iPhone SE販売終了とiPad mini 5の不在から分かる日本のガラパゴス化

日本はやっぱりガラパゴス。

AppleがiPhoneの新製品を発表したと同時に、『iPhone SE』が販売終了に。そして『iPad mini 5』も出ないまま…。その理由は、私たち日本人の“ガラパゴス精神”にあるかも?

四条ねこ
小さな端末から消えていく運命…。
まの
『iPhone SE』にしても、『iPad mini 5』にしても、日本人の希望は“蚊帳の外”な感じがしますよね。
四条ねこ
そうなんだけど、それって私たちが特殊なのかもなんだよねー。

Appleが推し進める“小型端末”の消滅

Appleが推し進める“小型端末”の消滅

2018年9月に行われたAppleの発表会『Apple Special Event September 2018』で、ユーザーがガッカリしたことが“2つ”あります

四条ねこ
それが…

  • 『iPhone SE』の販売終了
  • 『iPad mini 5』が出なかった

ことだよねー。

さたえり
まさかの『iPhone SE』消滅やもんね…。

この2つのガッカリ現象から分かることは、Appleのラインナップから“小型端末”が消滅方向に向かっているということです。というか、むしろ“大型化”している傾向があります。

『iPhone SE』の販売終了

『iPhone SE』の販売終了

多くの小型ハイスペック端末好きをガッカリさせたのが、今回の『iPhone SE』の販売終了のアナウンスでしょう。

四条ねこ
一時は『iPhone SE 2』が、出るとか出ないとか言われていたのにねー。
まの
急転直下で、悪い方向に進んでしまいましたね。

今回のiPhone XS/XRシリーズの登場とともに、消滅したiPhone SE。

よくよく考えると、これはAppleが特異なわけではありません。SonyにしてもSamsungにしても、はたまたSHARPにしても、小型端末は少なくなっています。

四条ねこ
こうなってくると、小型端末はSHARPの『AQUOS R compact』の独擅場だな〜。

▼5インチのハイスペ端末は『AQUOS R compact』のみに!?

『iPad mini』の開発放置

『iPad mini』の開発放置

もうひとつのガッカリだったことは、『iPad mini 5』が出ないことでしょう。もはや、都市伝説的になってしまい、永遠に出ない可能性すらあります…。

四条ねこ
2018年に出ないなら、もう出ない…よね!?

それでも私は『iPad mini 5』を信じて待っています。8タブのサイズ感は至高です。電子手帳に慣れ親しんだギークなら、このサイズ感がベストバイでしょう。

2018年に『iPad mini 4』はNG—新型“5”を200%待つべき3つの理由

2018.08.03

ところが、世界的には『iPad mini 5』は出ないと考える人が多い模様。Apple的にも出したくない理由・出さない理由があるのでしょう。

『iPad mini 5』が“永久に”出ない可能性。Appleが発表しない2つの理由

2018.08.21

こうなってくると、Amazonの『Fire HD 8』かHuaweiの『MediaPad M5』を買うしかなさそうです。

日本人は小さいものが好き

日本人は小さいものが好き

多くの日本人ユーザーは『iPhone SE』や『iPad mini』を好む傾向があります。そこから分かるのは、“日本人は小さいものが好き”ということでしょう。

まの
これは昔から言われてたりしますよね?
四条ねこ
だねー!
精密機械で小型って、なぜか惹かれるんだよねっ!

おそらくこの記事を読んでくださっている人も、

  • iPhone SE 後継機
  • iPhone SE 2
  • iPad mini 5 いつ
  • iPad mini 5 出ない
  • iPad mini 2018

のような感じで検索してきたのではないでしょうか。

それが多くの日本人の心理なのかも知れません。

さたえり
それって、世界でも共通なんやないの?
四条ねこ
それが違うかったりするんだよー!

世界的な大型端末人気

世界的な大型端末人気

ここまでで、日本人が小型端末を好む傾向があることは、なんとなく納得してもらえたと思います。

四条ねこ
まー、これは言わずもがなだよねっ!?

それでは、世界に目を向けると…どうなるのでしょうか?同じように小型端末を望んでいるのでしょうか?

情報分析を主としている『Counterpoint Research』によると、2017年のスマホ売上順位は以下のようになりました。

2017年世界のスマホ売上ランキング

  • 1位:iPhone X
  • 2位:iPhone 8
  • 3位:iPhone 8 Plus
  • 4位:Galaxy Note8
  • 5位:iPhone 7
四条ねこ
10位まで調べてみたんだけど、一番小さいサイズで『iPhone 8』のような4.7インチクラスだったんだよー!
さたえり
ってことは、今後は5〜6インチクラスばっかになりそうやんね!?
四条ねこ
ベゼルレスデザインが主流になるし、きっとそうなるだろうね〜。

ちなみに、我らが『iPhone SE』はランク外。世界のスマホ販売台数ランキングを見ていると、やはり世界では大型端末を好む傾向があるのかも知れません。

四条ねこ
4位に『Galaxy Note8』がランクインしてるからねー。

企業の思惑と日本人的志向との乖離

企業の思惑と日本人的志向との乖離

今回のAppleの発表会で感じたことがあります。
それが、“客単価を上げることによる収益構造の改善”です。

四条ねこ
『iPhone XS Max』の価格を見ていると、そう勘ぐっちゃうよねー。

要するに、ハイスペック&大型端末を推すことにより、企業の“利ざや”を多くしようとしているのでは、ということです。

まの
それに加えての、世界的な大型端末志向ですね?
四条ねこ
そうそうっ!
日本人の思いだけが、どこか乖離しているんだよねー。

世界は大型端末がお好き。メーカーも利ざやから大型化とハイスペック化。日本人は小型端末を望む…。そんな構造になってしまっている気がします。

無論、小型でハイスペックな端末こそ、企業の技術の見せ所。しかし、それでは利ざやが取りづらいですからね。ある程度の“楽”を考えると、大型化がスマホメーカーとしてもやりやすいのでしょう。

総評:日本は特殊?小型端末こそ日本企業が作るべき

総評:日本は特殊?小型端末こそ日本企業が作るべき

『iPhone SE』の生産終了。『iPad mini 5』は出ない。そして、世界的な大型端末志向。今の時代は、小型端末好きには“逆風の嵐”とも言えます。

四条ねこ
だからこそ、Sonyあたりに変態全開の小型端末を——。
まの
そんな体力がないのでしょうね…。
四条ねこ
確かに、Sonyもスマホ市場で元気ないからねー。さっきのランキングにXperiaは1台も入ってなかったし…。

本来なら日本企業の得意技な“小型化”ですが、スマホでそれを活かす体力がないのが現実かも知れません。現に日本人ですら、iPhoneユーザーだらけですからね。

ガラパゴスはガラパゴスとして消えゆくのかも…。悲しき。

この記事で紹介したガジェット

おまけ

四条ねこ
まさかの大逆転で、10月のApple発表会で『iPad mini 5』とか…ないかなー?
まの
厳しいでしょうね。(バッサリ)
四条ねこ
うう…いじわるー!
さたえり
現実を突きつけられると辛いやんね…。
四条ねこ
ああー、世間は冷たいよ〜。
さたえり
意味不明…いつものことやね。

おわり