ズルトラ難民歓喜!Huawei『Mate 20 X』を発表。デジタイザーペンも使えるゾ!

ズルトラ難民歓喜!Huawei『Mate 20 X』を発表。デジタイザーペンも使えるゾ!

ズルトラ民が救われた!?

Huaweiが16日、同社スマホのMateシリーズの発表会を行いました。そこには『Mate 20 X』というスマホが!おそらく、『Xperia Z Ultra』の実質的な後継機になりそう!?

まの
「後継機」って言ってますけど、メーカー違いますけどね。
四条ねこ
まーまー、これで“ズルトラ難民”は救われたっ!
さたえり
久々の“7タブ”でデジタイザーペン対応やもんね!

Huaweiが7インチスマホ『Mate 20 X』を発表

Engadgetの『Mate 20 X』ハンズオン動画。

Huaweiが現地時間16日に、英ロンドンで新製品発表会を行いました。

発表された製品

  • Mate 20
  • Mate 20 Pro
  • Mate 20 RS
  • Mate 20 X
  • Huawei Watch GT
  • Huawei Band 3 Pro

今回は同社のスマホラインナップの中でも、『Mate』というシリーズの発表会でした。この『Mate』はセルフィー(自撮り)に強いカメラスマホシリーズです。

四条ねこ
そんなHuaweiが、7インチスマホ『Mate 20 X』を発表したんだよー!
しかも、デジタイザーペンが使えるぞJOJOー!

▼現行の『Mate 10 Pro』も根強い人気。

『Mate 20 X』のスペック

『Mate 20 X』のスペック

今回のHuaweiの発表会で、おそらく多くのユーザーが注目したのは『Mate 20 Pro』でしょう。しかし、我らがズルトラ難民としては、『Mate 20 Pro』のほうこそ“本命”でしょう。

そんな『Mate 20 X』の主要スペックは以下の通り。

OS EMUI 9.0(Android 9.0 Pieベース)
SoC Kirin 980
RAM 6GB
ROM 128GB
カメラ フロント:24MP
リア:40MP×3(Leica)
ディスプレイ 7.2インチ OLED(1,080×2,240)
サイズ 174.6mm(W)×85.4mm(D)×8.15mm(H)
重量 232g
バッテリー 5,000mAh
その他 Bluetooth 5.0、USB 3.0(USB Type-C)、NFC、IPX68防水防塵、M-Pen対応(4,096段階筆圧感知)
価格 899ユーロ(約12万円)

Huawei『Mate 20 X』のスペック。

四条ねこ
『Mate 20 Pro』の“大きい版”って感じだねー!
まの
ファブレットでハイエンドですね。(ファブレットは死語ですが…)
四条ねこ
しかも、4,096段階の筆圧感知なデジタイザーペン(M-Pen)対応なんだよー!

まさに、モリモリスペック。

これならXperia Z Ultra難民こと、ズルトラ難民も満足過ぎるでしょう、もはや、『Galaxy Note9』が霞んでしまうスペックですね。価格も小売希望価格では同等ですし。

四条ねこ
対応バンドも3キャリア対応しているし、日本発売は“ほぼ確定”だろうね〜♪

『HUAWEI M-Pen』はWacom系

『HUAWEI M-Pen』はWacom系

今回発表された『Mate 20 X』は、Huaweiのデジタイザーペン『HUAWEI M-Pen』に対応しており、筆圧感知は4,096段階となっています。

さらに、この『HUAWEI M-Pen』は、WacomのアクティブES方式を採用しており、デジタイザーペンの中でもかなり優秀な部類です。
同様の方式を採用している他社製品だと、東芝の『dynabook V82』やSamsungの『Galaxy Note9』があります。

同社の『MediaPad M5 Pro』にも採用。

同社の『MediaPad M5 Pro』にも採用。

四条ねこ
Huawei自体は『HUAWEI M-Pen』を、タブレットですでに採用しているねー!
まの
それなら問題なさそうですね。

『Nintendo Switch』と競合?

『Nintendo Switch』と競合?

また、『Mate 20 X』はゲームコンソールとして意識している

Huaweiは発表会で、任天堂の『Nintendo Switch』を引き合いに出し、『Mate 20 X』のほうが放熱処理やバッテリー駆動時間にて優れていると述べた。

四条ねこ
ゲームパッドも出すみたいだし、これはいろんなユーザーが食いつくかもっ!?

『Xperia Z Ultra』・『Galaxy Note9』とのサイズ比較

最後に、Sonyの『Xperia Z Ultra』とSamsungの『Galaxy Note9』とのサイズ比較をしておきます。

サイズ比率を揃えた各機種の本体サイズ比較。

サイズ比率を揃えた各機種の本体サイズ比較。

各種の本体サイズ比率を揃えてみました。

7.2インチという大型端末ですが、『Xperia Z Ultra』と同じぐらいのサイズ感です。

四条ねこ
ちなみに、

  • Xperia Z Ultra:179mm×92mm×6.5mm
  • Mate 20 X:174.6mm×85.4mm×8.15mm

だよー!

『Mate 20 X』を他の機種と重ねた本体サイズ比較。

『Mate 20 X』を他の機種と重ねた本体サイズ比較。

重ねてみても、さほど大きくはないように感じますね。

サイズ比率を揃えた各機種の画面サイズ比較。

サイズ比率を揃えた各機種の画面サイズ比較。

画面は…すごく…おおきいです。

四条ねこ
どうかなー?

『Mate 20 X』は“ズルトラ難民”にこそ!

『Mate 20 X』は“ズルトラ難民”にこそ!

Huaweiが発表した『Mate 20 X』は、スペック・サイズ・デジタイザーペン…どれをとっても、ズルトラ難民の正当後継機と言っても過言ではありません。

対応バンドから、おそらく日本でも取り扱うと思うので、できればSIMフリー版を販売して欲しいところ。ちなみに発売日は、10月16日より発売。ただし、現地での販売になりますので、日本では不明です。

四条ねこ
Huaweiのことだし、取り扱ってくれるはずっ!
まの
かなり日本市場に力を入れていますからね。

ようやくズルトラ難民が“難民でなくなる”日が!

この記事で紹介したガジェット

おまけ

四条ねこ
『Galaxy Note9』と迷っていたけど、『Mate 20 X』もいいなー。
さたえり
どっちもデジタイザーペン対応やもんね!
まの
しかも、両方ともWacomなので、デジタイザーペンの質はお墨付きですもんね。
四条ねこ
これは…久々のエモい端末かもっ!?

おわり