わぁ!『iPad mini 5』は2019年初頭に降臨?—リークや噂から分かる“Pro化”したスペック

わぁ!『iPad mini 5』は2019年初頭に降臨?—リークや噂から分かる“Pro化”したスペック

もう…騙されないぞっ。

2015年発売の『iPad mini 4』最後に、ぱったりと出なくなったiPad miniシリーズ。何度目の噂か分からないですが、2019年初頭に“Pro化”して登場する…かも?

四条ねこ
iPad miniは好きっ!
でも、本当に出るのかなー
まの
2012年から毎年出ていたのに、ここ数年“音沙汰ナシ”ですもんね…。
四条ねこ
ま、とりあえずリーク情報を見てみよ〜♪

出るの?出ないの?

出るの?出ないの?

この記事を読んでいるということは、私と同じく『iPad mini 5』を待っている“mini信者”なはず。つまり、リークに一喜一憂している人なはずです。

四条ねこ
あえて、何も言わないっ!
とりあえず、過去の記事を見ていくぞー!

私も『iPad mini 5』を首を長くして(待ちすぎて、ろくろ首化しそうなぐらい)待っているひとりです。なので、このブログでもずーーーーっと追いかけてきました。その軌跡を記しておきます。

今年の春先には、“mini 5”という名前ではなく、“Pro mini”とリネームして発売されるんじゃないかという噂がありました。(当然、空振り)

iPad mini 5発表ナシ…と思ったら『iPad Pro mini』”5つ”の噂が?

2018.04.02

夏頃には、『Apple A10』プロセッサーを搭載して発売されるという噂が…。(こちらも当然、空振り)

今秋発表?『iPad mini 5』はA10プロセッサー&ベゼルレス搭載か

2018.07.05

秋にあったAppleの『Apple Special Event September 2018』や、10月の『Apple Special Event』で実は出る…的なこともありました。(結果はお察し)

10月30日は“W iPad”で登場?新型iPadはmini 5もPro Xも発表かも?

2018.10.24
四条ねこ
ううう…こんなのあんまりだぁああああああああっ!!

2018年は『iPhone SE』が販売終了となった年でしたが、やはり小さい端末は海外では人気がなく、小さいのを好むのは“日本人だけ”ではないかとも思い始めました。

iPhone SE販売終了とiPad mini 5の不在から分かる日本のガラパゴス化

2018.09.16

ちなみに、私は2018年モデルの『iPad Pro 11インチ』を購入して使っています。でも、8インチクラスのiPadがすっごい恋しい。11インチにしても、13インチにしても大きいことには変わりないので、ちょっと使うには“仰々しい”感じになっちゃうんですよね…。

海外の『iPad mini 5』情報

海外の『iPad mini 5』情報

さて、新型iPad miniこと『iPad mini 5』と呼ばれている機種の情報を、Apple系の大御所サイトである9to5Mac・MacRumors・AppleInsiderからリサーチしてみました。

四条ねこ
すると…リークがあるじゃあ〜りませんか〜!

発売日は2019年初頭?

発売日は2019年初頭?

AppleInsiderや著名なアナリストMing-Chi Kuoミンチークオ氏の発言をまとめると、『iPad mini 5』の発売時期は2019年初頭になりそう。

2018年12月にすでに量産体制に入っており、噂によると無印iPadも2019年内に発表されるのだとか…。

四条ねこ
じゃあ、『iPad mini 5』は2019年発売…かなー?

スペックは大幅アップ?

スペックは大幅アップ?

そして気になる新型『iPad mini 5』のスペック情報

リーク情報提供で知られるBen Geskin氏のTwitterによると、『iPad mini 5』のデザインはこんな感じ。思ってたよりも、従来のまま。ホームボタンもありそうです。

もう少し鮮明な、リークされた『iPad mini 5』らしきケースはこちら。

四条ねこ
あれー?本体の横に2018年モデルのiPad Proのような穴が…!?
まの
これは『Apple Pencil』に対応していることを示唆しているのでしょうか…!?

これらのリーク画像、そして9to5Mac・MacRumorsの情報をまとめると、スペックは以下のような予測になりました。

新型iPad miniの予測スペック

  • 上部・下部に合計4スピーカー搭載。
  • iPad Proライクな背面フラッシュ搭載カメラ。
  • 『Smart Keyboard』対応。
  • イヤホンジャックは搭載。
  • 『Face ID』は非搭載。
  • 生体認証は『Touch ID』になる。
  • ディスプレイは『Liquid Retina』ではない。
  • サイズは7.9インチ。
  • 価格は約300ドル。

ディスプレイが『Liquid Retina』でないのは、同ディスプレイの定義が“角丸”に加工されていないといけないことからです。つまり、『iPad mini 5』は“エッジのある”旧来型ディスプレイ…なのかも。

大穴でLogicoolの『Crayon』が使えたり…!?

大穴でLogicoolの『Crayon』が使えたり…!?

気になったのは、『Smart Keyboard』に関する記載はあったものの、多くの人が望む『Apple Pencil』が搭載されるような情報がなかったこと。できれば搭載して欲しいですが、ひょっとすると厳しいのかも。

四条ねこ
ペンに関しては、Logicoolの『Crayon』が使えちゃったりするとかないかなー?

Logicool『Crayon』は現状、iPad第6世代専用という状況。
これだと“ニッチすぎる”アクセサリーになっているので、

  • Pro → Apple Pencil
  • Pro以外 → Crayon

という棲み分けになるんじゃないかと、勝手に推測しています。

ここから分かること

ここから分かること

海外の『iPad mini 5』とおぼしきケースのリークや、噂されている情報から察すると、iPad miniは“Pro化”しているようです。

どっちが買い?『Mac mini 2018』vs『iMac 5K 2017』—高性能はどれ?吊るしでOK?ガチ比較で明らかにするぞっ!

2018.11.06

すでに発売されている『Mac mini』。こちらも、長らくずーーーーっと待たされていた子のひとつ。帰ってきたら、ボディがスペースグレイで“Pro化”していました。

四条ねこ
今のAppleのラインナップは混沌としているから、Proと無印のラインナップにまとめたかったりして…!?
まの
ジョブズ氏が復帰したときに比べたら、またラインナップが散らかってきていますもんね。

同じ“mini”という共通点から、ひょっとすると単なる小型端末から、“小さなPro機”としての端末にシフトしていこうとしているのかも知れません。

四条ねこ
新型iPad miniを『iPad Pro mini』とすると、

  • iPad(無印)
  • iPad Pro

の2ラインナップに綺麗に整頓できるしねー!

ちょっと逸れますが、同じく宙ぶらりんな『MacBook』も、そろそろ立ち位置が怪しくなってきていますよね…。個人的には、まさか“Air”の名前が2018年も使われることがびっくりでしたけどね。

総評:信じたいけど…嘘っぽい?

総評:信じたいけど…嘘っぽい?

今回、有力な海外メディアやアナリストの情報を基に『iPad mini 5』のスペック情報などをまとめてみました。

個人的な感想としては、「どうも嘘っぽい」と思ってしまいました。

まの
どうしてですか?
四条ねこ
順当進化しているとこもあるけど、2019年でいまさら搭載してこないようなものまであったからねー。

4スピーカーやカメラの進化は分かります。ただ、この期に及んでイヤホンジャックを残すとは思えません。ホームボタンも然りです。完全にAppleのトレンドから外れています。(Androidのトレンドからも外れている)

iPad miniが好きで、『iPad mini 5』をずーーーっと待っている私としても、登場を今か今かと待っているわけですが、この情報を鵜呑みにして信じて待つのは…という感じです。

四条ねこ
出るにしても、こんな感じにならない気が…ねー。

とりあえず、2019年も待つしかないですね。

おまけ

四条ねこ
リークされたケースは、2年以上前のプロトタイプデータを基にしているとかとか…。
さたえり
だから、今っぽくなかったんやね。
まの
それだと、ケースのリークは眉唾ものになってきますね…。
四条ねこ
うーん、やっぱり出ないのかなー。

おわり

Source:9to5Mac, MacRumors, AppleInsider