mineoが『eSIM(au回線)』の提供開始

MVNOのau回線eSIMがついに登場
mineoが『eSIM(au回線)』の提供開始
記事のポイント
  • mineoがついに『eSIM』提供開始(2022年8月24日〜)
  • コンシューマ向けのMVNO系eSIMとしては初のau回線
  • mineo eSIMはAPN構成プロファイルのインストール必要

2022年8月24日より、mineo』でおなじみのオプテージが、au回線のeSIMを提供開始しました。2023年2月には、docomo回線のeSIMも提供予定。……選択肢が広がりつつあります。

二条ねこ
  • 『マイピタ』プラン
  • 『マイそく』プラン

au回線なら、どのプランでもeSIMにすることが可能だそうでっ!

さたえり

MVNOにも、ついにeSIM普及の流れが来たんやね!

まの

iPhoneで利用する場合、『APN構成プロファイル』のインストールが必須となっているので、他回線とのデュアルSIM構成をする際には、組み合わせに気をつけないといけませんわね。

mineoがeSIM提供開始

Image:OPTAGE

冒頭で触れたとおり、MNVO『mineo』を提供しているオプテージが、『mineo Aプラン(au回線)』にて、eSIMの提供を2022年8月24日より開始しております

今までのコンシューマ向けMVNO系eSIMは、総じて『docomo回線』でした。しかし、今回のmineo eSIMでは『au回線』にて提供されます。MVNO系eSIMでau回線対応は、このmineoが初とのこと。

また、『mineo Dプラン(docomo回線)』でのeSIM提供も予定しており、こちらは2023年2月より開始される。なお、『mineo Sプラン(SoftBank回線)』でのeSIM提供に関しては、現時点では対応未定となっております。

二条ねこ
  • Aプラン(au回線) → eSIM対応
  • Dプラン(docomo回線) → eSIM対応予定
  • Sプラン(SoftBank回線) → 未定

……こんな感じですな!

mineoのeSIM概要

Image:mineo

対応回線 Aプラン(au回線)
Dプラン(docomo回線)
(2023年2月提供開始予定)
対応プラン マイピタ
(デュアルタイプ/シングルタイプ)
マイそく
(デュアルタイプ/シングルタイプ)
契約事務手数料 3,300円
SIMプロファイル発行料 440円
再発行事務手数料 0円

mineo eSIMは、『マイピタ(デュアルタイプ/シングルタイプ)』および『マイそく(デュアルタイプ/シングルタイプ)』、いずれの料金プランにも対応しています。

なお、新規契約時には『契約事務手数料(3,300円)』と『SIMプロファイル発行料(440円)』が発生します。

また、Web申し込みの際は、Liquid社が提供するオンライン本人確認サービス『LIQUID eKYC』を用いる。この場合、最短だと即日でeSIM発行が可能(翌日以降になる場合もあるとのこと)。

iOS
  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone 12シリーズ
  • iPhone 11シリーズ
  • iPhone XSシリーズ
  • iPhone XR
  • iPhone SE (第3世代)
  • iPhone SE (第2世代)
Android
  • Rakuten Hand 5G
  • Rakuten BIG s
  • Rakuten BIG
  • Rakuten Hand
  • Rakuten Mini
  • AQUOS wish
  • AQUOS sense6
  • Xperia 10 IV
  • Xperia 10 III Lite
  • OPPO Reno7 A
  • OPPO Reno5 A
  • OPPO A55s 5G
  • OPPO A73
  • moto g52j 5G
  • Redmi Note 10T
  • Redmi Note 11 Pro 5G

※2022年8月30日時点

mineoが発表している動作確認済み端末は上表のとおりで、eSIMが利用可能なiPhoneであれば原則的に対応しております。ただし、iPadの動作確認については、現時点では公表されておりません。

二条ねこ
  • SIMフリー版
  • au版
  • 楽天モバイル版
  • mineo版

これらのスマホが動作確認済みということですな。

mineoのeSIMにおける注意点

mineo eSIMをiPhone/iPadで利用する場合、『APN構成プロファイル(apn.mobileconfig)』のインストールが必須化されております

iPhone/iPadは仕様により、同時に1つまでしか『APN構成プロファイル』を保持することができません

したがって、今回のmineo eSIMを用いて、iPhoneにてデュアルSIM運用しようと考えている場合、mineo eSIM“ではない”ほうのSIMに関しては、APN構成プロファイルのインストールが不要なモバイル回線(例:ahamo)でないと同時利用はできません。

また、iPadの場合はさらにややこしく、APN構成プロファイルのインストールが必要なモバイル回線とAPN構成プロファイルのインストールが不要なモバイル回線という組み合わせであっても、SIM切り替えの際に、APNの再設定/構成プロファイルの再インストール、が必要となる場合が大半です。

現時点では、iPadでのmineo eSIMについては動作確認が取られておりませんが、iPhone/iPadでデュアルSIM運用したい場合は、すでにお使いのモバイル回線におけるAPN構成プロファイルのインストール有無を調べてから契約することを強く推奨します。

iPadでのデュアルSIM運用の注意点:APN構成プロファイル必須だと切替時に再設定必要

iPadでのデュアルSIM運用の注意点:APN構成プロファイル必須だと切替時に再設定必要

2022年6月26日

『IIJmio eSIM』は『APN構成プロファイル』不要 → iPhone/iPad用のベストバイ

『IIJmio eSIM』は『APN構成プロファイル』不要 → iPhone/iPad用のベストバイ

2022年6月23日

まとめ「au系MVNO eSIMが到来」

mineoユーザー待望の『eSIM』、ついに提供開始となりました。しかも、MVNO初のau回線でのeSIM。さらに、docomo回線のeSIMまで提供予定です。

すでに本家KDDI(au・povo・UQ mobile)でも、eSIM対応となっていること。APN構成プロファイルのインストール必須なこと。これらを鑑みると「うーん!?」と思ってしまう感も否めません。

……とはいえ、こうやってeSIMの選択肢が増えることは喜ばしいことなのです。

二条ねこ

MVNO系eSIMでAPN構成プロファイルのインストール不要なのは、やっぱりフルMVNOとして提供している『IIJmio』しか出てこなさそうですな(メガキャリア傘下は除く)。

mineoの無制限プラン『マイそく』の仕様を整理する

mineoの無制限プラン『マイそく』の仕様を整理する

2022年3月8日

eSIM対応キャリアまとめ + プラン比較表

eSIM対応キャリアまとめ + プラン比較表

2022年6月5日
記事に登場したガジェット

おまけ

二条ねこ

iPhoneだと『APN構成プロファイル』が必要になってくるから、どちらかといえばAndroidスマートフォン向けかなー!?

まの

やはり、そうなりますよね。

さたえり

データシェア対応なら、って感じやんね。

二条ねこ

SIM切り替えを簡素化するアプリを開発するくらいなら、他社方式のデータシェアに対応してほしいのであーる。

おわり