10万円未満で買える“個人事業主”向けノートPC × BTOのすゝめ

10万円未満で買える“個人事業主”向けノートPC × BTOのすゝめ

個人事業主なら分かるはず。

個人事業主にとって、“10万円”は大きなポイントだと思います。なので、今回は“消耗品費”として、一括で経費に計上できる10万円未満の良さげなノートPCを探しますぞ!

まの
10万円を超えてくると、“固定資産”になってきますもんね。
四条ねこ
そうそうー!
だから、10万円未満で買える中で、できる限り良いPCを買いたいな〜ってねー!
さたえり
制限の中でPCを探すのも楽しいやんね!

10万円未満のノートPCをオススメする理由

10万円未満のノートPCをオススメする理由

冒頭でも話したように、個人事業主にとっての経費の“10万円”は、非常に重要なポイントです。

四条ねこ
ちょっと前に、約3万円で買えるノートPCを探したけど、今回は“10万円未満”で買えるノートPCを探してみたの巻〜♪

当然ですが、約3万円のノートPCでも消耗品費になりますので、こちらの記事も参考になると思いますので、よければこちらもご一緒にどうぞ!(という誘導)

Amazonで買える“3万円”のWindows 10ノートPCはコレ!—4GB以上RAM・デジタイザーペン対応もあるぞ!

2019.01.03
四条ねこ
つまーりっ…

  • 10万円未満:消耗品費
  • 10万円以上:固定資産

って、扱いになるんだよ〜!

まの
一括で経費にするために、“ノートPCを買うなら10万円未満”という選択肢が出てくるということですよね?
四条ねこ
そゆことー!
減価償却とかを考えるのは面倒だからねー。

要するに、10万円未満のノートPCは、いろいろな面で買う意味があるということです。特に個人事業主は…ですな。

10万円で買えるオススメノートPC

10万円で買えるオススメノートPC

それでは、10万円未満で購入できる個人的なオススメノートPC(自分が欲しいだけ)を、2つ紹介していきますっ!

四条ねこ
ギリギリ10万に収めたノートPCと、予算にゆとりを持たせたノートPCを考えてみたぞー!

Lenovo『ThinkPad E480』

Lenovo『ThinkPad E480』

10万円未満オススメノートPCの1つ目は、Lenovoの『ThinkPad E480です。

四条ねこ
最安構成なら約6万円からBTOできーるっ!

ビジネス向けノートPCとして、かなりの支持を受けているThinkPad。その中でも、今回のEシリーズは廉価モデルの位置づけ。しかし、そのスペックや機能性を考えると、良い意味で“廉価モデルではない”と言えるモデルです。

Lenovo『ThinkPad E480』のオススメ構成。

Lenovo『ThinkPad E480』のオススメ構成。

こちらの『ThinkPad E480』はBTO(受注生産)がメインになっているので、ユーザーが好きにスペックをカスタムして、注文することができます。

ちなみに、上画像が私のオススメ構成です。
個人事業主が“消耗品費”として経費に計上できるように、税込みで10万円未満になるように、うまいことスペックをカスタムしてみました。

四条ねこ
充電もUSB Type-Cだし、デュアルドライブ仕様だし、10万円で買える中ではカスタム性がかなり高いと思うっ!

マウスコンピューター『m-Book B507E』

マウスコンピューター『m-Book B507E』

10万円未満オススメノートPCの2つ目は、マウスコンピューターの『m-Book B507E です。

四条ねこ
CPUをそこまでだけど、FHDディスプレイでSSD搭載だから、何台か数が欲しいならアリだと思うっ!
マウスコンピューター『m-Book B507E』のオススメ構成。

マウスコンピューター『m-Book B507E』のオススメ構成。

こちらの『m-Book B507E 』もBTOなので、マウスコンピューター公式サイトにてカスタムしてみました。

m-Book B507E 』だとCPUがカスタムできなかったので、“ストレージ重視”として、256GBのSSDと2TBのHDDのデュアルドライブ構成にしてみました。

四条ねこ
SSDも高速なタイプだし、RAMも8GBも増量したから、これでも大丈夫だと思うっ!

PhotoshopとかIllustratorを使うなら、少々CPUの貧弱さが気になる感じですが、コーディングやWord、PowerPointなどの事務作業なら大丈夫そう。

総評:BTOで10万円未満ノートPCを作ろうず

総評:BTOで10万円未満ノートPCを作ろうず

実は、今回はあえて“BTO”で10万円未満のノートPCを考えてみました。

まの
それはどうしてですか?
四条ねこ
個人事業主を想定したら、いろいろとカスタムできる要素があって、領収書のきっちり取れるBTOがいいかな〜ってね!

私もそうなのですが、BTOでノートPCを注文すると、予算もスペックを好きなように調節できます。なので、欲しいスペックを考え(入れ)つつ、予算をうまく10万円未満にすることができるわけですな。

限られた予算内だと、吊るしモデル(あらかじめスペックが固定されている量販店モデル)は、なかなか自分の求めるものに出会えないのも事実。
だからこそ、BTOが個人事業主や予算が限られている人なら、かなり有力な選択肢になってくるわけです。

四条ねこ
メーカー純正の延長保証もつけられるしね〜♪
さたえり
長く使うことを想定するなら、延長保証はアリやんね!

予算が決まっているなら、BTOが大アリですぞ。

この記事で紹介したガジェット

おまけ

四条ねこ
予算が上限なくても、BTOは楽しいよー!
まの
好きなようにスペックをカスタムできますもんね。
さたえり
ユーザーによって、スペックの要・不要はあるもんやもんね!
四条ねこ
そゆことー!
不必要なところは削って、必要なところはマシマシにできるのが、BTOの魅力だからね〜♪

おわり