部屋をカフェに。おしゃれなLEDランプスピーカーを4つ探した!

部屋をカフェに。おしゃれなLEDランプスピーカーを4つ探した!
記事のポイント
  • インテリアに馴染むLEDランプスピーカーを探した!
  • 選ぶコツはランプとしての性能とスピーカーの機能性!
  • 最終的には音を取るか光を取るか…かも!

部屋をおしゃれなカフェ風にしたい!

部屋にスピーカーを設置したいけど、インテリアと馴染まない…。そこで思いついたのが、LEDランプと一体型になったスピーカー。おしゃれ需要が高いのか、ポツポツと製品があったので、「これがベスト!」と思える製品を探してみました。

さたえり

女子の部屋に“ガチ”スピーカーって、重厚感ありすぎなんよね…。

まの

た、たしかに…。

二条ねこ

カフェ風なら、さり気なくBGM的に音楽を流したいもんねー!

LEDランプスピーカー購入時のポイント

LEDランプスピーカー購入時のポイント

そういうわけで、おしゃれな部屋にすべく“スピーカー感のないスピーカー”を探した結果、LEDランプとスピーカーが一体になっているタイプに行き着きました。

■選ぶときのポイント

  • 音質の良さ。
  • LEDライトとしての光量。
  • Wi-Fi機能の有無。
  • Bluetooth機能の有無。
  • 有線での接続の対応状況。
  • 充電式かACタイプか。
  • USBから電源(充電)が取れるか。

とはいえ、このタイプのスピーカーも意外とデザイン含め、多種多様。
そこで、上記のような購入時に注目しておいたほうが良さそうなポイントを、簡単ですがピックアップしてみました。

さたえり

簡単に言っちゃうと、

  • LEDライトとしての機能性
  • スピーカーとしての機能性

の2つに納得できるかってことやね。

LEDランプスピーカー一覧

【1】Sony『LSPX-S1』

【1】Sony『LSPX-S1』
電源タイプ 充電対応タイプ
Bluetooth 対応
(SBC・AAC・aptX・LDAC)
Wi-Fi 非対応
有線接続 対応
LEDランプ調光 対応(32段階)
USB充電 非対応
インターフェース 3.5mmステレオミニ
AC電源
備考 NFC対応
iF design award受賞
Red Dot Design Award受賞
VGP金賞

LSPX-S1のスペック表。

デザイン性:★★★★★
ランプのリアル度:★★★★★
機能性:★★★☆☆

おそらく、LEDランプスピーカーを探しているならば、Sonyの『LSPX-S1』が真っ先に見つかるはず。

ソニーストアで試聴したのですが、音質はデザインスピーカーと思えないくらい解像感の高い音を鳴らしてくれました。スピーカーの機能としては申し分なし。さすがは音のSonyという感じです。
LEDランプ部分もフィラメント電球のような繊維質な光で、非常に趣のあるライティングが可能。調光機能も細かく設定できるので、デスクライトと考えてもこちらも申し分なし。

ちょっと気になるのが、発売年が古く、同タイプのSonyの後発LEDランプスピーカーよりも機能性が少ないこと。Bluetoothと有線接続だけ、という割り切った使い方はよしとしても、USB充電が非対応なのはちょっと痛いポイントかも。

【2】Sony『LSPX-S2』

【2】Sony『LSPX-S2』
電源タイプ 充電対応タイプ
Bluetooth 対応
(SBC・AAC・LDAC)
Wi-Fi 対応
有線接続 対応
LEDランプ調光 対応(32段階)
USB充電 対応
インターフェース 3.5mmステレオミニ
Micro USB
備考 ハイレゾ対応
ハイレゾワイヤレス対応
DLNA対応
NFC対応
Spotify対応
Red Dot Design Award受賞
VGP金賞

LSPX-S2のスペック表。

デザイン性:★★★★★
ランプのリアル度:★★★☆☆
機能性:★★★★★

先程のLSPX-S1の新型として登場したのが、こちらのSony『LSPX-S2』というLEDランプスピーカー。こちらも有名なので知っている人も多いかも。

基本的なスペックはLSPX-S1を踏襲しているので、音質はこちらも申し分なし。このサイズ感にこの音質をよく収めたと関心するレベルで、オーディオ機器らしく音楽を奏でてくれます。決しておしゃれ家電ではない、という感じ。
こちらはWi-Fiにも対応し、Spotifyでの音楽再生にも対応。しかも、ハイレゾにも対応しているので、デザインの好みさえ合えば、LSPX-S1よりもこのLSPX-S2がおすすめ。

個人的には、ランプっぽい感じで前モデルのLSPX-S1のほうが好みなので、キャンドルライトっぽくなったこちらは好きでもないけど嫌いでもないが…という難しいことに。

【3】MoriMori『LED Lantern Speaker』

【3】MoriMori『LED Lantern Speaker』
電源タイプ 充電対応タイプ
Bluetooth 対応
(コーデック不明)
Wi-Fi 非対応
有線接続 非対応
LEDランプ調光 対応(無段階)
USB充電 対応
インターフェース Micro USB
備考

LED Lantern Speakerのスペック表。

デザイン性:★★★★★
ランプのリアル度:★★★★☆
機能性:★☆☆☆☆

フラッとMoMA Design Store京都に立ち寄ったときに出会ったのが、このMoriMori『LED Lantern Speaker』という、ルミエールランタンにそっくりなLEDランプスピーカー。

LEDランプ…というよりは、LEDランタンという名前がふさわしそうなデザイン性。アウトドア好きな私的には、まさに“これこれ感”のあるガジェット集ゼロなスピーカーでかわいい。LEDの光り方もルミエールランタンっぽくて、なかなか趣のある感じです。

ちょっと気になるのが、Bluetoothスピーカーとしての機能性が未知数なこと。
Bluetoothコーデックの記載もないですし、おそらくスピーカーはオマケで、メインはこのルミエールランタン風なデザインを楽しむことかも。でもでも、かわいいので気になる。

【4】DIGITAL HABITS『Cromatica』

【4】DIGITAL HABITS『Cromatica』
電源タイプ AC電源タイプ
Bluetooth 対応
(対応コーデック不明)
Wi-Fi 非対応
有線接続 対応
LEDランプ調光 対応(無段階)
USB充電 非対応
インターフェース 3.5mmステレオミニ
USB Type-A
AC電源
備考 専用アプリで操作可能
スマホ充電可能
フルカラー調光可能

Cromaticaのスペック表。

デザイン性:★★★★★
ランプのリアル度:★☆☆☆☆
機能性:★★★★☆

最後だけLEDランプ…ではないのですが、こちらもMoMAで出会ったスピーカー。それが、DIGITAL HABITS『Cromatica』というLEDライト搭載のスピーカー。

LEDランプよりも、かなりスピーカーに寄っている製品で、専用のツィーターまで搭載している本格派。USB Type-Aポートからスマホへ充電可能なので、ベッドサイドのLEDランプとして使えそうなのもマル。
肝心のLEDランプ部分は、白色LEDとフルカラーLEDの2つを搭載。なので、イメージ的には電球というよりかは、PhilipsのHueに近い感じがします。

5社15製品!スマート電球のおすすめはこれだゾ! –2019年版–

5社15製品!スマート電球のおすすめはこれだゾ! –2019年版–

2019年8月11日

私的狙い目はこれ

個人的に狙っているのは、2つめに紹介したSonyの『LSPX-S2』。…うーん、ベタかも。

正直、LEDランプとしての光り方は好みじゃないのですが、スピーカーと考えたときの性能が飛び抜けていたので、そこを取ったと…いう感じです。LEDライト的にもそこまで明るく光ってくれる感じじゃなかったので、明り取りというよりかはインテリアの一部としての明かりになりそうです。

さたえり

部屋をインダストリアルデザインに寄せてるから、これくらいソリッドなデザインもアリっちゃアリかなぁ…って!

まの

そこは部屋の雰囲気と好み次第ですわね。

まとめ「部屋の雰囲気重視ならLEDランプスピーカーという選択肢」

まとめ「部屋の雰囲気重視ならLEDランプスピーカーという選択肢」

音楽をスピーカーで聞きたい派からすれば、オーディオ然としたシステムを設置したい。ただ、部屋のインテリアとの調和や住宅事情を考えると、なかなかに難しいところも。そこでLEDランプスピーカーという選択肢を考えるのもアリだと思っています。

音楽をBGM的なテンションでリスニングするスタイルならば、こういったふわっとした音の鳴りをするスピーカーがよいのかもしれません。これで、部屋のカフェ化も捗りそうです。

さたえり

そういう意味では、スマートスピーカーも似ている方向性って言えるかも!?

買ってよかったおすすめGeekモノ –ワイヤレスイヤホン/ヘッドホン編2019年版–

買ってよかったおすすめGeekモノ –ワイヤレスイヤホン/ヘッドホン編2019年版–

2019年12月22日
この記事で紹介したガジェット

おまけ

さたえり

リビングはブルックリンカフェ風で、仕事部屋はインダストリアルテイストを目指しているんよ!

二条ねこ

おおー!こだわってますなー。

まの

リビング…仕事部屋……1LDKですね。間取り。

さたえり

えっ!そこ!?

おわり