VAIO Z Canvas/Z Flipの復活期待とVAIO社の方針

VAIO Z Canvas/Z Flipの復活期待とVAIO社の方針
記事のポイント
  • 新型が5年出ないVAIO Z Canvas/Z Flipの復活希望!
  • 他社でVAIO Z Canvas/Z FlipっぽいPCは出ている!
  • エンタープライズに舵を切ってるので復活は期待薄!

“2021年にぜひ復活を”

クラムシェル型のVAIO Zは復活したけど、フリップモデルの『VAIO Z Flip』と絵師向けタブレットの『VAIO Z Canvas』が一向に復活しない。果たして、新型は出るのでしょうか……!?

まの

まあ、復活は厳しいでしょうね。

二条ねこ

う、うぐぐ……。

さたえり

…開幕から凹んでるし。

復活した『VAIO Z』

VAIO Z(2021)

VAIOのフラグシップモデルといえば、VAIO Z
これは、言うまでもありません。

2014年に『VAIO』というPC事業が、Sonyから日本産業パートナーズ(JIP)に売却されてからは、規模も小さくなり、新製品のリリースサイクルが以前よりもゆったりとしています。ちなみに、VAIOがJIPに移行したタイミングで、人員は約1/4(約1,100名 → 約300名)になったそうです。2021年6月時点での従業員数も約280名と記されているので、人員の規模感は売却後から変わりないようです。

とはいえ、ペースこそ遅くなったものの、VAIO Zイズムは脈々と受け継がれており、2021年2月には、約5年ぶりとなる新型VAIO Zがリリースされています。

VAIO Z(2021)

復活したクラムシェル型『VAIO Z(2021)』は、立体成型フルカーボン採用の薄軽ボディー。プロセッサーには、末尾がHシリーズのハイエンドIntel Coreを採用。そして、4K UHDディスプレイ、5G通信モジュール、USB PD対応Thunderbolt 4ポート。

…とまさに、スペック全部盛りなVAIOらしいVAIOという感じ。

二条ねこ

もちろん、価格もVAIOらしくお高いっ!

さたえり

うーん、それって…褒めてないやんね!?

そんな、カーボンボディーのVAIO Z(2021)を見ていると、かの名機『VAIO type 505 EXTREME』を思い浮かべてしまう。それくらい、VAIOらしいVAIOが復活したのです。

二条ねこ

しかーし、復活したのはクラムシェル型だけ!なぜだ!?

復活しない『VAIO Z』

現行のVAIO Z(2021)の前のVAIO Zファミリーには、

  • VAIO Z(クラムシェルモデル)
  • VAIO Z(フリップモデル)
  • VAIO Z Canvas

という、3つのラインナップが存在していました。

ところが、2021年に復活を果たしたのは、クラムシェル型のVAIO Zのみ。2-in-1型のVAIO Z FlipとVAIO Z Canvasは、ともに2015年で時が止まったままになってしまっています。

二条ねこ

VAIO Z Flipは2016年モデルもあるけど、前年のマイナーチェンジ版だから、事実上は2015年モデルが最終モデルになってるんだよねー。

まの

もう6年も経過するのですね。

2-in-1の最適解だった『VAIO Z Flip』

VAIO Z Flip

2-in-1ノートパソコンは数多くリリースされていますが、いまだに『VAIO Z Flip』のラバーヒンジを使った変形機構こそ、2-in-1の最適解だと思っています。

VAIO Z Flipのような13インチ超の2-in-1ノートパソコンは、タブレット形状に変形しても、iPadのように手に持って使うにはかなりヘビー。なので、結局はデスクや膝上に置いて使うことが多かったりします。

また、変形機構に憧れて、コンバーチブルタイプやデタッチャブルタイプの2-in-1ノートパソコンを買っても、肝心の変形自体が億劫で、結局は普通のノートパソコンとして使わなかった…ということもしばしば。2-in-1というは、実は器用貧乏だったりするのです。

そんな器用貧乏感を解消したのが、『VAIO Z Flip』だったわけです。

二条ねこ

手放したのが惜しいくらいに、完成度が高かったんだよねー。

さたえり

あ、持ってたんやね!?

二条ねこ

うぬ!
飛びついて買った記憶があるあーる。

Surface Proが霞んだ『VAIO Z Canvas』

VAIO Z Canvas

初代Surface Proの登場で、 Windowsタブレット = お絵描き端末 という構図が確立されたなか、そこに颯爽と登場したのが、モンスター級のスペックを持つ『VAIO Z Canvas』でした。

12.3インチディスプレイが収まる筺体でありながら、末尾がHQのIntel Coreプロセッサーを搭載。ディスプレイはAdobe RGBカバー率95%を誇る広色域のものを採用。お絵描き用途として便利なタッチ操作無効キーを、上側面にあるボタンにアサインすることもできました。

dGPU非搭載なのと、デジタイザーペンが1,024段階のN-Trig(現MPP)なのが、「うーん」な部分ではあったものの、当時出ていたSurface Pro 3が霞むくらいのスペックで、非常に魅力的なデバイスだった記憶があります。

二条ねこ

Surface Pro 3から乗り換えたくてソニーストアに行ったけど、ビックリ価格だったから買えなかった記憶があーる。

VAIO Z Canvas/Z Flipの復活は期待薄

新型VAIO Z

VAIO Z FlipやVAIO Z Canvasの新型がリリースされてほしい気持ちは非常にあるものの、実際には復活の可能性はかなり低い気がしています。

そう感じてしまう大きな理由として、現在のVAIO株式会社の方針があります。

ソニー時代は9割がコンシューマー向けでした。現状ではビジネスカスタマーで考えれば7割を超えています。いま成長の原動力は法人向けですし、コンシューマー市場は、前年比減で厳しいと言われています。

法人へ向いたVAIOの取り組みを訊く – VAIO

上記の内容は、ASCII.jpがVAIO株式会社の執行役員にインタビューを行った記事の抜粋。このインタビュー記事は、VAIO株式会社の公式サイトにも記載されています。つまり、オフィシャルな回答になります。

PC事業がSonyから独立した時点で、企業としての方向性がコンシューマーからエンタープライズへと変化しているわけです。この方針転換は、現行のVAIOのラインナップを見ても伝わってきます。

そう考えると、VAIO Z FlipやVAIO Z Canvasのような、ハイアマチュアやクリエイターにウケそうなパソコンが今後リリースされる可能性は低いとなってしまうわけです。

二条ねこ

VAIO Z Flipは可能性としてはありそうだけど、VAIO Z Canvasは…難しいよねー。

まの

iPad ProやWacom MobileStudio Proがありますからね。

VAIO Z Canvas/Z Flipは復活してた(他社で)

余談ですが、VAIO Z Canvas/Z Flip“風”なノートパソコンは、他社からいくつかリリースされています。

First Look: ConceptD 3 Ezel (Pro) | ConceptD – YouTube

まずこちらは、VAIO Z Flipっぽいフリップヒンジを持つ、Acerの『ConceptD 3 Ezel Pro』という製品。

Artist’s Tool – HP ZBook X2 G4 Mobile Workstation – YouTube

そしてこちらは、VAIO Z Canvasっぽい液タブライクな、HPの『ZBook x2 G4 Detachable Workstation』という製品。

お絵描き用に2-in-1 PC(Wacom AES/EMRペン対応)を探した話

お絵描き用に2-in-1 PC(Wacom AES/EMRペン対応)を探した話

2021年7月20日

まとめ「VAIO Z Canvas/Z Flipの復活を望む」

VAIO Z Canvas/Z Flipの復活を望む

VAIO社の方針を見ても分かるように、クラムシェル型のVAIO Zは今後もリリースされそうですが、『VAIO Z Flip』や『VAIO Z Canvas』のようなクリエイター向けパソコンの新製品は期待薄。

ただ、公式で可能性を否定しているわけではないので、新型VAIO Z Canvas/Z Flipの登場を、2021年、2022年…としばらく待ってみます。

二条ねこ

出たら、喜んで買うんだけどなー。

この記事で紹介したガジェット
  • Acer|ConceptD 3 Ezel Pro
  • HP|ZBook x2 G4 Detachable Workstation
  • VAIO|VAIO Z(2021)

おまけ

まの

復活するとしたら、『VAIO Z Flip』と『VAIO Z Canvas』のどちらを望んでいるのですか?

二条ねこ

両方復活したら嬉しいけど、どっちかなら『VAIO Z Flip』かなー!?

さたえり

『VAIO Z Canvas』じゃないんやね!?

二条ねこ

復活しても、MPPなら要らない子になっちゃうからねー。
ZBook x2 G4 Detachable Workstationみたいに、Wacom EMRデジタイザーペン対応なら欲しいかもですなっ!

おわり