケーブルが必要。

100Wで充電するには、別途5Aケーブルが必要。

そうそう、USB PDの100W充電(5A充電)をするためには、eMarkerが内蔵された5Aケーブル(E-Markedケーブル)が必須になります。今回のOmnia 100W《PA-B5》には、5Aケーブルが付属していないので、自分で用意する必要がありますので注意。

▽5Aケーブル(E-Markedケーブル)

まとめ「微妙に挙動は気になるけど100Wでこのサイズは凄い」

100W出力でこのサイズ感は異様に小さいぞ。

100W出力でこのサイズ感は異様に小さいぞ。

そういうわけで、AUKEY『Omnia 100W《PA-B5》』のレビューを総括すると…

  • USB PDの規格上最大である100W出力対応
  • 100W出力充電器では小型最軽量トップクラス
  • 5Aケーブルは別売り
  • 急速充電規格の挙動は気になる

という感じでした。

なぜ、急速充電規格のチェックの途中でエラーを吐いてしまうのかは謎。そこが気にならないといえば嘘になるのですが、PDOなどはちゃんとしていたので一安心。ここまで小型軽量な100W出力のUSB PD充電器はないので、そういう意味では希少性はあり。USB PDとQCの関係性は政治的なものも匂いますし、深く気にしないほうが無難かも……。

二条ねこ

関係ないけど、独自急速充電規格が完全にややこしい原因だよねー。

【レビュー】AUKEY『Omnia Mix 65W《PA-B3》』—AもCも搭載!60W超で小型なニクいUSB PD充電器

【レビュー】AUKEY『Omnia Mix 65W《PA-B3》』—AもCも搭載!60W超で小型なニクいUSB PD充電器

2020年7月1日

【レビュー】AUKEY『Omnia Duo 65W《PA-B4》』—Omniaの力!超小型で65W出力可能なUSB PD充電器

【レビュー】AUKEY『Omnia Duo 65W《PA-B4》』—Omniaの力!超小型で65W出力可能なUSB PD充電器

2020年7月2日
この記事で紹介したガジェット

おまけ

まの

確かに、急速充電規格測定時の挙動は気になりますわね。

二条ねこ

テスターが壊れていたわけじゃないし、3Aケーブルに替えても同じ挙動だったし、ひょっとしたら今回の個体がダメだったのかもだねー。

さたえり

じゃあ、もう1つ買って試してみるとか?

二条ねこ

それはそれで困るあーる。

おわり