PayPay残高の有効期限は2年!使い切る方法とその罠についての考察

PayPay残高の有効期限は2年!使い切る方法とその罠についての考察

記事のポイント

  • PayPay残高の有効期限は2年!
  • PayPay残高にはライトとボーナスがある!
  • PayPayと現金は併用払い可能!

CMが頭から離れないのも罠。

キャンペーンによって、一気にQRコード決済のメインストリームになりつつある『PayPay』。しかし、PayPay残高の有効期限が2年ということはご存知ですか?残高を0円に使い切れる方法も記しておきます。

まの
2年の期限には、本当に要注意です。
四条ねこ
銀幕の鏡壁っ!(このあと数回登場します)
さたえり
確かにちょっと罠っぽい仕様かも…。

PayPay残高の有効期限はたった2年

PayPay残高の有効期限はたった2年

QRコード決済PayPayの決済方法に、『PayPay残高』というものがあります。(ほかには『Yahoo!マネー』と『クレジットカード』があります)

そのPayPay残高ですが、なんと“有効期限が2年”です。

四条ねこ
何それひっどーー!
さたえり
2年ってめっちゃ短くない?

PayPayライトまたはPayPayボーナスいずれかの残高が変動した日から2年後です。

Source:PayPay

このようにしっかりとPayPayの公式サイトにも、PayPay残高の有効期限は記載されています。

このPayPay側の記載を見る限り、このたった2年の期限は、PayPay残高を使ったりチャージしたりして増減させれば、事実上の無期限にはなります。ただ、これって、お金としてどうなのでしょうか。これの賛否をさておき、この事実を知らないで使っている人は、とにかく注意してください。

主な電子マネーの有効期限

主な電子マネーの有効期限
種類 PayPay残高 Suica 楽天Edy WAON nanaco Kyash
期限 2年 10年 なし なし なし なし

主な電子マネー系の有効期限。

簡単にですが、主な電子マネー系の有効期限と、PayPay残高の有効期限を比較表にしてみました。

なお、楽天Edyと楽天Edyオンライン(期限:4年)、WAONの電子マネーとWAONポイント(期限:2年)、nanacoの電子マネーとnanacoポイント(期限:2年)は異なるので注意。上記の表は、あくまで電子マネーとしての比較表です。

まの
やはり、こう見てしまうと短いような気も…。

PayPay残高の種類

PayPay残高の種類

ちなみに、この『PayPay残高』ですが、

  • PayPayライト
  • PayPayボーナス

の2種類に大別されます。

まの
これについても知っておく必要があるので、少し解説しておきます。
種類 PayPayライト PayPayボーナス
説明 Yahoo! JAPANカード・Yahoo!ウォレットの預金払い用口座からチャージしたPayPay残高 特典やキャンペーン等の適用でゲットしたPayPay残高(いわゆるポイント還元)
送金
出金
期限 最後の残高変動から2年 最後の残高変動から2年

PayPay残高の種類とその比較表。

要するに、100億円キャンペーンで付与されるPayPay残高は、『PayPayボーナス』ということです。いわゆる、ポイント還元みたいな感じ。このPayPayボーナスは上記のとおりで、個人間送金も銀行口座への出金(現金化)もできません。なので、あくまで契約者本人が使い切る必要があります。

先程説明した、PayPay残高の2年の有効期限は、PayPayライト・PayPayボーナスのいずれも2年となっています。これについては、PayPayのキャンペーンページに記載されています。

PayPay残高をちょうど0円にするには?

PayPay残高をちょうど0円にするには?

そんな、かなり厄介な仕様のPayPay残高ですが、どうにかして、ちょうど残高を“0円”にして使い切れないものでしょうか?

まの
大丈夫です。できますよ。
四条ねこ
そこは、「大丈夫だ、問題ない!」でしょー!
さたえり
はいはい、ややこしいこと言わないの。

PayPay残高をちょうど0円にするには、現金との併用払いをすればOKです。

PayPay残高と現金の併用払いの方法

PayPay残高と現金を併用してする方法は、レジの店員さんに、現金とPayPayの併用で支払いたい旨を伝えるだけです。要するに、クレジットカードと現金の併用払いと一緒の方法。

まの
これはビックカメラで教えてくれました。この場を借りてお礼をしておきます。

PayPay内での支払い方法の併用は不可

これを話し出すとややこしいので、触れるだけにしますが、PayPayアプリ内には前述のとおり3つの支払い方法(PayPay残高・Yahoo!マネー・クレジットカード)があります。

これら3つの支払い方法は、“併用不可”なので注意してください。

四条ねこ
あれれー?
でも、さっきは現金と併用払いできるって言ったじゃんかー!
まの
これはあくまで、PayPayアプリ“内”での話なのですよ。
つまり、PayPayとその他(現金・クレジットカード・ポイント)は併用できるということですね。

正直、PayPayのサイトでは説明不足すぎますね…。Apple Watchを購入したときに教えてくださった、親切なビックカメラなんば店の店員さん、本当にありがとうございました。

PayPay残高2年期限の意図

PayPay残高2年期限の意図

最後に、このPayPay残高の“2年期限”の意図を考えてみます。

まの
これって、永続的にPayPayを使わせる仕組みな気がするのです。
四条ねこ
永続トラップカード発動!銀幕の鏡壁〜♪
さたえり
だから、ほんま黙ろうね。

ここまでの説明で分かるように、PayPay残高の有効期限は2年ですが、PayPay残高をチャージするなりして増減さえさせれば、その期限は無期限になります。

つまり、一度PayPayを使って、PayPay残高を消滅させないように気を使い始めると、ずっとPayPayというサービスを使わないといけなくなるわけなのです。そういう意味では永続トラップカード…と言えるかも知れません。このループに多くの人がハマれば、QRコード決済ないし、キャッシュレスの王者になるわけですね。

四条ねこ
やっぱ、銀幕の鏡壁だったっ!?(遊☆戯☆王いいよねー!)
まの
どうしてもOCGとこじつけたいようですね…。

総評「PayPay残高に気をつけて決済しよう」

総評「PayPay残高に気をつけて決済しよう」

別にPayPayのサービス自体を否定するつもりは、もちろんありません。便利ですからね。ただ、システムが厄介で複雑ということです。

おそらく、多くのPayPayユーザーが100億円キャンペーンで、PayPay残高の“ボーナスのほう”を少なからず持っているはず。もし、あなたがそうであれば、ちゃんとPayPay残高の有効期限には目を通しておきましょう。

まの
PayPay残高の有効期限の確認は、PayPayアプリの『残高』から確認できますので、どうぞです。

私ですか?PayPayは“一応”使っています。

おまけ

まの
PayPayについては、決済フローもややこしいので、またまとめてみます。
四条ねこ
困ったさんなんだねー。
まの
正直、2年の期限について、ユーザーはどう思われるのでしょうかね?
さたえり
どうやろ?5年は欲しいところやんね。

おわり