【レビュー】Beats by Dre Powerbeats3 Wireless—異彩を放つワイヤレス

【レビュー】Beats by Dre Powerbeats3 Wireless—異彩を放つワイヤレス

iPhoneの恋人。

iPhoneからイヤホンジャックがなくなり、Bluetoothイヤホンを使う人も増えたはず。その中でもBeatsなイヤホンは親和性が高い!

さたえり
iPhoneと最も親和性が高いBluetoothイヤホンのひとつが、『Powerbeats3 Wireless』やね!
四条ねこ
『BeatsX』じゃなくてー?
さたえり
そっちもいいけど、音質重視なら“断然”こっちやよ!

Beats by Dre『Powerbeats3 Wireless』とは

Beats by Dre『Powerbeats3 Wireless』。

Beats by Dre『Powerbeats3 Wireless』。

■良いトコ

  • 『Apple W1』でApple製品と親和性が高い。
  • 最大12時間駆動なロングバッテリーライフ。
  • 耐汗・防沫仕様でラフに使える。
  • デュアルドライバー搭載。
■悪いトコ

  • 充電がMicro-USB端子。
  • 恩恵を受けるにはApple製品でないとダメ。

今回レビューするのは、Beats by Dre『Powerbeats3 Wireless』です。要するに、ネックバンドタイプのBluetoothイヤホンですね。

製品名 Powerbeats3 Wireless
メーカー Beats by Dre
バッテリー 約12時間
付属品 イヤーチップ、キャリングケース、ユニバーサルUSB充電ケーブル、クイックスタートガイド

Beats製品は仕様の多くが非公表で、『Powerbeats3 Wireless』もデュアルドライバーであることぐらいしか分かりません。

当然、スペック上優れているからといって、音質が良かったり、使い勝手が良かったりするとは必ずしも限らないのですが、公表してくれると評価はしやすいのが本音ですね…。

外観・インターフェース

Beatsらしい統一感のある付属品。

Beatsらしい統一感のある付属品。

『Powerbeats3 Wireless』内容物

  • Powerbeats3 Wireless本体
  • イヤーチップ
  • キャリングケース
  • ユニバーサルUSB充電ケーブル
  • クイックスタートガイド

イヤーチップに関しては後述しますが、通常のタイプとタブルフランジ(2段重ね)の2種類が付属しています。

さたえり
今回は『レジスタンス・ブラックレッド(米国では、Defiant Black-Red)』っていうカラーを買ってみたやよ!
パッケージもスタイリッシュ。

パッケージもスタイリッシュ。

こちらは『Powerbeats3 Wireless』のパッケージです。
Beats製品は、パッケージも統一感があっていいですね!現在はApple傘下となった同社ですが、ここにもAppleらしいエッセンスが入っていると感じます。

さたえり
写真の撮りにくいパッケージ…。
ケースは特別仕様のレッド。

ケースは特別仕様のレッド。

こちらが付属品一覧。
今回レビューするレジスタンス・ブラックレッドは、キャリングケースが“特別仕様”となっていて、カラーがレッドで10周年の刻印が入っています。

ちなみに、Micro-USBケーブルにも“Beats”の刻印が入っています。こういう芸の細かいところが同社らしい感じです。所有欲を満たしてくれますね。

イヤーチップは2種類ある。

イヤーチップは2種類ある。

こちらがイヤーチップです。
前述の通り、ノーマルタイプのイヤーチップが3サイズ(S・M・L)と、ダブルフランジのイヤーチップが1サイズ同梱されています。

『Powerbeats3 Wireless』は耳掛けタイプなので、外れにくいとは思いますが、より密着感や密閉感を出すならば、ダブルフランジのイヤーチップを使うのがオススメです。

『Powerbeats3 Wireless』本体。

『Powerbeats3 Wireless』本体。

こちらが『Powerbeats3 Wireless』本体です。

さたえり
鮮烈な…赤!!
充電はLightningではなく、Micro-USB端子から。

充電はLightningではなく、Micro-USB端子から。

同社の『BeatsX』は端子がLightningなのですが、『Powerbeats3 Wireless』の端子はMicro-USBです。

これに関しては好き嫌いがあると思いますが、個人的にはLightningのほうが嬉しかったりします。もちろん、Micro-USBのほうが汎用性が高いので、こちらを歓迎する人もいると思います。

リモコンで再生・停止などが行える。

リモコンで再生・停止などが行える。

イヤホンの左側にはリモコンがついており、

  • 再生・停止
  • 曲送り・曲戻り
  • 音量調節
  • Siri起動

などができるようになっています。

リモコンがついているBluetoothイヤホンは珍しくないですが、『Powerbeats3 Wireless』は押したときの反応も良く、多機能で使い勝手が高い印象を受けました。

さたえり
ざっくりと外観はこんな感じやよ。
お次は詳細レビュー!

詳細レビュー

耳掛けで外れにくい

ジョギングでも外れにくいイヤーフック。

ジョギングでも外れにくいイヤーフック。

もともと『Powerbeats3 Wireless』は、スポーツ向け色が強いので、装着感が非常に高いです。

イヤーフックのあるタイプは好みが分かれそうですが、慣れてしまえば装着も簡単ですし、ちょっとやそっとでは外れない安心感があります。これならジョギングも大丈夫ですね。

急速充電に対応

5分の充電で約1時間再生可能な『Fast Fuel』機能を搭載。

5分の充電で約1時間再生可能な『Fast Fuel』機能を搭載。

Bluetoothイヤホンで面倒なのが充電だと思います。使いたいときに充電が切れている…なんてこともしばしば。

しかし、この『Powerbeats3 Wireless』には、『Fast Fuel』という“急速充電”機能が備わっています。これにより、5分の充電で約1時間再生可能が可能になるとのこと。これなら充電忘れをしていても、すぐに使いたいときに使えると思います。

接続が一瞬

iPhoneとの接続が一瞬。

iPhoneとの接続が一瞬。

Beats製品はApple製品と非常に親和性が高く、ペアリングが一瞬。面倒な作業も不要。ただ、電源を入れるだけです。

さらに、ペアリングする親デバイスがApple製品なら、バッテリー残量が1%刻みで見れますし、iPhone → Macのようなデバイスを跨いだペアリングも簡単です。

『BeatsX』と比較

同社『BeatsX』と比較。

同社『BeatsX』と比較。

同じくBeats製品である『BeatsX』と『Powerbeats3 Wireless』を比較してみました。

四条ねこ
ひゃー。
『BeatsX』はケーブルが“長い”ね〜。
さたえり
そうなんよ。
あのケーブルの長さが嫌な人なら、『Powerbeats3 Wireless』のほうがオススメやね!

ちなみに音質ですが、『Powerbeats3 Wireless』の圧勝です。

デュアルドライバーのおかげか、Beats特有の元気の良いサウンドもあり、こちらのほうがクオリティーが高いです。解像度も超高級イヤホンほど高くはないですが、『BeatsX』よりかは間違いなく上でしょう。

ケースの比較。

ケースの比較。

さらにちなみに、ケースの比較。
面積は同じぐらいですが、『Powerbeats3 Wireless』の赤いケースのほうが、高さが約2倍ぐらいあります。それでもコンパクトなケースですがね。

こんな人にオススメ!

非常に完成度が高く、万人受けしそう。

非常に完成度が高く、万人受けしそう。

  • スポーツをする人。
  • iPhoneユーザーな人。
  • デュアルドライバーにエモみを感じる人。
  • 充電が面倒に思う人。
さたえり
特にバッテリーが長持ちで急速充電に対応しているのが、オススメできるポイントやと思うんよ。
まの
Bluetoothイヤホンは利便性が高くないとですもんね。

まとめ:異彩を放つ“高機能”ワイヤレス

隠れた名機だと思う!

隠れた名機だと思う!

この『Powerbeats3 Wireless』は、AirPodsやBeatsXの影に隠れている印象があります。(あのふたつは人気ですからね…)
しかし、音質やバッテリー持ち、使い勝手を考慮すると、こちらも負けず劣らず名機だと思います。

さたえり
音質はかなり良いと思うしね!
四条ねこ
Beats=低音のみって感じじゃないのー?
さたえり
低音も出るけど、意外と優等生なイヤホンやと思うやよ!

価格も高くないので、iPhoneユーザーなら超オススメ。Androidユーザーも一聴の価値ありです!

この記事で紹介したガジェット

おまけ

さたえり
今年はイヤホンめっちゃ買ったけど、『Powerbeats3 Wireless』は上位に来るかも?
まの
そんなにですか?
四条ねこ
そうなのー?(毎回「上位に来るかも」とか言ってないー?)
さたえり
美しい『Beoplay E8』に、パワフルな『Powerbeats3 Wireless』って感じやね!

おわり