TWS Plusとは?—メリット・仕組み・接続条件のおさらい

TWS Plusとは?—メリット・仕組み・接続条件のおさらい
記事のポイント
  • TWS Plusでバッテリー長持ち&音途切れが減る!
  • 左右が親機になれる特殊な仕組み!
  • TWS Plusで接続する条件は意外と狭め!

フル活用の条件は厳しい!?

完全ワイヤレスイヤホンを買うと耳にする『TWS Plus』という単語。TWS Plus対応だと“途切れにくい”と言われるけど、実は半分ウソで半分ホント。そんな今回は、実はややこしいTWS Plusについてのお話。

二条ねこ

完全ワイヤレスイヤホンのレビューで耳にするやつだっ!

まの

確か、Qualcommの技術なのですよね?

さたえり

そうそう!
「TWS Plus対応で良き」とか言うけど、何が良いかを改めておさらいって感じやね。

TWS Plusとは?

完全ワイヤレスイヤホンの新技術『TWS Plus』。

完全ワイヤレスイヤホンの新技術『TWS Plus』。

■TWS Plusの概要

  • 完全ワイヤレスイヤホンに使われる技術。
  • Qualcomm独自のテクノロジー。
  • 音ズレが減る。
  • 音途切れも減る。
  • バッテリーが伸びる。
  • 片側だけでも使える。

TWS Plusとは何かについて、かなり簡単にまとめると上記のような感じです。とにかく凄い完全ワイヤレスイヤホンの技術をQualcommが作ったぞってこと!(適当)

正式名称は『Qualcomm TrueWireless Stereo Plus technology』。

正式名称は『Qualcomm TrueWireless Stereo Plus technology』。

そもそも、『TWS Plus』とは、Qualcommが完全ワイヤレスイヤホンに搭載しているテクノロジーのことを指します。このTWS Plusは略称で、正式名称としては『Qualcomm TrueWireless Stereo Plus technology』というネーミング。ただ、一般的にはTWS Plusと呼ばれることが大半です。

さたえり

完全ワイヤレスイヤホン自体も『TWS(True Wireless Stereo)』って呼ぶから、ちょっとややこしいんよね。

完全ワイヤレスイヤホン、購入前5つの確認技術—NFMI・MiGLO・TWS Plusって何?

2019年7月12日

TWS Plusのメリット

TWS Plusのメリットは3つに大別。

TWS Plusのメリットは3つに大別。

このTWS Plusには大きく分けて、下記の3つのメリットがあります。

  • 音楽再生時の音ズレの改善。
  • 音楽再生時の音途切れの減少。
  • イヤホン自体のバッテリー持ち改善。

ご覧のとおり、完全ワイヤレスイヤホンで懸念されているようなポイント、それらがすべて解消されています。特に音途切れが少なくなるというのは、大きなメリットではないでしょうか。

この3つのメリットを生み出したすごーい要因こそ、TWS Plus自体の仕組みにあったりします。そう、完全ワイヤレスイヤホンの中でも、TWS Plusに対応しているものは、通信経路がちょっと“特殊”なのです。

さたえり

そのTWS Plusの仕組みを、次でちょっと見ていくやよ!

TWS Plusの仕組み

左:TWS Plus搭載の完全ワイヤレスイヤホン 右:一般的な完全ワイヤレスイヤホン

左:TWS Plus搭載の完全ワイヤレスイヤホン 右:一般的な完全ワイヤレスイヤホン

簡単にTWS Plus搭載の完全ワイヤレスイヤホンと、そうでない一般的な完全ワイヤレスイヤホンの接続方式を図にしてみました。

一般的な完全ワイヤレスイヤホンの場合

一般的な完全ワイヤレスイヤホンは改善点も多い。

一般的な完全ワイヤレスイヤホンは改善点も多い。

従来の完全ワイヤレスイヤホンでは、イヤホンのどちらか一方(Rが多い)が親機となって、スマホ等と通信します。そして、親機が受け取った音声データを子機(Lが多い)に転送する。これが簡単な仕組みです。

ただ、この接続パターンだとデメリットも多い。
そう、それが完全ワイヤレスイヤホンユーザーの多くを悩ませる、音途切れです。電波状況が悪いと、イヤホン同士のデータの受け渡しが上手くいかず、結果的に音楽がブチブチ途切れてしまうわけですね。
また、このような転送方式を利用すると、左右のイヤホンのバッテリー減少度に偏りが出てしまします。なので、おのずと完全ワイヤレスイヤホン自体のバッテリー持ちが悪くなってしまうというデメリットも。

TWS Plus搭載の完全ワイヤレスイヤホンの場合

TWS Plusで完全ワイヤレスイヤホンの欠点は解消。

TWS Plusで完全ワイヤレスイヤホンの欠点は解消。

そんな完全ワイヤレスイヤホンのウィークポイントを解消したのが、今回のTWS Plus。

仕組みとしては、左右のイヤホンのどちらもが親機となり、スマホ等と通信するというもの。この時点で従来の完全ワイヤレスイヤホンとは、大きく接続方式が異なります。

このTWS Plusの技術(アーキテクチャー)を利用すると、転送しなければならない音声データを半分ずつにして、左右のイヤホンに転送ができるので、結果的に通信が安定化するのです。
また、左右のイヤホンの通信負荷が比較的均等になるので、結果的にバッテリーの負荷が分散され、TWS Plus非搭載の完全ワイヤレスイヤホンよりもバッテリー持ちが良くなるというわけなのです。

二条ねこ

完全ワイヤレスイヤホンを選ぶなら、TWS Plus搭載を選べばバッチリだー!

さたえり

…とはいかないんよね。

二条ねこ

……んごぽよっ!?

TWS Plusでの接続条件

TWS Plusで音楽を聞くには、スマホとイヤホン側の両方が対応していなければならない。

TWS Plusで音楽を聞くには、スマホとイヤホン側の両方が対応していなければならない。

そんな素敵なTWS Plusですが、このテクノロジーで接続するには、

  • 完全ワイヤレスイヤホン側
  • スマートフォン側

の両方がTWS Plusに対応していないといけません。

完全ワイヤレスイヤホン側

完全ワイヤレスイヤホン側のSoCに注目。

完全ワイヤレスイヤホン側のSoCに注目。

完全ワイヤレスイヤホン側のSoCが、

  • QCC5100系(ハイエンド)
  • QCC3026(ミドルレンジ)
  • QCC3020(ローエンド)

のいずれかであれば、イヤホン側はTWS Plus対応です。

QCC5100 Series
SoC TWS Plus
QCC5121
QCC5124
QCC5125
QCC5126
QCC5127
QCC30xx Series
SoC TWS Plus
QCC3020
QCC3024
QCC3026
QCC3034
QCC3021¹
QCC3031¹

¹Voice & Music Applications is Bluetooth Speakers

なお、QCC5100系とQCC3026とQCC3020の違いは、SoCのコア数パッケージサイズ
QCC5100系のみ『aptX Adaptive』というBluetoothコーデックに対応しています。また、QCC3026のほうが、QCC3020よりも相性問題が出にくい(気がする)です。

さたえり

完全ワイヤレスイヤホンのSoCがQCC5100系とかなのかは、メーカーサイトを見ると掲載されていることが多いやよ!

スマートフォン側

スマートフォン側はSnapdragonの上位SoC必須。

スマートフォン側はSnapdragonの上位SoC必須。

スマートフォン側が、

  • ハード
    • SoC:Snapdragon 845
    • SoC:Snapdragon 855
  • ソフト
    • スマホ側のファームウェアでTWS Plus対応

という、ハード面とソフト面の両方に対応しているならば、TWS Plus対応になります。

スマホ側のTWS Plus自体は、Snapdragon 845以上で搭載されたのですが、実際にはSnapdragon 855から対応という感じな模様。
しかも、Snapdragon 855を搭載していたらOKというわけではなく、スマホメーカーがファームウェアでTWS Plusに対応させないとダメというややこしい仕様になっています。

とどのつまり、Snapdragon 855に標準搭載の機能(TWS Plus・aptX Adaptive)をスマホが使えるかは“機種依存”ということになっています。これは困る……。

確認済TWS Plus対応スマホ
端末 TWS Plus
AQUOS R3
Xperia 1
Galaxy S10/S10+ ×
Pixel 4/4 XL ×

※2019年12月時点。アップデートで対応の可能性もアリ。

さたえり

そのせいで、TWS Plusに対応しているスマホがかなり少ないっていう現実が…ね。

まとめ「TWS Plusは超凄い!だけど……!?」

まとめ「TWS Plusは超凄い!だけど……!?」

話してきたように、Qualcommの完全ワイヤレスイヤホンの技術である『TWS Plus』は、良いこと尽くめ!……だけど、まだまだフル活用できる環境は少ないというのが現状です。

完全ワイヤレスイヤホン自体はTWS Plus対応が、もはや当たり前になりつつあります。しかし、肝心のスマートフォンやDAPのほうが対応しきれていない、というのがなんとももどかしい気持ちになってしまいます。

さたえり

あとは、デバイス依存しないTWS Plus(的な)対応なWF-1000XM3を使うとか…やね。

2020年注目の完全ワイヤレスイヤホン3つのトレンド—ノイキャン・外音取込・コンパニオンアプリ

2020年注目の完全ワイヤレスイヤホン3つのトレンド—ノイキャン・外音取込・コンパニオンアプリ

2020年2月9日
この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

ちょっといろいろもったいないよねー。

さたえり

そうなんよね。
むしろ、QualcommのSoCが再生機器との相性問題を引き起こすこともあったりね。

まの

イヤホン界隈も大変ですわね。

おわり

Reference:
Qualcomm(1, 2, 3, 4), 第930回:TWS Plus(True Wireless Stereo Plus)とは – ケータイ Watch