私、Panasonic『ドルツ』を買う!—虫歯で神経抜いたので“ガチ”で電動歯ブラシを選んだ話

私、Panasonic『ドルツ』を買う!—虫歯で神経抜いたので“ガチ”で電動歯ブラシを選んだ話

神経…抜いたのです。

虫歯で神経を抜いたので、歯に対して真剣に考え始めました。そこで、まずは歯ブラシを買い換えることに!そこで選んだのは…Panasonic『ドルツ』。かなり悩んだ結果これにしたのですが、その理由を語ります。

四条ねこ
ありゃりゃ〜、神経抜いちゃったかー。
さたえり
そうなんよ…。
だから、真剣にブラッシングするために、電動歯ブラシを買い換えたんよ。
まの
歯の神経を抜くと、虫歯対策はより重要になりますからね。

Panasonic『ドルツ』買いました

Panasonic『ドルツ』買いました

先日、虫歯治療で神経(歯髄)を抜きました

さたえり
まさか、20代で神経を抜くとは…。

治療してもらったときに歯科医の先生から伺ったのですが、神経を抜いた歯はほかの歯よりも弱くなりやすいそうです。虫歯になっても気づかなくなる(神経がそもそもないから)ので、超絶しっかりブラッシングをすることを勧められました

まの
なるほど…。
それで、焦って電動歯ブラシを買ったわけですね?
さたえり
あはは…まずは形からってことやね!
購入して使ってるのは、Panasonic『EW-DA52』というもの。

購入して使ってるのは、Panasonic『EW-DA52』というもの。

ちなみに、今回私が購入したのが、Panasonicのドルツシリーズ。型番は『EW-DA52』というモデル。Panasonicの電動歯ブラシの中でも、正直安くはないモデルです。ただ、後述する理由からこれに決めました!

▼私が購入した『EW-DA52』は上から2番目のモデル。

▼ドルツの最上位モデル『EW-DP52』。

電動歯ブラシのおさらい

購入した理由を話す前に、少しだけ電動歯ブラシについておさらいします。

ブラッシングタイプの違い

ブラッシングタイプの違い

電動歯ブラシのブラッシングタイプには、

  • 音波振動式
  • 回転式

の2つがあります。

音波振動式は、低刺激なブラッシング。
回転式は、歯垢除去力強めで、ちょっと刺激も強いブラッシング。

購入したドルツは音波振動式です。回転式で有名なのは、BraunのオーラルBですね。刺激が強いはちょっと怖かったので、私は音波振動式のドルツにしました。

機能の違い

電動歯ブラシは安いもので数千円、高いものだと数万円します。

その価格の違いは、だいたいが機能と付属品の違いです。
私のような虫歯になっちゃった人は、ちょっと高くても高機能なモデルのほうがいい気がします。(もう虫歯は嫌なので…)

さたえり
高い電動歯ブラシほどブラッシングモードが多い…って、当たり前やけどね!

求める機能・不要な機能

求める機能・不要な機能

前述の通り、高い電動歯ブラシだと高機能で良さそう…なのですが、人によって求める機能や不要な機能があると思います。それによって、買うモデルや価格帯も変わってきますよね。

そこで、自分にとって何が必要で、何が不要かを考えてみました。

求める機能・不要な機能

  • スマホ連携(IoT)は要らない。
  • 大きい電動歯ブラシは持ちにくいから嫌。
  • ブラッシングのモード切替は必須。
  • 急速充電機能が欲しい。
  • 日本医師会推奨モデルにしたい。
さたえり
ざっと、こんな感じかな?
四条ねこ
スマホ連携って、なーに!?
Philips『ソニッケアー ダイヤモンドクリーン』には、スマホ連動機能がある。

Philips『ソニッケアー ダイヤモンドクリーン』には、スマホ連動機能がある。

なんと、電動歯ブラシとスマホを連携させて、歯の磨き具合をチェックできるモデル(Braun『オーラルB スマート5000』やPhilips『ソニッケアー ダイヤモンドクリーン』など)があるようです。でも、そこまでするのは面倒なので、私はパスしました。

あとは、私は手が小さいので持ちやすいもの。充電忘れ対策に急速充電があるもの。口内状況に応じてブラッシングを変えたいので、ブラッシングモードがあるもの。オマケとして、気持ち的に日本医師会推奨モデルにする感じです。

ドルツの決め手

ドルツの決め手
さたえり
そういう要望を考えた結果、Panasonicのドルツにしたんよ!

今回、私はPanasonicの『ドルツ EW-DA52』を購入したのですが、購入の決め手となった大きなポイントは、“歯も歯ブラシも清潔に保てる”からです。

まの
歯は分かりますけど、歯ブラシとは!?
さたえり
一言で言い表すと、日本メーカーならではの“芸の細かさ”やね!

『ドルツ EW-DA52』は、ブラッシングのモードが3種類(ノーマル・ソフト・ガムケア)があり、ステインクリアも可能。さらに、日本医師会推奨モデルです。なので、歯を清潔に保てる機能は申し分なし。

それもそうなのですが、私が気に入ったのは、歯ブラシ自体も清潔にできること。

この『フロートチャージ』が、購入の決め手のひとつ!

この『フロートチャージ』が、購入の決め手のひとつ!

なんと、この『ドルツ EW-DA52』の充電スタンドは、フロートしている(浮いている)のです!普通の電動歯ブラシだと、充電スタンドが汚れやすくて、そこからカビ菌が繁殖してくるんですよね…これが超嫌だった私からすれば、この機能だけで買いでした。

あとは携帯ケースがついているので、旅行や出張時も清潔に持ち運びが可能です。これも超ありがたい!(今まで私は、ジップロックに電動歯ブラシを入れてました)

さたえり
この芸の細かさやよ!
だから、ドルツの中でも上位機種を買ったんよね。
四条ねこ
充電スタンドが無駄に凝っててかっこいい〜♪
さたえり
え…そこ!?

正しいブラッシング方法

最後にボーナストラックとして、『ドルツ』についての動画と、ブラッシング方法の動画を載せておきます。どちらも、Panasonic公式の動画です。

歯科医師が実演するブラッシング方法。

さたえり
これを見て勉強しなきゃやね。

Panasonic『ドルツ』のブラシについて。

さたえり
歯科医師推奨は『ヨコ磨き』なんやね!

総評:歯のためにいいブラシを買おう

総評:歯のためにいいブラシを買おう

まだ使い始めでそこまで実感はないのですが、正直もっと早く買っておくべきでした。それくらい、ブラッシングと真剣に向き合える電動歯ブラシって感じです!

電動歯ブラシは5年はもつイメージなので、価格の高さも使用年数を考えればそこまで高くない気もします。確かに、初期投資は必要ですけどね。

さたえり
とりあえず、これ以上虫歯を増やさないようにしなきゃ!
まの
ブラッシングもそうですし、定期的に歯科健診に行くのもアリですね。
四条ねこ
神経抜くの痛そうだからねー。

歯の健康のためにも、いい歯ブラシを買ってみよう!でした。

おまけ

さたえり
今回、歯の健康維持が大切なんが、めっちゃ身にしみたんよ…。
まの
神経抜くくらいですからね。
四条ねこ
歯は再生しないからねー。気をつけなきゃだねっ!
さたえり
ほんと、その通りやと思ったやよ。

おわり