歴代『iPad』を振り返る—無印・mini・Air・Pro…そして2018年

歴代『iPad』を振り返る—無印・mini・Air・Pro…そして2018年

新型iPad Proを語る前に…。

iPad Pro 2018年モデルがローンチされました。なので、新型をチェック!…の前に、歴代iPadを時系列順に振り返りますぞ。

四条ねこ
ちなみに、プロトタイプは2002年に開発されていたとかとか…
まの
そうなんですか!?
感慨深いものがありますね。
さたえり
まさに、“伝説の石版”やね!

2010年—全てはここから始まった

『iPad(第1世代)』

『iPad(第1世代)』
主な特徴

  • カメラ非搭載。
  • 『Dockコネクタ』採用。
  • シングルコア『Apple A4』採用。

初代の『iPad』は、2010年4月に発売開始されました。ただ、日本では5月発売でした。OSは『iOS 3』でしたね。

四条ねこ
初代iPadは、まだ“お風呂の蓋(Smart Cover)”もなかったし、分厚かったよねー。

初代のiPadの思い出は、Apple好きなら多いはず。
当時はタブレットといえば、業務向けなイメージでした。しかし、この『iPad』の登場で、一気に“エンタメ”な感じがしました。タブレットで読書…今では当たり前ですが、当時は「何それ美味しいの?」状態でした。

2011年—薄型化と白の鮮烈

『iPad 2(第2世代)』

『iPad 2(第2世代)』
主な特徴

  • フルモデルチェンジ。
  • 初代よりも薄型・軽量に。
  • デュアルコア『Apple A5』の採用。
  • 3軸ジャイロ・加速度・環境光のセンサー追加。
  • 『Smart Cover』初登場&初採用。

2世代目となる『iPad 2』は、2011年春に発売開始されました。アメリカでは3月登場でしたが、日本では1ヶ月遅れの4月でした。

四条ねこ
実は、この『iPad 2』は、まだ持っているんだよね〜♪

初代から僅か1年で洗練されたのが、この『iPad 2』です。
初代では“無い無い尽くし”だったセンサーや機能が、一気に搭載されました。簡単に言ってしまえば“今風”なタブレットになったわけですな。

2012年—小さいiPad登場

『iPad(第3世代)』

『iPad(第3世代)』
主な特徴

  • 画面が『Retinaディスプレイ』に。
  • カメラが500万画素に。
  • 『Apple A5X』でGPUが4コアに。
  • ちょっと重くなった。

3世代目となる『iPad(The new iPad)』は、2012年3月に発売されました。

四条ねこ
ここでようやく『Retinaディスプレイ』が登場〜!

別名、『新しいiPad』ですね。
カメラとディスプレイの強化。ただ、ちょっぴり“おデブ”になってしまったモデルでした。

『iPad(第4世代)』

『iPad(第4世代)』
主な特徴

  • 『Dockコネクタ』廃止&『Lightningコネクタ』採用。
  • 『Apple A6X』でより速く。
  • フロントカメラの画素数が1.2MPに。

4世代目となる『iPad(iPad with Retina display)』は、2012年11月に発売されました。

四条ねこ
まさかのすぐに出たっ!?

ここでようやく『Lightningライトニング』に刷新。
それにしても、1年に2回もiPadが発売されてしまう、後にも先にもない“異例な”1年でした。

『iPad mini(第1世代)』

『iPad mini(第1世代)』
主な特徴

  • まだ『Retinaディスプレイ』ではない。
  • iPadと同じく『Lightning』採用。
  • 待望のミニサイズ。

miniシリーズの初代『iPad mini』がここで登場。発売は2012年11月。

四条ねこ
日本人的には「待ってました」って、みんな言ったはずっ!

ただ、小さいだけ。でも、小さい。
たかがとされどがあれば、『iPad mini』は“されど”のほうでしょう。それくらい小さいは正義を体現したタブレットでした。

2013年—ついに“Air”になる

『iPad Air(第1世代)』

『iPad Air(第1世代)』
主な特徴

  • 従来より薄く・軽く。
  • 『Apple A7』で64ビットアーキテクチャー対応。
  • MIMO対応。

Airシリーズに変わった初iPad。『iPad Air』の発売は2013年11月発売。

四条ねこ
もち、初代iPad Airは買ったよ〜。

このiPad Airが出るまで、前年に出た『iPad mini』のほうが、ベゼル細という自体でした。ですが、これでようやく“今風な”デザインへ刷新。2年ぶりのフルモデルチェンジとなりました。

『iPad mini 2(第2世代)』

『iPad mini 2(第2世代)』
主な特徴

  • 『Apple A7』で64ビットアーキテクチャー対応。
  • 画面が『Retinaディスプレイ』に。

『iPad mini 2』は2013年11月発売。初期の製品名は『iPad mini Retinaディスプレイモデル』でした。

四条ねこ
miniまで『Retinaディスプレイ』になったー!これで“完全Retina化”だねっ!

画面の美麗さでは、“Air > mini”な構図でしたが、ついにこれでイーブンに。サイズの好みで選べるようになった年でした。

2014年—小さく大きなマイチェン

『iPad Air 2(第2世代)』

『iPad Air 2(第2世代)』
主な特徴

  • 1.4mmの薄型化。
  • サイドスイッチの廃止。
  • ディスプレイは反射防止コーティング搭載。
  • ゴールドカラーの追加。
  • 『Apple A8X』で3コアに。
  • 指紋認証『Touch ID』搭載。

Airの2世代目となる『iPad Air 2』は、2014年10月発売。

四条ねこ
私的にiPad Air 2は、ある意味での“頂点”だったな〜。

『Touch ID』搭載でパスコードを入力する手間が減り、ディスプレイの反射は少なく、しかも…3コア。ほんとに、薄軽な名機だと思いますな。
ちなみに、“最後のAir”ですね。

『iPad mini 3(第3世代)』

『iPad mini 3(第3世代)』
主な特徴

  • ゴールドカラーの追加。
  • 指紋認証『Touch ID』搭載。

3世代目のminiな『iPad mini 3』は、2014年10月発売。

四条ねこ
マイナーチェンジモデルだけど、しっかり『Touch ID』は搭載されているよ〜!

基本スペックは、前年の『iPad mini 2』を踏襲している。しかし、ゴールドカラーの追加・指紋認証の搭載で、差別化は図られている…気がする!?

2015年—大きな“Pro”登場

『iPad Pro(12.9インチ 第1世代)』

『iPad Pro(12.9インチ 第1世代)』
主な特徴

  • 初の12.9インチ。
  • 『Apple Pencil』対応。
  • 合計4基のスピーカー。
  • 『Smart Keyboard』対応。

初のProシリーズ『iPad Pro』は、2015年11月発売。

四条ねこ
クリエイティブに全振りしたProの登場だ〜!

デジタイザーペンに13インチ。何から何まで斬新なiPad、それがiPad Proです。今でこそサイズ展開がありますが、当初は12.9インチのみのラインナップ。

『iPad mini 4(第4世代)』

『iPad mini 4(第4世代)』
主な特徴

  • より薄く・軽く。
  • ディスプレイは反射防止コーティング搭載。
  • サイドスイッチの廃止。
  • CPU向上により『Split View』に対応。

現行の『iPad mini 4』は、2015年9月に発売。

四条ねこ
さーて、『iPad mini 5』はいつ出るのかな〜?

ご存知の通り、2018年11月現在の最新miniです。
もう…3年目になるのですね。

2016年—1世代限りの“Pro”登場

『iPad Pro(9.7インチ 第1世代)』

『iPad Pro(9.7インチ 第1世代)』
主な特徴

  • 9.7インチモデルのPro。
  • 初代iPad Pro 12.9インチと同じスペック。

9.7インチモデルの『iPad Pro』は、2016年3月発売。

四条ねこ
これは現役で使っているよー!

前年に発売された、12.9インチモデルと同スペックを9.7インチに収めた、意欲作なモデル。Proシリーズなので、当然『Apple Pencil』も使えます。
ちなみに、この年にiOS 9系のサポートが終了。

2017年—Airが無印にProは分裂

『iPad(第5世代)』

『iPad(第5世代)』
主な特徴

  • 実質的『iPad Air 2』の後継機。
  • Air 2より分厚くなった。

iPadシリーズ5世代目の『iPad』は、2017年3月発売。

四条ねこ
まさかの“原点回帰”になった〜!?

ラインナップの刷新により、Airシリーズが廃止され、まさかの無印iPadが復活。当然ながら、Proにある機能はなく、あくまで廉価版なiPadとして登場。

『iPad Pro(10.5インチ 第1世代)』

『iPad Pro(10.5インチ 第1世代)』
主な特徴

  • 9.7インチから10.5インチに。
  • ベゼルが細くなった。
  • 急速充電に対応。
  • 120Hzのリフレッシュレート。

全iPadで初の10インチ台の『iPad Pro』は、2017年6月発売。

四条ねこ
SoCの進化もそうだけど、リフレッシュレートが120Hzになったのが大きいっ!

Proシリーズは、この世代から『ProMotionテクノロジー』を採用しています。これにより、ディスプレイリフレッシュレートは120Hzになり、描画がヌルサクになりました。描画速度は…全然違う!

『iPad Pro(12.9インチ 第2世代)』

『iPad Pro(12.9インチ 第2世代)』
主な特徴

  • 急速充電に対応。
  • 120Hzのリフレッシュレート。

Proシリーズの12.9インチ2世代目となる『iPad Pro』は、2017年6月発売。

四条ねこ
これも10.5インチと同じ進化を遂げているよー!

こちらもリフレッシュレートが120Hzになりました。10.5インチモデルとは、単純にサイズ違いですね。

2018年—ベゼルレスの衝撃

『iPad(第6世代)』

『iPad(第6世代)』
主な特徴

  • 無印iPadでも『Apple Pencil』が使えるように。
  • 教育向けにシフトした。

iPadシリーズ通算第6世代となる『iPad』は、2018年3月発売。

四条ねこ
詳細は過去の記事で話してあるよ〜!

最大のトピックは、今までProシリーズでしか使えなかった『Apple Pencil』が、無印iPadでも使えるようになったこと。そして、Appleが教育に力を入れたことでしょう。

『iPad Pro(11インチ 第1世代)』

『iPad Pro(11インチ 第1世代)』
主な特徴

  • フルモデルチェンジ。
  • 『Touch ID』の廃止&『Face ID』の搭載。
  • ベゼルレスに近いデザイン。

そして…現在。新型のiPad Proが、2018年11月に発売。

5分で分かる!2018年10月『Apple Special Event』まとめ

2018.11.01
四条ねこ
とりあえず…買ったぞJOJO〜!

この新型iPad Proについては、これからブログでたっぷりねっとり語っていきます。レビューも…する…はず!

さたえり
ちゃんとしてよ!?
四条ねこ
は…はーい。

『iPad Pro(12.9インチ 第3世代)』

『iPad Pro(12.9インチ 第3世代)』

12.9インチは第3世代目になりますが、こちらもフルモデルチェンジ。

四条ねこ
11インチと同じだから、割愛するよ〜!

総評:常に進化するタブレット…それがiPadである!

総評:常に進化するタブレット…それがiPadである!

2010年からスタートしたiPad。
先日発表された、2018年モデルのProシリーズまで見ていきました。

どうでしたか?

まの
2012年って、iPad無印が“2回”モデルチェンジした年なのですね。
さたえり
あ…ほんとやね!
四条ねこ
振り返ると、そういうとこが見えてくるよね〜!
まの
そして、これからも進化し続けるタブレットなわけですね。
四条ねこ
うぬっ!

これこそ“伝説の石版”である!?

おまけ

四条ねこ
いろいろ書きたかったけど、カオスなことになりそうだから、かなり端折っているよー!
まの
なので、浅く感じる人もいるかも知れませんね。
四条ねこ
そこは大目に見てー。
私の“愛Pad”は、ヤバいからねっ!(ドヤァ)
さたえり
愛…Pad…。
まの
まさかのダジャレで締めるとは…。

おわり