【レビュー】Kingston『UV500』—Marvell製コントローラー採用の高コスパSSD[PR]

【レビュー】Kingston『UV500』—Marvell製コントローラー採用の高コスパSSD[PR]
7
  • コントローラーがMarvell製。
  • SSDの中でも安価で入手しやすい。
  • DRAMキャッシュ搭載。
  • キャッシュの詳細が不明。
  • 超弩級な高速SSDではない。

安価だけどMarvell。

フラッシュメモリーで有名なKingstonから発売されているSSD、『UV500』をレビュー。安価なSSDですが、Marvell製コントローラーを搭載していることもあり、注目に製品かも?

二条ねこ

おなじみの“例の顔”がドドーンっと!

まの

Kingston自体は、DRAMモジュールで世界1位のシェアのようですね。

二条ねこ

そんなトップランナー企業のコスパ重視SSDってことですな〜♪

Kingston『UV500』とは?

Kingston『UV500』全体画像。

Kingston『UV500』全体画像。

UV500のポイント

  • Marvell製コントローラー搭載。
  • 正規代理店5年保証。
  • 自己暗号化ドライブ『TCG Opal 2.0』対応。
  • 容量を5種類(120GB〜1.92TB)まで幅広くラインナップ。
  • フォームファクターが3種類(2.5″・M.2・mSATA)ラインナップ。

今回レビューするのは、Kingstonから発売されている『UV500』シリーズのSSD。UV500シリーズ自体は、3つのフォームファクターに対応していますが、今回Kingston様から提供してもらったのは2.5インチ版です。

二条ねこ

Kingstonってどちらかと言ったら、コスパ重視なSSDって印象だよね〜!

UV500のスペック
製品名 UV500
メーカー Kingston
フォームファクター 2.5インチ
コントローラー Marvell 88SS1074
NANDフラッシュ 3D TLC NAND(Kingston製)
DRAMキャッシュ ?GB
読み込み速度 520MB/s
書き込み速度 500MB/s
TBW 100TB
HDDとSSD比較!寿命・消費電力・長期保存の考察—SSD最強説は本当か?

HDDとSSD比較!寿命・消費電力・長期保存の考察—SSD最強説は本当か?

2019年6月10日

本体

UV500の表面。

UV500の表面。

表面にはKingstonおなじみの“赤い顔”(レックス)がデカデカとエンボス加工でお出まし。あ…このSSDのは……赤くないや。それはともかく、シャーシ(筐体)は、アルミ製でした。

UV500の裏面。

UV500の裏面。

裏面には製品型番やシリアルらしき記載など、情報が書かれたシールが貼付されています。

二条ねこ

レビューの最後で、SSDを分解してチップを確認しているよー!(保証が失効するから、良い子は真似しないでね)

ココがGOOD

価格:安価でコスパも高い

UV500はコスパ抜群のSSD。

UV500はコスパ抜群のSSD。

SSD自体の価格が数年前に比べると、びっくりするくらい下がっているが、それを考慮してもUV500は比較的安価な部類に入る。

今回レビューしている240GBなら4千円弱、960GBなら1.3万円弱、とかなりのコストパフォマンスの高さ。価格重視なら、これだけでも購入の決定打になりえるかもしれない。

TBW:公表していることを褒めたい

特別長寿命ではないが、TBWを公表していることに意義がある。

特別長寿命ではないが、TBWを公表していることに意義がある。

Kingston『UV500』のTBW(Total Byte Written)は、

  • 120GB:60TB
  • 240GB:100TB
  • 480GB:200TB
  • 960GB:480TB
  • 1.92TB:800TB

となっている。

TBWが特別長いわけではない(低いわけでもない)ですが、こうやってメーカーで寿命を公表していることが嬉しいところ。TBWやコンポーネントを公表することによる信頼性の確保が、Kingstonにはなされているということです。さすがは老舗。

二条ねこ

TBWについては、SSDとは何かの記事で解説してるよー!

ココがBAD

排熱:熱伝導シート未貼付

サーマルコンパウンドが見当たらなかった。

サーマルコンパウンドが見当たらなかった。

UV500の筐体はアルミ製なので、排熱に配慮しているものと思われる。ただ、基板から出る熱を伝えるためのサーマルコンパウンドなどが見当たらなかった。なくても大丈夫との判断かもしれないが、気分的にはせっかくのアルミ製筐体を活用してほしかったところ。

二条ねこ

うーむ…謎あーる。

ベンチマーク

CrystalDiskMark

ベンチマークとして、まずは定番の『CrystalDiskMark』を使用しました。

容量による結果の差分を見るため、一般的な1GiB(ギビバイト)に加え、50MiBが32GiBといった幅を持たせてベンチマークを計測しました。

50MiB

UV500のCrystalDiskMark(50MiB)の結果。

UV500のCrystalDiskMark(50MiB)の結果。

  読み込み 書き込み
シーケンシャル 539.9MB/s 520.6MB/s
ランダム 309.1MB/s 225.1MB/s

CrystalDiskMark(50MiB)のスコア。

シーケンシャルの読み書き速度を見ると、しっかり公称値どおりの転送速度が出ています。

1GiB

UV500のCrystalDiskMark(1GiB)の結果。

UV500のCrystalDiskMark(1GiB)の結果。

  読み込み 書き込み
シーケンシャル 540.4MB/s 520.3MB/s
ランダム 297.9MB/s 256.9MB/s

CrystalDiskMark(1GiB)のスコア。

一般的な1GiBで計測しても、しっかり公称値どおり。

4GiB

UV500のCrystalDiskMark(4GiB)の結果。

UV500のCrystalDiskMark(4GiB)の結果。

  読み込み 書き込み
シーケンシャル 538.1MB/s 416.8MB/s
ランダム 281.1MB/s 205.0MB/s

CrystalDiskMark(4GiB)のスコア。

4GiBで計測しても、1GiBとほぼ変化なし。おそらく、キャッシュが効いているのでしょう。

16GiB

UV500のCrystalDiskMark(16GiB)の結果。

UV500のCrystalDiskMark(16GiB)の結果。

  読み込み 書き込み
シーケンシャル 537.4MB/s 437.1MB/s
ランダム 162.6MB/s 219.2MB/s

CrystalDiskMark(16GiB)のスコア。

16GiBにもなると、ランダムリードが下がり始めています。

32GiB

UV500のCrystalDiskMark(32GiB)の結果。

UV500のCrystalDiskMark(32GiB)の結果。

  読み込み 書き込み
シーケンシャル 536.2MB/s 357.8MB/s
ランダム 162.9MB/s 217.2MB/s

CrystalDiskMark(50MB)のスコア。

最後は32GiB。さすがに、ランダムリードは16GiBより下がったものの、思ったよりも検討した印象でした。

二条ねこ

キャッシュとMarvell製コントローラーのおかげですな〜。

AS SSD Benchmark

お次は、『AS SSD Benchmark』というベンチマークソフトの結果を載せておきます。

UV500のAS SSD Benchmarkの結果。

UV500のAS SSD Benchmarkの結果。

全体のスコアは823でした。当然、高価なSamsungやIntelのSSDにはスコア負けしますが、安価なSSDとしては悪くない数値と言えます。

補足

内部コンポーネントのチェック

SSD分解の際の注意点

UV500を分解すると保証が受けられなくなります。購入ユーザーは決して真似しないでください。

二条ねこ

分解してみたし、コンポーネントをチェックするぞー!

SSD筐体の半分も満たないコンポーネント。

SSD筐体の半分も満たないコンポーネント。

アルミのシャーシ内にある青い基板がSSDのキモ。2.5インチ筐体に対して半分ぐらいのサイズ。非常にゆとりのある感じになってます。やはり、SSDはコンパクト。

NAND型メモリーコントローラー

UV500のNAND型メモリーコントローラー。

UV500のNAND型メモリーコントローラー。

UV500のNAND型メモリーコントローラーは、Marvell製『Marvell 88SS1074』でした。こちらはスペック表に書かれているとおり。

Marvell 88SS1074自体は、わりとハイエンド向け(発売時)なNAND型メモリーコントローラーで、28mmプロセス・4チャンネル接続となっている。実際、NAND型フラッシュメモリーが4つ搭載されているので、しっかり4チャンネル接続の恩恵が受けられているはず。

NAND型フラッシュメモリー

UV500のNAND型フラッシュメモリー。

UV500のNAND型フラッシュメモリー。

UV500のNAND型フラッシュメモリーは、Kingston製『FH64B08UCT1-60』でした。おそらく、こちらは刻印はKingstonですが、TOSHIBA/SanDisk BiCS3 64層3D TLC NANDと思われる。

二条ねこ

ハイフン以降の末尾の数字は、おそらくNANDフラッシュの容量だね〜♪

DRAMキャッシュメモリー

UV500のDRAMキャッシュメモリー。

UV500のDRAMキャッシュメモリー。

UV500のDRAMキャッシュメモリーは、Kingston製『H11367-01』でした。ただ、全然情報がなくキャッシュの容量も不明。価格帯から考えて、Nanya製ではないかと予測しますが…謎。

まとめ「超弩級ではないがコスパ優れるSSD」

Marvell製コントローラーが光る高コスパSSD。

Marvell製コントローラーが光る高コスパSSD。

KingstonのSSD『UV500』をレビューしてきましたが、比較的安価なSSDなので、超弩級…というわけではありませんでした。ただ、公称値どおりの読み書き速度は出ていましたし、費用対効果は高いと感じました。

SSDのキモとなるコントローラーもMarvell製ですし、キャッシュが搭載されています。ですので、古いノートのHDD換装用や安価に自作PCを組む際におすすめなSSDだと言えます。

二条ねこ

高いお金は出せないけど、平均的以上のSSDが欲しいなら良きですな〜♪

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

5千円以下で、ここまで安定した速度が出せるSSDが売っている時代になってのですな〜。

まの

良い時代になりましたね。CPUも安価で高性能なものが増えましたし。

二条ねこ

しかも、選択肢が幅広くなったよねっ!

おわり